まつろわぬ隣人たち



悪魔(あくま)

  • 登場作品:学怖,晦,学怖S,VNV,AMC1,学恋,学恋2,特,学恋V,小学怖,極,ドラマCD,新生2,秘密,鳴七
  • 種族:カテゴリ
  • 関連人物:大川大介,ケツ,美津見志保,山本三郎,風間望《正体》吉岡,田所芳樹,大倉和雄,沢田絵利,綾小路行人《取引》
  • 関連用語:悪魔召喚クラブ,黒魔術研究会《部活》,黒魔術,旧校舎の悪魔,旧校舎の照魔鏡,黒バラの城

概要

 悪魔とは人知に及ばぬ超越的存在のうち、「悪」や「邪な心」を象徴するものを指す。この概念は全世界に形を変えて見られるが、「旧作」を含めた「アパシー・シリーズ」ではキリスト教的な神の敵対者としての悪魔が主に登場する。
 欧米などの海外ではともかく、日本においては悪魔という存在はオカルトではあるものの、正直ホラーよりファンタジー側に偏った印象がある。
 「幽霊」や「妖怪」と比べても、現代的な怖い話に出すには著しく臨場感を削いでしまう彼らだが、シリーズにおけるその登場率は他の怪談系作品と比べてもかなり高い。

 これは悪魔という存在が、オカルトの住人の中でも特に人間の欲望や悪意と直結した存在であり、生きた人間の怖さが大きな焦点の一つでもある学怖との相性が良い為だろう。

 彼らが登場する話の構造としては、「黒魔術」の儀式などによって呼び出した悪魔と人間が交渉し、呼び出した本人の魂などを対価にして願いを叶えてもらおうとするものが多い。
 偶発的なもので「吉岡」、意図的なものでは「沢田絵利」などが挙げられる。とは言え、この時点での悪魔は人間の悪意を引き出すための単なるギミックに過ぎなかった。

学怖

 新堂一話、新堂三話、新堂五話、新堂六話、荒井四話、荒井七話に登場。
 意図してのものかは半々だが、危険な火遊びをするダーティーな人間の心理から悪魔の存在が浮上する新堂さんと、リスクをほかに押し付けることで悪魔を介して利益だけを貪ろうとする「学園の闇」を語る荒井さんという、ふたつの切り口から語られる。
 ただし、悪魔そのものが姿を現す展開はごく限られている上、どちらかと言えば浅い考えや焦りに駆られて自滅していく人間側の悲哀を描いた話が多いのが特徴である。

 いずれにせよこれら悪魔たちは確かに願いこそ叶えてくれるが、取引内容を曲解したり事前に注記事項を通知しないなど信用できないことはなはだしい、得体の知れない邪ななにものかであるという点では一貫している。

 新堂一話「霊界へ続く旧校舎の鏡」。
 「旧校舎の照魔境」から「吉岡」が呼び出してしまった悪魔が該当する。
 この悪魔は長い髪をだらりとたらしており、美しい女のしかばねのような姿をしていた。――と、新堂さんからは評されており、事実『学怖』のグラフィックでは顔の右半分が「髑髏」になっているという「悪魔のトランプ」の図柄を連想させる姿をしていた。
 『学怖S』では黒装束の顔色の悪い女性という画像に変わっているが、その評価についてはここで講じない。

 と、言うものの、合わせ鏡の儀式をしたかっただけで別に悪魔を呼び出したいわけではなかったはずの吉岡だったが、悪魔のつぶやく「て、のみたい……」という謎の言葉を聞くやその意味をさっそく察して、彼女(?)の求めに応えようとする。
 悪魔らしく人を魅了する力や人に幻覚を見せる力も備わっているようだが、どうも彼女は血を対価にして願いを叶えてくれる悪魔のようである。展開によって吉岡の末路も変わってくるのだが、恐るべきことにどちらを取っても双方に満足のいく取引が行われる風である。げに恐ろしきは悪魔の魅力というべきほかないかもしれない。

