大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

登録日:2019/02/02 (曜日) 22:52:00
更新日:2021/06/11 Fri 13:54:39
所要時間:約 30 分で読めます








全 員 参 戦



総勢74体!豪華ファイター、奇跡の大集結!!



『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』とは任天堂から2018年12月7日に発売されたNintendo Switch用対戦アクションゲーム。
スマブラシリーズとしては通算5作目となる。
主な略称は『スマブラSP』。ディレクターはお馴染み、ソラの桜井政博氏。




◆概要

「史上最大規模」「全員参戦」をキーワードとして、これまでスマブラシリーズに登場した全キャラクターがプレイアブルキャラとして使えることが今作最大の特徴。
当然ながら参戦キャラクターは新規含め過去最多の74体
おまけに有料DLCで12体のキャラクターが配信されることが確定しており、総数は86体に達するまさにお祭りゲーとなっている。
ちなみにいわゆるコンパチキャラクターは「ダッシュファイター」という名称となって参戦している。

ステージも一部リストラされているが歴代ステージの大半が収録されており、数はなんと103ステージにのぼる。
収録されたBGMに至っては新作アレンジ曲も含めて900曲近い数(DLC抜きで)となっている。これでお値段驚きの7,200円(税別)
当然ながらSwitchの特徴であるTV・テーブル・携帯の3モードすべてに対応し、TVモード時は最大で1920x1080/60fpsでの映像出力に対応。
専用の接続タップを経由すれば「ゲームキューブコントローラ」が使用可能とファンに嬉しい仕様となった。


一方で『DX』以降収集要素として存在していた「フィギュア」は制作の労力の多さもあってか新要素スピリッツと入れ替わる形で廃止。*1
『全員参戦』にエネルギーを裂いたゆえか、1人用モードの定番だった「イベント戦」など廃止された要素もいくらかある。*2
加えて今回は隠しファイターの開放条件は優しめに設定された*3代わりに、最初から使えるファイターは初代『64』版の初期ファイターである8体*4と非常に少なく、全キャラを揃えるにはその数だけ時間がかかる点はややネックとして挙げられる。
この点について桜井氏は様々なファイターを仲間にする過程を楽しんでほしいと語っており、様々なファイターを使用してほしいという願いもあると思われる。
また、ファイター解放に必要な挑戦者戦においてはその難易度の高さが発売当初に話題となった(これについては下記の「挑戦者の間」において説明)。


Nintendo Switchの好調も手伝ってか、発売からわずか5ヶ月ほどで世界累計売上げ約1380万本を達成している。
累計約1330万本でシリーズ最高売上記録を持っていた『X』をあっさり超えてしまった。


ただし、通常プレイには問題ないがオンライン対戦を始めとする、一部のオンラインに対応する機能をプレイするには「Nintendo Switch Online*5」に登録しなければならないので注意。


◆大きな新要素

今回では新要素が膨大なため、非常に大きな新要素を幾つか上げる。

  • ルール
今作では対戦形式やアイテムスイッチ、その他の細かい設定など名前を付けてそれぞれ保存できるようになった。
DXから登場していたコイン制ルールは残念ながら廃止されたが同じくDXからスペシャル乱闘にあった体力制ルールが標準で実装され、ストック設定も可能になった。
これにより、カービィvsデデデやメタナイト、リュウvsケンなどといった原作再現遊びの幅が広がった。


  • チャージ切りふだ
分かりやすく言うと簡易最後の切りふだ
格ゲーの超必殺技ゲージのように試合中に時間経過や与ダメージ等でゲージが溜まっていき、最大になるとその場で切りふだスタンバイ状態になるというもの。
チャージ切りふだは一試合で何回も使える分、威力が通常時より抑えられている。
チャージ切りふだの有無はスマッシュボールとは別個で設定可能。
Ver4.0から20秒間の制限時間が追加された。

なおゲームのテンポアップに伴い変身強化系の切りふだはすべて廃止され、一部の既存ファイターの切りふだは完全新規の物に変更された。
また、最後の切りふだ自体は複数人のファイターで同時に発動することはできないようになっている。


  • ステージ変化
大きな目玉要素の1つ。
あらかじめステージを2つ選択することで、試合中に一定時間ごとにステージがもう1つのステージに変化するというもの。
当然ながら設定でONOFF可能な他、ステージが変化する間隔も大まかに設定可能。

その他ステージギミックの有無を選択出来たり、対戦時の選択がステージ→キャラクターという順に変わったりしている。
そしてステージは全て終点化と戦場化の3パターンで遊ぶことが可能に。


  • サドンデス
本作では画面の周りに炎のエフェクトが付き、時間経過で画面が中央に寄って行くものに変更されている。
これによりドンドン戦えるスペースが狭まっていくので、ガン逃げしながら戦う戦法は不可能になったと同時に、ボム兵による運ゲーが起きにくくなった。
ただし画面が最大まで狭くなっても決着がつかないでいると、従来通りボム兵が降ってくる。


  • トレーニング
恒例の練習用モードだが、本作では方眼がついたトレーニング専用ステージが搭載。
さらにふっとび予測線を表示できたりCPに特定のワザを繰り返させられたり1フレーム単位でコマ送りできるようになったりと、機能が格段にパワーアップしている。


  • 挑戦者の間
いつも通り条件を満たすと現れる挑戦者に勝つことで操作可能なファイターが解禁されるが、負けてしまった場合には「挑戦者の間」という場所で再戦が可能になった。
ただし再戦するには負けてからある程度時間を空ける必要がある。
条件を満たした時の対戦は直前まで操作していたファイターで戦うが、挑戦者の間で戦う際には好きなファイターを選べるという利点がある。

本作においては全体的にCPUのAIが無茶苦茶賢く設定されており、崖下の攻防を難なくこなすなど慣れたプレイヤーでも普通に苦戦する難易度となっている。
挑戦者戦ではそれが顕著であり、ファイターが揃えば揃うほど挑戦者戦のCPUのレベルが上がり、残り十数人辺りの挑戦者の強さは最強のレベル9相当になっていた。
結果、スマブラ初心者がファイターを全然解禁できないという声が続出してしまい、最初のアップデートで真っ先に乱入ファイターのCPUレベルが下がることになった。
ただしそれでも難易度は高めで、まだまだここのお世話にはなる。*6
焦らず気長に解放していこう。


上記の通り、フィギュアの代替として追加された要素。
収集要素に加えキャラクターカスタマイズの要素もあり、役割としては『X』に登場したシールと『for』に登場した装備アイテムを折衷したような感じ。
詳細は個別項目を参照。


  • ステージ作り
Ver.3.0のアップデートで追加された新モードその1。
『for』以来のモードであり、今回は手前と奥にステージとは別にオブジェクトを設置できるレイヤーが導入された。


  • 動画作成
Ver.3.0のアップデートで追加された新モードその2。
自分のスマブラで好きな場面の動画を撮り、自由に切り貼りしたりと編集して1本の動画を作ることが可能。


  • みんなの投稿
Ver.3.0のアップデートで追加された新モードその3。
オンラインに登録していれば作ったステージ、動画、Miiをアップロードすることも可能。
他の人が作ったステージ、動画、Miiをダウンロードすることもできる。
DLしたステージやMiiは実際に自分で遊ぶことが可能。
検索機能や並べ替え機能もある。


