BACK WEAPON 1 fA

ACfA/BACK WEAPON 1


  • 背武器と腕武器、或いは左右の背武器を同時使用した場合、FCSの並列処理補正はかからない
  • キャノン系武器は上下への射角が狭く、30~40°までしか撃てない。
  • 1.00~1.10ではほとんどのミサイルとロケット、一部のキャノンはPS3とXBOX360でパラメータが異なる。PS3のほうが攻撃力、PA減衰力、衝撃力が+1されている。
    本頁の表はPS3を基準として表記し、該当するパラメータには「*」を付記する。
  • 腕と違い照準精度のチューンは効かないが、元の照準精度は極めて高く静止物体に対し有効射程内であれば外すことはまず無い。
  • 通常の射撃武器は、飛ぶほど威力が減っていく。
    特にEN武器は急激に減衰していく。対ネクストにおけるダメージ保証距離は各兵装の表示有効射程の半分程度である。
    逆にミサイル・ロケットは飛ぶほど加速し、威力が上がる。
  • (1.30)EN兵装の距離減衰仕様変更。射程距離内であれば距離減衰は特に気にしなくて良くなった
  • (1.40)重火器の弾速強化。重火器使用時は最低総合安定性を確認するんだぞ。ドミナントとの約束だ。
  • 背中のものに限らないが、ミサイル・ロケットの自爆ダメージは、単に自機の近くに着弾した場合と、相手の攻撃で爆発した場合とで全く違い
    後者の方が遥かに大きなダメージを受ける。
  • オンライン対戦においては、ラグによって特に射撃兵装の実質的な射撃命中率がオフラインよりも低下しやすい。
    オンで弾が当たらない原因が必ずしも武装によるものではないことに注意が必要。


ミサイル

  • 発射後、自動的に相手を追尾する誘導兵器。ロックマーカーの横に>や<が出たらロック終了。
  • 旧作とは違い、撃たれたミサイルをロックしたり、撃って壊したりできる。弾幕を張って攻防一体に使ったりもできる。
  • 爆発すると一定範囲内にダメージを与えるため、発射した瞬間に撃墜されると、種類とタイミングによっては自分がダメージを受ける。
    同時発射数の多い散布ミサイルなどは被害が大きいので撃つタイミングに注意。
  • 連続発射系のミサイルは、ロックオンして発射した後であれば、相手が視界外に出てしまっても全て相手に向かって飛んでいく。
    逆にロックしていないのに発射してしまった場合、連続発射中に相手をロックし直してもダメである。
  • 一部を除きEN負荷の割りに総火力・瞬間火力共に低め。戦況次第じゃパージも考慮しないと足枷になりかねない。
  • (1.30)一部例外を除き旋回性能とリロード時間が弱体化。
  • ロック速度のランク分けはおおよそ以下の通り。FCSとミサイルを選択する際の参考にどうぞ。
    通常 垂直 近接信管 散布
    PLATTE01 S+ OSAGE03 B DEARBORN02 S MP-O200 B+
    MUSSELSHELL A WHEELING03 B DEARBORN03 S MP-O200I E
    WHEELING01 S 分裂 大型 MP-O203 C
    高速 CHEYENE01 A BIGSIOUX A MP-O700 D
    VERMILLION01 S CHEYENE02 C コジマ PM
    追尾 SALINE05 A+ BISMUTH A- MP-O601JC A
    POPLAR01 A 061ANCM B+ ZINC A- MP-O901 A
    063ANPM B+

PLATTE01

スタンダードなミサイル。 対象を自動追尾する誘導弾を射出する
  • 北アメリカ、ミズーリ川の支流のプラット川。他、MSAC(GA))製のミサイルはアメリカ大陸の河川の名がつけられている。
  • 通常ミサイル全てに言えるが、ロックオンが速いため「とりあえずミサイル」といった積み方も可能。
    • ただしこいつの性能ではとりあえず、で積んでも戦果は上げづらい。クセが無く使いやすくはあるのだが。
カテゴリ MISSILE
メーカー MSAC
価格 100000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 681 - 681 ▲ 693
消費EN 515 - 515 ▲ 644
攻撃力(実弾)* 1583 - 1583 ▽ 1809 ▲ 666
PA減衰力* 723 - 723 ▲ 504
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 30 - 30
加速度 20 - 20
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 13 - 13 ▽ 15
リロード時間 272 - 272 ▽ 162 ▲ 250
同時発射数 1 - 1
連続発射数 16 - 16
装弾数 240 - 240
弾単価 100 - 100

