仮面ライダーV3

2弾

カードナンバー 2-046 レアリティ SR ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 450 タイリョク 2400
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1400
スロット 蹴 90 蹴 80 蹴 80 拳 70 拳 60 拳 50
アビリティ APバトルに勝ったとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+150
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 650 タイリョク 2400
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト6 ひっさつ 2500
スロット 蹴 100 蹴 100 蹴 80 拳 70 拳 60 拳 50
バーストアビリティ バーストしたラウンドのみ、バーストゲージが超上がりやすくなる。
解説 昭和ライダー復活が相次ぐ2弾において、昭和勢SRを射止めたのはV3だった。
V3本人の能力はSRなりに普通だが、体力が多いので体力依存のアビリティとの相性は良いのが特徴。
また、5弾時点でのV3の中で唯一バースト後コストが6以上なので、爆発力もそれなりに期待できる当時はバーストアビリティが特筆モノで、普通では難しい3人全員バーストを実現させるキーカード…だったのだが、後に新属性「パッション」が登場したり、1ラウンド限定のバーストゲージ上昇量超アップ+追加効果を表から持つD3SRマッハD6SRギャレンや、比較的緩い条件で効果永続の3弾Rブラーボを始めとする上位互換が次々と現れ、時代が進みステータスなどパワーアップしてSRで再登場した自分自身も登場してしまったので、もはや影が薄いカードとなってしまった。
バーストを早めたいが、仲間にアタッカー属性指定のアビリティ持ちがいる場合に起用を検討すると良いかもしれない。
カードナンバー 2-047 レアリティ N ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 500 タイリョク 1700
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1350
スロット 拳 80 拳 80 蹴 70 拳 80 蹴 60 蹴 50
アビリティ 2番目にカードを出したとき、チーム全体のひっさつ+150
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 600 タイリョク 1700
必殺技 V3スクリューキック コスト5 ひっさつ 2350
スロット 拳 90 拳 90 蹴 80 拳 80 蹴 60 蹴 50
バーストアビリティ ミガワリ効果が超アップする。
解説 蹴上位でアタッカー(赤)のSRに対してNは拳重視、そして主題歌2番の歌詞に引っ掛けたかフィニッシャー(青)で登場。ガンバライドでは力属性についぞ縁のなかったV3、今回はテクニカルから見放された模様である。
バースト面のイラストはガンバライド開始以来の念願だったレジェンドレア・02-051。

3弾

カードナンバー 3-027 レアリティ R ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 550 タイリョク 2000
必殺技 V3残影パンチ コスト2 ひっさつ1200
スロット 拳 80 蹴 70 拳 80 拳 80 蹴 60 蹴 50
アビリティ 2番目にカードを出したとき、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+100
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 650 ボウギョ 650 タイリョク 2000
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト5 ひっさつ2400
スロット 拳 90 蹴 70 拳 90 拳 90 蹴 60 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが7以上だと、チーム全体のテクニカルゲージが超パワーアップする。
解説 きりもみ反転キックのR落ちカードは、筐体排出としては1弾分遅れての登場となったテクニカルタイプ。
表アビリティは2番目に出すだけで、チーム全員の攻・防をわずかに上げるもの。大きな効果ではないが、どんどん発動してチームの基礎ステを上げていける。
このカードの1番目の強みはバーストアビリティである。まず、ND以降RPが溜まりやすくなって、比較的簡単な条件となったうえ、テクニカルバトルがカウンターやミガワリの発動のために、かなり重要な要素となった。おかげで、前弾のSRV3以上に強力なカードと化した。アビリティ+タイプボーナスでテクゲが超絶アップ(9目盛り分)する凄まじい効果。テクニカル面に置いて無敵な状態に。SR ライダーマンと組めばさらなるゲージの上昇もできる。ただし、ゲージ上げ過ぎによる、オーバーチャージには、注意が必要である。AP面も、ダブルライダー、特に2弾N新1号D4トリプライド新2号バーストさせれば、最終的にAP+90となる。また、前述のライダーマンもバーストすればアビリティで相手のAPを−30という強力な妨害ができる。また、後に4弾SRデューク4弾LREXフィフティーンという厄介な敵が現れるが、第3のライダーの名を駆けたライバルであるSR3号と組んで、先にバーストすれば、これらの敵にも先手を打てる。

4弾

カードナンバー 4-039 レアリティ TR ライダータイプ トリッキー
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 450 タイリョク 1950
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1250
スロット 拳 90 蹴 90 拳 80 拳 60 蹴 60 蹴 50
アビリティ ライダーガッツ率がアップする
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 550 タイリョク 1950
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト5 ひっさつ 2350
スロット 拳 100 蹴 100 拳 90 拳 60 蹴 60 蹴 50
バーストアビリティ チームタイリョクが1000以下だと、チーム全体のアタックポイント+30
解説 新タイプ「トリッキー」でR昇格だが、正直言って前回のRに劣る始末である。前弾クウガと同じアビリティ構成(バーストアビリティ自体はAPアップに変更されている。)までは利点だが、バーストするとスロットがピーキー化するのが最大の欠点となる。加えてタイプボーナスも命取りになり、優勢時にバーストするとコスト4にダウンする上に必殺が下がってしまう。またトリッキータイプ封印のバーストアビリティを持つ同弾CP龍玄に注意しないと、焼け石に水状態になる事に注意。更に、新1号・新2号・ライダーマンのカードのどれともかみ合わなさそうな能力なのが残念である。余談だが、今回の両アビリティから見て劇中初期のピンチからの大逆転という展開が多かったのをカードで再現したのだろうか。

ナイスドライブ1弾

カードナンバー D1-041 レアリティ N ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 500 タイリョク 2100
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1300
スロット 拳 90 拳 80 蹴 70 蹴 70 蹴 60 蹴 50
アビリティ チームに新1号がいるとき、チーム全体のボウギョ+250
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 650 タイリョク 2100
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト5 ひっさつ 2300
スロット 拳 100 拳 80 蹴 80 蹴 80 蹴 60 蹴 50
バーストアビリティ チームに新2号がいるとき、チーム全体のボウギョ+450
解説 新しいガンバライジングにも1号、2号と共に参戦。
前ナンバーのダブルライダーと同じく裏表アビリティが「トリプルサイクロン!」構成チームの条件で発動する事になっている。

ナイスドライブ4弾

カードナンバー D4-055 レアリティ CP ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 700 タイリョク 2700
トリプライドボーナス バーストゲージUP
必殺技 V3残影パンチ コスト4 ひっさつ 1600
スロット 拳 80 拳 80 拳 70 蹴 70 蹴 70 拳 50
アビリティ 3番目にカードを出したとき、チーム全体のコウゲキ+400
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 1000 ボウギョ 1000 タイリョク 2700
必殺技 ライダートリプルキック
D4-056CP新1号D4-057CP新2号とチームを組むと爆裂ライダーキック
コスト7 ひっさつ 2800
スロット 拳 90 拳 80 拳 70 蹴 70 蹴 70 拳 70
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが7以上だと、
チーム全体のひっさつ+1500 さらに、テクニカルゲージがアップする。
解説 2弾での初登場以来久しぶりの高レアV3はトリプライドキャンペーンでの登場。両面共に発動させやすい強力なアビリティを持つ。
表アビリティは3番目にカードを出すだけで全員のコウゲキ上昇、手軽にチームの火力を底上げできる。あえてバーストさせずにコウゲキの強化要因として使い続けるのも良し。ラウンド4になる頃には全員のコウゲキが1600も上がっているので驚異的な火力を持つチームになる。
特殊ボーナス「トリプルサイクロン!」の恩恵でAP+30が施されるので先攻を取り易く、攻撃アップの恩恵が生き易い。並の相手なら通常攻撃で1000越えも容易い。撲殺方面を突き詰めるなら同弾トリプライドよりもR落ちマシンライド新1号もいいだろう。
バーストアビリティは同キャンペーンの新1号新2号と同様に条件付きで全体のひっさつ+1500の強化、そしてV3はかつてのフィニッシャーボーナスを再現。テクニカルバトルの助けになる1枚だ。
とは言うものの、同弾排出の映画で戦って敗けた相手がよりにもよってフィニッシャー封印アビ持ちのメタカード…しかも新1号&新2号と組むとあちらも相性ボーナスが発生する…とは言えどそこは元祖3号。APボーナスがつく点で元祖トリプルサイクロンの貫禄を見せ付けるのは容易だ。