  • ホームランコンテスト
ver.5.0のアップデートで追加された新モード。
ホームランバットが残り約4秒になるまで登場しなかったり、サンドバックくんへの初撃がどんなに強くてもほとんど吹っ飛ばなかったりと細かな点で過去作と異なっている。*7
ふっとばした際にカメラワークが変更され、宇宙の果てまで飛んでいくなど演出面の強化も。*8
…余談だがこのモードで大きなダメージを与えられたサンドバックくんは頬を赤らめ、恍惚とした表情を浮かべるようになった。


◆主要ゲームモード

勝ちあがり乱闘

歴代シリーズの「シンプル」に代わる1人用モード。
ファイター毎に設定されたルートを進んでいくというもので、ファイターそれぞれにテーマ*9が設定されている。
前作同様ホンキ度制を採用しているが、今作ではスタート時は5.0までしか選べず、試合の結果に応じてホンキ度が変化していくシステムとなっている。
最高ホンキ度は前作の9.0から9.9に引き上げられた。

このモードの特徴は芸が細かい対戦カードの数々。
最初からダメージが溜まっており、たべものが大量出現するカービィルート「激突!グルメバトル」や、
原作でも主な敵となる竜系のファイターばかりが相手のマルスルート「竜の王国」など、とにかくネタが細かい。
一方、キャプテン・ファルコンルート「闘いの基本は近接戦」のような原作そっちのけなバトルもある。
あと一部キャラのルートではタイトルが明らかにやばい方向に行ってるのも。すごーい!君は大乱闘が得意なフレンズなんだね!」


スピリッツボード

後述の灯火の星の要領で、イベント戦をこなすミッション。
指名手配貼りだされているビラのスピリットと戦うという内容で、定期的に「○○作品イベント」のようにイベントが開催される。
一度クリアした相手でも、再度貼り出されれば何度でも挑め、同じスピリットを複数得ることも可能。
「灯火の星」とは違い勝っただけではスピリットは貰えず、ルーレットのようなミニゲームに成功する必要がある。
こちらではアドベンチャースキルが使えない代わりに「ボード」「バトル」「ルーレット」それぞれに数種類のサポートアイテムが用意されており、
消費することでボードのビラを総取っ替えしたり、相手にダメージが入った状態でバトルを開始できたり、ルーレットの回転速度を遅くできたりと様々な恩恵を受ける事ができる。


灯火(ともしび)の星

光の化身"キーラ"に奪われたファイターを取り返しながらスピリッツを集めるアドベンチャーモード。
『X』の「亜空の使者」のようにストーリー性の濃いモードではなく、過去作のイベント戦にボードゲーム成分をプラスしたようなモード。
マップ上には数々のお題が設定されたマスが配置されており、お題の戦闘をクリアする事でそこにいるスピリットを獲得する事ができる。
難易度は「とてもかんたん」*10「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の4段階から選択可能。

またファイターが設置されているマスもあり*11、そこでファイターを撃破できればそのファイターを獲得でき、
以降このモードだけでなく通常の乱闘でも使用できるようになる*12
例外的にDLCファイターはDLした段階で使用可能*13

スキルポイントを集める事でスキルツリー形式の追加効果「アドベンチャースキル」を習得する事も可能。
「移動速度上昇」や「スマッシュに毒属性追加」など効果は様々で、一つづつオンオフを切り替える事も可能。

冒頭でカービィ以外の全てのファイターがキーラに捕獲されてしまっているので、初期状態で選択できるファイターはカービィ1体のみ。
なお、これは『誰にでも扱いやすい性能』『ワープスターの力で宇宙規模で追尾してくるビームを唯一避けられる説得力』などの理由から選出されたのがカービィだったため。
もっとも序盤すぐにマリオ、その次にシーク、マルス、むらびとのいずれかが仲間になるが。


◆参戦ファイター

今回はスマブラに登場した順に、各ファイターに番号が与えられている。
数があまりに膨大となるため、キャラ紹介は新規参戦ファイターに絞っている。
また、名前の後ろに「」マークがついているものは過去作で不参戦となり本作で復活を果たしたファイター、「」マークがついているものは色変えによる参戦ファイターを示す。

+ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ」出身ファイター

+大乱闘スマッシュブラザーズDX」出身ファイター
13:ピーチ
14:クッパ
15:アイスクライマー
16:シーク *16
17:ゼルダ *17
18:ドクターマリオ *18
19:ピチュー
20:ファルコ
21:マルス
22:こどもリンク
23:ガノンドロフ *19
24:ミュウツー
25:ロイ
26:Mr.ゲーム&ウォッチ
バグ技:マスターハンド(後述)

+大乱闘スマッシュブラザーズX」出身ファイター
27:メタナイト
28:ピット
29:ゼロスーツサムス
30:ワリオ *20
31:スネーク
32:アイク *21
 ポケモントレーナー *22
 33:ゼニガメ
 34:フシギソウ
 35:リザードン
36:ディディーコング
37:リュカ
38:ソニック
39:デデデ
40:ピクミン&オリマー
40:ピクミン&アルフ
41:ルカリオ
42:ロボット
43:トゥーンリンク
44:ウルフ *23

+大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii U」出身ファイター
21':ルキナ
28':ブラックピット
45:むらびと
46:ロックマン
47:Wii Fit トレーナー *24
48:ロゼッタ&チコ
49:リトル・マック
50:ゲッコウガ
 Miiファイター *25
 51:格闘タイプ
 52:剣術タイプ
 53:射撃タイプ
54:パルテナ
55:パックマン
56:ルフレ *26
57:シュルク
58:クッパJr.
58:クッパ7人衆(ラリー、ロイ、レミー、ウェンディ、イギー、モートン、ルドウィッグ)
59:ダックハント
60:リュウ
61:クラウド *27
62:カムイ *28
63:ベヨネッタ *29


●新規参戦ファイター

Splatoon』シリーズから参戦、プレイヤーの分身となるイカした若者。特設リングのリングネームもそのまま「イカしたワカモノ」。本作の発表と共に参戦が告げられた。
スマッシュ攻撃、必殺ワザ、最後の切りふだで原作のブキを使用し、
これらによって相手にインクを掛けることで一定時間相手に与えるダメージがアップする独自システムを搭載。
インクがなくなると補充するまでスマッシュ攻撃の性能が落ちたり必殺ワザが使えなくなる欠点を持つ。
原作では自分や味方が塗った部分のみでインクの回復とダッシュができるが、スマブラでは塗っていない場所でも可能。
イカのくせに泳げない設定を反映してか、水の中に入ると徐々にダメージが加わる。
他にこの水ダメージが入るのはリザードンやガオガエンといった炎ポケモン、青以外のピクミン*30など。
最後の切りふだは、発動後にメガホンレーザーを設置し、レーザーに当たった相手に連続ダメージを与える「メガホンレーザー」。
原作と違い発射中に上下の角度調整が操作と連動して行えるなどやや改変されている。
色換えはガールとボーイで4パターンずつあり、それぞれギア(服装)やインクの色が異なる。


