ゲルググ

  • 型式番号:MS-14A
  • 全高:19.2m
  • 本体重量:42.1t
  • 全備重量:73.3t
  • ジェネレーター出力:1,440kw
  • 装甲材質:超硬スチール合金
  • 武装:ビーム・ライフル、ビーム・ナギナタ(ビーム・サーベル)、シールド
(HGUC 1/144 量産型ゲルググ 説明書より引用)

ロボットアニメ『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツ(以下「MS」)と称される巨大ロボット。
作中の敵側勢力であるジオン公国軍最後の量産機で、トサカと豚のような鼻面が特徴的な機体。
ジオン待望のビームライフル*1と、柄の両側にビーム刃が形成されるビームナギナタを主装備とする。
こいつのせいで両端に刀身を持つ武器をナギナタと呼ぶ風潮ができてしまった(実際のビームナギナタの薙刀らしい点は刃の形状)。
現在ではさらに派生してハルバードまでもが、この手の武器の呼び名に使われる始末

携行用のビーム兵器についてガンダムに大きく後れを取っていたジオンのMSだが、本機は新型ジェネレーターの搭載により、
ビーム兵器の標準装備化に成功。
基本設計をジオニック社が行っていたからか生産ラインもザクIIのものを流用可能であり、下記の余談でも触れた通り3社の共同開発もあって、
規格に合致さえすれば独自の工法で生産したパーツやモジュール、武装を使用可能という破格の汎用性を誇る。
更に数値上の機体性能もガンダムと同等以上と、一般量産機としては破格の高性能を誇っており、
その高く安定した性能で競合機のギャンを破り、次期主力量産機の座をものにした。
……ただし、本機が本格的に実戦投入されたのは終戦間際、腕のいい熟練パイロット達は、これまでの激戦により多数が戦死していた
これは専用のビームライフルの完成・生産の開始がゲルググ自体の開発完了から数か月遅れだった事も大きく、
少数の試作機や先行量産機は既存のMSが使用していた実弾兵装や、同じく試作段階のビーム兵器を使わざるを得なかった

本機がようやく本格的に量産された頃には、折角の高性能機に学徒動員兵を乗せるような有様*2で、十全に活躍の場を与えられた物は少なく、
それ故、量産があと1か月早ければ一年戦争の行く末が変わっていたかも知れないとも称された。*3
作中でも量産型と交戦したセイラさんが「さすが新型!」とその性能に驚いていた。直後に瞬殺してたけど
また、少数の先行量産機の一つがシャア・アズナブル大佐に渡され、ようやく互角のMSでの戦いになるかと思われたが、
その頃には既にアムロの能力がシャアを追い越しており、初戦では慣らし運転無しで出撃したとはいえ、
終始圧倒されて損傷した挙句、ダミーの爆発による死んだふりに紛れて、かろうじて戦線離脱。
『ORIGIN』ではその鬱憤を晴らすかのように同じ場面でガンダムをフルボッコにしたが、結局トドメを刺せずに戦線離脱する羽目に
再戦ではマグネットコーティングで追従性を向上させたガンダム相手に、片腕を落とされてしまう。
仕舞にはビット(脳波誘導式遠隔操作兵器)の制御で神経過敏気味のララァにフォローされつつ足手纏い扱いされると言う情けない姿を晒した事に涙を禁じ得ない

