アトラの蟲惑魔


効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1800/守1000

1.このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
 「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。
2.このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
 自分は「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードを手札から発動できる。
3.このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
 自分の通常罠カードの発動及びその発動した効果は無効化されない。

遊戯王OCGに登場するカテゴリ「蟲惑魔」に属するモンスターカード。
こわくま」と読むが、熟語の「蠱惑(こわく)」とは字が違うので注意。
「蠱」(蟲+皿)を「蟲」(虫の旧字体)に置き換えたうえでそのまま「こわく」と(無理やり)読ませている。

露出度の高い少女の姿をしており、蜘蛛の目を模していると思われる赤い髪飾りが印象的だが、
モンスター本体は「蟲惑の落とし穴」のイラストに描かれている巨大な蟲である。
同期の蟲惑魔である「トリオンの蟲惑魔」「カズーラの蟲惑魔」も、それぞれアントリオン(アリジゴク)とウツボカズラがモチーフであり、
少女モンスターには似合わない種族設定(昆虫族と植物族)から、カードイラストは少女の姿をした疑似餌だと考えられる。
落とし穴系の罠カードとシナジーがあるのは、巣穴に誘い込んで捕食する習性を再現したためと思われる。
名前の由来は、恐らく「 アトラク=ナクア 」。

マスターガイド4では一人称が「私」の動植物学者が異常な数の行方不明者を出す森へ調査に行き、蟲惑魔達を発見した記述が書かれている
(学者は「トゲトゲ神の殺虫剤」を使い、辛くも生還している)。


OCGの性能

特筆すべきは(2)のホール・落とし穴系の罠カードを手札から発動できる効果。
遊戯王では基本的に罠カードはフィールドにセットして1ターン待たなければ使用できず、
セットした瞬間に対戦相手に警戒されるor除去カードで対応されることが多いが、
この効果により除去カードで対応される可能性が激減する。
仮に手札に落とし穴系のカードがなくても、手札が存在しかつアトラが場にいるだけでブラフとして時間稼ぎに使用する事も可能。
(3)の効果を無効化させなくなる効果はホール・落とし穴系以外にも適応される。
単純に(2)の効果へのパーミッション対策として使えるだけでなく、
アトラ自体にはホール・落とし穴系以外には耐性が無いため、落とし穴系以外の罠カードと併用してアトラを維持するのにも役に立つ。
変わった使い方としては、『王宮のお触れ』とのコンボで相手の罠だけ封じるという手段も。
これにより、『王宮のお触れ』を非常に苦手とする罠モンスターデッキ等でもメタ対策として用いられたりしている。


MUGENにおけるアトラの蟲惑魔

Dark ruler氏の製作したキャラが公開中。ファイル名は「TraptrixAtrax」。
氏のサイトではなく、海外の某サイトでアップロードされているので注意。
通常攻撃は貧相な代わりにゲージ技が強力で、必殺技の依存度が強いキャラとなっている。
12Pだと性能が向上する。AIも搭載されている。

+ゲージ技(Readmeより)
  • 奈落の落とし穴に(3000ゲージ、D、DFの、F、cまたはD、DB、B、c):奈落の落とし穴を発動し、相手を除外する。
  • パワフルなパンチ(1000ゲージ、D、DFの、F、x):多段ヒット攻撃。
  • 落とし穴(2000ゲージ、D、DB、B、x):落とし穴を発動し、体力1000以下のキャラクターは即死する。
  • ハイパーアッパー(1000ゲージ、D、DFの、F、y):昇竜技
  • ホワイト・ホール(3000ゲージ、D、DB、B、y):10秒間無敵になる。
  • 蟲惑の落とし穴(2000ゲージ、D、DFの、F、z):2秒間リバーサル状態になり、敵を即死させる。
  • 粘着落とし穴(1000ゲージ、D、DB、B、z):相手を硬直させる。

出場大会

  • 「[大会] [アトラの蟲惑魔]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2020年12月04日 19:06
添付ファイル