 なお、『学怖』発売前のゲーム雑誌に掲載された開発中の画像の中で、顔とドレスのようなシルエットがかろうじて判別できるゆらめく影もしくは炎のような姿がこの悪魔のものとして公開されていた。
 ご存じの通り製品版では差し替えられたようだが、容量の問題から実際のROMカセットへの収録が見送られたグラフィックが開発中の画像から散見される中、差し替わっても専用グラフィックという例は珍しかったりする。

 新堂三話「バスケット部の秘密のノート」。
 「バスケット部」のサイコ野郎こと「田所芳樹」が過去のバスケ部員の霊に誘われるままに呼び出してしまった悪魔が該当する。
 この悪魔の名や具体的な姿は作中では伝わっていないが、なんでも人の記憶を食らう(≒消してくれる)種族であるらしい。

 自分の度重なる問題行動によってバスケ部に居場所をなくしてしまった田所だったが、かつてバスケ部に在籍していた部員の霊が遺した、この悪魔の呼び出し方が記されたノートを知ったことで元通りの人間関係でやり直せないかと思案する。
 同時に現れた、ノートの持ち主であり儀式を実行した過去のバスケ部員に同情した田所は儀式を実行するのだが……。

 ちなみに悪魔を呼び出す儀式に必要な材料は四つ。
 「カエルの心臓」、「アルコール」、「月桂樹の葉」、あとひとつ
 四つ目は人間なら万人が所有しているものだが、もうひとつ入手するのは非常に困難という物品である。三つ揃えた時点で悪魔を呼び出すというところまでは問題なくできるものの、あとひとつは願いを叶えてもらった時点で悪魔に持って行かれる。

 四つ目の正体を知ってしまえば、田所の運命は推して知るべし。
 結論から言ってしまえば過去のバスケ部員の霊は死後「霊界」に行く前に道連れが欲しかったため、過去自分が取引した悪魔にダマされたのと同じやり口で彼をダマしてしまったのだ。

 なお、当事者の記憶が消えてしまったはずのこの話が新堂さんの口から語ることができる理由としては、例のノートがまだバスケ部の部室に残っている点や、田所が記憶の部分的な消去を願った人以外の記憶は残されている、などの理由で説明可能である。

 新堂五話「ギャンブルトランプ」。


 (執筆者募集中) 


 新堂六話「最後の審判」。


 (執筆者募集中) 




 (執筆者募集中) 


 荒井七話「生けにえはお前だ!」。


 (執筆者募集中) 


学怖S

 新堂七話、荒井一話、福沢一話に登場。


 新堂七話「夢の世界からの脱出」。


 (執筆者募集中) 


 荒井一話「校内に巣くう地縛霊」。


 (執筆者募集中) 


 福沢一話「同級生・早苗の奇怪な行動」。


 (執筆者募集中) 


 B級ホラー的な「悪魔の子」が


 (執筆者募集中) 


四八

 B級ホラー的な「悪魔の子」が


 (執筆者募集中) 


アパシー・シリーズ

 『VNV』の綾小路と大川の登場以降、悪魔は漠然とした概念からはっきりとした性格を持ったキャラに変化していった。
 悪魔に付きまとわれて悩む綾小路を狂言回しとして、人格を持った悪魔が登場するようになっていく。これらは『ソロモンの小さな鍵』に代表される悪魔学に則ったものであり、召喚される悪魔は多種多様。その住人達は地獄や魔界をテリトリーにしており、すさまじい力を持つ以外は、時に人間以上に人間臭い存在である。

 特筆すべきはシリーズ独自の設定として、悪魔は一般に知られている名前とは別に現地に即した名前を持つと言うものがある。仰々しい姿をした悪魔達が「山本」や「鈴木」と言った垢抜けない名前を名乗ると言うのも、微妙に笑いを誘う。

