ZW(遊戯王OCG)

登録日:2013/012/02(日) 19:18:06
更新日:2019/01/02 Wed 17:29:37
所要時間:約 4 分で読めます





俺とお前でオーバーレイ、ZEXAL!

最強決闘者の決闘は全て必然、ドローカードさえも決闘者が創造する。
全ての光よ、力よ!我が右腕に宿り、希望の道筋を照らせ!シャイニング・ドロー!!


Z W(ゼアル・ウェポン)」とは遊戯王オフィシャルカードゲームの登場するカード群の一つ。
CNo.39 希望皇ホープレイ」及び「希望皇ホープと名の付くカード」に関連する装備カードとしても扱うモンスターカード群である。
海外でのカテゴリ名は既存とかぶるのを防ぐため「ZW-」となっている。

モチーフが一部かぶってるが、データウェポンではない


【概要】
遊戯王ZEXALの主人公九十九遊馬とヒロイン兼相棒アストラルがオーバーレイすることで生まれるZEXAL
この力を持って生まれたカード群であり、シャイニングドローを持って創造するカード。
すなわち、もともと遊馬・アストラルの使用するデッキには存在しないカードであり、まさに希望の力と呼べるカードである。

それぞれ共通項として「希望皇ホープ」に関連する効果を持ち、その強烈な付与効果は戦況を一枚でひっくりかえせる力を持っている。

また、モチーフとして神獣・四聖獣をモチーフとしたものが多いカードでもあり、
某オサレ某聖闘士真っ青の当て字の読み仮名を持つ漢字を名前に持つ。
ただし闇の力から生まれるZWもあり、DZW(ダークゼアルウェポン)と呼称されるカードも存在する。
OCGではまだ発売してないがZS(ゼアルサーバス)と言う亜種カードも存在する。

当初は【希望皇ホープ】の特化デッキを組む際に必須になってくるカードの一枚ではあった。
ただし派生体の充実やRUMの登場でほとんど採用しないことも増えた。

こちらを重視したデッキでは【ZW】とも呼称され、
希望皇ホープ(ホープレイ)にZWを張り付けて殴る事に特化したワンショットデッキとして知られている。
その動きやZWの特異さから遊馬デッキとは呼称されることは少ないが、アニメのファンデッキとして非常に完成度の高いデッキタイプとして名高い。
……ただし性質上トリシュで死にかねないとか結構致命的な弱点があったりなかったりはするが…。

なおアニメ版においてはZW-天風精霊翼を除いて
一貫してCNo.39 希望皇ホープレイ専用装備カードである。(DZWのみ例外的にVとヴィクトリーにも装備できる)


【ZWのカード概要】

●効果モンスター

Z W(ゼアル・ウェポン)一角獣皇槍(ユニコーン・キング・スピア)
星4/光属性/獣族/ATK 1900/DEF 0
自分のメインフェイズ時、手札のこのカードを攻撃力1900ポイントアップの装備カード扱いとして
自分フィールド上の「CNo.39 希望皇ホープレイ」に装備できる。
装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
バトルフェイズの間だけその相手モンスターの効果は無効化される。
「ZW-一角獣皇槍」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

バトルフェイズ時の効果無効と言うそれなりの付加効果以上に上昇値と攻撃力1900の方が優秀と言う、後のZWに比べて結構異端なカード。
装備対象が狭いので無理に装備しなくても素の攻撃力の高さやカメンレオン対応のステから普通に召喚して殴った方が強いと言うカードであり、
一方で装備効果がそこそこ優秀な上に上昇値が半端ないのでフィニッシャーとしても期待できる優秀な一枚である。
子供向けカードとしてもこれ単体で使えて、ホープレイが居ればアニメ再現できるとかなり有能。


Z W(ゼアル・ウェポン)不死鳥弩弓(フェニックス・ボウ)
星3/炎属性/鳥獣族/ATK 1100/DEF 0
このカードは手札から装備カード扱いとして
自分フィールド上の「CNo.39 希望皇ホープレイ」に装備できる。
この効果によってこのカードを装備したモンスターの攻撃力は1100ポイントアップする。
また、装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した時、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
「ZW-不死鳥弩弓」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

装備した際の効果は追加バーン、割と地味だがバーン値もそこそこで攻撃力の上昇値もそれなり。
……しかしレベルが3だったり素のステータスがいまいちだったりと採用する必要性があんまりないと言う悲しい一枚、決まれば弱くは無いのだが。
アニメ版でもそこまで強い方ではなかったのにOCGで弱体化された若干かわいそうなカード。
ヌメロン・フォールも含めてランク3のホープが来ればワンチャン……かなぁ?
シャイニングドローのカード化で、ダメージの底上げがやりやすくなった。


