猗窩座


「素晴らしい提案をしよう お前も鬼にならないか?」

漫画『鬼滅の刃』の登場人物。名前の読みは「あかざ」。よく間違われるが赤座ではない。っていうか初見で読める人ほぼ皆無だろう
アニメの担当声優は 石田彰 氏。

の首魁・鬼舞辻無惨の直属の配下である「十二鬼月」の一角であり、
6人存在する最高幹部「上弦」のNo3である「上弦の参」の階位を持つ実力者。
上弦の鬼の中で最初に登場した個体で、竈門炭治郎と読者に上弦の鬼の強さを印象付けた存在であり、
無惨を除けば炭治郎と最も深い因縁を生んだ敵の鬼である。

自身が強者と認める相手との戦闘を好み、逆に弱者と見なした者は異様なまでに忌み嫌っている。
しかし、一方で相手の強弱に関係なく女性の殺害及び捕食は絶対にしない事が他の上弦の口から明かされている。
「至高の領域」を追い求めて自身に無限の鍛錬を課し、それ故に強者と認めた人間には鬼になることを勧め、
自身と永遠に戦い続ける事を望む戦闘狂であり、作中でも「修羅」と評されている。

不平不満の感情を抱かず忠実に命令を遂行するので無惨からの評価はそれなりに高く、
女性を食べない上に殺しもしない件に関しても、鬼殺隊相手であってもそうであったため、
時折呼び出して嫌味を言いこそしたもののそれ以上の処罰はしなかったという。
自分より上位にいる黒死牟童磨に対しては反骨心を隠しもせず、いずれ超える対象と見なしていた。
特に童磨のことは酷く嫌っており、上弦の弍へと昇格した後の童磨の念話絡み*1があまりにも五月蝿かった為に無惨に苦情を入れた事がある
(後にも先にも猗窩座が無惨に口答えしたのはこの一件のみらしい)。
また、黒死牟にはかつて入れ替わりの血戦を挑んだが敗れたことがあり、こちらにも良い感情を抱いていない。
しかし、その黒死牟は猗窩座を高く評価しており、上弦に君臨した数百年間の中で三回挑まれた入れ替わりの血戦にて生かしておいた鬼は猗窩座のみだったらしい。


劇中における活躍


「鬼にならないなら殺す」

「素晴らしき才能を持つ者が醜く衰えてゆく。
 俺はつらい。耐えられない 死んでくれ杏寿郎。若く強いまま」

下弦の壱「魘夢」との戦いを制した煉獄杏寿郎と炭治郎の前に姿を現し、
煉獄を強者と認めて鬼に勧誘(本項冒頭の台詞)するが、煉獄が応じるはずもなく戦闘となる。
戦闘技量こそ互角だったが傷や疲労が確実に蓄積され体力にも限界がある人間と、
頚を斬られない限り外傷が瞬く間に治る鬼との差から、煉獄を消耗戦の末に追い詰め、
左目を潰され、肋骨を砕かれ、内臓を傷つけられる重傷を負わせる。
しかし、その状態でも煉獄は猗窩座からの鬼となり延命しろという勧誘に乗らず、
最期の力を振り絞って貫かれた身体を使って鬼の致命的弱点である日光が現れる夜明けまで、
猗窩座を強引に拘束するという形での相打ちを試みる。
消耗戦を行ったのが仇となりその時点で夜明けとともに陽光が射し始めたため、
猗窩座は完全に余裕を喪失し、頚を半ば断たれた状態で抑えられた両腕を自分で引き千切り一目散に逃走した。
しかし、この行動に激高した炭治郎から愛刀を逃げる背後から投擲され、「逃げるな卑怯者!!」と罵倒される。
結果として煉獄はすでに治療の見込みもない致命傷を負い、対して猗窩座は健在であったが、
一方で下弦の壱と上弦の参が現れながらも、煉獄の奮戦により無限列車の乗客はもちろん炭治郎も誰も死ぬことはなく、
猗窩座は試合に勝って勝負には負けた形だったのであり、
炭治郎はこのことを指摘して猗窩座を自分の「敗け」から逃げた卑怯者と罵ったのである。
しかし猗窩座は、炭治郎に内心ブチ切れつつも構うことなく心の中で自らを正当化しながら夜が明ける前に全速力で逃亡した。

