ストリートファイターⅡ

登録日:2011/08/12(金) 12:35:46
更新日:2021/05/18 Tue 14:04:16NEW!
所要時間:約 6 分で読めます




ストリートファイターIIとはカプコンから1991年に発売された2D対戦型格闘ゲームで、同ジャンルの開祖と呼ぶべき存在である。
略称はストⅡ。

「ボタンにより攻撃の強弱を使い分ける」、「コマンド入力で必殺技発動」、「飛び道具」、「対空技」、
「キャンセル技による連続攻撃」、「かわいい女性キャラクター」など、本作により定着した格闘ゲームのテンプレートは数知れず。
日本のみならず世界中で大ヒットを記録し、後発の類似品が雨後の筍のように制作された。

前作『ストリートファイター』(1987年)はどちらかといえばCPU戦を主としたゲームだった(使用できるキャラクターはリュウ(1P)とケン(2P)だけ)。
それゆえ今作では新たに個性的なキャラクターを6人も追加したことにより、ある程度の対戦も行えるようになった。
しかし初代ゆえにシステムも煮詰まっておらず、バランスも非常に悪かった(そもそもまだこのジャンル自体が生まれたばかりなので仕方ないのだが)。
その為、本作は後述するようにバージョンアップを繰り返すことになる。




【シリーズ一覧】

◆ストリートファイターⅡ-The World Warrior-(1991)
前述した初代。
同キャラ対戦不可、四天王使用不可、バグや即死満載とお世辞にも良ゲームとはいいがたい。
しかし人々は対戦の奥深さや楽しさに感動し結果大ヒットとなった。

◆ストリートファイターⅡ'-CHAMPION EDITION-(1992)
シリーズ二作目。
通称はストⅡ'(ダッシュ)。
バグの削除、四天王のプレイアブル化、多くのカウンターダメージの削除、そして2Pカラーの概念により同キャラ対戦が可能になった。
しかしバランスは相変わらず悪い。

◆ストリートファイターⅡ'TURBO -HYPER FIGHTING-(1992)
シリーズ三作目。
通称はターボなど。
当時は割と基板が単純で加工が容易でありそストシリーズは人気ゲーム故に海賊版(後述)が出回っていた。
その為、急遽作られたのがこのターボである。
本作の特徴はなんといってもタイトル通りその圧倒的ゲームスピードである。
後は火力も全体的にダウンしているのも特筆すべきことだろうか。

◆スーパーストリートファイター-The New Challengers-(1993)
シリーズ四作目。
通称はスパⅡ。
使用基板が変わったことで大幅に進化。
そして本作の目玉はなんといっても4人の新キャラクターだろう。
既存キャラにも技の追加があったり、四天王に個別のエンディングが用意された。
キャラ選択画面や背景、そしてOPも一新
キャミィの舌に舐められたいです!

◆スーパーストリートファイターⅡX-Grand Master Challenge-(1994)
ストⅡシリーズの実質的な最終作。
通称はスパⅡX。
SNKの『龍虎の拳』や『餓狼伝説』の超必殺技を輸入したスーパーコンボを実装。その他に投げ技のダメージを軽減できる受け身が取れるようになった。
また過去作の性能を再現した裏キャラも存在する
最終作だけあって今までのどの作品よりバランスがよく非常に洗練された試合が楽しめるだろう。
今でも定期的に闘劇の種目に選ばれることからそれが伺える。

◆ハイパーストリートファイターⅡ-The Anniversary Edition-(2004)
ストリートファイターシリーズ15周年を記念して作られた作品。
基本はスパⅡXだが、各キャラ毎に今までのシリーズ全ての性能が選ぶことができる。
しかし真空投げやヨガリセットなどの危険なバグは取り除かれている。
ちなみに初代を再現した「ノーマル」では同キャラを選択できない。

【家庭版】(カッコ内は最初に発売された年)
◆ストリートファイターⅡ(1992)
SFCで発売され200万を超す大ヒットを叩き出した。ハードの性能差の為に幾分かデチューンされているがアーケード版ではできなかった同キャラ対戦が実装されている等、よく出来た移植で格ゲーには興味があったが(治安的な意味で)世紀末だったゲーセンを敬遠していた層にも浸透し、本作で刺激を受けた多くのプレイヤー達が「俺より強いヤツ」を求めてゲーセンへと身を投じた。

◆ストリートファイターⅡ'(1993)
PCEで発売された。PCEの前作は「ファイティングストリート」名義だったが、今作はアーケード版と同じタイトルになった。でもアーケード版にあったドラム缶のボーナスステージが無い上に、『Ⅱ'』の移植なので追加必殺技やゲームスピード変更も無い。

◆ストリートファイターⅡTURBO(1993)
SFC、MDで発売された(MDはストリートファイターⅡ'PLUS名義)。
四天王の参戦に加え、演出など全体的な仕様もアーケード版に近くなった。NORMALモードでⅡ'も遊べる。TURBOモードのゲームスピードは隠しコマンドで10速にまで変更が可能。10速ともなるともはや人類には速すぎるレベル。というかストリートファイターシリーズはおろか格ゲー史上でも類を見ないレベルの速さである。

◆スーパーストリートファイターⅡ(1994)
SFC、MDで発売された。キャラクター毎の専用ボイスも増え、演出面はアーケード版にかなり肉薄した。グループバトルやトーナメント、タイムチャレンジといった家庭用だからできるモードを追加して、対戦ツールとしての進化を見せた。
その一方でBGMは音が貧弱になったと不評。

◆ストリートファイターコレクション(1997)
PSとSSで発売された。スパⅡとスパⅡX、ZERO2'が収録されている。ゲームアーカイブスではZERO2'名義でディスク1,2でそれぞれを遊べる扱いになっている。
一応、スパⅡXは3DO(純粋なゲーム機ではない)に移植されていたが出来は良くなかった。家庭用ゲーム機への移植という意味では本作が初。

◆カプコンジェネレーション第5集(1998)
PSとSSで発売された。初代とⅡ'とⅡ'TURBOが収録されている。
条件を満たすと収録している3作品の使用キャラクター同士を対決可能な『ハイパー』なモードが選択可能。しかもこのモードでは初代仕様のキャラクターでも同キャラ対戦が可能となる。

◆スーパーストリートファイターⅡX Revival(2001)
スパⅡXのGBA移植。知名度は低いが、GBAの格ゲーとしては破格の完成度を誇る。
惜しむらくはボタンが足りない事と一部のステージが『ZERO』シリーズのものになっている事。
性能の異なる二人の豪鬼(ボス仕様と調整版)が独立したキャラクターとして使用できたり、ありそうでなかったボーナスステージで遊べるモードも実装されている。



【キャラクター】

リュウ
説明不要のMr.格ゲー。
オーソドックスな波動昇龍型の開祖。

ケン
リュウの永遠の親友にしてライバル。
リュウとは無印から段々と差別化されていく。

春麗
お馴染みMs.格ゲー。
ふともものエロさや勝利時の可愛さなど今でも我々の心を掴んで離さない。

ガイル
元祖タメキャラ。
初代から一貫して待ちに特化しておりその待ちガイルの強さは格ゲーを知らない人でも知ってるくらい。

ザンギエフ
元祖投げキャラ。
初代から一貫してワンチャンを狙い一発逆転を決めるキャラクター。
その浪漫に惹きつけられた御人は数知れない。

E・本田
パワーキャラな力士。
張り手や突撃など絵的に映え尚且つ実戦的な技を持つ。
飛び道具に弱いのはご愛嬌。

ブランカ
野生のビリビリビースト。
高い機動力と高性能な通常技を生かしたトリッキー戦法が強力。

ダルシム
見た目から分かる通りのイロモノ。
だが初代からⅡXまで高いキャラランクを維持した名実共に最強キャラ。

M.バイソン
DQNボクサーで、シャドルー四天王の一番手。
タメキャラだが巨体の割に突進力とラッシュ力が高い。

バルログ
シャドルー四天王の一員で、同シリーズで唯一武器を使うキャラクター。
登場キャラクター中最速のスピードの持ち主。
ヒ ョ ー


サガット
初代SFのラストボスであった男で、本シリーズではシャドルー四天王の一人。
波動昇竜に特化しており下手に飛ぶと簡単に落とされる。
((    ((     


((



ベガ
初代からスパⅡまでのラストボス。
シャドルーの総帥にして、四天王のリーダー。
ラストボスという立場上、使い辛いが慣れると強い。
ストⅡ'では最凶との呼び声が高い。

キャミィ
スパⅡの追加キャラクターの紅一点。
けしからん服を着たけしからん娘
とりあえず尻がエロい
実はシャドルーの戦闘員だった過去を持つ。

T(サンダー).ホーク
スパⅡの追加キャラクターの一人。
それはザンギと昇龍拳を合わせた全く新しい……。
シャドルーに一族を滅ぼされた過去を持つ。

フェイロン
スパⅡの追加キャラクターの一人。
ブルース・リーに影響を受けたと思われるカンフーの使い手。
ラッシュ力が高く接近戦に特化したキャラクターである。

◆ディー・ジェイ
スパⅡの追加キャラクターの一人。キックボクサー兼ミュージシャン。
名は体を表すとはまさにこのことを言うのだろう。
ガイル同様、典型的なタメキャラだが攻めも強い。

豪鬼
スパⅡXにて衝撃のデビューを飾った拳を極めし者
致命的なまでに紙だがそれを補う程性能が高い波動昇龍タイプ

シェンロン
豪鬼や剛拳に匹敵する格闘家ではないかと推測される。


【キャンセル技】
本作により定着した格闘ゲームのテンプレートのひとつに「キャンセル技」がある。
これは、攻撃のモーションの最中にさらに攻撃ボタンを押すと、そのモーションが途中でキャンセルされ、連続して攻撃を打ち込むことが可能になるというもの。
たとえば、リュウが密着状態で大パンチをヒットさせた後は振り上げるモーションが入るのだが、ヒットさせた時点でタイミングよく波動拳コマンドを入れると、振り上げるモーションがキャンセルされ、すぐさま波動拳が出せるのである。

現在ではコンボという名前でシステムに組み込まれ、スコアアップの手段としても使われる技だが、これは実は、当初はバグであった

熱心なファンの手により発見され、メーカーも知るところとなったのだが、爽快感があるということで修正されず、テクニックの一つとして定着することになった。


【海賊版】
数はあるが有名なのは「降龍」と「レインボー」が有名だろう。
ターボすら上回る圧倒的スピード、タメが必要ないタメ技、飛び道具がないキャラが飛び道具を出す、間合いにいたら飛んでてもスクリューを決めてくるザンギ、ゲーム中にキャラクターを変えるCPU、弾幕昇龍

正直ツッコミが追い付かない
まぁ今は検索したら割と動画が転がっている上、エミュ基板の普及によりゲーセンでも楽しめるのでとりあえず確かみてみろ!
未だコアなファンが多く、不定期でレインボーの大会を行っているゲーセンも存在する。


追記・修正をせぬ限りお前に勝ち目はない!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月18日 14:04