2&外伝施設


施設解説

施設に関するまとめ
  • 出港所は補給港を含むすべての港に存在する。
    • 補給港には出港所しか存在しない。
  • 王宮は首都港にしか存在しない。
  • 酒場・宿屋・交易所・造船所・ギルドはすべての港町に存在する。
    • 酒場女(看板娘)は港によってはいないこともある。
  • 銀行・アイテムショップ・占い師・教会・モスク・邸宅は存在しない港もある。

王宮(総督府)

4:00~19:30
爵位がある場合か、勅命の呼び出しがかかった時にここに来ると、王様(イタリア、オランダでは総督)に謁見できる。
各国の首都(リスボン、セビリア、イスタンブール、ジェノヴァ、ロンドン、アムステルダム)にしか存在しない。
謁見すると、その国の勢力状況(同盟港の数と各エリアからの収益)が聞け、他に免税証の発行と、母国であればさらに私掠許可証の発行を申請できる。
自国では、勅命の呼び出しが出てから、勅命を完遂か拒否するまでは謁見しても勢力状況確認・免税証&私掠許可証の発行ができなくなる。また、他国でも親書配達・条約締結の勅命が出た相手国の王宮(総督府)では勅命を完遂か拒否するまでは勢力状況確認・免税証発行はできない。
謁見コマンド以外にも、自国では資金援助・船舶援助の申請、他国では亡命の申請ができる。(外伝ではできない。)
資金援助・船舶援助の申請は勅命中でも可能だが、他国への亡命は勅命を完遂か拒否するまではできなくなる。
勅命の内容については、名声勅命の項に詳しい。

出港所(出航所?)

24時間
港の出入り口。水・食糧・資材・砲弾の補給を行える。水だけは無料だが他は有料。
自動補給を選べば、船舶の積荷スペース一杯まで水・食糧が同数補給される。
補給港には出港所しか存在せず、オスマン⇔イタリアのように封鎖関係にある相手国の港町では、昼間(4:00~19:30)は出港所にしか出入りできない。(つまり、補給しかできない。)
また、各国の首都の港にはドッグがあり、国籍にかかわらず無料で1港につき5隻まで船を係留することができる。預ける時に積荷は積んだままにできるが、水夫は解雇される。ただし、すでに係留してある船と交換する場合は、水夫は交換した船に乗せ換えられる。(乗せきれない場合は残りが解雇される。)
港から洋上に出るときは「出航」、出航する場所はゲーム内で「出港所」と「出航所」両方使われている。結局、どっちでも意味は通るのでどっちでもいいが、ややこしいのでこのサイトでは「出港所」に統一する方針で。

酒場

8:00~翌3:30
マスターに話せば、酒をふるまうことと、水夫の雇用(有料)と解雇ができる。
水夫の雇用は、当然ながら艦隊の人員スペース以上の人数は指定できない。1人以上雇用すると、その場で編成もできる。
水夫の編成や解雇だけなら、酒場以外でもどこでもできるので、酒場でやる意味はない。(大洋のど真ん中でもできる。)
水夫の雇用は一日1回しか行えず、雇用した日は、違う港に行っても新たに水夫の雇用はできない。(切り替えは深夜0時)
例えば、23:30に水夫を雇用して、翌0:00に酒場に来れば再び雇用可能だが、その日の8:00~23:30の期間は雇用ができなくなる。
酒を奢ってからの方が多くの水夫を集められ、情報を得ることもある。
特定の港には酒場女(看板娘)がいて、話しかけるたびに金貨10枚とられるが、仲良くなれば情報を教えてくれる。
航海士が休息しており、情報の入手、職なし航海者の雇用、賭博ができる。航海士の雇用に関しては航海士の項に詳しい。

