剣桃太郎

登録日:2014/08/21 Thu 19:44:04
更新日:2020/04/16 Thu 23:48:11
所要時間:約 15 分で読めます






うたうなら地獄でうたえや

男塾の教科書に

という文字はあっても敗北の文字は無い!




剣桃太郎は漫画『魁!!男塾』の登場人物。

CV:堀秀行
演:坂口拓


◆概要◆

本作の主人公。男塾一号生筆頭を務める青年。
仲間たちからは「桃」、上級生からは「剣」と呼ばれることが殆どで、
フルネームを述べる時を除き下の名前で呼ばれる機会には乏しい。
(なお、『私立極道高校』『激!極虎一家』虎、『瑪羅門の家族』など、宮下作品の主人公の名は漢字一字である事が多い)


男塾の制服である長ラン(首回りに飛行機乗りの様なマフラーを巻いている事が多い)を着こなす美丈夫で、
頭に巻いた太い鉢巻とそれを劈いて生えた様なもっと太い眉毛がトレードマーク。
この鉢巻は国会議員であった父・情太郎(じょうたろう)から授かったもので、
後に息子・獅子丸、そして江田島平八塾長の息子・(かい)へと受け継がれていった。


「フッフフ」と、事あるごとに不敵な笑みを見せ、クールな雰囲気を醸し出しているが、
実際は情に厚く正義感に溢れた好漢で、如何なる事があろうと仲間を見捨てたりはしない。
人間は勿論動物にも優しく、まるでフィクションの野性児の如く、ライオンや白鯨と心を通じ合わせる場面がある。
しかし、いたずらに手を差し伸べるばかりではなく、男塾のシゴキに耐え切れず脱落しかけていた椿山が奮起するのを信じて
あえて傍観に徹する等優しさ厳しさを併せ持った大きな器の持ち主。


腕っぷしと度胸は天下一品だが、それに加えて
体力と根性しか能の無い連中の吹き溜まりである男塾には異色の知性派でもあり(田沢異次元の天才なのでまた別としておく)、
少なくとも英語(相手の南部訛りを茶化す程自然なイングリッシュ)中国語は流暢に話せる他、フランス語を自然に読むシーンがある。

そんな彼なので小学校低学年レベルの男塾の授業では得るものが何もない為か
堂々と少年ジャンプを読みながら居眠りをする等、座学の授業態度は最悪である。


過去についてはが多く、続編やスピンオフで他の仲間たちの来歴が次々と明かされる中
気付けば主人公であるにも関わらず、この物語で最もミステリアスなキャラクターになりつつある。
見た目も中身もとても十代の少年のそれとは思えず、アニメ版の主題歌の歌詞である「ああ お前は今まで 何をしてきたんだ」と突っ込みたくなる。
その後付けブラックボックス加減から、
「邪鬼や伊達の様に学年通りの年齢ではない」、「秘術・秘薬の類で見た目だけ若い」、「実は桃だけ2周目」 等、
この様な推理が読者間でまことしやかに交わされている By民明書房


一応、中国武術界の総本山のひとつ「王虎寺」で修業をしていたという事だけが明らかになっている他、
アニメでは超エリート高校である集英高校を中退した所に入塾案内書が届き、退屈しのぎに足を運んだという流れになっており、後の事を思えば随分と地に足のついた設定である(なおその際、集英高校は桃を一度たりとも入学させた事を恥としている。そんなワルにも見えないが…?) 。
また、筆頭になった経緯も原作では描かれていないが、アニメでは最初は富樫が一号生筆頭であり
桃とのタイマンを経てその座を禅譲したという設定である。


新番組次回予告での「日本中から凄え奴らが集まった。それが男塾だ♪」というやけにウキウキしたナレーション
二号生との対面式が単なる陰湿なイビリだったことに失望を露わにしていた事から、
いずれにせよ男塾に入った理由はまだ見ぬ漢達との刺激的な出会いを求めて、といった所だろうか。

その人徳・行動力・頭のキレから一号生全員に絶大な信頼を寄せられており、
地獄のシゴキや絶望的な戦いの最中でも「桃ならなんとかしてくれる」という一念が彼らを結束させ、
同時に桃自身も仲間達の友情と声援に支えられて多くの死闘を制してきた。




