爬虫類族

最高攻撃力1800と基本のステータスは最弱だが全体強化の数値が凄まじい。
またDL能力も強化と多種族対応を含めるので実質的なパワーは標準を超える。
欠点は融合先は恐竜で複合しなければ意味が無く、なにより得意地形が無く足が遅い事。

デッキリーダー能力

  • レベル5以上:味方同族強化(500) 敵特定種族抹殺(昆虫) 敵特定種族呪縛(水) 敵特定種族弱化(獣・鳥獣500) 支援範囲拡大
  • レベル2:味方同族強化(200) 敵特定種族抹殺(昆虫) 敵特定種族呪縛(水) 敵特定種族弱化(獣・鳥獣200) 支援範囲拡大 直接ダメージ半減
種族弱化が2種族にかかるので実質的な能力数は天使族と並ぶ。中でも特定種族対策が多く、昆虫族水族は強力な部類なので役に立つ。
爬虫類族デッキで使うのなら同族強化500でないとさすがに恩恵が少なく感じるかも。

主な強化カード

  • ナーガ:種族全体900。活動。エースでもある。
  • 体温の上昇:種族単体500。恐竜族にも対応。
  • ポセイドンの力:水属性単体500。爬虫類族の多くに対応。
  • セベクの祝福:種族全体600。
  • アクアの合唱:水属性全体600。爬虫類族の多くに対応。

ナーガでおじゃるデッキ

前述のように爬虫類族は融合先が恐竜族となっており元々のステータスも高くない。
しかし豊富なDL能力と高い全体強化能力により実際のパワーは恐竜族を上回る。
二種類の全体強化カードが適用でき、さらにナーガの効果が凄まじいためハマると途轍もない火力を誇る大穴。

ナーガ
エース。数値的な攻撃力こそ低めだが、効果により実質的に爬虫類族最強となる。
初期デッキまたはシャーディーからも手に入るので、必ず入手しておこう。

水陸の帝王
ナーガに次ぐステータスだが他種族に比べ数値が低め。ただし水属性ゆえにナーガと強化を共有できる。

鎧蜥蜴
レベルは4と微妙に高い割にステータスもあまり高くないが、強化の恩恵を受けるには早めの展開が必要。

グラップラー
水属性の強化カードが使える点が強み。しかし岩石族との融合は「メガザウラー」。

デビル・スネーク
表守備の間、移動効果を無効にする。地形の恩恵が薄い爬虫類族の場合、攻め手を遅らせるという意味では相性が良い。
ただし呪縛などで道を塞いだほうが有効な場合も。

太古の壺
攻撃力1400以上爬虫類族+岩石族で「ブラキオレイドス」が融合できるのでその素材。
実際に融合を行うメリットは小さいように見えるが、フィールドの荒野地形を利用できるメリットがある。
メサイアの蟻地獄とのコンボも有効。

ポット・ザ・トリック
このデッキでは重ねがけで強化したモンスターが永続呪縛を受けると戦力が大幅にダウンしてしまう。
このカードならばそれを解除するのに魔法解除や魔法を打ち消す結界のようにステータスをクリアすることもない。

ムカムカ
融合素材だが終盤はそのまま使っても強い。
ナーガと闇の訪れを共有できる点も強みである。岩石族や融合による恐竜族を多く用いるならば荒野地形を組み込んでも良い。

闇の仮面 聖なる魔術師
闇の訪れや全体強化カード再利用係。

闇の訪れ
ナーガの効果を何度も使うために必要。あればあるだけ強くなる。

しびれ薬
うまく敵を誘い込み永続呪縛。上のカードらで怪物を作り出したら呪縛した敵を叩いて致命傷を与えよう。

人魚の涙
太古の壺と組み合わせることで凶悪な罠に。余談だが、ワニは「涙を流して敵を油断させる」という伝承があるらしい。

メサイアの蟻地獄
弱体化がない代わりに素の呪縛ターンが長く、その間に全体強化の準備を行える。ただしコストも若干高い。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2013年01月23日 10:51