カイリキー

登録日:2010/06/27(日) 17:18:55
更新日:2021/07/03 Sat 11:12:02
所要時間:約 9 分で読めます


タグ一覧
マッチョ 500発/秒 ←Q.弾丸は止められますか? あなをほる いい男 ←♀もいるよ ←筋乳脳筋 いきなり一撃必殺 お姫様だっこ かくとう きんにく こんじょう ゆびをふる ゆびをふる←ノーガード×一撃技の恐怖 ウホッ イイポケモン ウー!ハー! カイリキー ガチムチ キョダイシンゲキ キョダイマックス グリーン コルニ ゴーリキー サイトウ シバ トウキ トリパ ネタポケ ネタポケ ←でも弱くはない ノーガード ポケモン ポケモンGOでは優遇 ポケモンバトルヒーローズ ポケモン最終進化形 ポケモン解説項目 ポッ拳 ライドギア レッド ワルダック ワンリキー 両手足を掴まれて…アッー 兄貴 初代 初代通信進化組 剛力 友達がいないと手に入らない 哲学 四本腕 巨大進撃 怪力 時は止められないんですね? ←A.尿はいける 皆勤賞 ←皆筋賞 第一世代 筋肉 脳筋 腕力 赤緑 通信進化


4本の腕を すばやく 動かし あらゆる 角度から 休むことなく パンチや チョップを 叩きこむ。


ポケットモンスターシリーズで初代から登場するポケモン

■データ


全国図鑑No.68
分類:かいりきポケモン
英語名:Machamp
高さ:1.6m
重さ:130.0kg
タマゴグループ:人型
性別比率:♂75♀25

タイプ:かくとう

特性:こんじょう(状態異常時に攻撃力1.5倍。やけどによる物理技のダメージ半減も無視)
  /ノーガード(お互いの技が必中になる。「あなをほる」「そらをとぶ」等を使用している間でも命中する。先頭にすると野生ポケモンの出現率が1.5倍になる)
隠れ特性:ふくつのこころ(ひるむと素早さが1段階上がる)

種族値
HP:90
攻撃:130
防御:80
特攻:65
特防:85(初代のみ65)
素早さ:55
合計:505

努力値:攻撃+3

ワンリキーがレベル28でゴーリキーに進化
ゴーリキーを通信交換する*1とカイリキーに進化する。
なので最低でもレベル28は必要で、通信交換しない限り永遠に進化しない。


■概要


鍛え抜かれた筋肉と四本の腕を持つ人型のポケモンで、かくとうタイプを代表するポケモンの一匹である。

DPtまでシリーズ皆勤賞だったが、BWで記録が途絶えた。
まあ全員新ポケモンだったから仕方ないね。

相手が強ければ強いほど闘志を燃やす格闘家の手本のような性格らしく、オラワクワクしてきたぞ
あらゆる格闘技をマスターし、腕の一本だけで山を動かしたり、電車を吹っ飛ばしたり、相手を地平線の彼方まで投げ飛ばす程のパワーを持ち、その四本の腕で相手を捕らえたあと複雑な形で締め上げる関節技「カイリキースペシャル」を繰り出したり、2秒間に1000発もの連続パンチを繰り出したりととにかく荒々しいマッチョメン。
伝説のポケモンにでもいそうなパワフル具合だが一応一般ポケである。

実際にポケスタの登場モーションやポケモンGOの攻撃モーションでは俊敏な動きでパンチを連打している。
特にポッ拳のバーストアタック「爆裂ラッシュ」では本当にヒット数1000を叩きだしてくる(演出によるものでダメージ自体は普通のBA相当だが)

しかし知能はお世辞にも高いとは言えず、考えるよりも先に手が出る典型的な脳筋。
また、指先を使った細かい作業も苦手でいつの間にか腕が絡まってしまうらしい。

その男らしい姿から「ウホッ! いい男……」的なネタによく使われるネタポケ

だがそんな姿にも関わらず♀も存在する。しかし見た目はほとんど変わらない。
♀のカイリキーも上半身裸なので考えようによってはおっぱい丸見えで興奮する……のか?