『メトロイド』シリーズから参戦、スペースパイレーツ最高司令官にしてサムス因縁の宿敵。リングネームは「残虐のカリスマ」。
これまでのシリーズでも背景やCPU専用キャラクター、アドベンチャーモードやステージに登場するボスキャラとして登場していたが遂にプレイアブル参戦。
大きな翼や鋭いツメ、長い尻尾などその特徴あるフォルムを活かしたワイルドな攻撃が可能で、翼を利用して3段ジャンプも可能なパワーファイター。
色換えで『メトロイドプライム』のメタリドリーを意識したサイボーグ姿が選べる。
最後の切りふだは、初段攻撃が命中した相手をサムスのスターシップに叩き付けて、スターシップごとビームで攻撃するビジュアル攻撃「デストロイビーム」。爆散切りふだその2。1はゆめのマイハウス。
なおチャージ切りふだの仕様上ゼロサムの切りふだ強制キャンセルは不可能。
ベヨネッタと同じく、一定ダメージ以上のファイターを強制撃墜できる。


  • 66:シモン
CV:石川英郎
悪魔城ドラキュラ』シリーズから参戦、ベルモンド一族の血を継ぐ伝説のヴァンパイアハンター。リングネームは「魔を祓う聖鞭」。
鞭状の武器「ヴァンパイアキラー」による、全ファイター中ダントツのリーチと威力が豊富な飛び道具が売り。
ただし中~遠距離への攻撃手段は豊富な分至近距離への対応力や復帰力は低め。
必殺ワザで原作のアイテム「斧」「クロス」「聖水」を使用する。
最後の切りふだは、前方の相手に初段攻撃が命中すると、棺桶に閉じ込めてから光の十字架で追撃するビジュアル攻撃「グランドクロス」。

ところで、シモンを演じたことのある声優は複数存在するのだが、今回はよりにもよってスマブラに似過ぎだと突っ込まれまくったゲームと同じキャストを起用している。
本家スマブラに逆輸入されるとは誰が予想しただろうか。


  • 67:キングクルール
ドンキーコング』シリーズから参戦、コングファミリーと度々競り合っているクレムリン軍団総帥。リングネームもそのまま「クレムリン軍団総帥」。
何かと要望の高かった彼が今回満を持してスマブラにやってきた。
典型的な重量級のパワーファイターで、ワザはこれまでに登場した過去のクルールのオマージュがふんだんに盛り込まれている。
見かけに反して復帰力も上々で、遠距離攻撃ワザも充実しているためリーチにも優れる。
最後の切りふだは、初段攻撃が命中した相手を『ドンキーコング64』のブラストマティックでDKアイランドもろとも砲撃する「ブラストマティック」。爆散切りふだその3。
なお発動すると毎回DKアイランドが爆散する。
参戦PV「ライバルたち」や彼との戦闘BGMのアレンジ「THE PIRATES SHIP」は非常に格好いいので必見。


『どうぶつの森』シリーズから参戦、村長となったプレイヤーのサポートを務める敏腕秘書。リングネームは「ほんわかアシスタント」。
前作ではアシストフィギュアとしての登場だったが、今作でプレイアブル化。カートで爆走したり乱闘で暴れ回ったり最近随分とアグレシッブである。
骨格から新造されたファイターであり、一部の技こそむらびとに似通っているが、
コンパチファイターや、ましてやダッシュファイターでもなく、むらびとに似せて作られた新規ファイターである。
むらびとには無い独自の道具として「つりざお」や「クラッカー」などが登場する。
最後の切りふだは、むらびとの「ゆめのマイハウス」を役場に置き換えた「うるわしのマイオフィス」。爆散切りふだその4。


CV:石塚運昇
ポケットモンスター サン・ムーン』から参戦、図鑑No.727、いわゆる御三家の最終進化系であるほのお・あくタイプのヒールポケモン。リングネームは「リングの猛火」。
元々ヒールレスラーをイメージしたポケモンであるためかプロレスをモチーフとしたワザを多く使い、投げワザが強めに設定されているパワフルながらも非常にテクニカルな投げキャラ。
地上の攻撃ワザが命中する度にアピールをするのが特徴。
ほのおタイプのせいか、水の中に入ると徐々にダメージが加わる。
最後の切りふだは、原作での専用Zワザ「ハイパーダーククラッシャー」をスピーディーにアレンジした「ハイパーダーククラッシャー改」。爆散切りふだその5。

尚、中の人は本作が発売する4ヵ月ほど前に鬼籍に入られている。
ボイスの収録はそれ以前に既に撮り終えていたようで、ガオガエン参戦が発表された際には桜井氏も自身のTwitterで哀悼の意を表していた。
石塚運昇さん、最後まで本当にありがとうございました。


上記の通り所謂コンパチキャラ達。本作では上記以外に、
04':ダークサムス
13':デイジー
25':クロム
60':ケン
66':リヒター
が該当する。詳しくは個別項目を参照。


●DLCファイター

『スーパーマリオ』シリーズほぼ皆勤賞の大御所が、まさかのプレイアブル参戦。リングネームは「一輪の大口」。
シュールでコミカルな動きに加え、長いリーチと変則的な各種必殺ワザで敵を翻弄するトリッキーなキャラクター。あと天界漫才のナチュレがかわいい。
最後の切りふだは、巨大なボスパックンを召喚して暴れさせる「ボスパックン」。

なおソフトの早期購入特典として無料で貰えるキャラクターなので通常プレイでは入手不可能。
既に入手期限は過ぎてしまったが2019年2月1日に別立てのDLCになったので入手しそびれた人も安心。
詳細は当該項目参照。

●DLCファイター第1弾

CV:福山潤
ペルソナ5』より参戦、心の怪盗団を率いる屋根裏のゴミペルソナ使い。リングネームもそのまま「心の怪盗団」。
『女神転生シリーズ』としても初の参戦キャラクター。
DLC第一弾として2019年4月18日より配信された。
独自のシステムとして被ダメージ等で蓄積する「反逆ゲージ」を持ち、これが最大になるとペルソナ「アルセーヌ」を召喚して強化状態となる。
アルセーヌは反逆ゲージが0になるまで維持され、その間は必殺技の性能がより強力なものに変化する。
最後の切りふだは心の怪盗団と共に一斉攻撃する原作再現の「総攻撃」。
ストック制・体力制の場合、最後の切りふだで戦闘を終えると原作同様に乱闘画面に戻らずそのままリザルト画面に移行する。

同時に追加されたステージは原作の同名ダンジョンを基にした「メメントス」。
地下鉄構内に広がる異世界であることを利用したギミックが盛り込まれている。
BGMとして「ペルソナ3」「ペルソナ4」の楽曲も追加されており、これらの音楽が掛かるとメメントスのカラーがそれぞれに対応したものに変化する。(3:青、4:黄、5:赤)
更に、メメントスでジョーカーが勝利するとリザルト画面のカラーとBGMもそれぞれ対応したものに変化する。


  • 72:勇者
CV:斎賀みつき(XI主人公)/檜山修之(Ⅲ主人公)/草尾毅(Ⅳ主人公)/梶裕貴(Ⅷ主人公)*31
『ドラゴンクエスト』シリーズより参戦、物語の主人公となるキャラクター。
DLC第二弾として2019年7月31日より配信された。
メインビジュアルは「XI」の主人公だが、カラーバリエーション扱いで「」、「」、「」の主人公の姿にする事も可能。
リングネームもそれぞれ異なり、XIは「悪魔の子と呼ばれし勇者」、Ⅲは「伝説の勇者」、Ⅳは「天空の勇者」、Ⅷは「竜の血を引きし勇者」。
技数は全ファイター中最多で、固有の「MPゲージ」を消費して様々な呪文を使える。
強力なものが多いが、復帰用の上必殺ワザにも当然MPが必要なので考えなしに使うと復帰もままならなくなってしまうので考えて使おう。
下必殺ワザはコマンドで全12の呪文を唱える事ができる。が、ランダムに選ばれる上、選択中は無防備なので、判断力と運が必要。
ザキ系バイキルトなど強力なものがあるが、中にはなんとメガンテも存在するのでうっかり選ばないよう気を付けよう。
海外言語でプレイする人は「なにがなんだか」となること請け合い。*32