「大佐、どいてください、邪魔です!」

結果、ア・バオア・クーでの最終戦時には修理が間に合わず、シャアはジオングに乗り換えてしまった。
決して悪い機体ではないが、状況が本機を待ってくれなかった。総じて不遇の名機と言って良いだろう。
また本機は確かにジオン公国の技術の粋を結集した超高性能、かつコストも現実的な範囲に収められた量産機なのだが、
操縦系統などが既存の主力機と異なり現役パイロットの機種転換に対する配慮が不足している点や、
白兵戦用の武装が明らかに扱いの難しそうなナギナタ(と言う名のツインブレード(双刃))である事にはよくツッコミが入る
(尤もモーションはコンピューター任せの可能性が高いので、武器の使い易さとパイロットの腕はあまり関係ないかもしれないが)。
一方で、シャアゲルググが柄の部分でガンダムのビームサーベルを受け止めた事に対して失笑交じりで凄い武器だと言う称賛も存在する
(ビームサーベルの後付け設定を考えると、柄の部分もIフィールドで覆われていたのかもしれないが)。
そもそもビームライフル&ナギナタに手持ちの大型シールドという本機の武装構成はそれまでのジオン主力機とは全く勝手の異なる物であり、
上述の操縦系統の違いなども含めて、ザクやドムで戦果を上げたパイロット達が抵抗を示すのも当然だったのかもしれない。
これを考慮したのかは不明だが、後にシャアが率いたネオ・ジオン軍の主力機ギラ・ドーガは
明らかにザクを意識した外見(=シールドやスパイク等の固定武装の配置)と、より高性能ながら使い勝手の似ている武装を与えられている。

+ 外伝作品・或いは一年戦争以後のゲルググの系譜
設定上ではバリエーション機として、ビームキャノンを搭載したバックパックと専用の照準器を搭載した頭部を持つ砲撃機「ゲルググキャノン」や、
高機動バックパックを装備した「高機動型ゲルググ」が存在する。
開発されたのがゲルググよりも後で、終戦間際であった為に生産されたのは少数に留まり、
ゲルググキャノンに至っては実戦投入されたのは僅か15機だったという
(ただしこの二種に関しては通常のゲルググの装備バリエーション的な意味合いも強く、
 換装用のオプション装備やその予備としてパーツ単位で製造された分を含めれば総生産数はやや増える)。
また、ごく僅かな機体が地上に配備され、陸戦用に改修した「陸戦型ゲルググ」、
砂漠戦用に潜砂もできるようにした「デザート・ゲルググ」などの派生機が生まれた。
ギャンとゲルググのいいとこ取りをし、実質ゲルググの製造ラインで造れるギャンとして画策された試作機、
「ガルバルディ」も存在するが、完成が終戦に間に合わなかったとも、少数生産された機体の配備された部隊が、
クーデター阻止に活躍したとも言われる。

ガンダム本編と同じく一年戦争を題材にした『ポケットの中の戦争』等では、派生機のゲルググJ(イェーガー)が登場。
Jはドイツ語の「Jäger(狩人、猟兵)」の頭文字であり、猟兵の名の通り高い性能を誇る。
連射モードと単発高威力モードの切り替えが可能なビームマシンガンを主兵装としており、スラスター出力は通常ゲルググの三倍以上だとか。
狙撃機と勘違いされがちだが、連邦軍のジム・スナイパー系と同じく「狙撃も可能な高性能汎用機」といったほうが正しい。
『ポケ戦』本編では僅かな登場であったが、MSV企画等に登場するシン・マツナガ専用機があり、
漫画『虹霓のシン・マツナガ』では単騎で敵部隊を圧倒する活躍が見られた。

ジオン残党による未曽有のテロ事件を描く『機動戦士ガンダム0083』では、本機の海兵隊用のバリエーションである、
「ゲルググM(マリーネ)」を駆る熟練の敗残兵達が、乗機の性能で上回る筈のアルビオン隊を大いに苦しめたが、
此方は攻防を素早く切り替えられる小型のスパイクシールドと普通のビームサーベル、維持管理の容易な実弾式のマシンガンを装備していた。
また、終盤では所属部隊ごと連邦に寝返ってデラーズ・フリートと交戦している。最終回では連邦軍に接収された機体も登場した。

また上記した通り、修理が間に合わずジオングにシャアを持ってかれてしまったシャア専用ゲルググだが、
『逆襲のシャア』では回想シーンでガンダムとの3度目の交戦シーンが登場。
『1st』ではガンダムに右腕を丸ごと切断されていたが、回想では前腕のみに留まっている。
『ガンダムUC』ではepisode 7の最終決戦にてユニコーンガンダムとネオ・ジオングが宇宙の歴史を辿る中、
一瞬だがエルメスと共に『逆襲のシャア』同様にガンダムとの3度目の交戦シーンが描かれた。
漫画『若き彗星の肖像』ではその後も突貫で修復、腕をゲルググMにして高機動用バックパックを取り付ける改造が進められた結果、
第1話でキシリアを暗殺した後に、友軍の護衛をしながらア・バオア・クーを脱出する事になって余っている機体を探すシャアの前に修復された本機が登場。
修理が間に合ったのはよかったものの、シャア用にカリッカリの調整をしていたばっかりに、
他に乗り込めるパイロットが誰もいなかった事も功を奏した形となり、再び主を乗せて戦場を駆ける事になった。
『ORIGIN』での活躍といいコミカライズ版ではやたらと救済されている気がする

