夷陵の戦い(三國無双)

登録日:2011/02/17 (木) 02:40:13
更新日:2018/04/27 Fri 13:55:28
所要時間:約 5 分で読めます




「今こそ火を放つのです!」



夷陵の戦いは真・三國無双シリーズのシナリオの一つである。

このシナリオは基本的に三国時代の後期に位置するため比較的難易度が高い傾向にある。

【あらすじ】
樊城の戦いで魏と呉の策略の前に関羽が散った。
この知らせを受けた劉備は呉を仇敵と定め配下の武将達の反対を押し切り怒りのままに出陣する。


……と、このように基本的には蜀が呉に対して攻め込む形になっている。

活躍する武将は劉備、陸遜、モブながら朱然あたり。

このシナリオには序盤または中盤に陸遜による火計イベントがあり、それが成功すると呉の、失敗すると蜀の士気が跳ね上がる。
勿論自軍が呉の場合には火計に失敗すると士気が下がり、蜀の場合は成功されるとやはり士気が下がる。


……そう、問題はこの士気の下がり方。これが尋常では無く、いきなりMAXから半分以下まで下げられるのだ。

その後はもはや地獄である。

○○軍苦戦!
↓一分後
○○軍苦戦!
↓更に一分後
本陣苦戦!至急来援せよ!

と一気に流れるように救援要請が来る。

おまえらもっと踏ん張れよ!
そして苦戦と報告され救援にいったのにまだ体力が半分以上あったりするのが何ともまた……。

一応、史実等を考慮するとこの時の呉は蜀軍によってかなり奥まで進行され、
名だたる将(甘寧など)も討ち取られる等かなり危機的状況であった。
ゲーム上では蜀軍が敵の罠にはまって地獄を見る戦いだが呉軍にとっては
追い詰められた状況を打破する為の起死回生の一手だった事も知っておくべきである。
(そこ、赤壁の焼き直しとか言わない)


【シリーズ毎のステージ概要】
  • 真・三國無双
シナリオがオリジナル展開(蜀と呉が直接対決)の為に他作品とは大幅に展開が異なる。
開始直後に関羽が呂蒙隊に包囲され、陸遜によって張飛隊に火計を放つという内容。
蜀軍の場合味方全体の士気が低下し、張飛軍の士気はさらに大幅に低下する。
しかしプレイヤーの体力減少は無いので、他と比べると難易度はかなり低め。
加えて総大将を選んでおけば敗北条件がプレイヤーの死亡のみになるので、かなり安定する。
ただし火計のせいで視界の悪さとストレスはMAX。もちろん、呉の場合でも。
蜀軍で火計を阻止したい場合は、陸遜の台詞の後に出現する敵伏兵を全滅させること。


  • 真・三國無双2
おそらく一番ひどかったシナリオ。蜀と呉ではまるで難易度が違う。
蜀側だと五丈原の戦いや合肥新城包囲戦を凌駕する難しさ。
ちなみに無双モードで関羽を選択していても(関羽の屈辱を晴らす為に)この合戦は行われる。

呉軍シナリオでは火計を成功させると、石兵八陣などの孔明の罠が立ちはだかる。まぁ大した手間ではないけど
そこを抜けた先には孤立無援の本陣を残すのみ。

逆に蜀は難易度が半端ではなく処理落ちで見えない敵弓兵の恐ろしさから最終ステージよりも難易度が高いと言う人も多い。
また火計の前段階から出も味方が雪崩式に壊滅し劉備があっさりボッチ化し敵に袋叩きにされるのも難易度を上げる。
酷い時は開幕の劉備の台詞「全軍、進め~!呉の孫一門を根絶やしにするのだ!」の間に趙雲が撤退する。
少しは働け五虎将。