Z W(ゼアル・ウェポン)雷神猛虎剣(ライトニング・ブレード)
星5/光属性/獣族/ATK 1200/DEF 2000
自分のメインフェイズ時、手札または自分フィールド上のこのモンスターを、
攻撃力1200ポイントアップの装備カード扱いとして
自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。
また、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、
自分フィールド上の「ZW」と名のついたカードは相手のカードの効果では破壊されない。
装備モンスターがカードの効果によって破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
「ZW-雷神猛虎剣」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

攻撃力1200上昇の他にZWを破壊から守る効果、装備カードの身代わりと高い性能を持ったカード。
装備対象が「希望皇ホープ」と言う名前だったら何でもいいのでRUM使用したV等にも装備できる優秀な一枚でもある。

装備カードとしてはかなり優秀なカードのだが、事故要因になりやすいレベル5のモンスターとしては二流以下
なので採用枚数は結構悩む類いの一枚ではある。


Z W(ゼアル・ウェポン)風神雲龍剣(トルネード・ブリンガー)
星5/風属性/ドラゴン族/ATK 1300/DEF 1800
自分のメインフェイズ時、手札または自分フィールド上のこのモンスターを、
攻撃力1300ポイントアップの装備カード扱いとして
自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。
また、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、
相手は装備モンスターをカードの効果の対象にできない。
装備モンスターが戦闘によって破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。
「ZW-風神雲龍剣」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

アニメではなぜか戦士族だったドラゴンの装備カード。
このカードを装備すると1300攻撃力が上がり装備モンスターを対象に取る効果から守る効果と身代わり効果を得る。
前述のライトニングブレードと合わせて凄まじい耐性と攻撃力を得る事が出来る。
まさに必殺カード……トリシュとかティアラミスこっちくんな。

また、カード性能は貧弱の極みなのだが、「風属性ドラゴン」なのでテンペストからサーチできたりレダメの召喚条件満たせたりする。

アニメで唯一再登場したZW


Z W(ゼアル・ウェポン)玄武絶対聖盾(アルティメット・シールド)
星4/地属性/水族/ATK 0/DEF 2000
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、ゲームから除外されている
自分のエクシーズモンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
また、自分のメインフェイズ時、フィールド上のこのモンスターを、
守備力2000ポイントアップの装備カード扱いとして
自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。
「ZW-玄武絶対聖盾」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

効果は防御力の上昇と言う一風変わったZW。
効果自体がそんなにZWの戦術に相性が良くないがレベル4なのでホープデッキには使いやすく、
召喚時に除外されてるエクシーズを呼び戻せるので奈落に落ちたホープなどのケアになる。
そのまま何かのコストに利用するかエクシーズチェンジするのが吉だろう。

No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープの登場でこのカードもまた違った運用ができるようになった。


Z W(ゼアル・ウェポン)荒鷲激神爪(イーグル・クロウ)
星5/風属性/鳥獣族/ATK 2000/DEF 1200
自分のライフポイントが相手より2000ポイント以上少ない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
自分のメインフェイズ時、フィールド上のこのモンスターを、
攻撃力2000ポイントアップの装備カード扱いとして自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。
また、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、1ターンに1度、相手フィールド上で発動した罠カードの効果を無効にする。
「ZW-荒鷲激神爪」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

攻撃力の2000上昇の他罠の無効化と特殊召喚条件を持ち、効果自体は相当優秀な類。
……ただし手札から装備が利かないので事故要素になりやすい、採用枚数には気を付けよう。


D Z W(ダーク・ゼアル・ウェポン)魔装鵺妖衣(キメラ・クロス)
星1/闇属性/悪魔族/ATK 0/DEF 0
自分のメインフェイズ時、手札または自分フィールド上のこのモンスターを、
装備カード扱いとして自分フィールド上の「CNo.39」と名のついたモンスターに装備できる。
また、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、装備モンスターは戦闘で破壊されない。
装備モンスターの攻撃によって相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時、
その相手モンスターの攻撃力を0にしてもう1度だけ同じモンスターに続けて攻撃できる。

ダークドローから生まれたカード。
効果はCNo.39を指定しているカードであり、破壊耐性と疑似的な連続攻撃効果を得る。
……阿修羅副腕でおk。
実は弱体化は永続という裁定なので、マトのモンスターに戦闘耐性を付与すれば、複数体でサンドバッグにできる。
阿修羅副腕が単騎で無双するのに対し、こっちは敵1体を袋叩きにする運用。
闇堕ち装備らしいと言えるかもしれない。


