アクア団幹部(ポケモン)

登録日:2014/11/29 (土) 02:00:00
更新日:2020/01/22 Wed 02:09:45
所要時間:約 7 分で読めます




※当項目はマグマ団/アクア団の項目から一部内容を移転して編集した内容となっています。

アニメ版ポケスペに関してはこちら


ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』及び『オメガルビー・アルファサファイア』に登場するアクア団。
組織を統べるアオギリを慕う部下のうち、幹部として活躍するのが下記の2名である。

『RSE』時代はキャラデザがしたっぱを多少リデザインしただけだったり、マグマ団側の幹部とキャラが被っていたりと、あくまで「多少強い敵キャラ」程度の扱いであった。
そして『ORAS』でかなりのテコ入れをされ、発売直後からいろんな意味で愛されている。



◇ウシオ (英語名:Matt)

アクア団の男性幹部。
RSE時代はマッシブな体型や後ろに伸びた茶髪が特徴のお兄さん。
一般の男性団員と異なり、裸の上半身にジャケットを着ている。
笑い方はホムラと同じ。
名前の由来は「潮」。


リメイク版ではカイリキーを凌ぐほどのマッチョな巨漢へと変貌。
カタコトで喋り、命の恩人であるアオギリを「アニィ」と慕っているなど、
太ましく理知的になったホムラと対照的なキャラになった。
デボンの社員曰く「すっごく でっかい 筋肉 ムキムキマン」

……が、彼の真のキャラ変更が知れ渡ったのは、コロコロコミック購入者に配信された特別体験版でのことであった。



「アオギリの アニィを アイシテる!」
※英語版では「I love my bro, Archie!」

「ポケモンしょうぶで モミつぶしてヤル!
たっぷり アイシテやるぜェェ!」

「オレッチと! オメェと! ポケモンと!
みんなで マックス タギろうぜェッ!!
オウホウッ! オウッホウッ!!」

…擁護不可能レベルである。


体験版で諸事情からコンビを組んだホムラについても、
「マクノシタみたいなやつ」「おもしろいナおまえ!」と大変好意的であった。
ホムラ逃げて超逃げて。

なお、上記の通り「オウッホウ」と笑うようになったためウヒョヒョ枠はホムラに完全に譲ることになった。
むこうもそんなにウヒョヒョ言ってないけど。
また、あの肉体は一日5千発のパンチをサンドバッグに打ち込んで維持しているらしい。
カタコトな喋り方で、シナリオ後半などで叫び声がアルファベットになることなどから、イッシュ地方出身者の可能性がある。

ASのエピソードデルタではアオギリの改心を受け入れられず暴走、
とある人物と組んでキーストーンや転送装置もろともトクサネ宇宙センターのロケットに積まれたエネルギーで世界の滅亡を目論む。
しかし結局は利用されていたに過ぎず、自分やアオギリのキーストーンを奪われてしまった。

最後は自らの過ちを反省し、アオギリの新しい目標を聞いてイズミも一緒にやり直すことを決意する。

  • 手持ち(サファイア)
キバニア
ポチエナ→ グラエナ
キバニア→ サメハダー

  • 手持ち(エメラルド)
グラエナ
ゴルバット

  • 手持ち(アルファサファイア)
一貫してサメハダーのみ。
ただし『エピソードデルタ』ではメガシンカさせる。



◇イズミ (英語名:Shelly)

アクア団の女性幹部。
RSE時代は腰まで伸びているヘアースタイルが特徴のお姉さん。
一般の女性団員よりも露出度が高いコスチュームである。
笑い方はカガリと同じ。
名前の由来は「泉」。


リメイク版では褐色+おっぱい増量+ダイバースーツのようなピッチリのコスチュームでセクシー度&萌え要素アップ。
そして性格も姉御という呼び名が実によく似合うポケモン界屈指のイイ女となり、アオギリの嫁と言っても過言ではない。
その割にアジトの部屋には可愛いポケモンのぬいぐるみが飾られており、意外に乙女趣味な様子。

双方で社員時代に面識があるのかは不明だが、マグマ団のホムラ同様、元デボン社員の科学者。
「アクアスーツ」の開発に大いに貢献した。

なお、アクア団アジト内にある彼女の部屋に、
「坊主頭の少年と黒髪の少女が短冊が頭に付いているポケモンと一緒に写った古い写真」があったことが一部で話題になっている。

アルファサファイアでカイオーガが起こした騒動の際にアオギリが呟いた言葉などと合わせて、
「アオギリとは幼馴染ではないか」
「ジラーチと出会って仲良くなったが、ジラーチを狙う輩などにより何らかの事件にあったのではないか?
→そうした過去からアオギリがポケモンの理想郷を掲げアクア団を結成したのではないか?」
といった考察が一部ユーザーの間でされている。
(ちなみにその写真は本編開始の約12年前。つまりアオギリもまだ30歳に達していない可能性も…)

……しかし、他の面子のキャラが濃くなった為、特にウシオやカガリのインパクトに話題をもっていかれがち。
キャラ改変がまともなせいで逆にちょっと不遇になるという、ある意味珍しい例である。

  • 手持ち(サファイア)
キバニア→サメハダー
グラエナ

  • 手持ち(エメラルド)
キバニア→サメハダー
グラエナ



追記・修正はアニィスペシャルをVol.7まで聞いてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/