機動戦士Ζガンダム』では、一年戦争時に放棄された機体が登場。
カツ・コバヤシが搭乗してΖガンダムの危機を救い、アーガマに回収された。
その後、量産機ネモのパーツを移植されるなどして修理・改修され、幾度か戦闘に参加している。*4
また、ジオンから接収されたガルバルディ(ガルバルディα)を連邦で改良したガルバルディβという機体が登場、
一部エース向けの機体として活躍した。やっぱりビームナギナタは採用されていない。
それどころか、シールドに火器を備えたりとかつて正式化を争ったギャンの構想を濃く受け継ぐ形に進化していった。
一方で、カラバで活動するアムロにはゲルググっぽい顔のリック・ディアスである地上戦用MS「ディジェ」が与えられており、
こちらの機体はビームナギナタを装備していた。*5

機動戦士ガンダムΖΖ』でも本機を近代化改修したリゲルグの他、ガルバルディの系譜による高性能機、ガズアル・ガズエルが登場。
ザクドムの系譜と共に、ジオン系MSの代表格として長く残り続けた事が窺える。
これらの機体の殆どはビームナギナタの代わりにビームサーベル等の標準的な近接武器を装備しているが、
上述のリゲルグは2基装備されたビーム・ランサーを基部で連結して双刃にして使用できる。
『Ζガンダム』同様原型機が登場しているが、こちらではアフリカ在住の民間人や民兵が乗っていた。
なお、第26話で赤いゲルググが登場し、第25話ラストの予告編はこれとガンダムチームが交戦する場面から始まるので、
「遂にシャアが出てくるのか?!」と多くの視聴者を驚かせたが、直後全然別の女性がパイロットだと判明。
それでもまだあきらめない人は「彼女はシャアの知り合いか何かで、次の次ぐらいにシャアが出てくる伏線かも?」と思って翌週本編を見ると、
この機体はシャアと無関係で、「彼女の恋人だった『タグ』という3年前に死亡した故人のものだった」と説明された。

宇宙世紀120年代に外見だけを一年戦争時の機体に似せて開発されたRF(リファイン)ゲルググもビームナギナタを装備しており、
ザクのヒートホーク等と同様、後年でもビームナギナタはゲルググの特徴的な武装として認知されている様子。
同年代を描いたゲーム作品『フォーミュラー戦記0122』ではオールズモビルのエース、シャルル・ロウチェスター専用のRFゲルググも登場。
本機は裏で暗躍するクロスボーン・バンガードの技術が用いられ、大型の肩部装甲内にサーベル兼用のビームシールドを装備。
また、ビームライフルでトドメを刺した際は頭部をも撃ち抜かれるという専用の撃墜演出が入る。

ゲルググ自身はロールアウトから16年が経過した『ガンダムUC』の時代でもジオン残党軍に運用されている機体がある一方、
更に後年には新興コロニーの戦争博物館にザクと共に展示されている姿も確認できる。

余談ながら『機動戦士ガンダムSEED』におけるMSゲイツは、「戦争末期の高性能量産機」「実用化が難航したビーム兵器の標準装備化」
「トサカ」等にゲルググへのオマージュが見られる(ただし、ゲイツは元々視聴者からのデザイン公募によって選ばれたデザインをリライトしたもの)。
また続編『SEED DESTINY』ではザクウォーリア(ファントム)、グフイグナイテッド、ドムトルーパー、
と1stジオンMSと同じ名前のMSが登場した中、ゲルググは名前が少し長くて後ろに○○って付けづらかったのか登場していなかったが、
外伝『ASTRAY』シリーズに登場したレッドフレーム用の外装装備「マーズジャケット」がゲルググそっくりのビジュアルになっている。
そして劇場映画『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』ではザクの後継機として、
後ろにつける単語の方を短くすればいいと気づいたからかゲルググメナースという機体が登場。
こちらは名前こそゲルググでビームナギナタを装備、シールドの形状を含めた機体全体のシルエットも似ているが、
デザイン自体はザクウォーリアをベースにジンの意匠を混ぜ込んだ物となっており、技術的な繋がりが強く感じられる。
SEED系以外だと『新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』のラスボス機、ハイドラガンダムは、
ガンダム顔とジオング顔に加えて側頭部にゲルググの意匠を持っている。

