MOBILE1・2敵データ

ENEMY DATA(MOBILE MISSON+MOBILE2)

ACモバイルミッションの登場エネミーに加え、種類が少ない為モバイル2の敵もまとめて掲載しています。


モバイルミッション

無人砲台

  • やはり携帯でも砲台単体ではほぼ無力。地上砲台と天上砲台に大別され、武装もミサイル、バズーカ、レーザーを使う。
  • 砲台施設破壊で出てくる物はそれなりに厄介。雑魚と一緒に相手をするのは危険。

中央砲台

  • ミッション7-1、7-2に登場。↑と見た目は変わらないが、砲の威力はどんな機体でも一撃でAPを半分以上減らされる。

マスタング(移動砲台)

  • 自走砲台。初代ではロケットを使っていたが、今回は機体設定通りプラズマ砲搭載型も居る。火力はミッションによって異なる。

野分(四脚型戦闘車両)

  • 初代では地下駐車場で暴れていたタコっぽいメカ。今回は雑魚として大量に登場し、見かける機会が多い。
  • 砲塔がグレードアップし、スナイパーライフルやミサイル等に換装したタイプが現れる。

ファイアブランド(無人機)

  • 砲台施設破壊に出てくる円盤。単発のライフル弾を使うようになったが、小型ミサイル一発で沈む為脆い。
  • 後半7-2でもレーザーを装備して再登場するが、構ってる余裕が無い為スルーされる悲しい雑魚。

バラクーダ(輸送機)

  • 元々はACを現地まで運んでくれるVTOL輸送機…だったハズが、今回は爆撃機として登場。投下するのはACでは無く大量のグレネード弾。

ウェルキン(無人迎撃機)

  • ↑のお供で現れる。別に速いわけでもないので速攻で処理される。

疾風(VTOL攻撃機)

  • ウェルキンと一緒に現れるバラクーダのお供。こちらは火力まで低いのでもっと影が薄い。合掌。

ビショップ(逆脚型MT)

  • 携帯でも立場は変わらない逆脚ヤラレメカ。

ライトニング(二脚型MT)

  • 手足の長いクローム社製MT。設定では高性能機だったが、初代では埠頭と溶鉱炉にしか登場しない上に弱かった機体。本作ではAPも高く、設定通りの高性能ぶりを発揮する。
  • 武装は実弾ライフル他、スナイパーライフル、ENライフル、大型ミサイルと、多岐に渡る。耐久力や機動性もそこそこあり、大挙されるとACですら手を焼く存在に。

モバイル2(トレーニングメカ)

主にNBでお馴染みだった連中。今回の役割もトレーニングメカで、コンシューマ版と性質の違う機体も。

NYORAI

  • まさかの再登場を果たした浮遊キノコ。回避訓練と総合訓練に登場し、今回は実ライフルで攻撃してくる。
  • 回避訓練ではAPは2000あるが、LX主砲等があれば撃墜できる(しかも何のお咎めも無し)。総合訓練の方ではAPは1000。

D05-OCTOPUS

  • 射撃訓練と総合訓練に登場する愛らしいドラム缶。APは1000。やはりコイツも今回は攻撃してくる。

ジェリフィッシュ

  • 射撃訓練及び総合訓練に登場する、毎度お馴染みのガードメカ。APは1000。無駄なグラフィック削減の為、パルスではなく実ライフルで武装。

MT08-OSTRICH

  • サバイバルに登場し、なんとAP5000を誇る。やはり無駄を省く為、脚は動かずホバー走行する。ライフルの弾速が速く、厄介。



コメント


名前:
コメント: