リディア(FF4)

登録日:2016/12/13 (火) 00:56:06
更新日:2019/12/21 Sat 21:25:55
所要時間:約 ? 分で読めます




「大事なのは心…そうでしょう、セシル!」

FINAL FANTASY Ⅳの準ヒロイン。

身長:107cm
体重:18kg
年齢:7歳
出身地:ミスト
CV:下屋則子(DS版FF4、ワールドオブファイナルファンタジー)

【概要】
主要人物の一人。召喚士の一族が住む村ミストの出身で緑色の長い髪が特徴。
小さい女の子でありながら、年上であるセシルやギルバートを叱咤し励ますなど芯が強い性格をしている。
賢者テラの見立てでは高い素質を秘めているらしく、実際劇中において(あらゆる意味で)トップクラスの成長の早さを見せた。
ちなみに上記プロフィールは初登場時のもの。




以下ネタバレ注意


【本編】

序盤にボムの指輪を届けにミストの村へと訪問したセシルとカインにより、母親を殺され村も焼き払われるという悲劇に見舞われる。
実際の所は、バロン王に体よく利用された上に道中で出会ったミストドラゴンを倒すと母親が死ぬ事を知らなかっただけなのだが、憎悪によりタイタンを召喚しカインを行方不明にさせ、ミストからカイポまでの道を分断させてしまう。
一連のシーンは一部のプレイヤーからアグネスモノの案件としてネタにされていたりもする

セシルに保護された後、バロンからの追手から自身を守った事でセシルに対し徐々に心を開いていく。
なお、ミストの村を焼き払われたトラウマからファイアが使えなくなった(というより使おうとしなかった)が、ローザに諭された事で勇気を出し使えるようになる。

その後もセシルたちと行動を共にするが、ローザ奪還のためにバロンへと乗り込もうと一行を乗せた船を幻獣王リヴァイアサンに襲われた際に海へと投げ出されて行方不明となってしまう。


そのまましばらく姿を見せないが、中盤でのドワーフ城におけるゴルベーザとの戦いに乱入。
短期間で一気に大人へと成長しておりセシル達と全国のプレイヤーを驚愕させた。
これは一行とはぐれた後、リヴァイアサンにより幻獣たちの住む幻界へと連れられ、そこで生活していたが、幻界は地上とは時間の流れが一定ではないためである。要は「精神と時の部屋」。

その後は離脱も無く最後までパーティメンバーの一角として使っていける。
なお、低く見積もっても十年ほど成長しているように見えるが、口調は子供時代とほぼ同じであるなど天真爛漫な面も見せている。

エンディングでは幻界へと帰り、リディアと自分とで容姿が違う事に悩む幻獣の子供に対しページ上の台詞で諭した。

エッジに一目惚れされるが、あまり相手にすることも無く結局結ばれることは無かった。


戦闘におけるステータスはMPが伸び、HPが少ない典型的な黒魔導士タイプ。
黒魔法と召喚が使える他、幼少時のみ白魔法も使える。
杖の他、鞭も装備できるため、ある程度物理にも対応。
FFにおける鞭キャラの代名詞かもしれない。


【ジ・アフター】

前作に引き続き主要キャラの一人。
幻界から戻り、復興したミストにて暮らしていたがたびたび幻界にも顔を出していた。
しかし、ある時期を境に幻界へ行くことを禁じられてしまい、悩むようになる。

本編リディア編において、幻界へと訪れるがそこで謎の少女により幻獣達を全て掌握され召喚も使えなくなってしまう。
後に集結編から終章にかけて幻獣たちとの戦いにおいて次々と正気に戻し召喚も使えるようになる。ただし、手順を間違えたりパーティにリディアを入れていないと二度とその幻獣を呼び出せなくなってしまうので注意。

エンディングでは養女を迎えた他、エッジの計らいにより幻獣王夫妻と再会した。


前作で見られた天真爛漫な面は鳴りを潜め、性格・口調共に大人びたものになったが外見は若々しく美しいまま。髪もさらに長くなりよりウェーブがかかっている。
さらに服装の露出度が多くなるなど過激さが増しており、海外版では規制を食らった。
PSP版OPムービーでも服装はこれに準じている(布面積が多くなった他、レオタードに布が巻かれスカート状になっている)。

また、全キャラ中二番目に多いバンド技(一番はセシル)を持ち、内容も黒魔法や召喚を使ったものが多い。
一方で、
  • エッジの愛を弓矢で砕いて攻撃する「ブロークンハート」
  • ハルとイザヨイとで鞭で攻撃する「乱れムチ」
  • ↑にレオノーラを加え豚にする「コールミークイーン」
  • ハル、イザヨイ、ローザによりハートで攻撃する「テンプテーション」歳を考えろ
と、ネタ技も妙に多い。


【ワールドオブファイナルファンタジー】

ミストドラゴンを引き連れた召喚士。ニブルヘイムにてティファと共に登場。
炎の谷にてレェンとラァンと同行するが、幼少期のトラウマにより炎が苦手。
ミストドラゴンの事を「ミッちゃん」と呼ぶ。

召喚士繋がりなのか、ユウナやエーコと認識があり、ユウナを「姉様」と呼ぶ。
メタ的には姉様と呼ばれるのは彼女の方な気もするが…


【余談】

リディアのプロフィールであるが、公式で子供時代のものしか用意されていない。
つまり大人になったリディアが何歳なのか公式で不明なのである。

7歳にしては身長と体重が低く、5歳児並み。かなり小柄である。
しかし現代日本とは生活環境の違いも大きいだろうし、身長と体重のバランスについては妥当なので、不適当とも言い難い。


「さぁ ついき しゅうせいを…」
「いや!」
「やむをえん むりやりにでも!
「ちかよらないで!」
「まってくれ!」
「もういやあ! みんな みんな だいっきらい!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/