MUSSELSHELL

総火力の高い標準型ミサイル。 連動型との併用も想定されている
  • アメリカ、モンタナ州のマッスルシェル川。
  • 多数同時発射タイプ。4時代から続く「下手に避けた人キラー」。直撃させられれば大ダメージ。
  • 4の頃は如何にも「拡散」ミサイルといった感じだったが、今作では単機に放つと密集して巨大なミサイルが飛んでいく感じに。
    • ミッションで複数の敵に狙うと昔っぽい機動になる。
  • ただ一発避けられると残りもそのまま避けられやすい。交差でねじ込む、動きを拘束しておくなど一工夫必要。
カテゴリ MISSILE
メーカー MSAC
価格 150000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 652 - 652 ▲ 970
消費EN 625 - 625 ▲ 708
攻撃力(実弾)* 1583 - 1583 ▽ 1809 ▲ 666
PA減衰力* 723 - 723 ▲ 504
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 30 - 30
加速度 20 - 20
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 13 - 13 ▽ 15
リロード時間 251 - 251 ▽ 131 ▽ 100
同時発射数 8 - 8
連続発射数 2 - 2
装弾数 240 - 240 ▽ 320
弾単価 100 - 100

WHEELING01

多連装の最新型ミサイル。 総合力に優れ、常に一定以上の性能を発揮する
  • アメリカ、ウェストバージニア州のホイーリング川。
  • 通常ミサだが軌道等は垂直ミサのそれに近い。高い安定感と汎用性を誇る。
  • 自爆に注意。垂れ流す時間が長い為マシンガンを撃たれたりすると大変なことに。
  • 軽量機で相手と交差寸前に撃つとかく乱効果が高い。
  • 分裂連動と組み合わせると、軌道違いのミサイルが二種襲う為回避難易度が高くなる。
カテゴリ MISSILE
メーカー MSAC
価格 100000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 662 - 662 ▲ 762
消費EN 672 - 672 ▲ 772
攻撃力(実弾)* 1583 - 1583 ▽ 1809 ▲ 666
PA減衰力* 723 - 723 ▲ 504
PA貫通力 2000 - 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 30 - 30
加速度 20 - 20
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 15 - 15 ▽ 17
リロード時間 263 - 263 ▽ 148 ▲ 200
同時発射数 1 - 1
連続発射数 16 - 16
装弾数 240 - 240
弾単価 100 - 100

高速型ミサイル

  • 高追尾の方にはお仲間が増えたのだが、相変わらずこのカテゴリには1つしかパーツがない。
  • ミサイルの射程は飛行時間で表されるため、当然加速度が高いほど遠くに飛ぶ。高速型は遠距離用ミサイルと言えなくも無い。

VERMILLION01

高速型ミサイル。
直進性の高い誘導弾を射出する
  • アメリカ、サウスダコタ州のヴァーミリオン川
  • 主な用途は振り切ろうとする敵機を狙う事。「追いかける軌道」に乗せれば速い弾速から刺しやすい。
  • 同じ用途にBFF分裂がある為少し影が薄い。連続発射による拘束力・軽負荷・ロック速度等に価値を見出したい。
カテゴリ HIGH SPEED MISSILE
メーカー MSAC
価格 100000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 369 - 369 ▲ 396
消費EN 633 - 633 ▽ 594
攻撃力(実弾)* 2035 - 2035 ▲ 1620
PA減衰力* 882 - 882 ▲ 702
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 35 - 35
加速度 50 - 50
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 13 - 13 ▽ 15
リロード時間 162 - 162 ▽ 122 ▲ 125
同時発射数 1 - 1
連続発射数 8 - 8
装弾数 120 - 120
弾単価 150 - 150

追尾型ミサイル

  • 他の追随を許さない高追尾能力を持つミサイル。弾速は遅い。
  • 機体にもよるが、振り切ろうとするとミサイルの形がよくわかる。
  • (1.20~)軽量級には追いつけず、重量級相手には攻撃力が低すぎる。

POPLAR01

追尾性能に特化したミサイル。低速の誘導弾は旋回性能が高い
  • ネクストのスピードに追い付けない。一方向にQBし続けている相手にはまず当たらないし、軽量級だと適当に飛び回られるだけで振り切られることも。
カテゴリ HIGH ACT MISSILE
メーカー MSAC
価格 100000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 574 - 574 ▽ 396
消費EN 781 - 781 ▽ 743
攻撃力(実弾)* 1854 - 1854 ▲ 1620
PA減衰力* 814 - 814 ▲ 702
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 35 - 35
加速度 10 - 10
飛行時間 300 - 300
ミサイル旋回性能 25 - 25
リロード時間 194 - 194 ▽ 124 ▲ 150
同時発射数 1 - 1
連続発射数 4 - 4 ▽ 8
装弾数 80 - 80 ▽ 120
弾単価 200 - 200

063ANPM

低速で追尾性能の高いBFFのかく乱用ミサイル兵器
  • 遅すぎ。実用性は無い。
  • 遅いうえに低火力。EN消費も無視できない数値である。
    加えてレギュ1.30にて旋回性能とリロード時間に下方修正が入ってしまった。
  • ミッションでは低速と火力不足が目立ち、対人戦ではまず当たらない。使っていくには愛が必要。
カテゴリ HIGH ACT MISSILE
メーカー BFF
価格 200000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 455 - 455 ▽ 297
消費EN 923 - 923 ▽ 891
攻撃力(実弾)* 1854 - 1854 ▲ 1620
PA減衰力* 814 - 814 ▲ 702
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 35 - 35
加速度 6 - 6
飛行時間 360 - 360
ミサイル旋回性能 26 - 26 ▽ 30
リロード時間 220 - 220 ▽ 120
同時発射数 1 - 1
連続発射数 3 - 3
装弾数 60 - 60 ▽ 90
弾単価 300 - 300