追加ステージは「XI」に登場する「天空の祭壇」。

ちなみに、任天堂はかつて『リンクの冒険』にて、「ユウシャ ロト ココニネムル」という墓を作った事がある。
それに悪ノリしたのか初代『ファイナルファンタジー』では『リンク ここにねむる』の墓が登場した。
まさか30年の時を超えて勇者ロト・リンク・FFの主人公*33が共演するなんてスクエニも任天堂も想像だにしていなかっただろう。天空の勇者と竜神族の末裔は泣いていい。
ちなみに海外版リンクの冒険ではこの墓のメッセージはないのだが、代わりにNES版FF1は海外版の名義でロトの墓が登場する。
ちなみに本作において勇者の声を担当する檜山修之氏(DQ3主人公)、梶裕貴氏(DQ8主人公)、斎賀みつき氏(DQ11主人公)の3人はゼルダの伝説シリーズでリンクを担当した事がある*34

また、ナムコの『ケルナグール』にはFF2の主人公フリオニールの墓や「ゆうしゃのはかはめぐりめぐる ロトしかりリンクしかり」というメッセージが、
ハドソンの天外魔境Ⅱのオリジナル版では呂戸(ロト)麻里魚(マリオ)林句(リンク)亜土留(アドル)(イース)、
競押王子(セリオス)(ドラゴンスレイヤー英雄伝説)、嗚呼佐亜(アーサー)(魔界村)、悪胡瓜(ワルキューレ)(ワルキューレの伝説)、死門(シモン)の墓が存在するという、
今となっては予言にしか見えない墓地まで。参考になりそうだ
フリーダムな昔だから出来たネタであり、天外魔境Ⅱの墓などはリメイクや移植では削除されている。


バンジョーとカズーイの大冒険』シリーズより参戦、ゲームの主人公であるクマとトリのコンビ。リングネームは「のほほんアニマルズ」。
DLC第三弾として2019年9月5日より配信された。
製作元のレア社がマイクロソフトの子会社になってから日本向けには任天堂ハードにソフトがリリースされなくなって以来、実に19年ぶりの登場となる。
参戦ムービーはクルール参戦時のセルフパロディのような形になっており、かつてレア社のファミリーであったドンキー、ディディー、クルールが彼らの参戦に歓喜するという愛溢れる演出となった。
ツメツメパンチやカズーイハリセン等の原作に登場したコミカルなワザを駆使して闘う。
横必殺ワザの「ワンダーウィング」は強力な上に大体の攻撃に打ち勝てる突進ワザだがガードは破れず、
5回しか使用できない(一度撃墜されると使用可能数がリセットされる)のでむやみに使わないようにしよう。
ちなみに対戦でサドンデスに突入した場合は1回しか使用できない。
全体的に性能に癖の強いDLC組の中ではオーソドックスな性能持ち。

追加ステージはバンジョー達の住む家や宿敵グランチルダの砦の入り口がある「クルクルやま」。


CV:近藤隆
餓狼伝説』シリーズからまさかの参戦。リングネームは「伝説の狼」。
DLC第四弾として2019年11月6日に配信。
前必殺でバーンナックル、後必殺でクラックシュートと異なる技が出るため、必殺技を5つ装備しているのが最大の特徴。
リュウ、ケンと同じく1on1では常に敵の方を向いたり、キャンセル必殺技や原作風のコマンド入力で必殺技が強化される2D格ゲー風のシステムも搭載された。
また独自の仕様として、蓄積ダメージが100%を超えると超必殺技*35のパワーゲイザーとバスターウルフが使用可能になる。サニーパンチや植木鉢は使えない。
ただしド派手で高火力な分シールド防御可能な上に隙も大きく、使用するためのコマンド入力もやや複雑なのが欠点。
技が多彩な分コマンド入力やキャンセルをどう使いこなすかが重要となるため、慣れるための練習が必須な性能になっている。
最後の切りふだは、始動技のトリプルゲイザー→パワーダンクのコンビネーションで追撃し、バスターウルフでトドメを刺す「トリプルウルフ」。
なお、スマブラでは通常技についてもすべて個別の技名が設定されており公式攻略本等で確認できるのだが、DLCキャラクターについては基本的に技名が不明である*36
だが、テリーの場合は公式の紹介動画内で原作シリーズと絡める形で各技の名称も説明されており、その結果すべての技名が判明している。

追加ステージは「KOFスタジアム」。背景にはKOFのキャラクターたちが出演しているが、残念ながら不知火舞は「良い子のCERO:Aだから」という理由で出られなかった。
更生中とはいえ犯罪者コンビは出演できているのに…。
また、背景ロゴに「The」がついていないが、これはゲーム名でなく作中の大会名の方を採用したため。
2D格闘ゲームの仕様と『RB餓狼』のリングアウトを疑似的に取り入れ、ステージの両端に見えない壁が存在している。
普段は壁に阻まれ容易に場外に吹っ飛ばせないが、大ダメージを与え強く吹っ飛ばすと壁を突き破って撃墜できるという特殊なステージ。
ただし壁があるのは横だけなので上空に吹っ飛ばせば壁に阻まれる心配はない。

なお追加された楽曲は餓狼伝説だけでなく、サムスピやKOFだけでなく、メタスラなど非格ゲーも含むSNK全作品から選抜された50曲
【S】の言うところによると、テリーのBGMが陽気過ぎていまいち大乱闘向きでなかったこともあり楽曲を「ネオジオのゲーム全て」から選んだ結果、絞りに絞って50曲のリストを作成し、
SNK側から「一体何のリストだよてめーっ!わたしはゆるしませんよーっ」と言われるのを覚悟で許される範囲で選んでもらえないかと打診してみたところ、なんと全曲SNK側から快く「OK!」を貰えてしまったとのこと。
当然、ファイターパスの中では最多の収録曲数であり、曰く「これが聞けるだけでファイターパスの元は十分取れてる気がする」らしい。


CV:小林裕介(ベレト)/伊藤静(ベレス)
ファイアーエムブレム 風花雪月』より参戦。リングネームは「灰色の悪魔」。
DLC第五弾として2020年1月29日に配信。
これまで他社続きだったファイターパスの中では初の任天堂・既存シリーズ枠。
ファイアーエムブレムのキャラとしても8人目で、初のswitch作品からのファイターとなる。
更に風花雪月の発売が2019年7月26日であるため、発売からわずか半年という異例の速さでの参戦となった。
基本的に技の威力が高めで、リーチが長い技を多く揃えているのが特徴の間合いの鬼。
上方向への攻撃は非常に伸びる天帝の剣、横方向への攻撃は長いリーチを持つアラドヴァル、
下方向の攻撃はシールドすら余裕でぶっ壊すほどのパワーを誇るアイムール、
遠くに離れた相手を射抜ける超射程のフェイルノートと、攻撃する方向によって武器を使い分ける豪快なゴリラパワーファイター。
ただし、武器を4つ使うためか移動速度はかなりもっさりしており、カウンター系の技には滅法弱い。
最後の切りふだは、原作における戦技「破天」をより昇華させた「神祖破天」。

