エクソダス


マーベルコミックの代表作『X-MEN』シリーズに登場するヴィラン。初出は1993年の『X-Factor #92』。
ファイティングレイヤー』のプロレスラーではないし、「無とはいったい……うごごご!!」とは言わない。

本名はベネット・デュ・パリス。身長178cm。体重75kg。「残念だったな、トリックだよ」とは言わない
12世紀に十字軍騎士だったベネットはアポカリプスに出会い、ブラックナイトを殺すのを拒んだため、冷凍睡眠させられた。
現代になってマグニートーの手で復活すると、エクソダスを名乗って彼の配下「アコライツ」のリーダーとなり、
ネイト・グレイによって山に生き埋めにされるまで戦った。
M-Day」後もミュータントの力を保っていた数少ない存在で、プロフェッサーXの脳を再構成した後、
マグニートーの生死を巡って激闘を繰り広げた。

優れた超能力者であり、テレパシーや、テレキネシス、メンタル・ボルトを発射する。
その肉体はほぼ無敵で、超人的な腕力と飛行能力も持つ。
特徴的な一芸(例えばマグニートー=磁力といったもの)に秀でたタイプでは無く、
万能で何でもできてその全てが強力であるというタイプの能力者。
世界で最も強力な能力を持つミュータントの一人とされ、
マグニートーが一時倒れていた時期、一人でアベンジャーズとX-MENの連合軍と渡り合った事もある。

(参考資料:『マーベル・エンサイクロペディア』)

カプコンのゲームではプレイヤーキャラや敵キャラとして登場したことは無く、
X-MEN CHILDREN OF THE ATOM』のエンディングの共通部分で敗れたマグニートーを支える役で登場、
MVC3』ではマグニートーのEDで登場している。


MUGENにおけるエクソダス

Arkady氏のキャラが海外サイト「The Mugen Multiverse」にて代理公開されている。
現在の完成度はVer0.9のβ版との事。
なお、MUGEN1.0以降用との事だがWinMUGENでも使用可能。

操作方法は『MVC』風の6ボタン方式で、チェーンコンボやエリアルレイヴ、アドバンシングガードが可能。
ただし、エリアル始動技であるしゃがみ強Pのリーチが短く、しゃがみチェーンから繋ごうとすると空振りする点には注意。
相手の後ろに回り込む「Illusion」、念力で岩を投げ付ける「Telekinetic Lift」等の必殺技に加え、
目から光線を放つ「Concussive Hemorrhage」、ジゴスパークの如く電撃を全方向に放出する「Electromagnetic Rage」等の超必殺技を持つ。
AI並上位程度の強さのものがデフォルトで搭載されている。
紹介動画(リンクは古い物なので注意)

また、yolomete氏が『MCU』版ロキ風のカラーパレットを「The Mugen Multiverse」における氏のフォーラムにて公開している他、
これを適用したガワ替えキャラがhamer氏によって代理公開されている。

出場大会

  • 「[大会] [エクソダス]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2022年11月30日 09:04
添付ファイル