垂直ミサイル

  • 上に撃ち上げた後、誘導を始めるミサイル。近距離の戦闘でもある程度の誘導距離が確保出来るため当てる事が出来、また相手から感知・迎撃されにくいという特徴を持つ。
  • 天井の低いバーチャルA・Bでは地面に接地しているぐらいでないと使えない。

OSAGE03

一定高度まで上昇した後追尾を開始する特殊ミサイル
  • 通称「お下げ」。旋回性能や加速性能等、基本性能はかなり高い。
  • いかんせん使用回数が心許ない…相手のフレアの弾数を減らさせたり、総火力の高い武器と組み合わせて使おう。
カテゴリ VERTICAL MISSLE
メーカー MSAC
価格 100000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 490 - 490 ▲ 495
消費EN 871 - 871 ▽ 693
攻撃力(実弾)* 2035 - 2035 ▲ 1620
PA減衰力* 882 - 882 ▲ 702
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 35 - 35
加速度 15 - 15
飛行時間 300 - 300
ミサイル旋回性能 23 - 23
リロード時間 185 - 185 ▽ 155 ▽ 150
同時発射数 1 - 1
連続発射数 6 - 6
装弾数 60 - 60 ▽ 90
弾単価 250 - 250

WHEELING03

WHEELING系列となる垂直ミサイル。大型で、重量の支援機に適している
  • WHEELING01を更に特化させた性能。追従性の高い小型ミサイルをひたすらバラまく。
  • 集弾性そのものは大した事はないが、なんせ発射時間が長い。その為多方向から殺到する事になり細かい被弾を誘発する。
  • 基本的には着弾前にフレアを置かれると殆ど無力化できる。裏を返すとタイミングが甘いと出始めか終り際が引っ掛かりやすい。
  • 大ダメージは期待しづらいが、ノーダメージはまずありえない武器。相手の動きを制限する用途で。
  • 肩のBFF分裂連動と組み合わせると、打ち切り時にちょうど2発目が発射できる。
    • おまけに垂直自体のリロードとも合致しており、適当にバラまくだけで回避難易度の高い多重爆撃を実現できる。
  • こちらは更に自爆に要注意。負荷も高いので近づかれたらパージも視野に入れたほうが良い。
    • 垂直発射系全般がそうだが、上さえ取られなければ例えマシライに追われようとも自爆の恐れはない。
    • AC自体はコア周辺を狙うようになっている為であり、他のミサイルとは自爆のさせ方が違ってくる。
カテゴリ VERTICAL MISSLE
メーカー MSAC
価格 100000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 990 - 990
消費EN 1125 - 1125 ▽ 1005
攻撃力(実弾)* 1583 - 1583 ▽ 1809 ▲ 666
PA減衰力* 723 - 723 ▲ 504
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 30 - 30
加速度 20 - 20
飛行時間 300 - 300
ミサイル旋回性能 19 - 19
リロード時間 260 - 260 ▽ 210 ▽ 200
同時発射数 1 - 1
連続発射数 16 - 16
装弾数 240 - 240 ▽ 320
弾単価 100 - 100

分裂ミサイル

  • 標的に一定距離まで近づくと分裂するミサイル。分裂後は誘導性などの性質が変わるという特徴を持つ。一定距離内から撃つと発射後すぐに分裂する。
  • ロック速度がやや長め、ミサイルロックの性能が低いFCSを用いる場合はその点に留意しよう。
  • 分裂時にミサイルの向きが相手方向に修正される。また、それまでの加速状態も解除されるので、加速撃ちのメリットは薄い。
  • 061ANCM以外は加速が遅いため、着弾までの時間が遅い。これを利用すれば、発射後に攻めれば、2方向から同時に攻撃がすることができる…かも。

CHEYENE01

標準型の分裂ミサイル。射出後に分裂する特殊弾を使用
  • PMミサイルやBFF分裂に比べると地味だが、短めのリロード時間と装弾数は継続的使用にぴったり。機体負荷も比較的小さめ。
カテゴリ SPREAD MISSSLE
メーカー MSAC
価格 100000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 552 ▲ 652 ▽ 517
消費EN 459 ▲ 559 ▽ 490
攻撃力(実弾) 2057 - 2057 ▽ 2480
PA減衰力* 733 - 733 ▲ 704
PA貫通力 2800 - 2800
衝撃力 552 - 552 ▲ 280
爆発規模 35 - 35
加速度 15 - 15
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 13 - 13 ▽ 15
リロード時間 86 ▲ 96 ▽ 71 ▲ 90
分裂数 4 - 4
装弾数 36 ▲ 32 - 32 ▲ 30
弾単価 350 - 350