水夫の雇用に関する法則

  • 一度に雇える水夫数の上限値はその港町の商業価値できまる。
    • 一度に雇えるMAXは、商業価値の5分の1。ただし、無爵位では100人が上限なので、商業価値500と1000の港町でのMAXは同じ。
    • 爵位があると、商業価値500以上の港町での上限値100人の制限がなくなり、商業価値の5分の1がMAXとなる。商業価値1000なら200人雇える。
  • 無爵位で一度も酒をおごっていない時の雇える最大値(基礎雇用人数)は主人公の魅力の3分の1(小数点以下は切捨て)。
    • 商業価値500以下の港町では、この基礎雇用人数に(商業価値)/500倍の補正がかかる。
    • 商業価値500以上の港町で爵位があると、基礎雇用人数が(商業価値)/500倍になる。商業価値500以下の港町では爵位は無意味。
    • オットーは最初から士爵なので、商業価値500以上の港町で基礎雇用人数が増える。他の主人公も爵位を得れば同様に増えるが、カタリーナはストーリーの関係上、最後まで無爵位なので損。外伝のサルヴァドルも、海賊のランクが上がれば爵位を得たのと同様の効果がある。
  • 酒をおごると酒場の友好度が上がり、雇える人数が増える。
    • 商業価値が高いほど、友好度は上がりにくくなる。例えば無爵位のジョアンの場合、商業価値500の町なら20杯おごれば100人雇えるようになるが、商業価値1000の町だと40杯おごらないと100人にならない。
  • 雇用するときの水夫1人あたりの費用は、商業価値が高いほど高額。
    • 1人当たり、(商業価値の20分の1)+5の費用がかかる。商業価値100なら金貨10枚、商業価値500なら金貨30枚、商業価値1000で金貨55枚。無爵位の場合、商業価値が500以上になると、雇える人数の上限は100人で同じなので、商業価値が高ければ高いほど損になる。
  • 簡単にまとめると、以下の表になる。
商業価値 最大雇用人数 1人当たりの費用 ジョアン カタリーナ オットー エルネスト ピエトロ アル ミランダ サルヴァドル
50 10 7 2 3 2 3 2 2 3 3
100 20 10 5 6 5 6 5 5 6 6
200 40 15 11 12 10 12 10 10 12 12
300 60 20 17 18 16 18 16 15 12 12
400 80 25 23 24 21 24 21 20 24 24
500 100 30 29 31 27 30 27 26 32 30
600 100(120) 35 29(34) 31(37) 32 30(36) 27(32) 26(31) 32(38) 30(36)
700 100(140) 40 29(40) 31(43) 37 30(42) 27(37) 26(36) 32(44) 30(42)
800 100(160) 45 29(46) 31(49) 43 30(48) 27(43) 26(41) 32(51) 30(48)
900 100(180) 50 29(52) 31(55) 48 30(54) 27(48) 26(46) 32(57) 30(54)
1000 100(200) 55 29(58) 31(62) 54 30(60) 27(54) 26(52) 32(64) 30(61)
※括弧内は爵位がある場合。

酒場女の落とし方

  • 酒場女と親しくなって、親密度が40以上になると、調査依頼を聞いてくれるようになる。
    • 親密度が足りないと、「今忙しい」と言って断られる。
    • 一部の酒場女は親密度80以上でないと断ってくる。(セウタのアンナなど)
      • プレゼントを持たずにあげようとしたときに、「お気持ちはうれしいけど~」と言わない女はこのタイプ。
        しかし、調査依頼は基本的に親密度MAXになってから行うべきものなので、あまり関係がない。
    • 親密度が上がると調査にかかる日数が短くなる。
      • 親密度40で14~16日、親密度96以上なら2~4日。
    • 親密度が80以上になると、お気に入りの品をプレゼントした時にキスしてくれるようになる。
  • 親密度を上げるアクションは3種類。
    1. 好み、年齢を聞く。
      • 好みは親密度1以上、年齢は親密度が81以上で答えてくれる。答えてくれたら新密度+2。
        秘密と言われたら上がらない。親密度が高いほど答えてくれやすい。
      • ストーカーのように何度も聞き続けると、そのうち親密度がMAXまで上がる。(キモイのでやめてあげましょう。)
    2. 服飾品・財宝をプレゼントする。
      • 基本的に販売価格の1000分の1上がる。ただし最大でも+10まで。アイテムリスト参照。
      • 財宝に関しては、銀の燭台以外は販売価格に関わらず10上がる。
      • ジョアン編で手に入る王家の宝冠はなぜか、1しか上がらない。(高価すぎてひいている?)
      • 好みの品の場合は上昇率が2倍になり、最大で+20まで。
    3. 自慢話(集落での発見物の話)をする。報告済みの発見物の話もできる。何度同じ話をしても有効。
      • 自慢話が好きな場合、発見物の(重要度の5分の1)+2上がる。ストーンヘンジやロゼッタ石で+4、☆ランクなら+22。
      • 自慢話が好きでない場合、親密度は上がらない。
  • 酒場女には4種類のタイプがいて、それぞれ好みが異なる。女のタイプについては小ネタ参照。
    1. 「話好き」
      • すべてのアクションで親密度が2倍上がる。自慢話も好き。最も落としやすい。
    2. 「誠意がうれしい」
      • 好みや年齢を聞いて答えてくれたときに親密度が2倍上がる。自慢話も好き。
      • このタイプは、プレゼントの好みがない。つまり、このタイプのみ、プレゼントでキスしてくれない。
    3. 「洋服・アクセサリー好き」
      • 服飾品をプレゼントすると親密度が2倍上がる。自慢話は好きではない。
    4. 「宝石好き」
      • 財宝をプレゼントすると親密度が2倍上がる。自慢話は好きではない。