公式が病気である『ガンダムvsハローキティ』では、ガンダムと交戦中に何故か当然のように宇宙に出現したキティちゃんを攻撃するも、
ビームライフルをハート形のバリアに防がれた挙句謎の光線を浴びせられ、SD化された上でお友達にされてしまった
パイロットがどうなったかは考えてはいけない……
その光景を目の当たりにしたアムロはガチビビリし、情けない悲鳴を上げながらガンダムで白い流星となり全力逃走した。
なお普通に追い付かれて対話空間に連れ込まれました

+ ゲーム作品に関する余談
『ガンダムVS.』シリーズにおけるシャア専用ゲルググは、
その旋回性能の高さから左右に激しく無駄振りを繰り返す行為が「シャゲダン」と呼ばれる煽り行為として広く知られており、
ポプテピピック』等の外部作品においても取り上げられたほどである。
なお、この「シャゲダン」が煽り行為として確立されたのはシリーズ9作目の『EXTREMEvs』からで、
初期シリーズの頃はごく一部の地域の人がネタで遊ぶ程度に留まっており、全く一般的なものでは無かった。
煽り行為として確立された経緯も、『EXTREMEvs』の稼働時に挑発目的で使用したプレイヤーがSNSで叩かれた際、
言い訳で「昔からシャゲで煽りとしてあったから伝統の行為」と発信した事が始まりである。
実際に煽り行為として認知され出したのは『EXTREMEvs』からであり、
前作『ガンダムvsガンダムNEXT』までは、そもそもシャゲダンという名称自体が存在していない。
『ガンダムvsガンダム』までであれば、左右にステップを無駄に行い起き上がりを待つ行為等が当時は問題視されており、
それも「ただ震える行為=煽り」というものではなく、「ステップに対応できないんだろ?」という、
格闘ゲームで言えば柔道に対応出来ていない相手に、何度も投げの空振りモーションを見せているようなものであった。


MUGENにおけるゲルググ

taurusac195氏が製作したキャラが存在したが、現在はOnedriveの期限切れで入手不可。
1993年に出た格ゲー『機動戦士ガンダム』(『機動戦士ガンダムEX-Revue』の前作にあたる)のドットで作られている。
原作には超必殺技は無かったが、ビームライフルを連射する超必殺技が搭載されている。
ビームナギナタを連打する必殺技の攻撃判定が見た目以上に広く、見た目では何も無い部分で当たるので意表を突くことができる。
投げ技が存在しないがコマンドが残されているため、「相手と密着して6+強パンチでは技が出ない」というバグが発生する。
AIは搭載されていない。
参考動画

出場大会

  • 「[大会] [ゲルググ]」をタグに含むページは1つもありません。
削除済み


*1
既に水陸両用MSにメガ粒子砲(ビーム砲)が搭載されているじゃねーか、ライフル型に拘る必要があるのかよ!と言いたくなるかもしれないが、
水陸両用モビルスーツは大量の海水を利用した液冷式大型ジェネレーターにより自力でメガ粒子砲を稼動させているので
(ビームライフルの肝は、戦艦等の大型ジェネレーターで作ったメガ粒子(ビーム)を「エネルギーCAP」に保存する技術)、
陸上、ましてや宇宙では直ぐにオーバーヒートしてしまうのだとか
(実際ビグ・ザムの稼働時間は僅か20分にも満たない。うん、何時ものごとく後付け設定だよ
 一方で宇宙戦艦等は大型の放熱板冷却装備を搭載しているので問題ないらしい。
 まぁビグ・ザムより巨体なのにメガ粒子砲の数は逆に少ないぐらいだし(ビグ・ザム29門に対しムサイ6門、ホワイトベース4門))。
え、漫画版だとズゴックの大群が宇宙空間でホワイトベースに襲い掛かっていた?あの漫画は…うおーー!!(モニターが割れる音)。