ちなみにゴーリキーがパワーセーブベルトを外す事で進化するらしいが、最近のグラフィックでは何故かカイリキーになってもベルトは付いたままである。
ポケスペではカイリキーになっても付けていることで、パワーをセーブしているカイリキーが登場している。


■ゲームでのカイリキー


進化前のワンリキー、ゴーリキーは山や洞窟によく出現し、からておうやバトルガール等によく使われる。
ワンリキーは金銀クリスタルHGSSでは、コガネシティにてこちらのスリープとのトレードでNPCからきんにくを貰えるため、そのイメージが強い人も多いだろう。
最初は頼りないが人から貰ったおかげで成長も早く、アカネミルタンク対策として重宝する助っ人である。

四天王シバの切り札だが初代のかくとうタイプはとても不遇。
最高威力の技が「じごくぐるま」止まりでエスパータイプであっさり倒せてしまうのでぶっちゃけ弱い。
しかしリメイクであるFRLGでは強力な攻撃が増えているので注意が必要。

また、金銀のリメイクであるHGSSではフーディンに代わってグリーンの手持ちになっている。
ポケスペから逆輸入してきたのだろうか。
ノーガードを活かし、ばくれつパンチやストーンエッジで攻めてくる。
強化版では「くろいてっきゅう」を所持しており、たまに投げつけてくるほか、メロメロ」をかましてくる

ちなみに金銀時代は初代からワンリキー系統を連れてくると「かわらのかけら」という謎のアイテムを所持していた。
何が謎かというと、このアイテム 一切何の効果もない のである。
入手方法からすると、ピカチュウの「でんきだま」のようにワンリキー系専用の強化アイテムのように思えるが…
実は初代から金銀にポケモンが送られる際にはそのポケモン固有の捕捉率(捕まりやすさ)を参照するのだが、ワンリキー系統だけ固有の値が用意されており、それを利用して運営のお遊びで入れられたアイテムである可能性が高い。
結局このアイテムは第三世代移行時に完全に削除され、以降も再入手手段はない。




SMUSUMでは秘伝技廃止に伴い『かいりき』が自力習得技に変更。と言っても実用性は殆どなく、単なるイメージ優先である。そろそろかくとうタイプに変更してもいいんじゃないのか…?
そうすればこんじょう型の選択肢としてデメリットはあるけど命中威力共に安定なインファイトか、デメリットなしで威力重視のクロスチョップか、はたまた命中重視でこれか…と使い分けができるし。
さらにシナリオ終盤になるとまさかのライドポケモンとして使用可能となる。能力はとても大きい岩を動かすというもの(従来作の秘伝技『かいりき』のような効果)。
移動速度は主人公とほとんど変わらないのでケンタロスに汎用性の面で劣るがそこそこ使用機会は多い。

なおこれまでのポケモンライドは対象ポケモンの背に主人公が乗る構図が普通だったが、
カイリキーは前の腕を使ってなぜかお姫様だっこで主人公を運んでくれる。
とはいえ腕四本のうち二本だけで岩を押せるのは、流石かいりきポケモンである。

ちなみに何かとポケモンが街中にいる本作だが、カイリキーはその中でもかなりよく見られる。
土木作業員などの腕力を使う仕事で活躍しているようであり、体験版では何故かミニイベントもある。

初代のVC版発売が決定した時には初代のわざマシンに収録されている「じわれ」と特性「ノーガード」と両立できるのではないかと危ぶまれていた。
しかし、VC版から最新作に送ったポケモンは全て隠れ特性となるため結果的には杞憂だった。