宿屋

24時間
首都以外の宿屋では、港の各国に対する支持率を知ることができる。
時間を指定して休息ができる。休息すると日付が変わる。0時になってから休息すると丸一日以上何もしないことになる。
航海士が泊まっていることもあり、職なし航海者がいれば雇用ができる。航海士の雇用に関しては航海士の項に詳しい。

交易所

4:00~19:30
交易品の売買、商業投資、港の物価情報の閲覧ができる。首都には投資できない。
商業投資で港の商業値を上昇させれば、新しい交易品が店頭に並ぶこともある。
商業価値が上がると、その港を同盟港にしている国の収益が増える。
投資することにより自分の国籍の支持率が上がり、他国の支持率が下がる。国籍海賊だと他国の支持率が下がるだけ。
商業価値が高いほど、支持率を上げるのに多額の投資が必要になる。(詳細は各国情報に記載。)
交易の基本に関しては交易の項に詳しい。

造船所

4:00~19:30
船の新造、中古購入、修理、売却、改造、工業投資ができる。首都には投資できない。
海賊稼業をしていれば、拿捕船の売却に頻繁に訪れることになるだろう。
工業投資については商業投資とほぼ同様。違うのは工業価値が上がることと、工業価値が上がっても国の収益は上がらないこと。
商業価値が高いと船首像の種類が増え、工業価値が高いと新造船や中古船の種類が増える。
大砲や隠し船首像の出現条件には、商業・工業価値両方が関わっている。
新造できる船の種類は建造エリアによって決まっていて、特定の港の工業価値を最大まであげると、隠し船舶が出現する。(詳細は船舶の項に記載。)
船を買う時に値切りすぎて、造船所の親父を怒らせてしまったら、宿屋に泊まれば次の日には忘れている。
造船所の親父の船に関する情報はウソが多いので注意。(例:新造品よりも中古の方が安い。→これは大噓。)

ギルド

4:00~19:30
仕事の斡旋と、各国の情報、港の位置を教えてくれる。
仕事の内容については、名声勅命の項に詳しい。
ただし、金を稼ぐには、ギルドの仕事の斡旋よりも他の手段をとった方が効率がよいため、基本的に受ける必要が無い。
アル編で平和的に交易名声を稼ぎたいときや、SFC版以降では冒険名声が不足した時の救済措置としては使える。
国の情報は金貨100枚で、収益、友好度・同盟・封鎖関係、商船隊の目的地が聞ける。
また、貢献度が-21以下の国の情報を聞くと、「○○の艦隊はあんたを狙っている」という嘘を教えてくれる。(本当に狙われているときもある。)
港の位置の情報料は、その港のエリアによって変化し、ヨーロッパから遠い港ほど料金が高い。
しかも、有料のくせに緯度経度ともに5°刻みの曖昧な位置でしか教えてくれない。酒場の飲んだくれがはした金で教えてくれる情報の方が精度が上。
港のエリア 情報料
欧州 500
西アフリカ 1500
新大陸 2500
東アフリカ 3500
中近東 4500
インド 5500
東南アジア 6500
東アジア 7500