*2
これに関しては諸説あり、この頃のジオンのベテラン兵は軒並みザクやドム等を駆って生き残った者達であり、
操縦系統が全く異なる本機への機種転換を嫌がって彼らに押し付けたという説や(学徒兵は最初からゲルググ向けの訓練をしていた)、
彼らが生き延びる可能性を少しでも高める為に敢えて譲り渡したという説が存在する
(後者に関しては、恐らくジオン軍にイメージが重ねられる事の多い第二次世界大戦大戦末期の旧日本軍にて、
 操縦性・格闘力の優れていた新鋭機の紫電二一型に若いパイロット達を乗せ、古参のパイロットは零戦五二型に乗ったという逸話が元ネタか。
 まぁどちらの場合にしても「そういう人物も居た」と話半分に聞いた方が良いだろう。世の中にはいろんな人がいるのだ。
 実際劇場版では、隊長機らしきザクが通常ザクを外に押し出して自分は隠れた(直後にその場所にミサイルが飛び込んだ)というシーンがあるし)。
そもそも原作では「ゲルググ、ドムの動きが目立たないのはどういう訳だ?」「学徒動員のパイロットが多いようですから」と言うやりとりしか存在しないので、
ゲルググ(及びドム)の何割に学徒兵が乗っていたかは不明であり、後にシャア以外にも搭乗していた熟練パイロットが存在する事になっている。

*3
と良く言われるが実際の所、ミノフスキー粒子の実用化によりレーダー頼りな連邦艦隊による艦砲射撃を無力化した上で、
有視界戦闘なら連邦軍の宇宙戦闘機セイバーフィッシュの3倍強いとされるモビルスーツ・ザクの開発に成功したからこそ、
国力が連邦の1/30しかないとされるジオン公国でも有利に戦えたのであって、
連邦軍がモビルスーツ・ジムの量産に成功した時点で(ルウム戦役後の講和に失敗した時点で)ジオン軍の負けは確定したとも言われている
(そもそもミノフスキー粒子を以てしても、ベテラン兵を含む少なからぬ将兵達が連邦艦隊の対空砲火の前に散った)。
ゲルググはジムより高性能とされるが、流石に2倍も強くはないので…
(ジムはグフより強い(宇宙ならドム(リック・ドム)よりも強い)という評価。
 なお、多くのゲーム作品ではバランスの関係でザクと互角扱いなのが悲しい所)。
実際、林譲治氏による小説版『ジオニックフロント』では、ジオン軍部隊の指揮官が初めてジムと交戦してこれを撃破した直後に、
「国力で勝る連邦軍が性能でザクに劣る機体を対抗馬として送り出して来る筈は無く、我々が勝てているのは経験値の差に違いない」
「よって連邦軍のパイロット教育や運用体制の改善が進んだ時、我が軍は戦場における優位性を完全に失ってしまう」という旨の内容を、
極めて深刻な様子で語っていた(そしてパイロット育成の簡略化に貢献したのが、ガンダムに搭載されていた「教育型コンピューター」が集めたデータである)。
また、同作者の『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』では連邦軍の整備班長が、
ジムは構造強度含め全体的に余裕度の高い設計ゆえに機器類の増強や改修がやりやすく、新型機が相手でも短期間で対抗可能な事や、
生産ラインの自動化も相まって数でも圧倒出来ると評していた。

そもそもア・バオア・クー戦において、それまである程度は優位に戦闘を進めていた筈のジオン軍敗北への流れを決定づけた
「ザビ家内部の権力争いによるギレンの殺害、シャアの私怨によるキシリアの殺害」という出来事に、ゲルググの開発状況は何の関係も無い
メタ的には打ち切りが決まったからであり、そうでなければこの後ジオン公国本土(サイド3)での最終決戦が行われる予定だった。
キシリア配下の部隊は月に居て無傷だし、恐らくキシリアはア・バオア・クーでは死なない予定だったのだろう

