久川綾

登録日:2011/12/20(火) 21:05:58
更新日:2019/09/03 Tue 11:04:35
所要時間:約 5 分で読めます




「ういーっす」



久川綾は日本の女性声優。

1968年11月12日生まれ。
血液型はA型。
大阪府出身。
青二プロダクション所属。


アニメ『キテレツ大百科』のエキストラとして声優デビューするが、昭和天皇崩御の緊急番組により放送されなかった。

その後、国民的少女向けアニメ『美少女戦士セーラームーン』の水野亜美/セーラーマーキュリーでブレイクし、人気声優となる。

そして、セーラームーンシリーズ終了から約13年の時を経て、『ハートキャッチプリキュア!』の月影ゆり/キュアムーンライトを演じ、
新旧少女向けバトルアニメの戦士を演じた唯一の声優として話題になる。
(ちなみに歴代プリキュア声優中では最年長。プリキュア声優最年少の北川里奈との年齢差は25歳)


【人物】
大人な女性をメインに、清楚な女性、しっかりものの女性、近年では母親役を演じることが多い。ときたま少年役を演じることもある。
また、大阪出身で久川さん自身の性格から、関西弁キャラがよく似合う。(というかもはや素に近い)

大阪人ということもあり、かなりの話好きで、このトークセンスは主にラジオDJとして遺憾無く発揮されている。
(声優がゲストのときは始めにその声優との初共演したときのエピソードや恥ずかしいエピソードを話すのがお決まり)

お姉ちゃんこと井上喜久子とは仲がよく、会うと仕事、恋愛から最近では健康、保険、糠漬け等の話をするらしい。
しかし、17歳教には入信するつもりはないらしい。

グリリバこと緑川光とは青二塾の同期で、恋愛関係の話を気兼ねなく相談できるほどの仲。
久川さんが失恋したときはグリリバの所で一夜をともにした。(久川さんいわく「何もなかった(笑)」らしい……)
緑川も久川とのエピソードを話す時があり、仲の良さが伺える。
ちなみに話す際、名前を伏せる気があるのかないのか『某久川綾さん』ということも。


現在では有名となった
大きいお友達
という単語を生み出し、広めた人物とされている。










以下、あなた自身の久川さんのイメージが損なわれる可能性があります。
見たくない方はこちらへ。





















【久川綾のSHINY NIGHT】
久川綾を語る上では避けて通れない伝説のラジオ番組。
内容としてはリスナーからのお便りを読んでそれに答えるのをメインとした極普通のラジオ番組であった。



しかし



久川さんのある一言により伝説的な番組へと変移していくことになってしまった。






















「自分のウ〇コ踏んじゃった」



この発言と久川さんの下ネタOKの発言以降、当番組はピンクなものとなり、最終的に青二三大エロ番組の一角となってしまった。
(ちなみに残りは『緒方恵美の銀河にほえろ!』と『電撃大賞』)



以下、番組中での発言

「いいじゃん! だって! あたしだって人間なんだからさ! 声優だってウ〇コもすりゃと。オ〇ッコもすりゃと」
上記の発言に対して開き直った際の一言。久川さんェ……。

「皆さん、今の録りましたか? テープに。今晩のオカズにいかーがですかー?」
番組最終回にてリスナーからの要望で伝説の甘い吐息を披露した後にのたまった一言。

「ヤラれましたよぉ?」
小学生の女の子からの「綾さんは、もう既にヤラれてしまったんですか?」という質問に対する返答。
むしろこんな質問をする小学生の女の子の方が凄い気が……。





【出演作品】


追記・修正よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/