LPLEではレッドの手持ちの1匹として登場。
「ばかぢから」や「じしん」を使うためそれらの技に弱いポケモンや物理耐久の低いポケモンは注意。


剣盾では野生の個体をそれなりに見かける。
ワンリキーは3番道路やワイルドエリアの各地の草むらに、ゴーリキーはミロカロ湖・南に固定シンボルで2匹、カイリキーは巨人の鏡池に固定シンボルで1匹出現する。
ワンリキーはトレーナーを見ると走ってきて向こうからバトルを挑んでくるが、
ゴーリキーとカイリキーは自らバトルを挑むことがなく、トレーナーを見ても目の前でその筋肉をアピールして立ち去る。
また、ジムリーダーの1人であるサイトウがエースとしてキョダイマックス個体のカイリキーを手持ちに入れている。


■対戦でのカイリキー


キノガッサと同じ攻撃種族値130を持つが、素早さと特攻は低い典型的な鈍足物理アタッカー。
ただし、耐久面はイメージに反して意外と特殊のほうがわずかに高い。
特攻が65と完全物理アタッカーなのに無意味に高いのは、初代の頃に特防もそこそこあった名残である。

初代では前述の通り不遇。
エスパーに弱い上、「じごくぐるま」の貧弱さと全ての能力に努力値を全振りできた仕様からケンタロスも確1にできない。
メジャーポケモンが出場禁止となったニンテンドウカップ99でも通信四天王の中で唯一出場可能となっている。
それでも攻撃や耐久力の高さ、「じしん」を覚えるといった強みがあり、他のかくとうポケモンよりは強かった。
98カップでは決勝トーナメントの手持ちにこそ入っていなかったものの、予選時点ではそこそこ見受けられたうえ、
予選大会の優勝パーティには入っていたりするほか、使用率で言えばパルシェンギャラドスを合わせた数より多い程度には使われていたので、初代のかくとうタイプとしては唯一使えた部類である。
腐っても通信四天王の一角ということか。
(ただし予選大会でその優勝者は使用していたが、決勝トーナメント本戦ではカイリキーを使用していない。99カップに出られることからもそれが分かる)

しかし、金銀ではかくとうタイプの需要が増加。
さらに強力なかくとう技「クロスチョップ」の習得や能力値の仕様の変更により特防の値が上昇等の強化がなされ、
当時猛威を奮っていたカビゴンハピナスを突破出来る存在として注目されることになる。
加えて「めざめるパワー(霊)」等により苦手なエスパーやゴーストタイプにも一矢報いることも可能になった。
(第三世代までは技の物理・特殊がタイプ依存かつ第五世代まではめざパの最大威力が70だったため)

DPtからはめざ霊が特殊化した代わりに3色パンチが物理化し4倍弱点持ち等に有利になった。
さらに新特性「ノーガード」を習得。
この「ノーガード」の能力「どんなわざでも必ず命中する」と、
命中率が低いが当たればダメージ+こんらん効果の「ばくれつパンチ」とのコンボが非常に強力。
簡単に言えば威力150のかくとう技と「あやしいひかり」の必中版を同時に放っているようなもので、
多少相性が悪い相手でも混乱による運ゲで無理矢理突破してしまう事まである。
これにより強ポケとしてさらに日の目を浴びることとなった。
先手を取って混乱させることで優位に立てるため、「こだわりスカーフ」や「せんせいのツメ」との相性も良い。

また、ノーガードは低命中率だがかくとうタイプ技と相性補完に優秀ないわタイプ技「ストーンエッジ」との相性も良い。
攻撃範囲は優秀だが肝心な時に外れやすいと評判のストーンエッジをためらいなく撃てるのは大きな強みと言える。
現在はZワザにより必中化させるという方法もあるが、上記の通り持ち物を自由に選べるのは十分な利点である。

特殊技は「かえんほうしゃ」「だいもんじ」「きあいだま」くらいしか覚えないが、役割破壊程度には使える。
特性ノーガードを使えば命中不安も気にならないため、低めの特攻65を技の威力によってある程度カバーすることができる。

