夜叉姫


「私も忙しい身でね。
 夜叉姫よ、相手をしてやれ。」

1999年にビスコがリリースした和風アクションゲーム『武蔵巌流記』に登場するボスキャラクター。
MUGENのオリキャラや、『桃太郎伝説』及び『桃太郎電鉄』のヒロインでは無い。
本作の黒幕である邪神の力で復活した佐々木小次郎に使役される異形の怪物(小次郎曰く「魔人形」)で、作中ではステージ1のボスを務める。

おかっぱ頭の女性を模した上半身と、4足歩行する下半身を持つ巨大なからくり人形」とでも言うべき異様な姿をしており、
口からばら撒く火炎弾と時代考証ガン無視の腕に仕込んだマシンガン、ジャンプからの踏み付けで攻撃してくるが、
体力が半分以下になると全身がバラバラに弾け飛んで第2形態へ移行。巨大化した頭部のみの姿となり、口からの火炎放射や光弾、体当たりで襲い掛かる。
ステージ1のボスだけにさほど手強い相手ではないが、体力が残り少なくなると第2形態の光弾の速度が早くなるので要注意。
ちなみに、第2形態にダメージを与えていくと装甲が剥がれ落ちていき、最終的には紫色の肌に単眼を持つ醜悪な本体が露わになるという演出がある。
プレイ動画


MUGENにおける夜叉姫

MabsKMK氏による第1形態のドットを使用したものが存在。
原作ではプレイヤーキャラと比較してかなりの巨体だったが、MUGEN上では常識的なサイズに収まっている(といってもKFMよりは大きいが)。
操作方法は6ボタン方式で、常時ハイパーアーマーかつほとんどの攻撃がワンボタンで出せるというボスキャラ寄りの性能。
技は第1形態のものに加えてガード不能のスライドダッシュで突撃するオリジナル技が追加されている他、
超必殺技として第2形態の光弾(ただし腕から発射)と火炎放射も使用可能というアレンジ仕様となっている。

基本的にはプレイヤー操作で挑戦するボスキャラと言った所だが、
搭載されているAIはこの手のキャラにしては有情なので、AI操作の格ゲーキャラでも結構いい勝負が出来たりする。
DLは下記の動画から
プレイヤー操作

出場大会

  • 「[大会] [夜叉姫]」をタグに含むページは1つもありません。

プレイヤー操作



最終更新:2022年06月26日 22:01