ナイスドライブ5弾

カードナンバー D5-042 レアリティ N ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 500 タイリョク 1900
必殺技 V3残影パンチ コスト2 ひっさつ 1300
スロット 拳 90 拳 90 蹴 80 蹴 60 拳 50 蹴 50
アビリティ テクニカルタイプのボウギョ+200
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 1900
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト5 ひっさつ 2550
スロット 拳 100 拳 90 蹴 80 蹴 70 拳 60 蹴 50
バーストアビリティ チーム全体のコウゲキ+300 オイウチ発生率がアップする。
解説 前回に続いてNで続投。今回はテクニカルタイプの援護向きのカードとなっているが、タイリョクは1900と低めである事に注意。

バッチリカイガン2弾

カードナンバー K2-043 レアリティ R ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 600 タイリョク 1900
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1400
スロット G 90 拳 70 蹴 70 拳 70 拳 60 蹴 60
アビリティ チームタイリョク+700 さらに、バーストゲージが上がりやすくなる。
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 850 ボウギョ 650 タイリョク 1900
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト5 ひっさつ 2600
スロット G 90 拳 80 蹴 80 拳 70 拳 70 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ライダーガッツ率が超アップする。
解説 初のパッションタイプで収録。基礎ステータスはタイリョクアップの表面アビリティ込でトリプライド版に匹敵するが自力ではそれ以上の上積みが出来ないR相当のスペックになっている。バーストすればライダーガッツの発動率が大幅に高くなるので早めのバーストを心がけよう。

バッチリカイガン3弾

カードナンバー K3-051 レアリティ SR ライダータイプ ブレイブ
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 600 タイリョク 2600
必殺技 V3残影パンチ コスト4 ひっさつ 1500
スロット G 90 拳 80 蹴 70 拳 70 拳 60 蹴 50
アビリティ 1ラウンド毎、ライジングパワーが5以下のとき、ひっさつ+400 アタックポイント+10 さらに、あいてのライダーガッツ率をダウンさせる。
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 950 ボウギョ 950 タイリョク 2600
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト7 ひっさつ 2800
スロット G 100 拳 80 蹴 70 拳 70 拳 70 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+1500 さらに、APバトルに勝っていたら、あいてのカウンター発生率をダウンさせる。
解説 某動画サイトでV3本編が配信された為か、初登場の2弾以来、約2年振りにSR再昇格を果たした。
LRスペクターと同じように、RPが5以下の時に発動する表面アビリティで自身のひっさつとAPを2点強化及び相手のライダーガッツ率ダウンが出来る。「トリプルサイクロン!」でチームを組んだ場合、ラウンド開始時からAP+40の状態になり、1ラウンド毎にさらに10ずつ上がっていくので、APバトルにはほぼ勝ちやすい。じっくりと強化させたいなら、ブレイブタイプなのもあるので、後半にバーストするのがオススメ。バーストさせずに、RPを消費しながら戦っていくといいだろう。
バーストすると、無条件で必殺威力を1500も強化する。R2でバーストすると、計2300アップし、5100もきりもみ反転キックとなる。後半にバーストしていれば、さらに威力を上げられる。おまけに、APバトルに勝っていれば、相手のカウンター発動率を下げられる。ブレイブボーナスもあって、APバトルではほぼ無敵な状態となるのでカウンターも防げば、相手に何もさせずに勝つことが出来る。

バッチリカイガン5弾

カードナンバー K5-048 レアリティ N ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 550 タイリョク 1950
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1400
スロット G 90 拳 70 拳 70 拳 70 蹴 60 蹴 60
アビリティ テクニカルバトルに勝ったとき、コウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+100
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 750 ボウギョ 800 タイリョク 1950
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト6 ひっさつ 2600
スロット G 90 拳 80 拳 70 拳 70 蹴 70 蹴 70
バーストアビリティ 1番目にバーストしたとき、ライジングパワー+3
解説 今回はK2弾のマイナーチェンジ版という内容で登場。
K2弾と比べるとアビリティがタイリョクアップで無くなった代わりにテクニカルバトルに勝つ事で3点強化を施していく…というK2弾では補強できなかった能力を重点に置いた形となっており、総じて支援型だったK2弾と比べてもこちらの方が必殺の火力は高い。
ただしタイリョクはK2弾の素と同じく低めな上にバースト後の必殺コストが1上がっている事に注意。まぁ後者に関してはバーストアビリティでカバー出来なくもないが。

ガシャットヘンシン1弾

カードナンバー G1-052 レアリティ N ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 600 タイリョク 2250
必殺技 V3残影パンチ コスト2 ひっさつ 1450
スロット G 90 拳 90 蹴 70 拳 60 蹴 60 拳 50
アビリティ 3番目にカードを出したとき、コウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+150
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 600 タイリョク 2250
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト5 ひっさつ 2700
スロット G 100 拳 100 蹴 80 拳 60 蹴 60 拳 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが8以上だと、アタックポイント+10 さらに、チーム全体のひっさつ+150
解説 2弾SR以来のアタッカーで再登場。

