グリークスΨII


「今度ばかりはあしゅらの為だ!
 俺の全てを出してマジンガーZを倒すまで、惜しみなく力を貸そう!」

ダイナミックプロ原作・東映動画制作のロボットアニメ『マジンガーZ』に登場するロボット。
第79話「マジンガー爆発1秒前!!」にて登場。

大きさ35m。重量約280t。
Dr.ヘルの協力者であるゴーゴン大公が提供する、ヘル一派の主戦力である機械獣より強力な「妖機械獣」の一機
(機械獣はミケーネの遺跡から出土した機体を元にDr.ヘルが改造ないし再建造したものであるが、
 妖機械獣は『Z』時点でのゴーゴン大公共々出自不明の謎めいた存在であり、続編への伏線となったものと言える)。
「ψII」は「ぷしーつー」と読み、妖機械獣は主にアルファベットを冠する機械獣と異なり、総じてギリシャ文字を冠する事が多い。
あしゅら男爵の仇討ちのためにヘルが作り上げた、機械獣ジェットファイアーP1の援軍として提供された。
武器は柄の両方から薙刀状の刃が生えた武器(著名なゲルググのビームナギナタと違い、刃が同じ方向を向いた構造)と顔から出す光線。

あしゅら男爵を倒した事による慢心と、度重なる戦いで禄に休めなかった鬱憤を晴らすため、
甲児はもりもり博士の反対を押し切って釣りに出かけるも、鉄十字兵によって捕獲されてしまった。
Zが出撃できない隙を狙ってグリークスが光子力研究所を襲撃。ボスボロットの首を飛ばし、ダイアナンAの腕と足を破壊する等と圧倒する。
もりもり博士は甲児を探しに行くが、ブロッケン伯爵が仕掛けた地雷によって死亡してしまい、
甲児は復讐のために拘束を無理矢理解いて研究所へ戻り、Zに乗って出撃。
グリークスは薙刀でZの肩に切り込むが、至近距離で頭部にロケットパンチを食らい、
反撃で腹部へ切り込むも、アイアンカッターで右腕を切り裂かれ、
ジェットファイアーP1から発射されたミサイルから身を守る盾代わりにされて爆散した。近くにいたお前が悪い

TV版の続編である『マジンガーZ/INFINITY』においては、一切触れられずに物語が終了した。
もっとも同作においては妖機械獣自体が未登場(ゴーゴン大公ですらOPでチラっと映っただけ)なので、
グリークスψIIに限った話ではないのだが……。

『スーパーロボット大戦』シリーズでは未参戦。相方のジェットファイアーP1は参戦してるのに……。
東映・ダイナミックプロのロボットアニメ美少女化コンテンツ『ロボットガールズZ』でも題材キャラにされるでなく影も形もない。どうして……。


MUGENにおけるグリークスψII

コンプゲー『Dynamic Super Robot Wars - THE GAME』で知られるGIANNI from PARTINICO氏とAlabarda Spaziale氏によって共同製作されたキャラが、
GIANNI from PARTINICO氏のサイトで公開中。
キャラ名は「Greeks Y2」、フォルダ名は「big_beast」。
にゃん☆鬼龍氏のマジンガーZをベースに製作されている。

操作方法は6ボタン方式。
薙刀をその場で振り回したり投げたりする他、顔からの光線も実装されており、遠近両方に対応できる技構成となっている。
超必殺技「Hyper_harken」は薙刀による乱舞技で、並のキャラなら即死攻撃級のダメージを誇る。
簡易的なAIも搭載されているが、氏製作の他のスーパーロボット達同様サイズが大きさ故に打点が高いため、一般的なキャラ相手には攻撃が空振りしやすい上、
コンプゲーに合わせてかHPが3800という非常にタフな数値故に、グダグダな試合展開になりやすいため、巨大キャラ同士で戦わせるのが望ましいだろう。

出場大会

  • 「[大会] [グリークスψII]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2024年07月15日 10:27