CHEYENE02

分裂数を増やし、威力を増した強化型分裂ミサイル
  • カタログスペックだとグリミサと殆ど同じだが、分裂後の追尾が甘め。
カテゴリ SPREAD MISSSLE
メーカー MSAC
価格 150000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 514 ▲ 614 ▽ 545
消費EN 430 ▲ 530 ▽ 490
攻撃力(実弾) 2057 - 2057 ▽ 2480
PA減衰力* 733 - 733 ▲ 704
PA貫通力 2800 - 2800
衝撃力 552 - 552 ▲ 280
爆発規模 35 - 35
加速度 15 - 15
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 13 - 13 ▽ 15
リロード時間 129 - 129 ▽ 114 ▽ 110
分裂数 8 - 8
装弾数 24 - 24 ▽ 30
弾単価 400 - 400

SALINE05

装弾数を増加させた、新型の分裂ミサイル。分裂数も8と多い
  • 通称WGミサ。由来はホワイトグリントの装備だから。
  • 1.00レギュでは超誘導から来る超威力で完全にバランスブレイカー。詰まったらお試しを。
  • 後期レギュでは落ち着いたが、それでも良誘導とテンポのいいリロードで依然優秀。
カテゴリ SPREAD MISSSLE
メーカー MSAC''
価格 300000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 687 - 687 ▽ 599
消費EN 704 - 704 ▽ 653
攻撃力(実弾) 2057 - 2057 ▽ 2480
PA減衰力* 733 - 733 ▲ 704
PA貫通力 2800 - 2800
衝撃力 552 - 552 ▲ 280
爆発規模 35 - 35
加速度 15 - 15
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 13 - 13 ▽ 15
リロード時間 115 - 115 ▽ 100 ▽ 90
分裂数 8 - 8
装弾数 24 ▽ 36
弾単価 500 - 500

061ANCM

直進性の高い大型の分裂ミサイル。使用感は遠距離砲撃に近い
  • 通称「BFF分裂」。
  • 到達距離は約1500±50ほど。
  • 誘導性はカス。多少ひきつけて適当な方向にQBするだけで完全回避可能。
    • 反面、一方向に逃げる相手には凄い勢いで喰いつく。直線的な行動の阻害力は高い。
  • 上から下に向って撃った場合、子ミサイルが地面で起爆し、グレネードに近い感じで使える。
  • ロック時間がやや重く、リロードも思ったより冗長。優秀だがクセが強い。
  • (1.40)総火力に優れ、単独性能なら突出している。
  • 分裂連動を併用する場合、散布ミサイルのような制圧力とハイスピのような追撃力を両立できる。
  • 諸々の性能から軽量機向け。重量機が用いる場合引き抑止としての使い方が無難か。
カテゴリ SPREAD MISSSLE
メーカー BFF
価格 200000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 743 - 743
消費EN 822 - 822 ▽ 792
攻撃力(実弾) 1857 - 1857 ▽ 2080
PA減衰力* 728 - 728 ▲ 694
PA貫通力 2900 - 2900
衝撃力 502 - 502 ▲ 230
爆発規模 35 - 35 ▲
加速度 50 - 50
飛行時間 300 - 300
ミサイル旋回性能 10 - 10
リロード時間 150 - 150 ▽ 132 ▽ 120
分裂数 10 - 10
装弾数 52 - 52 ▽ 60
弾単価 700 - 700

近接信管式ミサイル

  • パーツ説明文の通り、当たらなくても近づいただけで爆発するミサイル。
  • 略称はVTFミサイル。VTFはVariable Time Fuse(バリアブル・タイム・ヒューズ)の略。詳しく書くと長くなるのでグーグル先生にでも。
  • その性質上、引きつけて逆側にQBしたり、もしくはすれ違って普通によけようとすると食らいやすい。
  • 異様に減衰力が高い。これを1セットでも直撃しようものなら多くの機体でPAが消し飛ぶ。ロケットや散布ほどではないが自爆が怖い。
  • ノーロック状態で上に連射すると、先のほうで爆雷のごとく降り注ぐことができる。ノーロック、ノーブースト対戦ではなかなか面白い。当たらないが…。
  • ミサイルの中でも特に命中率が高い。他のミサイルが当たらないような敵にも当たりやすく、両背に積めば大半のCPUネクストをあっさり葬ることができる。ミッションランクS所得のお供に。
  • (1.00~1.10)2段QBや高出力QBで誘導性を落とさずに速度が上昇する仕様のため、速い・追尾強い・威力高い・減衰力高い。バランスブレイカーと化している。
  • (1.20)装弾数は減ったが攻撃力、減衰力、リロード性能上昇。というか前作の1.60に戻った。音速軽量機の躍進に伴い、ゲームバランスに更なる問題を与えるようになった凶悪ミサイル。
  • (1.20~)バズーカに迫るほどの強い衝撃力がある。並みの機体なら硬直が期待できる。もちろん自爆でも。
  • (1.30)ミサイルの挙動が変化、誘導が弱まったので実質的な性能はかなりマイルドに。ただACの速度も下がったので十分実用範囲。
  • (1.30~)重いタンクだと回避不能。OBで逃げるかフレアしかない。