また、この配備の遅れについては、統合整備計画に伴ってザクのジオニック社、ドム・ギャンのツィマッド社、ズゴックのMIP社という、
各社の得意分野を結集した最高の機体として計画されるも、当然競合他社同士の意見の対立が起こり揉めに揉めた結果とする資料も存在する。
正に「船頭多くして船山に登る」である。デュバル少佐は早く成仏してください
と言うか、連邦がジムの量産に成功した(ジオン軍がジムを鹵獲した)からこそ、ゲルググやギャン(のビーム兵器)が完成したのであり、
ゲルググの配備が早くなると言う事は、同時にジムの配備も早くなっているのと同義である。反って戦況が悪化している可能性も高い。

……まあ、後付け資料が幾らでも生えてくるのがガンダム業界なので、話半分程度で聞くといいだろう。
そもそも3社の存在自体、1981年の『太陽の牙ダグラム』(『ガンダム』は1979年)の設定に影響されて作られた後付け設定であり、
「統合整備計画」も1989年のOVA『機動戦士ガンダム0080』版ザクIIのデザインが原作違い過ぎた事に対する言い訳として作られた後付け設定である
(そのため『0080』版ザクは統合整備計画後に製造され、稼働時間を犠牲にする事でゲルググに近い戦闘能力を持たせた「ザクII改」と言う事になった)。
なお整備統合計画では操縦系統の統一化も図られたそうな。

*4
と、言っても敵大型輸送船潜入だったり、百式が使うメガ・バズーカ・ランチャーの外部電源扱いされたりと、直接的な戦闘行為は行っていない。
その輸送船に潜入する際には「旧式MSを復元して遊んでいたものの、燃費が悪化したために燃料切れに陥ったマニア」と身分を偽っていたのだが、
中身がほぼネモ(この時代の量産機)のパーツに交換されたこの機体を検めて「レプリカじゃないみたいだぜ?」と気付いた敵クルーも、
「マニアにとっては人気タイプなので金をかけて本物を復元した」という説明に疑問を感じていなかった事から、
そういったレプリカモデルが民間人の間にも流通しているらしい事が示唆されており、
仕舞には『ファステストフォーミュラ』において「図面と資材さえあれば民間の自動車工場でも作れる」とまで語られている。
この辺りは一年戦争以降にアナハイム社により規定された「ユニバーサル規格」の恩恵によるものであり、
上記の通りネモの部品でゲルググを修理出来たのも、そういう所が大きい。
おかげであちこちの反連邦組織が連邦軍と対等に戦えるだけの機体を用意出来たりしたのだが
あと民間の自動車工場がそんな技術を持っているなんて、この時代のエレカ(電気自動車)は核融合炉で動いているのだろうか?

*5
クワトロ(シャア)がガンダムっぽいデザインな百式に乗っている事を考えると皮肉であるが、
「今作主人公を差し置いて、前作主人公を主役級の機体に乗せて活躍させてはならない」という、
グレートマジンガー』の悲劇以降の不文律が影響したと噂されている。
そのせいもあってかデザイナーにはアムロが乗る事は知らされていなかった様で、
「アムロが乗るって知ってたらあんなデザインにはしていない」とボヤいていたそうな。
屋敷の地下に本当にガンダムを隠しているアムロが見たい人はスパロボをやろうな!
元々の出番が少ない上にゲーム等でも大規模な改修を施した以上の設定が無いのをいい事にトンデモ設定が盛られる事もあるカスタム機、
「ディジェSE-R」に出番を持ってかれ、『新約Ζ』に至っては登場シーンがカットされるという憂き目に遭ったが、HGUCでの立体化に加え、
劇場映画『機動戦士ガンダムNT』、ならびに各種外伝作品で出番が増えた為、知名度は徐々に上がっている模様。
改造元のリック・ディアス自体の顔はゲルググとは似てないが、プロトタイプであるガンマガンダムの顔は結構ゲルググっぽく、
ガルバルディの系譜と言う資料もある。ドムガンダム試作2号機が元と言う資料の方が多いが


最終更新:2024年04月22日 09:57
添付ファイル