追加ステージは原作に登場する「ガルグ=マク大修道院」。
大修道院のうち「市場」「大広間」「連絡橋」「大聖堂」の4か所をこの順番で行き来する。全てのステージを一周するのには2分半かかる。
目の前で市場の屋台が壊されたり、天井を突き破って入られたりされるので、責任者にとってはたまったものではないだろう。


●DLCファイター第2弾

2019年9月5日のNintendo Directによると5体目以降のDLCファイターの作成が決定。
2020年1月16日の放送によると、更なる追加キャラクターはなんと6体
桜井「またゴールが遠のいたな…」

  • 76:ミェンミェン
CV:高津はる菜
『ARMS』より幾多のARMSファイターを押しのけて参戦した、「闘うラーメン少女」(リングネームより)。
DLC第六弾として2020年6月30日に配信。
原作同様伸びるアームを駆使してリーチの長い攻撃を繰り出す。
他のファイターとは異なり、Aボタン(通常技)で左アーム、Bボタン(通常/横必殺技)で右アームを伸ばすという変わった特徴を持つ。
左アームの「ドラゴン」はスマッシュ攻撃でボタンを押し続けるとレーザーを発射し、投げ攻撃を行うとアームを強化できる。
右アームは下必殺で出が早く広範囲に攻撃する「ホットリング」、隙は大きいが威力もでかい「メガボルト」、
投げ攻撃で強化できない点を除けば左アームと同性能の「ドラゴン」に切り替えられる。
戦闘スタイルの関係上接近戦を苦手としているが、ボタンの弱連打や上・下攻撃で蹴りを浴びせることである程度対応が可能となっている。
因みに上スマッシュ攻撃のサマーソルトキックは敵の飛び道具を反射する機能を持つ(原作における相手のパンチへのカウンターの再現)。
最後の切りふだは、初撃の後スプリングマンやリボンガールなどのARMSファイターが勢揃いしてラッシュを繰り出してからドラゴンでトドメを刺す「ARMSラッシュ」。

追加ステージは「スプリングスタジアム」。
中央と両端にはジャンプ台があり、これを使うと通常よりも高く大ジャンプする。

なお、ミェンミェン自身には既にスピリットが存在する為、ファイタースピリットは「ミェンミェン(ファイター)」という形で棲み分けされた。
これにより、スピリットが存在するせいで人気キャラなのにDLCファイターとしての参戦が絶望的だったキャラクター達にも希望の光が見えたとかそうでないとか…


  • 77:スティーブ/アレックス
  • 77:ゾンビ/エンダーマン
世界一売れたゲームMinecraft』から満を持しての参戦。告知された時はTwitterのサーバーを落とすほどの大反響が見られた。
一応親会社がバンカズと同じマイクロソフトなのであり得る話ではあった。forの頃からスティーブ参戦のネタ動画を作ってる人もいたとか。
DLC第七弾として2020年10月14日に配信。リングネームは「ワールドクラフター」(スティーブ、アレックス)、「夜の徘徊者」(ゾンビ)、「果ての世界の住人」(エンダーマン)。
マイクラのシステムをスマブラに落とし込みつつもほぼ完ぺきに実装したこともあって全参戦キャラの中でも極めて異質な性能を持つ。

通常必殺ワザには、Minecraftの特徴とも言える「採掘」「クラフト」「ブロック生成」の全てが落とし込まれており、
ツルハシで地面や壁から素材を「採掘」し、自由に召喚できる作業台前での「クラフト」により装備を整え強化し、
空中や地面に足場となるブロックを積み上げる「ブロック生成」で自分に有利な地形を組み上げられる。
ステージの材質によって得られる素材が大きく変化する*37ため、戦略が地形に依存するいかにもマイクラらしい特徴を持つ。

その他横必殺ワザは鉄でトロッコ、鉄とその他の素材で線路を作成、単純な体当たり以外にも自身の移動や相手を乗せて押し出したりできる「トロッコ」、
スマブラXの滑空のような挙動が特徴の復帰技「エリトラ」、
土やその他の素材を大量に使って設置式時限爆弾を作成する下必殺ワザ「TNT火薬」など、どの必殺技も非常に癖が強い。
TNT火薬は爆発に時間がかかるものの、素材を使い遠隔爆破を行ったり地雷みたいな使い方も可能。

先ずは兎にも角にも素材集めと素材管理が戦力の大多数を左右するため、素材ゲージ管理がこれまで以上に極めてシビア。
通常技ですら採掘素材を使用するため素材が尽きると一気に弱体化してしまう上に、どの必殺技も自由な発想で組み合わせることで真価を発揮する。
加えて復帰阻止や復帰妨害技がやたら豊富なのも特徴。有利なフィールドを自分でクラフトして相手の動きを抑制・妨害・支配していく戦い方が肝となる。
素材管理もある都合上、掘っては反撃・たまに攻めの「待ち」と上記のような「妨害」が基本となる全ファイター中かなりトリッキーな戦い方を求められる。
…というように、研究深度と発想力が強さにこれまで以上に直結するタイプの超上級者向けキャラ。

また、ジャンプ力は全ファイター中最低で、どんなに低いジャンプ力でも超えられるように作られた戦場のすり抜け床ですら二段ジャンプじゃないと届かないほど。
全体的にスピード系や遠距離系のファイターとは相性がすこぶる悪い。

最後の切りふだは、一人のファイターを閉じ込め、クリーパーとTNTの大爆発で吹き飛ばす「トラップルーム」。爆発を背景に食べるステーキは美味い。爆散切りふだその6。
よく見ると鉄ドアと石レンガで作ってあるのでツルハシなしでは脱出は不可能と言って良い部屋。

追加ステージは「マインクラフトワールド」。
「草原」、「シラカバの森」、「サバンナ」、「タイガ」、「雪のツンドラ」、「石の海岸」の6つのバイオームの内1つがランダムで選択される。特定のボタンを入力しながら選べば指定出来る。
バイオームによって地形が若干変わるが、床は素材が採掘できる位置を全てのバイオームで固定している。
なお「採掘」「ブロック生成」の仕様の導入に際してこのステージを含めて全てのステージに調整を加えた結果、プログラマーはものすごい苦労を強いられたとか…


CV:森川智之
前作のクラウドに続いて『FINAL FANTASY Ⅶ』から参戦。リングネームはテーマ曲と同じく「片翼の天使」。どんなコラボにもストーキングしてくるから他社に逃げたのに遂にそこにまで追ってきた…
他社作品参戦キャラでは初のヴィランである。
DLC第八弾としての正式な配信日は2020年12月23日だったのだが、同18日に「セフィロスチャレンジ」という特別イベントにより事前に使えるようになる*38という異例の措置がなされた。
剣キャラとしても異常なまでのリーチを誇る正宗を使った剣攻撃や、癖が強いがリターンが大きい飛び道具を駆使して戦うファイター。
ダメージが80%ほど蓄積すると黒い片翼が生える強化形態に移行し、攻撃力や機動力が大幅に強化され、ジャンプ回数も1回増える。
片翼モードも含めた総合的な攻撃力は高めで、ガンガン攻めるタイプのプレイヤーに向いているが、何故か非常に軽く(カービィやピカチュウと全く同じ重さ)かなり吹っ飛ばされやすい他、
正宗がヒットした場所によって与ダメージが増減したり攻撃の隙が軒並み大きい等の弱点を持つためかなり繊細なプレイングを要する。