DEARBORN02

標準型の近接信管式ミサイル。対象の接近を感知して爆発する
  • おおむねPAに反応するミサイル、とでも思えばいい。起爆しやすいが、爆発の範囲外に逃げられることもある。
  • 普通に撃ってもちゃんと誘導してくれるが、やはり至近距離から発射するのが最も有効。軽目の機体でも積める機体負荷で、それなりに重い一撃を。
  • 射程があまり長くないのできちんと加速撃ちする事。そういう意味でも軽量機向け。
  • 連動ミサイルの起動ネタとしても優秀。どの連動と組み合わせても使いやすい。
カテゴリ VTF MISSLE
メーカー MSAC
価格 100000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 730 - 730 ▽ 713
消費EN 617 - 617 ▽ 579
攻撃力(実弾)* 2940 - 2940 ▲ 2340
PA減衰力* 2216 - 2216 ▲ 1764
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 1357 - 1357 ▲ 540
爆発規模 35 - 35
加速度 15 - 15
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 13 - 13 ▽ 15
リロード時間 185 - 185 ▽ 95 ▲ 110 ▽ 100
同時発射数 2 - 2
連続発射数 2 - 2
装弾数 60 - 60 ▽ 90
弾単価 250 - 250

DEARBORN03

威力と発射数を強化した強化型近接信管式ミサイル
  • 発射数は強化されたが(2*2から3*2)威力は変わらず。機体負荷の差も微々たる物。でも通称は強VTFや重VTF。
  • 使用回数10回とすこし少なめ。ラッシュ要員といったところか。
カテゴリ VTF MISSLE
メーカー MSAC
価格 100000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 710 - 710 ▲ 911
消費EN 725 - 725 ▽ 663
攻撃力(実弾)* 2940 - 2940 ▲ 2340
PA減衰力* 2216 - 2216 ▲ 1764
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 1357 - 1357 ▲ 540
爆発規模 35 - 35
加速度 15 - 15
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 13 - 13 ▽ 15
リロード時間 229 - 229 ▽ 139 ▽ 110 ▽ 100
同時発射数 3 - 3
連続発射数 2 - 2
装弾数 60 - 60 ▽ 90
弾単価 250 - 250

大型ミサイル

  • シリーズ2作目から存在する威力特化型ミサイル。通称「核」
  • くれぐれも自爆には注意

BIGSIOUX

極めて大規模な爆発を伴う超大型ミサイル
  • 低弾速高火力、一発当てれば戦局がひっくり返りかねないが当てるには一工夫必要。弾も少ないし。
  • イメージから重量機の装備っぽく感じるがその実、軽量機が加速撃ちでぶつける特攻爆弾。
    • 各性能からそれ以外に使いようはないし、その戦法が実に強力。フレアの間隙を縫ってぶつけてやろう。
  • 可能なら敵のPAを剥ぎ取ってから当てたい。タンクでもない限り致命傷に近いダメージになる。
カテゴリ LARGE MISSLE
メーカー MSAC
価格 300000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 1347 - 1347 ▲ 1683
消費EN 423 - 423 ▲ 644
攻撃力(実弾) 24820 - 24820 ▽ 27578 ▲ 17712
PA減衰力 4504 - 4504 ▲ 2892
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力 3419 - 3419 ▲ 2807
爆発規模 112 - 112
加速度 6 - 6
飛行時間 380 - 380 ▽ 420
ミサイル旋回性能 28 - 28 ▽ 33
リロード時間 269 - 269 ▽ 219 ▽ 180
同時発射数 1 - 1
連続発射数 1 - 1
装弾数 8 - 8 ▽ 12
弾単価 3000 - 3000

コジマミサイル

  • コジマブレード同様、発射時にENを消費しないEN武器。こういう武器はAC史上初ではないだろうか?
  • 着弾すると周囲にコジマ汚染が発生し、PAが減衰される。結構な勢いで減っていくので注意。
  • 弾が光ってるので視認されやすい。どう見てもコジマが漏れている。
  • 1.10までは撃墜されても爆発も汚染も発生しなかったが、1.20以降他のミサイル同様爆発、汚染してくる。自爆注意。
  • VTFミサと同じく2段QBなどとの併用で、速い・追尾強い・威力高いという超性能に。
  • (1.20)ほかの凶悪ミサイルが軒並み装弾数などの調整を受ける中、何故か攻撃力強化。さらに機体速度の上昇により加速撃ちがとんでもない性能になった。
    さらにEN属性なことや、爆発汚染でPAが剥げるなど、バランスブレイカー筆頭。もはや手がつけられない。
  • (1.20)2000km/h出ている機体から発射されたコジマミサイルはおおよそ弾速700強である。これは加速撃ちを施されていないバズーカの速度にほぼ等しい。
    500km/hなら、弾速は800を越える。
    この弾速でもミサイルの旋回半径は落ちないため、理論上は回避が極めて困難である。
    尚、2500km/hの機体から発射されたコジマミサイルは発射後1秒程度2000km/h以上を維持する。3秒後には1500km/hまで落ちるようだ。
  • (1.30~)で大幅に弱体化。今までを考えるに、当たり前ではあるが。
    威力が1.00~1.10の数値に。PA減衰力も半減しているものの、着弾汚染も含めればほぼ1発でPAを消滅させられる。
    加速度アップと旋回性能ダウンのため、視認していれば普通によける事も可能。
    また他ミサイル同様、フレア弾数増加によって立場が厳しくなった。
  • 蒼鉛と亜鉛、トーラスの他武装の名前(有害物質)と違い、生化学関係に重宝される物質を名づけられている。