ガシャットヘンシン3弾

カードナンバー G3-048 レアリティ N ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 600 タイリョク 2350
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1600
スロット G 80 拳 80 拳 80 蹴 70 拳 60 蹴 50
アビリティ APバトルに勝ったとき、コウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+100
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 800 タイリョク 2350
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト6 ひっさつ 2450
スロット G 90 拳 90 拳 80 蹴 70 拳 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが多いと、アタックポイント+10 チーム全体のコウゲキ+300
解説 BK5弾以来のパッションタイプ。

ガシャットヘンシン5弾

カードナンバー G5-049 レアリティ R ライダータイプ ブレイカー
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 600 タイリョク 2650
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1500
スロット G 90 拳 90 拳 70 拳 70 拳 50 蹴 50
アビリティ 1ラウンド毎、ボウギョ+250 さらに、ミガワリ発生率がアップする。
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 1200 ボウギョ 650 タイリョク 2650
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト6 ひっさつ 2500
スロット G 100 拳 90 拳 90 拳 70 拳 50 蹴 50
バーストアビリティ 2番目にバーストしたとき、チーム全体のひっさつ+400 さらに、チームタイリョクを1000回復する。
解説 初のブレイカータイプで収録。
表アビリティがボウギョUPとミガワリ発生率UP、裏アビリティがタイリョク回復(+ヒッサツUP)と、ブレイカータイプである事も含めて、守りに重点をおいた構成になっている。
スロットは、両面ともに拳アイコンが4つあるのでトリプルアタックが狙いやすい反面、ハズレ(50)が2つずつあるのが大きな欠点。

ボトルマッチ1弾

カードナンバー BM1-066 レアリティ N ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 450 タイリョク 2500
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1700
スロット G 90 拳 70 拳 70 拳 70 拳 70 蹴 50
アビリティ コウゲキ+300 さらに、テクニカルゲージがアップする。
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 1000 ボウギョ 600 タイリョク 2350
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト6 ひっさつ 2550
スロット G 90 拳 80 拳 80 拳 70 拳 70 蹴 60
バーストアビリティ 1番目にバーストしたとき、ひっさつ+700 チーム全体のコウゲキ+300
解説 ND4弾のCP以来のフィニッシャータイプで登場。無条件ゲージアップに加えてコウゲキ・ひっさつアップに特化した性能なのでノーマルながら中々使いやすい一枚。

ボトルマッチ3弾

カードナンバー BM3-046 レアリティ SR ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 950 ボウギョ 750 タイリョク 2850
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1850
スロット G 90 拳 70 蹴 70 拳 70 蹴 70 拳 50
アビリティ APバトルに勝ったとき、コウゲキ+300 アタックポイント+10 オイウチ発生率がアップする。テクニカルバトルに勝ったとき、ひっさつ+300 あいてのチームのライダーガッツ率をダウンさせる。
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 1200 ボウギョ 1000 タイリョク 2850
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト6 ひっさつ 2900
スロット G 100 拳 90 蹴 70 拳 70 蹴 70 拳 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+1000 バーストゲージが上がりやすくなる。 さらに、あいてよりチームタイリョクが3000以上多いと、あいてのチーム全体のスロットのアタックポイントをリセットする。
解説 3号ライダー特集という事で、元祖3号ライダーことV3がK3弾から2年ぶりに再びSRで再登場を果たした。
表面アビリティは2つ持っており、APバトルで勝つ事で前回同様にAP+10と攻撃+300、更にオイウチ発生率アップ。更にテクニカルバトルに勝てばこちらも前回と同じく必殺強化と相手のガッツ率ダウンの効果を施す。前者は「トリプルサイクロン!」でチームを組めば更にAP補強ができるし、後者はゲージアップ持ちという事でこちらも昭和指定のBM1弾LR新1号と合わせてもいいが、古いカードになるがV3指定で第3弾SRライダーマンと組ませて原作デッキと行くのもありか。
バーストすると必殺威力を1000強化とバーストゲージ上昇率がアップする。ラウンド2でテクニカルバトル2回に勝ってバーストすると、前回SRより劣るとはいえそれでも4500となる。ただ副効果は相手よりバーストした時に指定したタイリョク系で、相手より3000以上多ければ相手のスロットアタックポイントリセットと非常に難しい条件を持つ。どうしても副効果を発動させたいのであれば、敢えて相手がバーストするタイミングとタイリョクが3000以上を上回っている必要がある。

