ミドロン


ピー・プロダクション制作の特撮作品『宇宙猿人ゴリ』(後の『スペクトルマン』)に登場する怪獣
別名「おとり怪獣」もしくは「リモコン怪獣」。第3話「青ミドロの恐怖」に登場。
「別名で作戦内容をバラしてどうする気だ」だって?大丈夫、ゼラン星人もやっている
(そもそも視聴者はともかく、劇中の人物は知らない訳だし)

ゴリが秘密基地建設を地球人に悟らせないための時間稼ぎとして出撃させた怪獣で、
大きさを自在に変えることができ、普段は40cmほどの大きさになってラーが持ち歩いている。
口から毒性の青ミドロの息を吐き出す能力があるが、体内のガスが不足すると体が縮んでしまい、
汚染された青ミドロを食べるなどして補充しないと再度巨大化はできない。

戦闘では、噛み付き攻撃で人間大のスペクトルマンを銜え上げて地面に落として一時失神状態に陥れるなど苦しめたが、
スペクトル光線を浴びて白骨化して敗れた。
しかし、ゴリはその間に別動隊として動かしていたゼロンで秘密基地の建設を進め、
敗れたもののミドロンは囮としての役割は果たしたのであった。

撮影はスーツ特撮ではなく全体が映るカットではストップモーションパペット
スペクトルマンがネヴィラスライスで前足を斬るなどの寄りのカットでは実物大サイズの足や尻尾などの造形物が使用されており、
造形物はピー・プロの没作品『豹マン』のパイロットフィルムに登場した怪獣「グレートマグモン」の流用である。


MUGENにおけるミドロン

カーベィ氏の製作したキャラが公開中。
主に近接戦では頭突きや必殺技の「とびかかり」、離れた相手は「青ミドロ」で攻める性能となっている。
超必殺技はいずれも1ゲージ消費で「必殺青ミドロ」「突撃」「連続踏みつけ」の3つ。
AIもデフォルトで搭載されている。

出場大会

  • 「[大会] [ミドロン]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2024年06月17日 01:28