しかし相手の低命中率技もこちらにバリバリ当たってしまうというデメリットもあり、
一撃必殺技や状態異常技もバシバシ食らってしまうのも注意したい。
特にラプラスマンムーは一見するとタイプ相性的に有利だがカイリキーよりも速く、一撃技使用率も高いので不用意に手を出さない事。
性質上「おにび」「さいみんじゅつ」等の状態異常技を撃たれやすいため、「ラムのみ」を持たせる手もある。

また特性「ノーガード」に目を奪われがちだが、もう一つの特性「こんじょう」も強力。
「こんじょう」持ちのかくとうタイプはローブシンのほうが攻撃は高いが、カイリキーの場合は「ノーガード」警戒で「おにび」を打たれたときに攻撃能力が弱体化せず強化される。
もちろん「かえんだま」や「どくどくだま」を持たせれば、能動的に特性を発動できる。
ただでさえ高い攻撃力に更に磨きがかかり、状態異常にも強くなることで意表も突ける。
この型の場合メインウェポンは「インファイト」や「クロスチョップ」となる。
こちらの特性の可能性もあるため相手のカイリキーの特性が分からない時に鬼火を撃つのも危険ではある。

サブウェポンは前述の「ストーンエッジ」や三色パンチ
範囲が広く、どくタイプギルガルドに有効な「じしん」
エスパー・ゴースト対策の「はたきおとす」「じごくづき」
フェアリー対策の「どくづき」
優秀な先制技であり、これまたフェアリーに抜群の「バレットパンチ」
……等々なかなか粒揃い。

意外だが「ひかりのかべ」や「アンコール」等の優秀な変化技も一部使う事が可能。
ネタ的な意味では「どくどく」「なげつける」も覚え、何故か火も吐ける。


タイプ相性や特性的にヤドランは天敵とも言える存在。
高い防御力とかくとう半減は言わずもがな、特性「マイペース」で混乱も無効、
カイリキーよりもさらに遅いため「しっぺがえし」もあまり効かない、
「かみなりパンチ」ではダメージが足りず、迂闊に触れると「ゴツゴツメット」でダメージを貰うとまさに天敵と言える。
基本的にヤドランが出てきたら素直に逃げる方が無難。

第六世代以降は「こだわりハチマキ」型なら「はたきおとす」で突破も可能。

かくとうタイプの宿命だが、先制「ブレイブバード」で有名なファイアローにも要注意である。

第七世代ではファイアローが大きく弱体化したが、フェアリー環境のため大多数のかくとうタイプ同様依然厳しい状況にある。

LPLEでは特性システムがないため「ノーガード」+「ばくれつパンチ」が使えないが、「ビルドアップ」を使える貴重なかくとうタイプとして存在感がある。
ばくれつパンチに代わる命中安定高火力技の「ばかぢから」、物理型相手ならばかぢからのデメリットを無視して火力を出せる「カウンター」の利用価値が上がった。

剣盾ではキョダイマックスの姿を獲得した。


■キョダイマックスのすがた



けた外れに アップした 怪力で 困っている 大型船を 担ぎ 港まで 運んだことが ある。

腕の筋肉が膨張して血管が赤く浮き出ている。下半身のパンツはスパッツのようになり、チャンピオンベルトのPの文字は銀色になった。
この姿から繰り出されるかくとう技は「キョダイシンゲキ」となり、急所率1段階アップの追加効果がある。
シングルバトルでは恩恵が少ないが、追加効果を重ね掛けできるため、ダブルバトルで味方を強化するのには役立つかもしれない。