最後の切りふだはセーファ・セフィロスに変身して放つ「スーパーノヴァ」。流石に2分越えの演出はない。爆散切りふだその7。みんな爆破しすぎだろ!
直撃するとダメージや大きな吹っ飛ばしとともに、お花・キノコ・気絶・眠りの何れかのバッドステータスが付与される。
気絶や眠りは相手に隙を晒すので直後にトドメを決められやすく、キノコだととっさの反転に対応しきれずにそのまま落下しかねない。
またジョーカーに続く二例目の特殊勝利リザルトを持つキャラであり、燃え盛る炎の中にたたずむ原作再現がなされている。
勝利する度に焼かれるニブルヘイム

追加ステージは原作における最終決戦の地であった「北の大空洞」。
ステージギミックは特になく、小戦場のようなシンプルな構造となっているが、
脱出するハイウインド(ちゃっかり突入時→脱出時で変形している)やメテオを阻止するホーリーとライフストリームなど原作最終盤のネタバレ全開でド派手に背景が変わりまくる。*39
背景も凝っており、段差エリア、螺旋階段エリア、ジェノバ・SYNTHESISとの戦闘があったエリア、最深部と、全て原作のマップ構造に準拠したデザインとなっている。足場はジェノバ・SYNTHESIS戦の足場に準拠。
因みにセフィロス参戦を機に、これまで殆どなかったFF7のBGMやスピリッツが大量に追加された。ちなみに非ゲーム作品からのBGM出典はFF7ACのものが初。

CV:下地紫野
ゼノブレイド2』より参戦。同作のヒロインである人工生命体・ブレイドの少女。なお、名前が二つあるのは二重人格な為。詳しくはゲームで。
DLC第八弾として2021年3月5日に配信。リングネームはどちらでも原作でも呼ばれている「天の聖杯」。
まさかの主人公を差し置いてヒロインに招待状が届く事態に、2の主人公のレックスも驚き顔。「ええっ!?俺が参戦するんじゃないの!?
クロムさんやスプリングマンが「それは俺も通った道だ…」と生暖かい目で見ている
一応出番そのものは最後の切りふだ等であるからそれで我慢しよう。
……というか、レックスの場合逆に非ファイターの割りに妙に出番が多く、切りふだもアピールもないオンライン対戦であっても戦闘前演出やリザルト画面でホムラ/ヒカリとのイチャつきっぷりを見せつけてくる。
原作未プレイユーザーからは二股男に見えるかもしれないがホムラもヒカリも同一人物かつブレイドという特殊な立ち位置なのであしからず。でもやっぱり超新星しろ
元々原作同様レックスと共闘させる案もあったらしいのだが、複数キャラを動かすのはアイスクライマーでさえ相当頑張っている(それでも3DSのマシンパワーでは処理できずforには不参戦)ので、ここまで複雑なデザインのキャラでは無理なのも仕方ない。

炎を纏った剣を操り、高い火力と吹っ飛ばし能力を誇るパワータイプのホムラと、
光り輝く剣を操り、攻撃速度と機動力に秀でるスピードタイプのヒカリを切り替えて戦うファイター。
切り替えは下必殺でいつでもチェンジ可能で、状況に合わせて戦う事が出来る。勿論どっちか一方で戦ってもOK。あと人工生命体だからなのか、意外と体重はそこそこある方。
ただホムラは機動力、ヒカリは火力面…と、弱点がはっきりし過ぎている為対応されやすいのが難点。しかも双方ともに復帰能力はあまり良くない。特にホムラ。

なお、勝ち上がり乱闘のファイタースピリットは結果問わず最初に選んだ方のスピリットのみ手に入れることになるため、唯一2周しなければならないファイターだったりする。

最後の切りふだは、ホムラは巨大な火柱を発生させる「バーニングソード」、ヒカリは光の矢を天から降らせる「セイクリッドアロー」。
双方ともレックスの攻撃を起点として3人までロックし、ロックしていない相手も巻き込むことが可能。
なお、原作でもあったバーニングソードの謎ジャンプもしっかり再現されている。

追加ステージは「アルストの雲海」。レックスの家のあるセイリュウのおっちゃんの背中の上で戦う。背景には作中の舞台にもなった巨神獣達が見える事も。
あと地味に戦闘中にもセイリュウが話しかけてくる。CVは無論原作同様の千葉繁氏。*40
「まさかわしが、大乱闘の舞台になろうとはのぉ……」
比較的シンプルなステージだが、右側(セイリュウの首側)はたまに動いて地面が短くなるので注意。
「お、あれは…」という声が聞こえ、レックスの家などに何らかの変化が出始めたら首が動く合図である。
因みに、終点化すると機械の船になる。桜井氏曰く「あれを終点化したら煮凝りみたいになりますから」とのこと。

なお実装に当たって色々と露出が高過ぎたのか、ホムラは太ももにストッキングが追加され、ヒカリはスマブラ用に作られていたスピリット版の衣装「多人数戦闘用衣装」で参戦している。でもちゃんと揺れるのでご安心を
でもファイタースピリットのアートワークは相変わらずヒカリだけ規制されているし、ホムラの背中側の露出は据え置き。何故だ。
また、今回の参戦に伴ってスピリットに関しても変更・追加があり、レックスが超化スピリットになったほか、とあるキャラに公式アートワークが書き下ろされた
誰かって? 壮絶なネタバレだから、ここでは伏せさせていただく。気になる人は個人項目をチェックだ

ちなみに、彼女達の参戦PV監修は桜井氏ではなく、モノリスソフトの完全監修で作られている。
ゆえにPVが初めて登場した「Nintendo Direct 2021.2.18」では原作の新しいDLCかと勘違いする人もいたとか。
一応、レックスがホムラを見つけるシーンの床がどう見ても終点なので大半はそこで判別できたようだが。





●ボス

今回はマスターハンド・クレイジーハンドの他にも様々なボスが登場。懐かしのボスも出てくるぞ!
なお、以下のキャラクターは灯火の星でも登場する。
ちなみに勝ち上がり乱闘では殆どが最終戦に設定されているが、一部ファイターのルートでは途中参戦する。


●続投ボス
今回はかなり多くの新技を習得しており、中にはかつて彼らがいた世界の闇の技を思い出させるものもある。なお、あちらに桜井氏は関わっていない。

ボスとしては『スマブラDX』以来の登場。ステージも同じく終点だが挙動は当時といろいろ変わっている。

  • ガレオム
『スマブラX』以来の登場。いくつか新技を習得しているが挙動は基本的に当時とほぼ同じ。


●新規登場ボス
モンスターハンター』シリーズからのまさかの参戦。カプコンのボス枠…?
技は原作のものを上手く踏襲している。ちゃんと爪に毒もある。原作と比べると比較的好戦的なリオレウスで、突然飛行することはあれどずっと逃げ回ることは少ない。灯火の星のフィールドマップは話が別だが。
なお、戦う際はアイテムとしてデクの実(閃光玉?)と落とし穴のタネが登場。当て方にはコツがいるが、原作よろしくこれでハメる事もできる。
また、尻尾の部位破壊が可能で、破壊するとなぜか爆弾樽やボムへいが出てきて追撃できる。
CEROの都合上切断はありません。

戦闘曲は原作からの原曲流用ではあるが当然ながら『咆哮/リオレウス』。
オレ曲セレクトを使えば大乱闘でも流せるが、今作ではモンハンをモチーフにしたステージは存在しないので、
『英雄の証』と共にその他任天堂系ステージで設定できるようになっている。是非とも「子犬がいるリビング」で流してみよう。

  • ガノン
ゼルダの伝説 時のオカリナ』から参戦のガノンドロフ第二形態。こいつのボス化に伴いガノンドロフの最後の切りふだも、トワプリの魔獣ガノンからこちらの魔王ガノンに効果据え置きで変更されている。
デザインはもちろん『時のオカリナ』準拠で、ガノンドロフの変身ムービーも入る。(BGMはブレスオブザワイルドの『厄災ガノン:第二形態』だが)
原作では敗北のショックで自棄を起こした暴走状態だったが、今回は冷静なままで変身しており、原作のガノンよりもはるかに多芸。
使用する技については「時オカ」以外のガノンの要素も取り入れられている。
原作再現により尻尾しかダメージが入らないため、初見の人やゼルダ未プレイヤーにとっては早く気づかないと鬼門と化す強ボス枠。
一部ファイターは分かっていても回り込むことが困難。緊急回避なら簡単に回り込めるが使いすぎると逆に危険。

星のカービィ スーパーデラックス/ウルトラスーパーデラックス』にて、ゲーム全体のラスボスを務め、
最新作『スターアライズ』ではプレイアブルと化し、最終バージョンの追加モードのエンディングにも参戦したあの道化師。
カービィで戦っていると本当にカービィ新作と錯覚するくらいよく出来ている。
出現ムービーは目の前に何もいないと思ったら後ろにいた、という怖いムービー。
技はスパデラのものを踏襲しているが、シード攻撃が枝分かれするようになった。そしてなによりなんと新技をひっさげて参戦。
しかし相手はあのマルク。新技がマトモなはずもなく…。
詳細は当該項目へ。


  • ドラキュラ
『悪魔城ドラキュラ』シリーズのボス。登場時にワイングラス投げをする事から『月下の夜想曲』のドラキュラをベースとしている模様。*41
コイツも第二形態持ち。
第一形態はワープと魔法系を多用し、第二形態は逆に物理攻撃を主とする。
第一形態は原作同様ダメージを与えられる部位が頭だけと限られているため、知らないものにとっては鬼門となり得る。





◆登場ステージ

歴代シリーズからの復活ステージが大半なため発売当初の新規ステージは僅か4つのみだがDLC購入で増える。
今回からステージギミックを切って遊ぶ事ができるようになり、一部ギミックが激しすぎるステージをおとなしくした上でプレイする事も可能。

また全てのステージが「戦場化」「終点化」に対応しており、そのステージの雰囲気を保ったまま地形だけを戦場・終点に変更できる。
シンプルなステージが好きだが選べるステージが少ないと飽きてしまう…という方もいろんなステージを楽しめる親切設計。



+ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ」出身ステージ
ピーチ城 上空
コンゴジャングル
ハイラル城
スーパーしあわせのツリー
プププランド
ヤマブキシティ
いにしえの王国


+大乱闘スマッシュブラザーズDX」出身ステージ
ピーチ城
レインボークルーズ
いかだと滝
ジャングルガーデン
グレートベイ
神殿
ブリンスタ
ヨースター島
ヨッシーストーリー
夢の泉
グリーングリーンズ
惑星コーネリア
惑星ベノム
ポケモンスタジアム
オネット
いにしえの王国 USA
ブリンスタ深部
ビックブルー
フォーサイド


+大乱闘スマッシュブラザーズX」出身ステージ
ドルピックタウン
いにしえっぽい王国
エイトクロスサーキット
メイド イン ワリオ
オルディン大橋
ノルフェア
フリゲートオルフェオン
ヨッシーアイランド
戦艦ハルバード
ライラットクルーズ
ポケモンスタジアム2
ポートタウン エアロダイブ
攻城戦
とある星
すま村
ニューポークシティ
頂上
天空界
シャドーモセス島*42
ルイージマンション
海賊船
テンガンざん やりのはしら
75m
マリオブラザーズ
エレクトロプランクトン
グリーンヒルゾーン


+大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii U」出身ステージ
3Dランド
野原
ペーパーマリオ
ゲルドの谷
汽車
プププランド GB
イッシュポケモンリーグ
プリズムタワー
ミュートシティ SFC
マジカント
フェリア闘技場
初期化爆弾の森
コトブキランド
バルーンファイト
子犬がいるリビング
すれちがい伝説
トモダチコレクション
ピクトチャット2
マリオUワールド
マリオギャラクシー
マリオサーキット
スカイロフト
洞窟大作戦
カロスポケモンリーグ
闘技場
フラットゾーンX
エンジェランド*43
ゲーマー
再会の花園
村と街
Wii Fit スタジオ
レッキングクルー
パイロットウイングス
ウーフーアイランド
ウィンディヒル
パックランド
特設リング
ガウル平原
ダックハント
ワイリー基地
スーパーマリオメーカー
朱雀城
ミッドガル
アンブラの時計塔


新規登場ステージ

  • トレーニング(※トレーニングモード専用ステージ)
左側が戦場、右側が地続きになっており相手を攻撃すると吹っ飛ばした時の予測線が表示される。

シリーズお馴染みのギミックが一切ないオーソドックスなステージ。詳しくは個別項目へ。

  • ニュードンク市庁舎
スーパーマリオ オデッセイ』の都市の国ニュードンク・シティが舞台のステージ。
ドルピックタウンのような各所を巡るクルーズ形式でゲストにポリーン達が登場して触れると演奏してくれる。

  • 始まりの塔
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』が舞台のステージ。
中央の塔の部分は破壊可能で壊すとしばらく一枚のすり抜け床が現れて時間が経つと塔が復活する。

  • タチウオパーキング
Splatoon』が舞台のステージ。
ゲストにジャッジくんが登場しており、タイム制では1位のプレイヤーの旗を上げる。

  • ドラキュラ城
『悪魔城ドラキュラ』が舞台のステージ。
全ステージの中でも非常に薄暗くシリーズに登場した様々なモンスターがゲスト出演する。


※以下は有料DLCにてキャラクターを購入すると追加される。
メメントス
天空の祭壇
クルクルやま
KOFスタジアム
ガルグ=マク大修道院
スプリングスタジアム
マインクラフトワールド
北の大空洞
アルストの雲海


◆メインテーマ

  • 命の灯火
作詞:桜井政博
作曲・編曲:坂本英城
歌:古賀英里奈(日本語版)/Abby Trott(英語版)


一度聞いたら忘れないような、印象に残るメロディを目標に作られている。未完成段階ではより多くの音階が含まれていたとの事。
複数のアレンジが為されており、本作最初のPVでもアカペラバージョンが使われている(音量が小さいため、よーく耳を済まさないと気付かない)。*45

歌詞付きのバージョンが公開されたのは、発売の一ヶ月前。
それ以前はオーケストラで演奏された物が使用されていた。
(こちらも作曲者お墨付きの傑作アレンジなのだが、残念ながらゲーム本編には未収録。コーラス部分のみ、とあるBGMに流用されている。)
歌い手の古賀氏は当時高校生。初公開当時は「アニメカービィのオープニングと同じ人が歌っているのではないか」との声が多く寄せられたが、全くの別人。*46

