第三政変(理:dqate lertasarjurmil)とは、ユエスレオネ連邦における政治的事象の一つ。

目次

概要

 phill2018年、ユミリアの失脚(ユンカーの鐘)によりユミリアが党首を辞任すると次期党首を巡り穏健派であるターフ・ヴィール・ウォルツァスカイユを推す派閥と強硬派である党首代行アレス・デュイネル・エレンを推す派閥による抗争が起きる。
 当初ウォルツァスカイユを推す派閥が優勢であったもののエレンによるターフ・ヴィール・エレーナの半ば強引な擁立により穏健派の社会党内での発言力は急速に低くなった。ウォルツァスカイユ勢力は、同じく当時の社会等に反目するレシェール・アルヴェイユと手を組んで、ユエスレオネ社会党ステデラフ・イェスカ派を成立させた。
  第三回ユエスレオネ連邦・デュイン総合府統一議会選挙において、レシェール・アルヴェイユを首相とする国民党・IDLT・LLLによる新政権が成立した。これには新イェスカ主義による学生運動を背景とした支持層が形成されていたことを証明した。
 「第三政変」という用語はイェスカによる革命、ユミリアによる維持、その先に起こった大きな政治的な事象として、三つ目の出来事として認められたことにより命名された。
最終更新:2021年09月16日 03:16