何とか体勢を立て直したと思って呉本陣へ向かえば処理落ちで見えない矢の嵐による無情の弾幕。
2の敵弩兵の攻撃力は、2における死因の5割以上ともいわれるほど凶悪であった。(残りの5割は、敵武将・甘寧の無双乱舞・呂布等)
特に弓防御のない馬超辺りだと最高難易度である最強なら2発で死ぬし大半の武将も3~4発でお陀仏。
藤甲鎧は必須レベルで、唯一弓防御最高+ユニーク武器の黄仙秘刀を装備している黄忠は無くても何とかなるレベル。
情け容赦ない火計による体力減少+超威力の弓により何人ものプレイヤーが犠牲になった……。


また総大将である劉備があっさり討ち取られるので、その意味でも難易度が高い。

武将としては、蜀軍では甘寧や呂蒙、陸遜、呉軍では趙雲や諸葛亮あたりに泣かされる。
蜀軍プレイの時の敵呂蒙・陸遜・甘寧は異様に強く「夷陵の三強」と呼ばれたり呼ばれなかったり。
特に甘寧の無双乱舞(通称茅ヶ崎ダッシュ)によるカウンターは難易度最強だと一発で即死しかねないほど危険。
また無双2のCPUは地上で7HIT以上の攻撃を受けると即座に無双乱舞を使用するので、相手を浮かせないタイプの無双乱舞は必ず浮かせてから使用しないと難易度最強の地獄の鍔迫り合いがスタートしてしまう。
鍔迫り合いに負けるとほぼ死亡、鍔迫り合いに勝っても後ろから矢がパスパスッと刺さって死ぬ事があるという超絶理不尽な目に遭う。

  • 真・三國無双3
今作の無双モードの都合により関羽や呂蒙などお前らもう死んでんだろ的な奴が出てくる。
特に関羽が生きてるなら別にこの戦い起きないだろ……まあ無双なので仕方ない。

赤壁の戦いで火計を起こしたか起こさないかでシナリオが別れるため難易度が微妙に違う。

ちなみに先に曹魏が滅んだ場合は孫呉との決着のシナリオ 建業の戦い が追加され、孫呉の場合は蜀漢との決着シナリオ 成都 の戦いが追加される。
難易度的には前作より火の体力減少と弓の威力が減ったので大分マシになったが敵の無双武将がたくさんいるので調子に乗ると殺されることも。

  • 真・三國無双4
おそらく今までで一番簡単なシナリオになった。この後に新しいシナリオが増えたのも特徴か。
敵の強さも抑えられ無双カウンターで吹っ飛ぶこともなくなったが甘寧&凌統の覚醒コンビには注意。下手すると胴上げ状態になる。(特に凌統は技の出が非常に速くてウザい)
しかし難易度修羅の時は相変わらずの鬼畜シナリオとなる。

  • 真・三國無双5
鬼畜シナリオ再び。
呉軍はそれほど難しくなく、陸遜の指示に従って動いていれば苦戦はしても負けることはほとんどないはず。

問題は蜀軍シナリオでなんと今回は火計を阻止することができない。
更に今作は今まで以上に士気が影響してくるので圧倒的不利からのスタートとなる。
場合によっては趙雲が30秒で敗走したりする。

  • 真・三國無双6
呉:陸遜シナリオ
陸遜が放火の準備に走り回る。
変態要塞石兵八陣の先に引きこもる劉備を倒しに行く。
蜀:趙雲・諸葛亮
趙雲シナリオでは開始してからすぐに放火される。炎に巻かれている仲間の武将を助けに行く。
諸葛亮シナリオでは放火でボロボロになった兵を撤退させる。その時に陸遜と闘うがやっぱり放火される。

以下それぞれのシナリオの人物

蜀シナリオ
  • 劉備
「雲長の無念!今ここで晴らす!」
基本最初は意気揚々と戦うが火計をかけられた瞬間冷静になる。
声優である遠藤氏の演技はかなりの見どころ。