Z W(ゼアル・ウェポン)極星神馬聖鎧(スレイプニール・メイル)
星4/光属性/獣族/ATK 1000/DEF 1000
自分のメインフェイズ時、手札または自分フィールド上のこのモンスターを、
攻撃力1000ポイントアップの装備カード扱いとして
自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。
装備モンスターが相手に破壊される事によってこのカードが墓地へ送られた時、
自分の墓地の「希望皇ホープ」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚できる。
「ZW-極星神馬聖鎧」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

攻撃力1000の上昇と墓地に送られたときにホープの蘇生と言う効果を得る。
性能はそこそこ、ちなみにジャンプのおまけであった。レベル4なので一枚忍ばせると丁度良い。


Z W(ゼアル・ウェポン)阿修羅副腕(アシュラ・ブロー)
星4/炎属性/天使族/ATK 1000/DEF 1000
自分のメインフェイズ時、手札または自分フィールド上のこのモンスターを、
攻撃力1000ポイントアップの装備カード扱いとして
自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。
装備モンスターは相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃できる。
「ZW-阿修羅副腕」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

ホープの連続攻撃を可能にするZWであり上昇値もそこそこ、ZWとしてはかなり使いやすい一枚。
ホープやホープレイとも相性は悪くないが、ヴィクトリーとの相性がすべてにおいて抜群である。
扱いやすいライトニングとも相性良好。
Vとはその効果の都合上あまり相性はよくない。


S Z W(シャイニング・ゼアル・ウェポン)天聖輝狼剣(フェンリル・ソード)
星4/光属性/獣族/ATK 1800/DEF 1100
このカードが召喚に成功した時、自分フィールド上の装備カード扱いの
「ZW」と名のついたモンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
また、自分のメインフェイズ時、手札のこのカードを装備カード扱いとして
自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
自分の墓地の「ZW」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える事ができる。

OCG限定のオリジナルZW。
その効果はなかなか優秀で、召喚時のZWの装備解除と装備した後の相手モンスター破壊時に墓地のZWのサルベージである。
ただしステータスは変動しないのでZWとしてはいまいち。


●エクシーズモンスター

Z W(ゼアル・ウェポン)獣王獅子武装(ライオ・アームズ)
ランク5/光属性/獣族/ATK 3000/DEF 1200
レベル5モンスター×2
このカードは直接攻撃できない。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、デッキから「ZW」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
また、フィールド上のこのモンスターを、攻撃力3000ポイントアップの装備カード扱いとして
自分フィールド上の「希望皇ホープ」と名のついたモンスターに装備できる。
装備モンスターが攻撃したバトルフェイズ中に、装備されているこのカードを墓地へ送る事で、
そのバトルフェイズ中、装備モンスターは相手モンスターにもう1度だけ攻撃できる。

唯一無二のZWエクシーズ。
直接攻撃できないものの相当高いステータスを誇り、更にZWのサーチも出来る。
ホープ装備時にも攻撃力上昇値も凄まじく高く、墓地に送る事で二連打を可能にするZWの切り札。

ホープ全体に装備できるが、こいつをわざわざ出したのだからぜひホープレイに装備していただきたい。
まぁ、ヴィクトリーにサーチした阿修羅装備したほうが早いかもしれないけど。

出た当時データウェポンネタでキバストライカーキターーー!と言われたのは内緒。

また、公式サイトにて何故か《Z W(ゼアル・ウェポン)弩級兵装竜王戟(ドラゴニック・ハルバード)》と名前を間違えられ、属性も闇属性として紹介されていた。
その後、正しい名前と属性に修正された。


シャイニング・ドロー
通常魔法
①:自分ドローフェイズに通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、そのターンのメインフェイズ1に、自分フィールドの「希望皇ホープ」Xモンスター1体を対象として、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキ・EXデッキからカード名が異なる「ZW」モンスターを任意の数だけ選び、装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
●対象の自分のモンスターとカード名が異なる「希望皇ホープ」Xモンスター1体を、そのモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

まさかのカード化を果たしたシャイニングドロー
発動タイミングは限定されるものの、確保の難しかったゼアルウェポンをまとめて用意できる。
装備する組み合わせ次第で様々なコンボが狙える。

ただし、この効果で装備しても攻撃力アップの効果は得られない。
弱体化の魔装鵺妖衣を組み込んだり、ライトニング辺りに装備することで補いたい。


未OCG化カード

現在OCG化していないZWは「Z W(ゼアル・ウェポン)-天風精霊翼(シルフィード・ウィング)」のみ。
このカードはアニメで唯一、ホープレイ以外も装備できるZWだった。
(『No.39 希望皇ホープ』と名の付いたモンスターを対象にしており、ビヨンド・ザ・ホープ、ホープドラグーン、未来皇以外に装備できる)
また、ひょっとしたら弩級兵装竜王戟(ドラゴニック・ハルバード)もいつか拾われる日が来るのかも知れない。



追記・修正はシャイニングドローしてお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/