ヴィレッタ・バディム

登録日:2010/06/09 Wed 04:08:48
更新日:2021/02/08 Mon 17:50:09
所要時間:約 5 分で読めます




私に出会った不幸を呪いなさい……



スーパーロボット大戦及びスーパーヒーロー作戦に登場する人物。


□ヴィレッタ・バディム

年齢:29歳
身長:170cm
体重:45kg
主な搭乗機
R-GUN/R-GUNパワード
ゲシュペンストMk-Ⅱ
ヒュッケバインMk-Ⅲ
声優:田中敦子
戦闘曲:WOMAN THE COOL SPY


□概要

ミステリアスな雰囲気を漂わせる謎の女パイロット。
美人だが、鋭い眼光と雰囲気により「凛々しい」という表現が似合う女性。何故か胸の谷間が露わなパイロットスーツを着ている。(アヤのスーツと同様シースルー素材なので気密性は保持されている。)その乳揺れも相俟ってオカズ的需要は大きい。

その正体は、イングラム・プリスケン(アウレフ・バルシェム)のクローンとして生み出された女性、ヴェート・バルシェムである。
バルシェムシリーズの二号体とも言えるが、イングラムの手によって制作された為、キャリコ・マクレディ以下のバルシェムに比べてオリジネイターであるイングラムに近い存在。
女性型に造られているのは、イングラムとの関係を気付かれない為である。
よくやったイングラム教官。グッジョブ。

尚、「OGS」では上記の設定と異なり、イングラム共々純粋なバルシェムシリーズ。
その為、レビ・トーラーにはヴェートと呼ばれる。
だがネフェシュ(魂)を得たイングラムの手によってジュデッカの枷から解放されている為、他のバルシェムと異なっているのは同じ。

基本的に、イングラムの指示を受けてパイロット兼スパイとして行動する。
常にクールかつ合理的に行動し、滅多に感情を表に出す事はない(……精霊憑依したサイバスターに興奮していたのは忘れてやって下さい)が、心の奥底ではスパイとしての活動に罪悪感を抱いており、OGでは弱音を漏らす事もあった。
イングラムからは「リュウセイ達の力になる事」を頼まれており、イングラムが敵に回った後も部隊に残留する。
イングラムの死後は、彼の意志を継いでSRXチームの教官兼隊長となった。

「格好良い女性」を地で行く彼女だが、その出自の為かやや天然じみた行動を取る事もある。
リュウセイには人一倍厳しい訓練を課すが、それが期待の裏返しである事をリュウセイ自身も理解している。

実はαシリーズでは、リュウセイ達を差し置いての皆勤賞。
その立場から様々な機体に搭乗し、乗りこなしている事から彼女の技量が伺える。
また、イングラムの血族としての「デッドエンドシュート!」はお約束。

初出はスーパーヒーロー作戦の女主人公。
ユーゼスが自分のクローンを男性型(イングラム)ではなく女性型に作った場合の存在。
名前もヴィレッタ・プリスケンで、まんまイングラムの女版。
……まあ、αやOGでもイングラムの女版のようなものだが。
当然ながら、イングラムと違ってヒーロー作戦のヴィレッタとは別人。
ただし、ヴィレッタのファミリーネーム「バディム」は、ヒーロー作戦に登場した犯罪組織「ネオ・バディム」から取られたもの。
恐らく名付け親はイングラム。

……余談だが、ヒーロー作戦時は外見年齢十九歳という設定だった。
あれで十九歳は無理g(デッドエンドシュート!
「自然と動物を愛する心優しい性格」という設定も付いていた。ユ「私と同じだ」

名前の「ヴィレッタ」はイングラム同様に銃器メーカーから取られている(というか、イングラム関係はほとんど銃器関係が由来)。
バルシェムとしての名前「ヴェート」はヘブライ語における「B」であり、イングラムの「アウレフ」(ヘブライ語の「A」)に次ぐ2号体として付けられた。

今では彼女のBGMは「WOMAN THE COOL SPY」が定着しているが、α外伝ではイングラムと同じ「TIME DIVER」である。
実は上記の曲、OGのBGMを制作依頼した会社にヴィレッタの熱烈なファンがおり、そいつが勝手に作った曲。つまり一ファンの暴走が産んだ名曲と言えよう。
よくやった名も知らぬヴィレッタファン。グッジョブ。

尚、よく彼女が「少佐」と呼ばれる事があるが、これは田中敦子女史が演じるクールな女キャラの宿命なので仕方ない所。実際良く似てるしね。
ただし快く思わないファンもいるのでほどほどに。
ちなみにヴィレッタの階級は大尉。少佐はイングラム。
寺田P曰く「(まんまあの人になっちゃうので)彼女が少佐に昇進することは無いでしょう」


□搭乗機

●R-GUN/R-GUNパワード
ヴィレッタ教官と言えばやはりコレ。
メタルジェノサイダーをデッドエンドシュゥゥゥゥゥゥッ!
超☆エキサイティィィィィン!
……とした時の格好良さはイングラムにも引けを取らない。
OG2ではよほどの思い入れがない限りマイに取られてしまうが、OG外伝ではマイがART-1に乗るため返り咲いた。

●ゲシュペンストMk-Ⅱ
OG1ではSタイプ、OG2ではRタイプに搭乗。基本R-GUNへの繋ぎ。
割と優秀ではあるのだが、やや力不足か。

●ヒュッケバインMk-Ⅲ
第二次αではタイプRに搭乗。
トロンベ兄さん共々かなり優秀。
ただ、圧倒的なパワーはないのでそこは注意。


□類縁

●イングラム・プリスケン
彼女(達)のオリジナル、オリジネイター。
αやOGではユーゼス(ジュデッカ)の呪縛からは逃れられず、戦う事となった。
第三次αでは、魂となったイングラムに後の事を託される。
ヴィレッタにとっては唯一の肉親と言える存在だった。

●ギリアム・イェーガー
イングラムの元ネタにして、スパロボ界の元祖時を駆ける中年。
元情報部出身としてヴィレッタの心境を理解し、疑惑のかかっていたヴィレッタを誰よりも先に信じた。

●スペクトラ・マクレディ
ヴィレッタのデータを元に造り出されたバルシェム。
自らのオリジナルであるヴィレッタに敵意を抱いている。
……キャリコもそうだが、正直顔はやや老けている。
にもかかわらず、セレーナ・レシタールは彼女をヴィレッタと勘違いして復讐のためヴィレッタを追い続けていた。
特殊部隊所属のくせに人の顔の判別力が甘い。









報告通り、中々面白い項目が揃っているようだな……
わざわざこんな個人サイトに来た甲斐があったというものだ。
「え?追記・修正!?・・・後は頼んだわ」

wiki篭り「え!?ちょ!おま(ry」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年02月08日 17:50