◆劇中の活躍◆


序盤のギャグ編では周りがすったもんだして状況がグダグダになった所で颯爽と現れて美味しい所を持っていく
オチ担当のデウス・エクス・マキナ要員として大いに活躍。
横暴な教官や上級生には相手の土俵で堂々と渡り合い、一本取った上で痛快な反撃をキメる事が定番で、
非常に頼れる男も惚れる男前ぶりを遺憾なく発揮している。

桃達一号生が入る前の男塾は、絶対封建制に加え絶対者である二号生・三号生の武力による粛清が度々行われ、暗く殺伐とした雰囲気が強かったが、単純な出来の善し悪しでは歴代でも最低クラスの落ちこぼれ集団であった。
一号生が桃を中心に団結・反抗した結果、二号生筆頭・赤石剛次や全能の帝王・大豪院邪鬼すら下し、
長きにわたる支配体制を打破するに至った。

また、塾内の抗争の間にも海外からの留学生からJを、
侵略者である筈の関東豪学連から一度は退塾した伊達や豪学連三面拳を仲間に引き入れ、
大威震八連制覇終了後塾内の戦力が統一された事で、戦闘集団としての男塾の実力は世界に通じるレベルに達した。
そうした意味で桃はまさに男塾の歴史に風穴を開け、新風を吹き込んだ存在といえる。

天挑五輪大武會で大豪院邪鬼から男塾総代の座を引き継ぎ、
塾長の仇敵である藤堂兵衛を一刀両断。進級してからは同時に二号生筆頭を務めた。

卒業後の進路は東大卒業・ハーバード大学留学とエリートコースを順調に駆け上り、
男塾以外の宮下作品では『天より高く』にて史上最高の支持率を誇る日本国内閣総理大臣として登場。
捏造映像で自身の失脚を狙う政敵に対して全身に刻まれた歴戦の傷痕を見せて疑惑を晴らし
「なめるな 俺は日本国初の武闘派の内閣総理大臣だ」と啖呵を切ってみせる等、
往年の切れ味はそのままに、年季を積んだ渋みを魅せてくれる。
続編『曉!!男塾』にも男塾OBとして息子の獅子丸達と共にソドム世界会議等の暗黒組織と戦った。


◆闘法◆


戦闘力は極めて高くその辺の喧嘩自慢の不良学生とは次元が違う。
無限一刀流剣術実戦空手・中国拳法をベースとした徒手格闘術は達人級の技前。
それに加えて人体最後のエネルギーといわれるを自在に操ったり、
「翔穹操弾」「秘承鶴錘剣」といった幻の秘技を披露する等、
強さの引出しの多さが尋常ではなく、相対した敵のみならず仲間達すら驚愕させている。
更に呪術や麻酔弾でも倒れない強靭な精神力、死すら恐れぬ闘志が合わさる事で、
心技体全てにおいて男塾でもトップクラスの実力を有するに至る。
また天運にも恵まれているのか、闘ってる最中に対戦相手に雷が落ちて戦闘不能になるという事が二度もあった。


制拳(せいけん)『正拳』ではない)こぶし割り
桃の十八番。相手の繰り出したパンチに合わせて拳を真っ向から叩きつけ、相手の拳を破壊するカウンター技。


●無限一刀流
桃の修めた剣術。赤石からは道場剣法呼ばわりされたが、ワールドクラスの強豪相手に互角以上の戦闘を繰り広げた実戦本位の流派である。
刀を鞘に収めた状態での攻防にも長け、活殺自在の奥深さを持つ。『曉!!男塾』にて桃の息子・獅子丸が
剣無限流なる流派を用いるが、桃が無限一刀流を原型に編み出した剣かは不明。


心眼剣(しんがんけん)(いち)之太刀(のたち)
ハチマキで目を隠し、心眼で相手の気配を察知して攻撃する。
初披露は剣技ではなく、Jとの『撲針愚』にて赤石に瞼の薄皮一枚を切られる事で擬似的に盲目状態となった中開眼した『心眼』。
誇張抜きに音速を超えた速さで打ち込まれるJのマッハパンチを全弾回避した上にカウンターを決めて一撃で沈める離れ業を成し遂げた。


四肢(しし)鐺瓏剣(とうろうけん)
刀の柄で相手の体を打突し、四肢十八点全ての関節を外して行動不能にする不殺の活人剣。
奥義とあるが、どの流儀の技なのかは不明。読みは一緒だが実在のカマキリの象形拳である蟷螂拳とは無関係。