BISMUTH

トーラスオリジナルのコジマミサイル。着弾により大規模コジマ爆発を発生させる
  • コジマブレード程ではないが、「普通に使うとろくに当たらず、当てられるように使うと強すぎると言われかねない」という立場の武器。
  • 使う場合は他の武器で追撃をしっかりやろう、相手のPAは剥げているはずだ。こちらのPAも剥げやすいので重量級にはお勧めしない。
カテゴリ KOJIMS MISSLE
メーカー トーラス
価格 250000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 1635 - 1635 ▲ 1935
消費EN 752 - 752
攻撃力(実弾) 16826 - 16826 ▽ 29199 ▲ 16826
PA減衰力 8856 - 8856 ▽ 19466 ▲ 5904
PA貫通力 3500 - 3500
衝撃力 1300 - 1300 ▽ 1978 ▲ 1300
爆発規模 90 - 90
加速度 8 - 8 ▲ 4
飛行時間 300 - 300 ▽ 360
ミサイル旋回性能 21 - 21 ▽ 35
リロード時間 345 - 345 ▽ 205
同時発射数 1 - 1
連続発射数 1 - 1
装弾数 10 - 10
弾単価 8000 - 8000

ZINC

垂直発射されるコジマミサイル。上空から対象を追尾するため、視認され難い
  • 真上に発射される…が、低弾速ミサイルは基本的に、すれ違いざまに発射して直撃させるつもりでなければ命中は見込めない。正直使いづらい。
カテゴリ V KOJIMS MISSLE
メーカー トーラス
価格 300000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 1710 - 1710 ▲ 1935
消費EN 1002 - 1002 ▽ 752
攻撃力(実弾) 16826 - 16826 ▽ 29199 ▲ 16826
PA減衰力 8856 - 8856 ▽ 19466 ▲ 5904
PA貫通力 3500 - 3500
衝撃力 1300 - 1300 ▽ 1978 ▲ 1300
爆発規模 90 - 90
加速度 8 - 8
飛行時間 300 - 300 ▽ 360
ミサイル旋回性能 21 - 21 ▽ 35
リロード時間 345 - 345 ▽ 205
同時発射数 1 - 1
連続発射数 1 - 1
装弾数 10 - 10
弾単価 8000 - 8000

散布型ミサイル

  • 一度の大量の小型ミサイルを発射するタイプ。
  • 発射直後に迎撃されると爆発の余波で自分がかなりのダメージを受けてしまい、PAも減衰させられる。
  • 適当にMTなどに撃てば分かるが、何故か散布型は目標を見失うといきなりホップアップするなど通常ではありえない機動でどこかに飛んでいく。面白い。
  • 総じて加速度が高く直進性に長けており、引き機体に強い。
  • 上下への射角が狭く、旋回性能も低いため、なるべく相手と高度を合わせて撃つこと。
  • (1.20)攻撃力が上がったせいで自爆が更に怖くなった。銃撃されている時に撃つのは出来れば避けたいところ。
  • (1.30)現在、特殊散布2種は量産装備として挙げられる事が多いので、使うときは周りの反応に注意しておこう。
  • (1.40)攻撃力が7割ほどに低下し、装弾数が1割増えた。通常型と特殊型で微妙に調整内容が違う。

MP-O200

面として対象に飛来するスタンダードな散布型ミサイル
  • 特殊散布2種が優秀な為目立たないが、負荷とリロード面では大きくリード。
  • それでいて火力は変わらない。牽制や拘束よりもラッシュ目的で生かしたい。
カテゴリ SCATTER MISSIRE
メーカー オーメル
価格 60000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 592 ▲ 692 ▽ 545
消費EN 681 ▲ 881 ▽ 495
攻撃力(実弾)* 1266 ▽ 1809 ▲ 738
PA減衰力* 497 - 497 ▲ 396
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 20 - 20
加速度 20 - 20
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 9 - 9
リロード時間 82 - 82 ▲ 112 ▽ 80
同時発射数 16 - 16
連続発射数 1 - 1
装弾数 352 ▲ 320
弾単価 30 - 30

MP-O200I

同時発射数を増加された強化型の散布型ミサイル
  • あくまで同時発射数のみの強化。自爆ダメージが尋常じゃ無いので撃ち合いは避けるように。
  • 特化されたと見るかウリが無くなったと見るか・・・いずれにせよ好機での必中を心がけたい。
カテゴリ SCATTER MISSIRE
メーカー オーメル
価格 60000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 644 - 644 ▽ 610
消費EN 1156 - 1156 ▽ 520 ▲ 545
攻撃力(実弾)* 1266 ▽ 1809 ▲ 738
PA減衰力* 497 - 497 ▲ 396
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 20 - 20
加速度 20 - 20
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 9 - 9
リロード時間 132 - 132 ▲ 173 ▽ 105
同時発射数 32 - 32
連続発射数 1 - 1
装弾数 512 ▲ 448 ▽ 480
弾単価 30 - 30