アイテムショップ

8:00~19:30
アイテムを売買ができる。特定の港のアイテムショップでは、通常営業時間外の夜中2:00~2:30の間にスペシャルタイムとして闇アイテムを扱っている。
アイテムを売却するときは、一度金額を提示されたときにNoを選べば、主人公の運次第で値段を吊り上げてくれるときがある。吊り上げてくれるまでキャンセルを繰り返すのが鉄則だが、運が0だと絶対に吊り上げてくれない。

教会/モスク

4:00~23:30
運を上げるための施設。

効率の良い運の上げかた

オスマン国籍以外は教会、オスマン国籍の場合はモスクで寄付をすると上がる。
(アルも国籍がオスマンでなくなれば、教会を利用できる。)
一応、礼拝すると運が1上がることがある。
上がらないこともあるし、連続で礼拝しても無駄。
会話を打ち切ってから再度話しかけて礼拝を繰り返せばタダで最大まで上げられるが、面倒すぎるので素直に寄付したほうがよい。
ジョアンのみ、冒頭のイベントで金貨1000枚寄付すると運が最大(100)になる。

手持ちの金の10分の1を寄付すると、運が1だけ上がる。
9分の1で2、8分の1で3・・・と増えていき、手持ちの金を全額寄付すると10上がる。
寄付する金額が500枚でも、10000枚でも、所持金に対する割合が同じなら上昇率も同じ。
ただし、寄付金が金貨500枚未満だと、全く上がらない場合もある。
金額が少なければ少ないほど上がらない確率が高くなる模様。金貨100枚以下だと、まず上がらない。

金貨2000枚残して銀行に預ける→500枚ずつ4回寄付で運は7+8+9+10=34上がる。
銀行で1500枚引き出す→500枚ずつ3回寄付で運は8+9+10=27上がる。
これで、スタート時の運が最低(40)でも、最大の100まで上がる。
幽霊船に遭ったときに下がる運は30なので、2000枚残して500枚ずつ4回寄付すれば元に戻る。

最高値かどうか気になるなら、占い師に聞くとよい。

占い師

16:00~23:30
人生運・仕事運・恋愛運・仲間運を占える。
金額は1回につき金貨50枚。
人生運
主人公の運と、稼ぐべき名声を教えてもらえる。
仕事運
次のレベルに必要な経験値を教えてもらえる。
恋愛運
その港に酒場女がいる場合に、その女との親密度を教えてくれる。
仲間運
仲間の運と忠誠度を教えてもらえる。

主人公の運と仲間の忠誠度の情報は重要。必ず確認しよう。
占いと言うと胡散臭いと感じる人もいるかもしれないが、このゲームでは占いは絶対当たる。

主人公・仲間の運

占い師のセリフ
0~24 恐ろしい!あなたの顔に凶相が見えます。あなたは不幸と隣り合わせに生きる定めなのかも…。
25~49 どうも思わしくありませんね。事故にはくれぐれも気を付ける事です。
50~74 平凡な運勢のようね。人生は自ら切り開く事です。
75~99 幸運をお持ちのようだわ。後は自分に自信を持つことね。
100 なんという強運かしら…あなたの人生は約束されたようなものですわ。

仲間の忠誠度

忠誠度 占い師のセリフ
0~24 このままでは、彼はあなたの元から去ってしまうでしょう。
25~49 彼はあなたに対してあまり良い感情を抱いていないわ。
50~74 彼はあなたに心を開き始めていますよ。
75~99 彼はあなたに忠誠を感じ始めています。
100 彼はあなたに絶大の忠誠を抱いています。

酒場女との親密度

その港に酒場女がいない場合、「この港にいる限り、愛の天使はあなたに微笑みかける事はないでしょう」と言われて終わり。
酒場女がいるのに占い師がいない港もある。
主人公が女性であってもセリフは同じ。
親密度 占い師のセリフ
0~49 行動することです。黙っているだけで愛を勝ち得た人はいません。
50~79 努力を続けなさい。そうすればあなたの愛は成就するでしょう。
80~100 ○○という女性はあなたに恋こがれているようです。

銀行

4:00~19:30
預金と借金ができる。預金利子は月3%で、預金上限は100万枚。借金の利子は月10%で爵位が高いほど多く借りれる。
預金と借金は同時にはできない。
預金するメリットは利子がつくことと、海賊に襲われて降伏したり、敵国の港でカツアゲされても奪われないこと。王宮で逮捕されたら奪われる(借金も奪ってくれる)。
外伝・サルヴァドル編の上納金の支払いの際の所持金調整にも使える。

邸宅

24時間
邸宅にはいくつか種類がある。

技能取得所

特定の邸宅で測量、砲術を取得できる。
技能の習得費用は主人公の魅力が高いほど安い。ミランダが最も安く金貨45000枚、最も魅力の低いアルは金貨49400枚。
外伝では会計、交渉術も取得できるが、これらについては、砲術・測量よりも習得費用が高い。
技能 必要ステータス 場所
砲術 【統率力】75以上【知識】65以上【勇気】80以上 ハンブルグ
測量 【航海術・直感】70以上【知識】80以上 2はナポリ、外伝はアントワープ
交渉 【知識】80以上 ピサ
会計 【知識】90以上 ヴェネチア
※必要ステータスの数値は機種によるかも。

コレクター

コレクターとの契約、発見物報告をする施設。
また、契約すれば冒険の噂として無料で集落の場所が聞けることがある。
集落で発見した発見物を報告すれば、冒険名声があがり報酬がもらえる。
コレクターの場所や報酬などについては冒険の項に記載。
冒険の噂で教えてもらえる集落の座標は5°刻みなので、多少の誤差がある点に注意。

地図工房

地図作成の技能の取得、地図工房との契約ができる。地図契約に関しては冒険の項に詳しい。
場所はアムステルダム、バルセロナ、パルマ、アントワープ、ヴェネチアの5箇所。
外伝では、アムステルダム、バルセロナ、パルマの3箇所に減っている。

エルネスト以外の主人公は、ここで地図作成技能を取得できる。
ミランダもイベントで無料で取得できるので、ここで取得する必要はない。
技能の習得費用は砲術・測量技能取得の場合と同じ。
技能取得に必要なステータス
【航海術・知識・直感】が75以上

また、宝の地図などを持っている場合は、地図の場所を有料(金塊2個)で鑑定できる。
莫大な金を要求するくせに、教えてくれる座標は5°刻みで、かなり不正確。ぼったくりである。
エルネストの場合でも、(親友のはずの)メルカトールはタダで教えてくれたりはしない。(コイツはクズだ。
世界地図完成後も契約は切れず、更なる探索を要求してくる。「全然探索が進んでいないではありませんか、もっと頑張って下さいよ」こいつら全員クズだ

通行人

施設ではないが、港町には必ず通行人がいて、さまざまな情報を提供してくれる。
通行人の内訳は男2~3人、女2人、老人1人、犬1匹。
老人はその港の特産品を、女は1人が造船所に売りに出ている中古船の情報、もう1人は港に関する豆知識(ゲーム内ではあまり役に立たない)を教えてくれる。
男は、儲かる交易ルートや金払いのいいコレクターなど、ゲームに関する様々なヒントを教えてくれる。
さらに、男だけは月日が経てばセリフが変化するので、一度話しかけた相手でも何度もこまめに話しかけると色々な情報を聞き出せる。(ただし、別人でも同じことを言う場合も多い。)
なお、PC版では港の同盟国の言語であいさつをしてくる男がいる。(中立港では日本語)
当然ながら犬に話しかけても特に意味はない。PC版だと酒場の番犬をしているが、コンシューマ版ではただの野良犬になっている。

逮捕とカツアゲ

貢献度が-1以下の国の首都では、王宮(総督府)に入ろうとしたときに、逮捕されることがある。
逃げ切れば問題はないが、捕まってしまった場合は財産(所持金と銀行の預金・借金含む)の5分の4を没収される。
また、貢献度が-21以下になると、同盟港の施設に入ろうとしたときに妙な輩に襲われるようになり、捕まってしまった場合は所持金(銀行の預金・借金は含まない)の4分の3を没収される。ただし、2の場合は出港所・教会(モスク)・邸宅では襲われない。外伝では、さらに宿屋も安全地帯となっている。
貢献度が低ければ低いほど逮捕される(襲われる)確率が上がり、貢献度が-100になると、中々王宮や施設に入れなくなってしまう。
※王宮や妙な輩で捕まると、財産を没収されるかわりに貢献度が上がるので、これをうまく利用する方法もある。