「何を言ってるんだあのガキは! 脳味噌が頭に詰まってないのか!?」
「俺は鬼殺隊(おまえら)から逃げてるんじゃない 太陽から逃げてるんだ!」
「それにもう勝負はついてるだろうが アイツは間もなく力尽きて死ぬ!!」

案の定、その事に加えて炭治郎達を仕留め損なった件を無惨に咎められ、自身のプライドをズタズタにされた猗窩座は完全に激昂。
投げつけられた日輪刀を粉々にし炭治郎に報復を誓うのだった。

「貴様の顔… 覚えたぞ小僧!!」
「次に遭った時はお前の脳髄をぶちまけてやる!!!」
一方で、当の炭治郎は刀を紛失したことで彼の担当である刀鍛冶に殺意全開で追い回される(なお折った時もあったので二度目)のだがそれはまた別の話

しかし猗窩座の考え通り、ほどなく煉獄は残されたわずかな時間で遺言を述べて出血多量により絶命し、
炭治郎達に加勢すら叶わない己の未熟さを強く自覚させると同時に大きな喪失感を植え付けたが、
一方で煉獄から託された命と使命を決して無駄にしないように決意し、彼らを奮起させる出来事となった。

今まで戦った鬼とは格の違う強さと品性を印象付けた一方で、その後の無惨や同僚からの扱いに加え、
炭治郎の言葉を笑い飛ばせず結構堪えているような様子から、読者からは半ばネタ的な意味で同情されていたが、
本人も鬼になった際に忘れていた過去が後に明かされたことで、炭治郎の言葉が偶然にも古傷を直撃していたことが判明。本気で同情されることとなった。

+ 戦闘能力
主に徒手空拳を主体とした戦闘スタイルを取る。
シンプルな戦闘スタイルな分欠点らしい欠点がなく、超常的生物である鬼の身体能力と戦闘技量も相まって、
鬼殺隊の柱ですら真っ向からの戦いでは圧倒される程の戦闘力を持つ。
肉体の再生速度も下位の鬼とは比べ物にならない程強力で、切断されてもその部位が瞬きの速度で元通りになる。
このため、肉体の一部を欠損させて動きを阻害して隙を作ることすら不可能。

血鬼術「破壊殺」(はかいさつ)は自身の足元に「壱~拾」までの数字が描かれた雪の結晶のような陣を出現させる。
人間が持つ闘う意思(闘気)を感知する効果があり、視覚外の対象の動きすら正確に読み取れる。
これにより、「無限列車編」では煉獄に加勢しようとした嘴平伊之助がどこから斬りかかっても確実にやられる事を肌で感じ取り加勢を断念。
後に、この伊之助の体質が「破壊殺」ひいては猗窩座攻略の鍵となった。
「無限城編」では冨岡義勇が速く正確な攻撃で隙をついてカウンター攻撃を仕掛けても、
更に速く正確な攻撃で迎撃して決定打を与えることができなかった。
オートで迎撃する効果は無くあくまで闘気を感知するための能力であり、迎撃・防御は純粋に猗窩座の技量に依存している。
また、身体能力強化の効果も付随しているらしく、発動時のみ拳闘から衝撃波を放つ遠距離攻撃を使用している。


MUGENにおける猗窩座

Luciano Machado氏の製作した、『JUS』風ドットを用いたMUGEN1.0以降専用のちびキャラが存在する。
無惨を除けば鬼の中で初めてMUGEN入りしたキャラである。
通常攻撃は突進技やコンボ性能が優秀で、ほとんどが近接戦に特化しているが、
衝撃波を放つゲージ技も存在しており、ちびキャラながらリーチは比較的優秀。
AIもデフォルトで搭載されている。
DLは下記の動画から

出場大会

  • 「[大会] [猗窩座]」をタグに含むページは1つもありません。


「さあ始めようか 宴の時間だ」


*1
十二鬼月は無惨の許可さえあればテレパシーの様な形で自分より下位の鬼の思考に介入して話しかける事ができる。


最終更新:2022年07月05日 09:38