 ただし、神や悪魔は様々な地域に伝承が伝わり、同一のものであっても別名で呼ばれることはありふれている。本地垂迹説ではないが、究極的には名前が同じと言うだけで本来別の個体を同一視したりと言った現象すら見られる。

 [本邦においては広島県三次に伝わる怪異譚『稲生物怪録』に登場する魔王「山本五郎左衛門(さんもとごろうざえもん)」が挙げられる。この魔王は当時の日本の習俗に合わせた裃姿の武士の姿で現れ、日本以外でも活動している(=外国では別の呼び名がある)との発言がある。
 もしかしたら「山本三郎」の元ネタってここなのかも?]

 このように親しみやすい悪魔達であるが、彼(女)らは人間の魂を奪うべく行動しているようで、普通に会う機会は少なく(鳴神には既に悪魔が通ってたりするが……)とも儀式を行う際には注意が必要である。
 彼らは約束や契約に則っている限りは悪魔のルールに誠実で嘘を付くことはないが、こちら側を悪意を持って騙そうとしていることに変わりはない。
 言葉尻を捉えたり、意図的に一部の情報を伏せて勘違いをさせたりと言った手管を使い、人間を巧みに破滅に誘う。

 また、下級悪魔と言っても、人間を一瞬で炭に変えてしまったり、本の中に閉じ込めてしまったりと言った業を難なく行うなど、悪魔が人間には簡単に退けられる存在でないことがわかる。

VNV

 「ゲーマーの条件」、「かぐわしきにおひ」に登場。 


 (執筆者募集中) 


 「ゲーマーの条件」 


 (執筆者募集中) 


 「かぐわしきにおひ」。
 前述したとおり、大川がそれに当たる。
 ただ受動的に願いを叶えるというだけでなく、詐術をもって積極的に契約相手を騙そうとしており、最終的には自らの懐を一切痛めることなく目的を達してしまった。

 作中では『悪魔くん』であまりにも有名な黒い雌鳥の一節で召喚の儀式が行われる。
 つまりは「エロイム、エッサイム! 我は求め訴えたり」ではじまるアレである。
 また、大川の言い分によると悪魔とは既に死した存在であるという。後日わかったことだが「滅する」という言い回しでなければ大川を綾小路の前から消し去ることはできなかったようだ。

AMC1

 前日譚「綾小路行人の憂鬱」と合わせ悪魔のヒエラルキーや命名規則が明らかとなった。ほかに詐術は双方騙された方が悪い、魂と引き換えに契約は履行する、他の悪魔との二重契約は出来ないなどのルールが確認され、綾小路を中心とした「悪魔召喚クラブ」の図式が完成した。

 詳細は「悪魔召喚クラブ」の項を参考のこと。


学恋



 (執筆者募集中) 


学恋2



 (執筆者募集中) 


特別編

 再録された「かぐわしきにおひ」を差し引いたとしても計七シナリオに顔を出すという盛況っぷりである。
 登場した悪魔たちは個々の性格こそ弱く、行動もある意味テンプレ的だが、単なるおもちゃや対照的に仰々しい謎の魔導書から出現したりとバリエーションは非常に豊かである。

 特に衆目を集めるのは福沢シナリオに三回登場した「旧校舎の悪魔」であろう。
 彼ら彼女らのつながりは


 (執筆者募集中) 


追加版


 (執筆者募集中) 


学恋V



 (執筆者募集中) 


小学怖

 火曜日「魔音」に登場。


 (執筆者募集中) 




 (執筆者募集中) 


ドラマCD



 (執筆者募集中) 


新生2



 (執筆者募集中) 


秘密



 (執筆者募集中) 


鳴七



 (執筆者募集中) 



情報提供・文章の補足、編集方針の動議その他諸々歓迎します。
もし興味を召されたなら下のコメント欄に書き込みなどされると嬉しいです。

名前:
コメント:


最終更新:2022年05月29日 16:35