秘承鶴錘剣(ひしょうかくすいけん)
地面に突き立てた刀の柄に乗り、その状態のまま地上を高速で移動するという絶技。
桃は日本刀を使っているものの、原型となったのは中国武術の「鶴脚閃走術(かくきゃくせんそうじゅつ)」。
中国拳法史上、幻とされる三大奥義の一つであり、その発祥は中国版巌流島の決闘として名高い。
陳宗明と泰報刻の「台南海岸の決闘」の折、足場の悪さを克服する秘策として
陳宗明が咄嗟に編みだしたとされている。この技には強靭な腱力は勿論の事、
絶妙なる均衡感覚と卓越した体術が必要な事は言うまでもない。
王家の谷の守護者達のアヌビスとの闘いで、猛毒を持つ砂蠍が無数に這い回る砂地を攻略する為に使用した。


轔扇刃(りんせんじん)
秘承鶴錘剣奥義。刀を脚で持ったまま跳躍し、凄まじい勢いで回転しながら斬りつける。

轔旋風(りんせんぷう)
秘承鶴錘剣奥義。地面に刺した刀に倒立した姿勢で乗り、回転して突風を起こす。


●氣功闘法
桃の会得した『氣』の力を用いた闘法。
武術を極めし猛者の集う男塾内でも(塾長を除けば)桃と邪鬼しか使える者はいない。
常識では考えられない奇跡を起こせる反面、決して都合のいい力という訳では無く、
使用には多大な集中力と体力の消耗を要する両刃の剣である。


硬布拳砕功(こうふ けんさいこう)
氣功闘法の一つ。ハチマキに氣を込め、一瞬だけ鋭い刃にして攻撃する。
本来武器になりえない布を刃と化し、相手の繰り出してきた拳を切り裂く等、
どちらかというとカウンターやフェイントを絡めて使う暗器的な技かと思われる。


堅砦体功(けんさいたいこう)
氣功闘法の一つ。体内の氣を胸の一点に集中する事で胸板を鉄板に変える。
邪鬼の真空殲風衝さえ通用しない防御力を得られるが、体力を極度に消耗するゆえに乱用は出来ない。
あくまで一撃死を一度だけ回避出来る緊急手段といった感が強い。


翔穹(しょうきゅう)操弾(そうだん)
中国拳法三千年の歴史にあって秘伝中の秘伝とされる技。
小さな鋲を指で弾いて相手の神経節に打ち込み、本人の意識とは関係なく体を操る。
狼髏館の首領・宗 嶺厳の得意技でもあるが、桃の使う翔穹操弾の精度は嶺厳のものをはるかに上回る。
桃はこの技を「人の命を弄ぶ邪拳」として普段は封印している。


暹氣虎魂(しんき ふうこん)
王虎寺超秘奥義。氣を刀身に集中し、虎の形の衝撃波として発射する。
桃の使う奥義の中でも格式・威力ともに最大の技。ゲーム化された際もほぼ確実に超必殺技として採用されている。



★余談★


◎アニメ版の次回予告は視聴者からのファンレターを登場人物が読み上げ、一問一答するという変わった形式で、
桃も完全にラジオのDJみたいなノリで軽口を飛ばしている。何気にキツイ毒舌を吐いたりするのが視聴者の笑いをまた誘う……。

◎外国人女性(アメリカ人らしい)と結婚し、一子・獅子丸を設けているが、総理大臣の任期中は『独身』とされており、
実質上社会的な扱いは隠し子である。ただ、桃は表社会/裏社会に多くの敵を持つ為、
愛する妻子を危険から守る為にはそうした情報を秘匿する必要があったという理由も十分に考えられる。

◎連載中行われた人気投票では第三回で一度伊達に抜かれた事を除けば(それでも二位)総じて貫禄の一位。
集団バトルものの人気投票では尖った個性を付けにくい主人公キャラは伸び悩む場合もあるが、
男塾の場合は一位・二位に票が集中し、あとはばらける傾向が強く、その圧倒的な人気が伺える。

◎文庫版『魁!!男塾』の帯の煽りは、ひと月に2巻のペースで発売される為、
『男は度胸』/『男は愛嬌』『男は気骨』/『男は拳骨』といった『男は◎◎』の語呂合わせペアという縛り。
最終巻の煽りは前巻の『男は(きも)!』に対して『男は桃!』である。お見事!





追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/