ポケモンGOでのカイリキー


初代ポケということで初期から登場している。
2進化ポケモンだけあって育てるのが面倒で、ワンリキーの出現率もそんなに高くないので育てるのには一苦労……
なのだが、現在ではカイリキー自体がレイドバトルで登場するようになったので、入手難易度はかなり引き下げられている。
ただしレベル3なので、ソロクリアを狙うのはなかなか大変。
そうでなくても、高レベルのエーフィルギアなどのエスパータイプが欲しい所。

さてこのポケモン、本作のジム戦では必須級のポケモンとして非常に高い評価を受けている
なぜなら、ジム置き要員として人気が高いラッキーやハピナスなどに有利だからである。
物理特殊の区別がないGOで、ハピラキは高耐久ポケとして設定されているため、弱点を突けないと倒す前に倒されかねない。
カイリキーは高い攻撃力から高威力かつ抜群のかくとう技をハピラキにぶち込めるため、1匹いるだけでジム戦が大きく楽になる。
技構成は「カウンター・ばくれつパンチ」がお勧め。
「インファイト」も悪くはないが、いかんせん1ゲージ技であるが故に、発動までにゲージが足りずに倒れてしまいやすいため、「ばくれつパンチ」が推奨されている。

第3世代ポケ解禁後はかくとうタイプの層が厚くなったが、バシャーモは低耐久な上にかくとうタイプのゲージ技が1ゲージで隙の大きい「きあいだま」のみ、
ハリテヤマとキノガッサは同じ「カウンター・ばくれつパンチ」の構成が可能だが、前者は火力が、後者は耐久が劣っており、結局カイリキーの1強状態となっていた。

しかし2019年12月から突如として新技「はどうだん」を得たルカリオがジム攻略要員筆頭に躍り出たことや、翌年1月に全数値面においてカイリキーを上回るローブシンが登場したことで、以前のようにあらゆる局面で一強のかくとうタイプとは言い難くなった。
ただしこちらもアップデートによってレガシー技と化していた「クロスチョップ」を再習得。
これは破格のゲージ効率を誇るため「いかにスペシャルアタックを連発できるか」が重要視される対人戦においては間違いなく間違いなく最強のかくとう技である。
さらにカイリキーはサードアタックとしてこれまたかなり優秀ないわ技である「いわなだれ」を習得できるため、間違いなくPvPにおいては最強のかくとうタイプであり、マスターリーグで猛威を振るっているディアルガメルメタルに対するメタとして大いに活躍している。
また入手がほぼタマゴ孵化に限られるルカリオや、レイドで出現するドッコラーコツコツ育てなきゃいけない上に、通信交換前提仕様のローブシンに比べると、レベル3レイドで最初から進化形が一発で入手できるので育成が容易なのもうれしいところ。
さらには2020年7月にシャドウカイリキーが実装された。交換できないため厳選は困難だが、ハピナスを崩す速度が上がったのはもちろん、PvPで高火力の「クロスチョップ」をどんどん使えるという利点がある。防御は下がるので、「マジカルシャイン」が飛んできたらちゃんと回避しよう。
ただしスペシャルアタックのやつあたりは特殊なイベント時以外で忘れさせることができないため、殆どもう一枠の技に絞られる点に注意。
更に2つ目のスペシャルアタックを覚えさせるコストも通常でも50とそこまで低くはないのに、シャドウカイリキーは1.2倍の60になってしまう。
「やつあたり」を忘れさせるイベントに出会えたら是非とも忘れさせておこう。


■余談


ポケモンサンデーでは山本隊員の主力として登場。ニックネームはヒロシ。
♀なのにヒロシ。
番組ではよく、やまもとのヒロシと呼ばれていた。

特性は「ノーガード」でばくれつパンチによる運ゲーが得意でありバレットパンチによる追い討ちもよく使っていた。

コイツだけで挑戦者のポケモン4匹を倒したこともあるため山本隊員のメンバーの中でも活躍は多い方。

過去にポケモンセンターで発売されていたグッズ『ポケモンバトルヒーローズ』のメンバーの1匹として登場した。
性別は♀。
いじっぱりな性格で、ちょっぴり見栄っ張り。
特性はノーガード。持ち物はくろいてっきゅう。
技構成は【ばくれつパンチ、ストーンエッジ、なげつける、メロメロ】