  • 張飛
「オラオラオラァ!」
三兄弟の末っ子。
劉備同様孫呉を潰す気満々。本来なら彼もこの戦の直前に死んでいるはずであった。

  • 関羽
三兄弟の次男。
作品によっては無双モードであっても登場する。
いきなり呂蒙隊に包囲されていたり空気だったりと扱いは良くない。

  • 諸葛亮
「仕方ありません……、石兵八陣を使いましょう。」
火計で壊滅状態の蜀軍に援軍として現れ石兵八陣などで呉軍の邪魔をする。

  • 趙雲
「お待ち下さい殿!」
ご存知完璧超人。
呉討伐を辞めるよう進言したが無視された。
2では救援要請をプレイヤーにしまくり、一部の間でヘタレだの怠惰将軍だの言われた。
6では荒ぶる劉備を最終的に肉体言語で説得した。

  • 黄忠
「年寄りじゃからってなめるなぁ!」
ハッスルじいちゃん。本来なら彼も死んでry
弓が得意なのに相手の弓で死んでいくのはなんか悲しい気分になる。
でも無双2ではその弓防御力のお蔭で実は一番安定してクリアできたりする。
自前の弓防御(元々全キャラ最高値)+黄仙秘刀(修正最高値の+20)+藤甲鎧の3点セットまで装備すると難易度最強の矢の嵐すらかなり耐え切れる。
また持ち前の弓攻撃力のお陰で浄炎火矢を装備しておくと超防御力の呂蒙と拠点兵長を倒すのがかなり楽になる。

  • 馬超
「正義を貫く!」
4、5では最終シナリオ一歩手前。
劉備の変貌に少し戸惑うもののいつものように正義を貫き戦う。
2だと弓防御最低レベルの影響で矢に1発被弾して大体瀕死になり二の矢でお陀仏してしまう。
ちなみに2は目の前に甘寧がいる上に呉軍弩兵もいるという死地からスタート。

  • 魏延
「強イカ…」
2…目ノ前ニ呂蒙…

  • 星彩
「蜀の未来のためにこの戦、勝たなくては・・・」 
4、3ステージ目。ステージ構成が前半が黄忠と被りここから馬超と被る。
父とは対照的に冷静な性格(と太股&黒パンが眩しい)が特徴の無双シリーズ元祖オリキャラ。後の劉蝉の后。
戦闘前のメッセージでは上記の事を呟いて冷静に戦おうとするが、『7猛将伝』では戦闘前の陣中で「絶対許さない!」と吐き捨てるなど対極的となっていた。
  • 関興
  • 張苞

呉軍
  • 孫権
「おのれ劉備!」
攻められたが陸遜を信じて劉備軍と戦う。

  • 陸遜
「今です!」
二代目放火魔。
だいたいこの後合肥新城の戦いに参加する。
2の蜀シナリオでは火計を阻止すると比較的士気が下がりやすい傾向にある。

  • 甘寧
「血がたぎってきたぜぇ!」
元海賊の暴れん坊。
彼の一撃に凝縮された無双乱舞は数々のプレイヤーを葬ってきた。
本来なら夷陵の戦いの前哨戦で蛮族に射殺されている武将。

  • 凌統
「あいつだけには負けられないんだっつうの!」
4から登場した皮肉屋さん。
彼の無双モード最終シナリオ。

  • 孫尚香
「玄徳様!」
夫と戦う事になった悲劇の女性。
彼女の無双モードは4ではバッドエンド、5ではグッドエンドで終わる。
一応劉備の妻であるが2、4共に彼女の撃破が劉備のユニーク武器の取得条件である。やっぱりバッドエンドじゃねーか!
2の蜀シナリオでは上記の夷陵の三強ほど凶悪ではない。プログラム上のミスなのかどうかは不明。彼女の初期位置付近に例の拠点兵長がいる。

  • 朱然
モブキャラながら毎回チャッカマンもとい火付け役として活躍。
5ではついに陸遜の出番を奪い、6では反抗期を迎え、7猛将伝でとうとうプレイアブル化。

・北西の拠点兵長
2に登場。異様に堅いうえ、倒しても本陣に伏兵が出る。
でもほっておくと延々と増援が出てきて劉備が死ぬ。




今こそ!あの項目に向かって追記修正を放つのです!



全軍進め!あの項目を追記修正するのだ!



この項目が面白かったなら……\ポチッと/