MP-O203

横方向に大きく拡がる特殊な散布型ミサイル
  • 旧レギュでは強武器だったので↓共々弱体化された。それでも十分な強さ。
  • 普通のミサイルは1度避ければ誘導が切れるが、これと↓だけは何故かずっと誘導してくる。この特徴こそが非常に重要であり、散布だとか横に広がるだとかは正直どうでもよい事。
    • また特徴の一つとしてある程度誘導するとフレアを感知しなくなる。フレアで巻きたい場合、気持ち早めに展開しておかないと無意味に終わるので要注意。
  • 基本的に地対空用途に用いる。飛び回る敵には気持ち悪い動きで追いかけ回すが、眼下の敵に撃つと地面にぶつかってしまう。
  • ただしその瞬間的な爆発力を見込んで接地しているACに加速撃ちして叩きつける使い方もある。フレアなぞなんのその、PAを剥ぎ取り大ダメージ。
  • このタイプのミサイルは積極的に撃ってくるCOMのACが居ないので避ける練習がしにくい。
    • 上述の通り、地面にぶつけて無力化するのが手っ取り速いが、失敗するとPAがゴッソリ持って行かれる為慣れが必要。着弾前にHBで範囲外に逃れよう。
    • 自周囲をグルグル回るが、通常Bでいなすとその内の何発かが当たる位で済む。被弾を恐れて大きく動くと却って悪化する局面もあるのでうまく使い分ける事。
カテゴリ SCATTER MISSIRE
メーカー オーメル
価格 120000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 624 - 624 ▽ 463
消費EN 1017 - 1017 ▽ 470
攻撃力(実弾)* 1583 ▽ 2262 ▲ 792
PA減衰力* 497 - 497 ▲ 396
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 20 - 20
加速度 22 - 22
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 8 - 8
リロード時間 112 ▽ 82 ▲ 112 ▽ 80
同時発射数 16 - 16
連続発射数 1 - 1
装弾数 256 ▲ 240 ▽ 320
弾単価 30 - 30

MP-O700

近距離戦用の散布型ミサイル。直進性の高い誘導弾を面で射出する。
  • これも回避しても誘導し続けるタイプ。
  • 加速度が高く、ちょっとした高速ミサイルとしても使える。
  • 加速度が高い分、航行距離で勝るが追尾性で少し劣る。近距離用とあるのに遠距離に強くなっているのは多分フロムの罠。
カテゴリ SCATTER MISSIRE
メーカー オーメル
価格 250000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 682 - 682 ▽ 561
消費EN 965 - 965 ▽ 510
攻撃力(実弾)* 1266 ▽ 1809 ▲ 738
PA減衰力* 497 - 497 ▲ 396
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 20 - 20
加速度 33 - 33
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 7 - 7 ▽ 9
リロード時間 112 ▽ 82 ▲ 112 ▽ 80
同時発射数 16 - 16
連続発射数 1 - 1
装弾数 256 ▽ 280 ▽ 320
弾単価 30 - 30

PMミサイル

  • 2方向から飛んでくる事により命中しやすい。また、リロードが早く連射が利くのも特徴。しかしとにかく威力が低く、決定打にはならない。他の高威力兵器との併用が前提か。
  • 旧作で言う所のデュアルミサイル。某パンツの救世主とは何の関係もない。
  • 挟撃(Pincer movement)ミサイルの略という説あり。
  • 回避難度が高い、という割には旋回性能が通常ミサイルにも劣る。
  • 追尾が切れた後、飛行時間が尽きるまで空中でグルグル回るという特徴がある。基本的には無意味だが、同じ場所に留まると当たってしまう場合がある。
  • 隠れた特徴としてPMミサイルを撃ち落とそうとすると、軽PMは左右に別れたミサイルの中間、重PMは飛来するミサイルの下にロック点が出る。このため射撃で撃ち落とすのが難しいという特徴がある。
  • 旋回性能が低いが、加速度が遅いため誘導性は悪くない。
    ただし軽2・四脚などの速い機体に同一方向に動かれると追いつけない。
  • どちらも誘導性能が微妙。一度ミサイルを避けられると、追いかけずにその場でグルグル回転しだす。特殊散布ミサイルニ種と中身が入れ替わってないか?

