ファイアーエムブレム 新・紋章の謎〜光と影の英雄

登録日:2010/07/08(木) 23:49:04
更新日:2018/07/25 Wed 12:44:04
所要時間:約 5 分で読めます




『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎~光と影の英雄』は2010年7月15日に発売されたニンテンドーDS専用ソフト。
SFC版『ファイアーエムブレム 紋章の謎』のリメイク&アレンジ版。


【あらすじ】


かつて、暗黒戦争と呼ばれた戦いがあった。
人々を絶望に陥れた暗黒竜メディウスの軍勢を、亡国アリティアの王子マルスが、
オレルアン公ハーディンら心強い仲間たちと共に打ち倒した戦いである。

その一年後……。
ひとりの若者が、アリティア城を訪れていた。
英雄マルスのために戦う騎士を目指して。


【主な登場人物】


アリティア王国の王子。シーダとは婚約中。マイユニットの髪型に対するツッコミが鋭い。
盗賊以外に唯一宝箱を開けられるので、盗賊のような使い方をされる場合がある。王子様なのに…。
顔グラがしっかり描き直されて良かった良かった。

アリティア王国出身の若者でアリティア騎士に志願し、第七小隊の隊長になる。プレイヤーの分身的存在だが、けっこう喋る。
訓練好きでマルスへの忠誠心も高いが、極度の方向音痴であり料理の腕が致命的に低い。鋼の味がするらしい。
キャラメイクで初期職を魔導士にしたら序章がMブレムと化すので、物理職を選ぶのが無難に。

マイユニットと同期の軍師見習いの少女。階段の踊り場で衝突するというベタな出会いをかます。
性別問わずマイユニットが好き。

タリス王国の王女。マルスの婚約者。敵の説得時には相変わらず素晴らしい話術を使う。

  • マリク
マルスの幼なじみかつ義理の兄貴(予定)。

タリス王国の傭兵。シーダに忠誠を誓っている。ロリコン疑惑がある。つーかターちゃんのまんまやん!

  • シリウス
謎の仮面の騎士…一体何者なんだ…(棒)

マケドニア王女。国の統治に頑張っていたのだが囚われ、誘拐されてしまう。
政治面では無能な事が判明している。昔はペガサスナイトだったとか。

マルスの補佐(軍師)を務める元将軍。
前作のモロドフの立場。一番最初の相手ユニット。残念ながら同行はするが、戦いには参加しない。
時々評価をしてくれる。

  • ガトー
マルスのアドバイザーのチートじいさん。相変わらず世界を救う為に飛び回っている。

  • チェイニー
他人に変身出来る少年。マルスの道案内を途中で行う。その正体は……。

  • ニーナ
ハーディンの妻アカネイア王妃。
アカネイア再興のためにボアの勧めでハーディンと政略結婚するが……。

  • ダール
人殺しー。

  • ラング
グルニアで圧政をしいているハーディンの部下。小物。てやり(笑)
……と見せかけて……バカめ! 死ね!


  • ローロー
不気味な仮面をかぶった謎の男。活躍するかと思いきや只の噛ませ犬だった。
そして量産型。10章外伝では本物を倒すまで偽物が延々登場する。通称:ローローハウス。ウキキキ。

ある暗殺組織のスナイパー。冷酷な金髪美女だが、実はツンデレで寂しがり屋。
追加シナリオで悲痛な過去が明かされる。

  • エレミヤ
マルス達を狙う暗殺組織のリーダー。清楚な美女だが、言動でかなり病んでいるのがわかる。
実は哀れな人。

アカネイア第24代国王。前作ではエジプト人みたいだった。
ニーナからの愛が得られず、アカネイア貴族からの冷遇で心を病んだハーディンは酒に溺れ、その心の闇をある者に付け込まれることになる。


暗黒の司祭。暗黒戦争で倒されたはずだが……。

暗黒竜のラスボス。暗黒戦争でry



今作の特徴

今作はSFCで発売された「紋章の謎」のリメイクで、暗黒戦争を省いた物となる。
代わりに外伝にあたるマップが存在し、リフ等SFC版では英雄戦争に参戦しなかった数名を除くキャラクター、『新・暗黒竜と光の剣』で初登場した味方キャラクターが参戦する。



リフ「よろしければ、私が頭を丸めてさしあげましょうか?」



仲間にできるキャラ数は総勢75人。その顔ぶれはまさにアカネイア大陸のオールスターとも言える。
だがその割に出撃出来るキャラの数はかなり控えめにされているので、出撃させるメンバーの厳選が重要となった。

  • 加えて、マイユニットというプレイヤーの分身としての主人公キャラクターが作れるようになった。
早くも男の娘を作れるか?ルセアを誕生させた任天堂だから期待してもいいよね!
と期待されていたが、難しい。まず不可能に近い。チッ!


  • 前作に引き続き、ユニットの兵種変更、武器の錬成、Wi-Fi通信でアイテム購入が出来る。
さらに追加シナリオが配信中。

  • 前作ではオンライン販売のみだった天空のムチは本編で入手出来るようになった(オンライン販売と合わせて最大6個まで入手可能)
他にもトライアングルアタックが出来る組み合わせがあるので探してみよう。

  • みんなの様子という機能が追加され、勝手に訓練して経験値を稼いだり、アイテムを拾ってきたりするようになった。
シリウスがものほしざおを拾ってくるといったシュールな事もあったりする。

  • ファンの間でも幻の作品と言われている『アカネイア戦記』のリメイクもストーリーが進行すればプレイ可能。
全部で四編あるが、難易度はかなり高く、しっかりと戦術を練らないと、クリアするのは難しい。
正直、イベントで使用されたイラストも収録して欲しかったが、幻と呼ばれた作品がプレイ出来るのはやはり嬉しい所である。
ちゃっかり評価システムが復活している。



しかし、古くからのファンから賛否両論となっているのが、仲間が倒されても死なないカジュアルモードの追加である。
これに関しては「仲間が死ぬ恐怖・スリルこそファイアーエムブレムだ!」との批判を見越していたかのように
公式のCMにすら「そんなのファイアーエムブレムじゃない」とまで言わせている。

これは新規プレイヤーの増加等のために敷居を低くするという効果を狙ったものとされ、難易度と別々に選択できる。
とはいってもカジュアルモードでも敗退回数が多いと生存評価はきっちり下がるので注意。
ノーマルモードだと細かい難易度にも影響するが、文句を言うエムブレマーは素直にクラシックでプレイしましょう。





追記・修正は第七小隊に入ってからお願いします。









※ネタバレ注意





















例によって敵将を仲間に出来るケースはとても多いが、厳しい条件のキャラも多い。
紋章の謎では最後まで敵だったキャラ(ウルフ、ザガロ、いい男ビラク、ミシェイルなど)も仲間にできるようになっており、
加入イベントは人間味のある良い会話をするものも多いので一見の価値あり。
しかし、カタリナを説得するときなんかは根気と体力が必要だったりする。ウルフを仲間にしてその上でザガロを生存させるのもかなり難しい。

ミシェイルの場合も仲間にするヒントがわかり難く、ターン制限があるので注意。ちなみに彼の幸運の初期値がやばい。※詳しくはミシェイルの項目を。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/