何気にHGSSのグリーン(強化後)のカイリキーと持ち物、技構成が同じだったりする。


■対戦以外のカイリキー



2015年には「ポケモンだいすきクラブ」のコンテンツとして特設サイト『キレてる!カイリキーGYM』が登場。
ホウエン地方で流れるCMをイメージした動画「ゴーリキー引越社」や壁紙がもらえるミニゲーム、カイリキー24時の漫画、カイリキー女子座談会などの誰得な内容が満載だったが、
カイリキーの育成サンプルを挙げたそれなりに実用的なページもあったが、紹介されている四つの型のうちひとつはメロメロ/ヨガのポーズ/アンコール/クロスチョップ@たべのこしという、色々な意味で上級者向けの汎用性を無視した技構成であった。

SM・USUMではフェスサークルには「ムキムキを見せつけろ」というカイリキーライドを使ったアトラクションが登場。
内容はカイリキーにお姫様抱っこされた状態でフェスサークルを歩き回り「お似合いだね」と言わせるというもの。
もはや意味がわからない。

SMの宣伝として、人類最強の女と言われる吉田沙保里とカイリキーのコラボCMが作られた。しかも2種類も。
ドレッドヘア姿のしれんサポーターの肩書で、カイリキーにお姫様抱っこされた状態のサオリが呼びかけてくるというもの。
「わたしをたおそうなんて どきょうあるじゃない わたしのきたえあげたポケモンと バトルしてみる?」
「まためがあったわね なんどたおされてもむかってくるひと わたし、だいすき」

その後サオリのカイリキーの配信イベントも実施。
「吉田沙保里さんも得意とする技を覚えている」という触れ込みであり、過去作やVC版でしか覚えられない「すてみタックル」を覚えている。
「お気に入りの技」ではなく「得意とする技」という辺りは格闘家コラボらしい一面である。
ただ、サブウェポンの豊富なカイリキーにとって敢えてノーマル技を使用するメリットは殆ど無いため、どちらかと言うとコレクション向きか。
ちなみに性格は「ゆうかん」(攻撃↑素早さ↓)、特性は「こんじょう」、個体値は攻撃のみV固定であとはランダム。
勇敢な性格と凄まじい根性で敵に打ち勝つあたりは、格闘競技選手のイメージにぴったりと言えばぴったりか。
配信ポケモン恒例のリボンはレア物のバトルチャンプリボンとなっており、メダリストの吉田沙保里に相応しいリボンである。
なお、「すてみタックル」は後の第8世代でカイリキーの自力習得技に追加された

2021年にはポケモンだいすきクラブの企画として「カイリキー体操」なる謎の動画がポケモン公式YouTubeチャンネルのひとつである「ポケモン Kids TV」に投稿される。
カイリキーという時点で既にネタに走っているのは察しが付くが、冒頭から上の腕に力こぶを作り、下の腕を腰に当てるなど、腕が四本ないとできないカイリキー専用の体操であった。
更に体操のような穏やかなナレーションの合間に外野から「筋肉ダイマックス!!」のような、ボディビルよろしく筋肉を褒める野次がしょっちゅう入るためカオスな動画になっている。


カイリキー「いいのかい、ホイホイ受けにきちまって? 俺は物理受けだろうが混乱で構わず食っちまうポケモンなんだぜ?」

ヤドラン「やぁん?」


カイリキー「や ど ら ん か 」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年07月03日 11:12

*1 進化の際にゴローン→ゴローニャと逆の現象(腕が4本に増え、顔立ちがゴローンっぽくなる)が起こっている事から、「後のアギルダー&シュバルゴみたいな構想があったのでは?」と推察するプレイヤーもいる