MP-O601JC

回避の難しいPMミサイル。左右に回り込みながら対象に飛来する
  • 前作では壁を回り込むほどに曲がったが、今作では左右への展開距離が大分小さくなった。
  • リロード間隔と総弾数が実に優秀。手持ちに大火力小弾数の武器を積んだ時など、背中に継続的火力を求めたい時によく使われる。
カテゴリ PM MISSILE
メーカー オーメル
価格 120000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 412 - 412 ▲ 743
消費EN 736 - 736 ▽ 644
攻撃力(実弾)* 1809 - 1809 ▲ 1764
PA減衰力* 1085 - 1085 ▲ 864
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 44 - 44
加速度 14 - 14
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 11 - 11 ▽ 12
リロード時間 40 - 40 ▲ 61 ▲ 90
同時発射数 2 - 2
連続発射数 1 - 1
装弾数 96 - 96 ▽ 120
弾単価 110 - 110

MP-O901

斜め上から対象に殺到する、最新のPMミサイル。回避難度が高い
  • ネクスト、ステイシスも装備しているパーツ。発売前に一体何人がミサイルだと予想しただろうか。当時はレーザーキャノン説も出ていた。
  • 山成気味に発射される。おかげで自爆の危険性が落ちている。
  • 横PMに継戦能力で劣るが、4発発射なので間隔増はあまり気にならない。
カテゴリ PM MISSILE
メーカー オーメル
価格 350000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 508 - 508 ▲ 839
消費EN 840 - 840 ▽ 753
攻撃力(実弾)* 1809 - 1809 ▲ 1764
PA減衰力* 1085 - 1085 ▲ 864
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 100
爆発規模 44 - 44
加速度 14 - 14
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 11 - 11 ▽ 12
リロード時間 80 - 80 ▲ 85 ▲ 110
同時発射数 1 - 1
連続発射数 4 - 4
装弾数 96 - 96 ▽ 120
弾単価 110 - 110

ASミサイル

  • ロックオン不要のミサイル。撃つと付近の敵を自動で追尾する。fAから始めてまだ動き慣れない人にオススメ。
  • ミサイルやロケットにも反応してしまう。それらをばら撒かれると役に立たない。無論フレアにも誘導される。
  • 発射してから追尾を始めるまでに多少の時間がある。障害物の陰から攻撃したり、弾道にちょっとしたクセを付けたりできる。
  • 威力の割に弾単価が高く、ミッションにはやや不向き。視界が悪いミッションではそこそこ役に立つ。
  • 対戦で使うなら工夫が必要。AAを食らった直後の自衛、ロック不要を生かした飛びまわりながらのばら撒き等。
  • 神話などの怪物の名を冠されている。
  • 連動ミサイルを併用した場合、発射されるが敵に向かっていかないので、ほぼ無意味。

BM03-MEDUSA

自動的に対象を補足、追尾する標準型ASミサイル
  • 一発ずつ発射される。どうしろっていうんだ。
  • 索敵や、地形戦時に障害物越しに攻撃、カメラ障害の迎撃など、使用方法はある。勝利への布石となるかはリンクス次第。
  • 旧作の初期ミサを再現できる。
カテゴリ AS MISSILE
メーカー インテリオル
価格 80000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 308 - 308 ▲ 347
消費EN 513 - 513 ▲ 594
攻撃力(実弾)* 2488 - 2488 ▲ 1782 ▽ 1980
PA減衰力* 769 - 769 ▲ 612
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 35 - 35
加速度 20 - 20
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 12 ▲ 11 ▽ 12
リロード時間 47 - 47 ▲ 85
同時発射数 1 - 1
連続発射数 1 - 1
装弾数 60 - 60 ▲ 30
弾単価 700 - 700

BM05-LAMIA

連続発射と弾数を増加した強化型ASミサイル
  • FCSの関係でミサイルが使えない機体にでも。誘導性はそこそこ。
  • この使い勝手でこの負荷は重い。じっくり吟味する必要があるだろう。
  • 手持ち火器で勝負を付ける、フレア不要の軽量機ならアクセントとして悪くない。
  • 相手のフレアを拘束する事ができるし、フレアを捨ててからの継続的なダメージ源にもなってくれる。
カテゴリ AS MISSILE
メーカー インテリオル
価格 80000c
レギュレーション 1.40(現行) 1.30 1.20 1.10 1.00
重量 701 - 701 ▲ 814
消費EN 769 - 769 ▽ 743
攻撃力(実弾)* 2488 - 2488 ▲ 1782 ▽ 1980
PA減衰力* 769 - 769 ▲ 612
PA貫通力 2000 - 2000
衝撃力* 452 - 452 ▲ 180
爆発規模 35 - 35
加速度 20 - 20
飛行時間 240 - 240
ミサイル旋回性能 12 ▲ 11 ▽ 12
リロード時間 89 - 89 ▲ 90 ▲ 115
同時発射数 1 - 1
連続発射数 3 - 3
装弾数 90 - 90 ▲ 60
弾単価 700 - 700

コメント

  • BFF分裂は空爆で使うと強いよ。相手がいつも地上にいるわけがないが… -- 名無しさん (2014-07-08 17:54:51)
  • 垂直コジマはロマン性は高いんだがなぁ・・・ビスマスの方は相手がフレア積んでなければ、運用次第で十分活躍出来る。決定打&PA剥がしがしたい時に -- 名無しさん (2015-07-16 21:30:58)
  • 垂直コジマミサイルにはお世話になりましたよ。おかげでカーパルス占拠をクリアできたんですから。 -- ななしさん (2018-07-04 16:00:16)
    名前:
    コメント: