パッションリップ



身長:156cm
体重:1t
スリーサイズ:B160/W63/H87
生まれ:月の裏側
誕生日:4月10日
特技:殴るのとか潰すのとか
好きな物:主人公、デザートタイム
嫌いな物:優しくない人たち
天敵:メルトリリス、緑アーチャー

「わたしは……おかしくなんか、ない……
 あなたがいないと…… 生きていけない……だけ……」

『Fate/EXTRA CCC』の登場人物。担当声優は 小倉唯 女史。
BBが切り離した感情に複数の神霊のエッセンスを継ぎ足した分身「サクラファイブ」の1人にして、違法霊基「アルターエゴ」の一角。
パッションリップはBBの「愛憎」を核にして、ヒンドゥー教の女神ドゥルガー、パールヴァティー、
北欧神話の戦乙女ブリュンヒルデの要素を融合されて成立したサーヴァントである。
パールヴァティーとブリュンヒルデは『Fate/GrandOrder』で実装されたが、マイルームの会話をはじめ特にこれといった絡みは無い。

両足が地面につかないほど巨大で凶悪なガントレットそのものの両手(籠手などではなく彼女の肉体の一部)もさることながら、
バスト160cmという型月作品トップクラスのお胸が最大の特徴どこぞの当主様に少し分けてやってくれよ
その聞いたこともない様なサイズはそこらの巨乳キャラが全員貧乳に見えてしまう程規格外なものであり、
しかも自身の身長をも上回っているため、爆乳を通り越してもはや超乳の域に達している。
ちなみにバスト160cmという設定だが、デザイン担当のワダアルコ氏は、
「描いたことが無い規格外サイズ過ぎて数値の割に小さく描いてしまった気がする(意訳)」と後年陳謝している。どんだけだよ…。

おまけに上半身の服装はサスペンダーのようなベルトで大切な部分を隠しているのみなのだが
(明らかに見えそうなのに見えないため、ワダ氏は「陥没しているんじゃないですかね」と解釈している)、
これは上半身が異常に敏感で、布が擦れることすら耐え難いためらしい。
しかし、『Fate/GrandOrder』のコラボイベントでは大人の事情で胸元に黒い布が追加された
(同様に、相方のメルトリリスも前張りがマイクロビキニに修正されている)。


ドゥルガーの宝具である10本の神授の武器を具現化した巨大な爪とそれを支えるパワーは、
筋力A+以上のサーヴァントでようやく相殺できる域にある。
また、彼女を見た者を無意識の内に嗜虐心をそそる精神干渉スキル「被虐体質」を持ち、
タイマン勝負ではあまり意味の無いスキルだが、若干の防御値プラスがある他、攻撃者に冷静さを失わせる。
しかし最大の特徴は、id_es(イデス)と呼ばれるサクラファイブのアルターエゴが生まれながらに得たスキルで、
パッションリップは視点上で手に収まるものならどんな物体でも圧縮してキューブにしてしまう「トラッシュ&クラッシュ」を備えている。
視界に入るものなら手を超えたサイズであれ遠近法認識でも発動可能な代物のため、対象を一望できる場所なら距離もサイズも無視して圧縮できる。
このスキルの恐ろしい所は、キューブにされたものは生物であった場合頭や胴体関係なく圧縮でサイコロ状の体にされ、
手足も全く動かせないまま特に痛みもなく生きたままでいられる
ということ。
ただし、視認から発動まで若干のタイムラグがあるため、一定の機動力があるサーヴァントであれば絶え間なく動き回ることで対処可能。
加えて、規模が巨大になればなるほど圧縮までの時間もさらに相応にかかる。

なお、彼女は自身の腕に関して「普通の人間の腕」と同じ形状と認識している
その為相手を軽く触ったり手を握ってもらうつもりでどうなってしまうかについて全く配慮がない。
これは彼女を創造したBBによる意図的な認識阻害であるらしく、作中人物の分析では「嫌われるように創られている」。
性格においてもこれが影響し怠け者な上に情緒不安定、何かにつけて自分の都合のいい方向に考えたがる。
口も悪く、誰かに過ちを指摘されたら稚拙な嘘や屁理屈でやり過ごそうとするし、そうでなくてもナチュラルに毒を吐く。
…悪意ではなく、色々と本編で事情があるのだがまあそこは原作プレイ参照。

そして彼女の腕と並ぶ最大の特徴である胸部であるが、この谷間には無限にものを収納可能な広大な空間「ブレストバレー」というものが存在する。
人間を一人谷間に飲み込むことなど造作もなく、更には彼女の精神性として「大切な存在をそこに閉まっておきたがる」というものがある。
しかも、基本的に彼女ですら「一度入れたら任意も何もなく出してあげられない」。もはや人型のブラックホールである。
…ここまで聞いて「それでも谷間に飛び込みたい」と思える人がいるなら、最早止めまい。

なお、後年の『FGO』参戦時には、契約したマスターであれば中身をすくい上げられるようになった。
手を突っ込む場所的に完全にアウトな絵面だが、成長したな!

  • 宝具死がふたりを分断つまで(ブリュンヒルデ・ロマンシア)
「あぁ、これが愛のカタチ………
 わたし、分かっちゃいました。どうしても愛されず、憎まれる位なら……
 いっそ、グチャグチャになって下さいっ!!

 これで、身も、心も、わたしのモノ………」

元はブリュンヒルデが夫シグルドへの復讐のため振るった、
対象への愛情が深ければ深いほど命中精度とダメージ数値を増していく愛憎の槍だが、
パッションリップのそれはガントレットを分離して飛ばし、ロケットパンチのように四方八方から襲いかからせた後、
腕を元に戻して極限圧縮を行う宝具となっている。
追加効果に即死がついており、さらに即死をレジストできても純粋なダメージもかなり高い。


MUGENにおけるパッションリップ

Infernal Spectre氏の製作したキャラが公開中。
スプライトは『FGO』の画像を元に製作されている。
各種アクションも『FGO』をベースにしており、「死が二人を別離つとも」は3ゲージ消費の一撃必殺技となっている。
ただし、本人のゲージ回収能力は絶望的に低いため、実質的に後述する強化カラー専用技である。

性能面では、単発攻撃タイプのパワーキャラとなっている。
使える技はどれも動作が遅い一方、凄まじい火力や攻撃範囲を誇る。
さらに常時ハイパーアーマー状態なので、振りの遅さを補って確実に相手の体力を奪い取っていける。
その一方、機動力に関しては絶望的で、ダッシュ・バックステップが存在しない上にジャンプも不可能。
通常移動に至っては、移動速度が決して速くないにもかかわらずステップ移動で小回りが利かないという問題点を抱えている。
また、ハイパーアーマーの代償としてガードができないため、彼女の戦いは常に「やるか、やられるか」となる。
カラーによって3段階に性能が強化され、4P以降は自動でゲージが増加するようになり、7P以降は受けるダメージが大幅減少する。
そして10P以降は一撃必殺の「死が二人を別離つとも」が回避不可能になるという超強化が加わる。
AIもデフォルトで搭載されている。


「……そっか……好きじゃなくても、優しくしてくれるん、ですね
 ……それが人間の矛盾……心、なんだ……」

出場大会

  • 「[大会] [パッションリップ]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2022年09月12日 14:48
添付ファイル