ボトルマッチ5弾

カードナンバー BM5-048 レアリティ N ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 550 タイリョク 2350
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1600
スロット G 90 拳 80 蹴 80 拳 70 拳 50 蹴 50
アビリティ 1ラウンド毎、ライジングパワーが4以下のとき、コウゲキ・ひっさつ+300
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 1000 ボウギョ 600 タイリョク 2350
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト5 ひっさつ 2500
スロット G 100 拳 80 蹴 80 拳 70 拳 70 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、あいてのチームのオイウチ効果をダウンさせる。
解説 久しぶりのアタッカータイプで収録。ただしバースト前はスロットに50が2つある事には注意。

ライダータイム2弾

カードナンバー RT2-053 レアリティ N ライダータイプ ジャマー
ステータス コウゲキ 650 ボウギョ 550 タイリョク 2200
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1600
スロット G 90 蹴 80 拳 70 蹴 70 蹴 60 拳 50
アビリティ ①1R毎、RPが4以下のとき、攻撃・必殺+200 ゲキレツアイコン+1
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 700 タイリョク 2200
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト7 ひっさつ 2800
スロット G 90 蹴 80 拳 70 蹴 70 蹴 70 拳 70
バーストアビリティ 2番目にバーストしたとき、ひっさつ+1000 アタックポイント+10
解説 前回7人ライダーに統合されて登場したが、今回は次ナンバーのライダーマンに合わせてBM5弾ぶりの単独収録かつ初のジャマータイプで登場となった。
アビリティは前回と同じ物だが、地味に攻撃・必殺のゲイン値が下がって新たにゲキレツアイコンが1つ増える効果が追加された。ただしゲキレツを増やす事はアイコンが揃わなくなるという欠点が出てくるので他の仲間もゲキレツ系で統一した方がいいか。
バーストアビリティはジャマーとかみ合わない2番指定で必殺強化とAPアップなのでチェインタイプを先にバーストさせてジャマータイプを強化させた方がいいかもしれない。

バーストライズ1弾

カードナンバー BS1-055 レアリティ R ライダータイプ ジャマー
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 600 タイリョク 2800
必殺技 V3残影パンチ コスト2 ひっさつ 1650
スロット G 90 蹴 90 蹴 70 拳 60 拳 60 蹴 50
アビリティ ①テクニカルバトルにパーフェクトで勝ったとき、バーストゲージの上昇率超アップ
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 950 ボウギョ 950 タイリョク 2800
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト5 ひっさつ 2750
スロット G 90 蹴 90 蹴 70 拳 70 拳 70 蹴 60
バーストアビリティ ①バーストしたとき、攻撃+600
さらに、体力が3000以下だと、防御分、必殺がアップ
解説

バーストライズ4弾

カードナンバー BS4-053 レアリティ R ライダータイプ ブレイカー
ステータス コウゲキ 850 ボウギョ 750 タイリョク 2850
必殺技 V3残影パンチ コスト2 ひっさつ 1800
スロット G 90 蹴 90 拳 80 拳 60 蹴 50 蹴 50
アビリティ ①APバトルに負けたとき、このRのみ、攻撃+100 テクニカルゲージがアップ
さらに、APバトルの合計値が230以上だと、バーストゲージの上昇率アップ
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 950 ボウギョ 850 タイリョク 2850
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト5 ひっさつ 2500
スロット G 100 蹴 100 拳 80 拳 60 蹴 60 蹴 50
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+800
②1R毎、相手のRP-2
解説

プロモーションカード

カードナンバー P-071 レアリティ N ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 350 タイリョク 1800
必殺技 V3残影パンチ コスト2 ひっさつ1200
スロット 拳 90 拳 80 蹴 70 拳 70 蹴 60 蹴 60
アビリティ 2番目にカードを出したとき、チーム全体のボウギョ+150
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 500 タイリョク 1800
必殺技 V3スクリューキック コスト5 ひっさつ2400
スロット 拳 100 拳 90 蹴 70 拳 80 蹴 60 蹴 60
バーストアビリティ テクニカルタイプのコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ+200
入手方法 ガンバライジングチョコスナック第2弾収録
解説 体色そのままのテクニカルタイプはプロモカードが先行登場。
低い基礎ボウギョはアビリティで仲間ごとフォローし、バーストすれば(テクニカル限定とはいえ)更に基礎力を上乗せ。このカード単体で見ればなかなかのポテンシャルだ。
P.S.表面のイラスト(鉄球特訓の光景)からはおやっさんの叱咤激励が聞こえてきそうである。
カードナンバー P-101 レアリティ N ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 500 タイリョク 1800
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1300
スロット 拳 90 拳 90 拳 80 蹴 70 蹴 50 蹴 50
アビリティ センコウのとき、コウゲキ・ひっさつ+150
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 550 タイリョク 1800
必殺技 V3スクリューキック コスト5 ひっさつ 2350
スロット 拳 100 拳 100 蹴 80 蹴 80 蹴 50 蹴 50
バーストアビリティ ライジングパワーが6以上のとき、チーム全体のアタックポイント+10
入手方法 映画「仮面ライダー大戦」入場者プレゼント(昭和パック)
解説 体力1800のアタッカー・バースト前後のアビリティ・バースト後のステータス…似たようなプロモカードをどこかで見た気がする(これこれ)。
ただしこのカードはV3なので当然の事だが素手。チームを組む際の選択肢が増えたことは歓迎しよう。
欠点はハズレ(50)が2つあるスロット。APバトルではくれぐれもここには止めないようにしたい。
カードナンバー BS3-101 レアリティ N ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 650 ボウギョ 800 タイリョク 2000
必殺技 V3残影パンチ コスト3 ひっさつ 1750
スロット G 90 拳 80 拳 70 拳 70 蹴 60 蹴 50
アビリティ ①1R毎、RPが2以上のとき、攻撃・必殺+300 バーストゲージの上昇率アップ さらに、RPが6以上だと、RP-10 次のラウンドまで、AP+30 テクニカルゲージアップ
ライドバースト 仮面ライダーV3
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 850 タイリョク 2000
必殺技 V3きりもみ反転キック コスト6 ひっさつ 2750
スロット G 100 拳 100 拳 70 拳 70 蹴 60 蹴 50
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+1000 さらに、R3以降だと、必殺+1000
解説 ベストマッチパック以来のカードパック収録を果たしたV3。
…だが、今回もベストマッチパックのカードに続きピーキーなアビリティを引っ提げて登場となった。主効果はRP2以上あれば攻撃・必殺の2点強化とバーストゲージ上昇率アップとおとなしめ…しかし問題はここから。実はRP6以上あるとAP+30とテクニカルゲージアップの効果を施す効果。つまり、あのBM5弾エグゼイドレベル99にあったAPアップを得られる物で、あちらには無いテクニカルゲージアップまで付加される効果。ただしRP6以上になるとラウンド開始時に必ず発動な上にG4弾レベル99同様に全RP消費という痛いデメリットが付く。このデメリットの都合上、APバトルに勝利してもRPが足りずにバースト必殺のコスト次第ではダメージが大きく下がるなどRPの管理に悩まされる。またこのラウンドのみなので逆に言えばRPが多いとのアビリティ持ちにとっては寧ろ好機になりえてしまうデメリットもあるリスクもイマイチ。
バーストアビリティは必殺+1000のみだが、ラウンド3以降にバーストすれば必殺+1000がもう1回付くため、表込みでそれなりとなる。ただラウンド3にこぎ着けるまでRP6以上で発動するアビリティを考慮しないとRPが足りず、必殺のダメージが下回る事もあるため注意。この使いにくいアビリティではあるが実はV3の特殊能力である逆ダブルタイフーンをアビリティで再現したのだろうか?(使用すると3時間変身不可になる)

ガンバライジングデータ

登場作品:「仮面ライダーV3」

2弾参戦の昭和ライダー3名の中では唯一の演出付きバースト必殺技を引っ提げてのSR参戦。
バースト必殺技は、V3の豊富なキック技の中からカニレーザーを倒したときに使用した、体をきりもみ回転させキックした後に衝撃で宙に戻って再度キックする「V3きりもみ反転キック」が収録された。

1号、2号とのチームボーナスが強力なのが嬉しい。3つながりでG3-Xと3号とのボーナスもある。

ナイスドライブ4弾でトリプライドに選ばれ待望の新1号、新2号との合体技「爆裂ライダートリプルキック」が追加。

インフレで流石に性能が辛くなってきたためか、バッチリカイガン3弾で再度SR選出。