スマブラXのメインテーマ同様、作詞は本ゲームのディレクター桜井氏が手がけている。
当初はプロの作詞家に作詞を頼む予定だったのだが、作曲家の提案がきっかけで自ら歌詞を提出した。
なお、桜井自身は作詞した事をあまり知られて欲しくは無いようで、「テーマがあるわけではありません」「私が作詞した事は忘れて欲しい」と言ったコメントを残している。


◆余談

勇者以降はDLCファイターの配信が近づくと桜井氏が直々に操作方法などを解説する動画が公開されている。
桜井氏のマニアックな知識やユーモア溢れる紹介やゲーマーとしての実力など見どころ満載なので必見。



項目の追記修正決定です!……はいつ休めるんでしょうね?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月11日 13:54

*1 その分、スピリット一つ一つの絵柄は公式アートワークを流用する形になるため、総数はむしろ増えている。

*2 ただしイベント戦はスピリッツが事実上兼任しているようなものなので完全に消えてしまったわけではない。

*3 「特定モードを10分以上プレイ」「勝ち上がり乱闘をクリア」「灯火の星でのファイター開放」の三種類。

*4 に加え、任意で製作のMiiファイター3種

*5 ※有料サービス

*6 遠距離の得意なファイター相手にこちらは近接戦専門のファイターといった明らかに不利な挑戦者戦も発生しうるため。

*7 他にもリドリーのデススタッブがクリーンヒットしない、勇者のコマンドが固定されているなど前作同様キャラごとのワザの仕様が固定になってたりする

*8 これに伴ってかふっ飛ばした距離の単位が「km」表示になった

*9 対戦相手が全員女性ファイター、全試合体力制乱闘など

*10 Ver4.0にて追加。

*11 敵対スピリットが憑依したファイターもしくはスピリットを失い操られたファイターは目が赤色に光り、中盤以降は紫色に目が光る場合もあるのが特徴ということでCPU専用ともいえる。

*12 逆は不可能で、他のモードでファイターを使用可能にしても「灯火の星」で使えるようにはならない。

*13 ストーリーには登場しない。ただし10人ほどファイターを解放しないとDLCファイターが登場しない。

*14 今作では『ブレス オブ ザ ワイルド』の青いシャツを着た「英傑の服」姿になっており、利き腕も右利きになっている。色変えで従来のリンクのイメージに近い「息吹の勇者服」姿に変更可能。

*15 今作では『ゼロ』をベースとした衣装、声優に変更。ファルコの衣装やウルフの顔も同様。

*16 今作では『ブレス オブ ザ ワイルド』の「忍びスーツ」姿になっている。『ブレス オブ ザ ワイルド』にシーク本人は出てないが。

*17 今作では『神々のトライフォース』シリーズのデザインになっている。

*18 コンパチキャラだが元キャラとの性能差が大きいためか、今作では完全な別枠扱いである。

*19 今作では『DX』同様、『時のオカリナ』のデザインになっている。

*20 基本カラーは『メイドインワリオ』シリーズの姿だが、色変えでオーバーオール姿に変更可能。

*21 基本カラーは『蒼炎の軌跡』の姿だが、色変えで『暁の女神』の姿に変更でき、声の演技も若干異なっている。勝ちあがり乱闘で手に入るファイタースピリットは何故か暁版。

*22 基本カラーは『ファイアレッド・リーフグリーン』の男主人公の姿だが、色変えで女主人公の姿に変更可能。イベント戦や勝ち上がり乱闘では各ポケモンが個別で登場することもある。その際は下Bを使用しない。

*23 今作では『X』の要素を含んだ完全新規の衣装となっている。

*24 基本カラーは女性の姿だが、色変えで男性の姿に変更可能。

*25 今作ではタイプ別に項目が作られており、「タイプを選んでからMiiを決める」形に変更されている。オプションで前作の「Miiファイターを選んでからどのタイプのMiiにするかを決める」仕様に変える事も可能(こちらにするとダッシュファイターも同じ仕様で変更する形となる)。また、ナンバリングは51〜53だが並び順ではDLCファイターよりも後ろになる。

*26 基本カラーは男性デフォルトの姿だが、色変えで女性デフォルトの姿に変更可能。

*27 基本カラーは原作『VII』の姿だが、色変えで『アドベントチルドレン』の姿に変更可能で、セフィロス参戦に際して『アドベントチルドレン』の姿の時の最後の切りふだの演出が「超究武神覇斬ver.5」に変更された(性能自体は変化していない)。

*28 基本カラーは男性デフォルトの姿だが、色変えで女性デフォルトの姿に変更可能。

*29 基本カラーは『2』の姿だが、色変えで『1』の姿に変更可能。また、前者は日本語、後者は英語で喋る。

*30 原作では少し溺れてから死んだが今回は入れた時点で死ぬ。

*31 余談だが、3DS版のDQ8の追加エンディングに「ゼシカと結婚する」というものがあるのだが、梶裕貴氏はこの勇者配信直前にそのゼシカの声を担当していた竹達彩奈氏との結婚を発表している。偶然だろうか…?

*32 実際、海外の大会ではコマンドの存在ゆえに勇者の使用を禁止されたところもあった。ただ、その理由はこのコマンドが強すぎるからではなく、プレイヤー自身の言語能力によってファイターの扱いの差が出ないようにするため。

*33 本作に登場するのは7のクラウドなので別に件の墓との直接の接点はないし、更に言うとブレワイリンクもトゥーンリンクもこどもリンクも件の墓と接点はない

*34 檜山氏は時のオカリナなどの種々の作品で担当しており、スマブラでも「DX」時代は檜山氏だった。梶氏はゼルダ無双で、斎賀氏は神々のトライフォース2でそれぞれリンクを演じている。なお、DQ4主人公の草尾毅氏のみリンクを演じたことは一度も無い。

*35 チャージ切りふだとは別物

*36 未設定なのか未公開なだけなのかは不明

*37 ステージを戦場化・終点化している場合は、地形モチーフを問わず出現素材が一定となっている。

*38 追加スピリッツボードやクラウドの切りふだアップデートは正式配信日に更新された

*39 桜井氏によれば、「もう20年以上前のゲームなので別に構わないだろうし、続編がまだ出ていないFF7リメイクでも全く同じ展開になるとは限らないから実装した」とのこと。

*40 ホムラやヒカリが戦っていると、台詞にもちょっと影響がある

*41 ただし原作では右手に持ったワイングラスを下に放り投げていたのに対し、本作は左手に持ったワイングラスを後ろに放り投げている。

*42 スネークの通信も可能だが、戦場化/終点化したら出来ない。なお通信はXの流用のため、Xに参戦していたファイターしか通信にかけられない。

*43 ピットの通信も健在。シャドーモセス島と同じ仕様。こちらは新規/復活ファイターをかけられる他、一部キャラは内容が変更されている。まぁ参戦した以上クロムを弄れないし……

*44 Ver.8.1.0で追加。

*45 このBGMは、ゲーム本編のアドベンチャーモードで最初に流れるムービーにも使用された。

*46 そもそもシャンチー氏はこの楽曲以降は活動しておらずアニメが終了してからおよそ20年ほど経っている。