神話

登録日:2009/05/27(水) 16:44:18
更新日:2019/08/14 Wed 20:56:55
所要時間:約 4 分で読めます




物ごとの起源や意味を、抽象的・フィクション的に語る物語。
地域や習慣、宗教・思想などによって様々な神話があり、数多くの神々や英雄の物語が存在する。

また、スケールの壮大さや印象的な武器・道具などが様々な文学・美術・娯楽作品に影響を与えており、現代の若い世代には特にゲームに登場する用語としてのイメージが強い。



多くの星座名はギリシャ神話に由来する。



体系としては、大まかに分けると西洋神話、北欧神話は人間的な神が多く性格も姿も人間に近い。
これに対し東洋神話、南米神話は非人間的で特に人面蛇体などの異形神で性質も異質。

地域的・文化的に近似している場合は神話も類似的になるケースが多い。
殊にアーリア系、古ゲルマン系は吸収した部族の神を自分達の神話の神に納れる為、何処かしら共通点がある。

しかし、ケルト神話(人間性が希薄で自然・精霊がメイン)や日本神話(人間神とシャーマニズムの融合)のように島国から発生した神話は周囲の影響を受けず、独特なモノになるケースがある。


《主な神話と登場する神》

  • ギリシャ神話
ゼウス、ポセイドン、ハデス、アポロン、ヘラクレス、アルテミス、ディオニュソス、アテナなど

  • ローマ神話

  • 北欧神話
→オーディン、トール、ロキ、フレイ、ベルダンディ、ユミル、フェンリル、ヘイムダルなど

  • ケルト神話
→ルー、ク・ホリン、ダーナ=オシー、ラナンシー、イプシラスカ、モリガンなど

  • アステカ神話
→ケツァルコアトル、テスカトリポカ、ウィツィロポチトリなど

  • 日本神話
→アメノミナカヌシノカミ、タカミムスビノカミ、カミムスビノカミ、イザナギ、イザナミ、ホノカグツチ、天照大神、月読命、素戔嗚尊、野椎、アメノタジカラオ、アメノウズメ、イシコリドメノミコト、オオワダツミ、オオカムヅミ、大国主命、コノハナサクヤヒメ、スクナヒコナ、クエビコ、イワナガヒメ、タケミカヅチノオ、アマツミカボシ、猿田彦之命、タケミカヅチノカミ(建御雷神)など

  • 中国神話
→女禍、伏巍、共工、神農

  • インド神話
→シヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマン、ガネーシャ、クリシュナ、ハヌマーン、インドラ、アスラなど

  • エジプト神話
→ラー、オシリス、イシス、ホルス、アヌビス、セト、トト(ジェフティ)など

  • クトゥルフ神話(近代の創作物)
→クトゥルー、アザトース、ノーデンス、ヨグ・ソトース、ナイアルラトホテップ(ニャルラトホテプ/Nyarlathothep)、オールド・ワン、ク・リトル・リトル、ハスター、クトゥグア、アトラク・ナクア、ロイガーなど

  • アイヌ神話
→オキクルミ、チキサニ、キムンカムイ、アベ・フチ、ホヤウカムイ、コロボックル

  • メソポタミア神話
→ギルガメシュ、エンキドゥ、イシュタル、ティアマト、アヌ、エアなど



《神話に由来するゲーム用語》

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)=草薙剣
天沼矛
グングニル
ミョルニル
レーヴァテイン
ラグナロク
ミッドガル
ニブルヘイム
戦乙女ヴァルキリー
アル・アジフ(アル=アジフ)
聖杯(正確にはアーサー王伝説)
エクスカリバー(〃)
トライデント
ブリューナク



なお、中国神話に関しては体系化した聖典(日本神話の『古事記』、ギリシャ神話の『イリアス』『オデュッセイア』に相当するもの)が殆ど存在しないため、物語として中国神話を考察するのはかなり難しい。
同様にアイヌ神話も口承で語られていたこと、それを完全に体系化する前に語り手がほぼ消えてしまったため、アイヌ神話に関する研究は進んでいるとは言い難い。


世界各地の神話に共通の構造があるという説がある。
特に神話学者ジョセフ・キャンベルの神話研究『千の顔をもつ英雄』では、
というパターンを見出した。これはアニヲタ的にはSTAR WARS (映画)のプロットがこの研究を参考に作られたことで重要かもしれない。
さらにその後ハリウッド映画業界では西洋の演劇の伝統である3幕構成と組み合わせたビートシートという技術が発展した。
が、製作費用が高額化し、ヒットすると確信できないとスポンサーを説得できないため
露骨な形でビートシートに則った脚本を書く例が増え、「ハリウッド映画」と言えばワンパターン化した、
「ベタなプロット」のイメージが定着する弊害も生んだ。



宗教色の薄くなった現代では、元々の意味から転じて根拠無しに広く信じられている社会通念、或いは思想という否定的な意味で使われる事が多い。

例)「アメリカンドリームというものは、最早神話となっている。」
「田舎が良いところだって?そんなの神話だよ、酷いもんさ。」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/