アルマモンスター(ECO)

登録日:2015/12/31 Thu 22:56:01
更新日:2018/04/02 Mon 12:36:18
所要時間:約 30 分で読めます




MMORPG『エミルクロニクルオンライン』(以下ECO)に登場する種族のひとつ。


ECOにはプレイヤーが選択できるエミル(人間)、タイタニア(天使)、ドミニオン(悪魔)、DEM(キカイ種族)と、インスマスなど古の民と呼ばれる種族が存在しているが、アルマモンスターは途中で生まれたそれらと別種の種族。
アルマとは古い言葉で「魂」という意味らしい。


名前の通り、モンスターが人間の心と姿を手に入れた存在であり、アルマとひとくくりに言っても元になったモンスターはさらに別々の種族。
ただし同族であることは『なんとなく』察することができる。


キカイ戦争時代の科学者イリスの研究成果である『想いの力』をベースに、人間への興味を持つことでアルマ化が可能になる。


通年イベントで出会うことができるのはNPCで、パートナーはくじで入手可能。1本500円11本5000円。
一部は書籍やCD、ゲーム内イベントなどでも入手可能。モデリング自体は大差ないので趣味の領域。


公式で全モンスターアルマ化計画を予定していたが、2017年8月に『ECO』はサービス終了したため全モンスターのアルマ化は実現できなくなった。なお、ボスモンスターは単独個体のため基本的に登場しないとのこと。



◆アルマたちと絆の樹(2012)
2011年に発見されたフシギな卵から漏れ出た想いのエネルギーでアルマ化という概念が誕生。
アップタウン上空で発見された絆の樹の種に呼び寄せられるように集まった13人。
イメージは小学生縛りであり、アルマ化したばかりということで常識や感情の機微に疎く、教師見習いのアミスの下で学んでいくことになる。

現在『イリスと記憶の書架』のように永久実装はされていないが、チュートリアルでは後輩のアルマたちとコンビを組んでプレイヤーにシステムを紹介する役割を担っている。
その際通年イベントで報酬だったアイテムももらうことが出来る。

公式人気投票の上位三位はキャラソン入りドラマCDになったため声が付いている。


◎ダークフェザー・アルマ
cv.東山奈央
人里に下りてきた最初のアルマ。オリジナルは黒い羽の集合体ダークフェザー。

ぬいぐるみ(?)のウィリー・ドゥを抱えている金髪の幼女。口癖は「あなたばかなの?」
当時アップタウンに入るためには許可証が必要で、それを知らなかったため一悶着起きることになる。
「ありがとう」と言うのも言われるのも好き。

オーソドックスに可愛らしいゴスロリ調デザイン、それまでのパートナー(当時はペット)を越える革新的な固有グラフィック、アルマたちのリーダー格とメイン公式人気投票で1位を獲得するほど絶大な人気を誇る。
そのためかBABY+A&Pコラボくじでは一等に衣装変えバージョンが実装された。
通称はお嬢、闇羽、へえざー。
元々はアルマではなく『アスモデウス娘』というモチーフでデザインされたらしい。そして2016年になって神魔・アスモデウスが登場した。


◎バウ・アルマ
無邪気なぼくっ子アルマ。オリジナルは野良犬型モンスターのバウ。

お腹を空かせていたため、後にバレンタイン常連になるトルテのチョコケーキを奪って逃走。勝手に人の物を盗ってはいけないと教えられ、ダメにしてしまった代わりを作る。
口癖は「ぼくは○○なバウです」
ちなみにどうやってアップタウンに入ったのかは不明(以後シーホース以外全員に当てはまる)


◎シャボタン・アルマ
ベーシックな幼女風アルマ。オリジナルは鉢植えに入ったサボテン型モンスターのシャボタン。

心優しい性格で自分の意思を伝えるのが苦手。植物と意志疎通ができる。
座りモーションで絵を描いたり、小学生というより幼稚園児っぽいくらい幼い。

パズドラ出張組その1。なので知名度はそれなりにある。
中にはオリジナルを知ってスキル上げの餌にすることに罪悪感を覚えたプレイヤーもいるとか……
ちなみにアルマではないシャボタンもパートナーに存在する。


◎ローキー・アルマ
cv.三上枝織
のじゃロリな和服娘。オリジナルは狐や狼に似たローキー。

罠にかかっていたところを助けられ、それを勘違いした群れから恩人を助けるためにアルマ化した。
毛並がよく額に十字傷のない特別な個体。雅な姫スタイルはそこから来たと思われる。だが腕っぷしは強い。
なぜかアップルパイを作ろうとして鰻重を作ってしまうほど料理のセンスがアレ。ある意味錬金術師。

ブリーダーのスキル『信頼の証』モーションで顔を赤らめた制服姿を披露し、人気投票も堂々の2位。あざといなさすがローキーさんあざとい。
なお彼女以降『大陸の洞窟』出身アルマは和服縛り。あそこはボスからして『ふんどしマン!』なので……
くじで爆死した人などにローキーの台詞「またあきらめたのじゃー」を言うのがお約束になっている。


◎バルル・アルマ
カジュアルにガーリッシュな格好。オリジナルはずんぐりした豹のような猛獣のバルル。

反抗期で実家のマイマイ島を飛び出した家出娘。だけど本当は母ちゃん大好き。
その時ローキーに〆られ舎弟のような立ち位置。通称ばるるん。
大家族の長女なので面倒見がよく、ついでに家事全般も得意。
荒っぽいようで比較的常識人ポジション。ジャンプした際にスカートを押さえる程度の恥じらいはある。

ミニーとデッドヒートを繰り広げ最終的に4位というほどに人気がある。
シナリオorチュートリアルで彼女から貰えるアイテムは『バルルのやんちゃバット』という釘バット。やんちゃ……?


◎シーホース・アルマ
いつもうとうとしているお嬢様キャラ。オリジナルはタツノオトシゴ型モンスターのシーホース。

タイタニア世界出身でモンスターに変身するところをある商人に見られ、善意で匿う意味も込めて息子の婚約者にされるが結婚について理解はしていなかった。
信頼の証モーションで服がパージする。レオタードだから恥ずかしくないもん。

漫画版ではほとんど最終話しか出番がなかったが大活躍でおいしいところを持って行った。
通称はシホちゃん。なぜか漫画版では海馬にシーホースとルビが振られている。


◎ペペン・アルマ
夏真っ盛りにエスキモーのような防寒服で登場。オリジナルは丸っこいペンギン型のペペン。

鰤が大好き。どれくらい好きかというと食べるに飽き足らず抱き締めてびたんびたんするほど。
「寒ブリいぇーーーー!!」

パズドラ出張組その2。高い攻撃力でプレイヤーにトラウマを植え付けて行った恐怖のペンギン。
シャボタン同様にペペンもパートナーにいるが、こちらは限定配布などで普段は入手できない。


◎サラマンダー・アルマ
アラビアンな衣装の褐色娘。オリジナルは火トカゲ型モンスターのサラマンダー。

こちらはドミニオン世界の出身。これで三界すべてのモンスターがアルマ化することが証明された。
常にテンションが高く、お祭りには篝火が必要ということで連続放火未遂事件を起こした。今は反省しています。
通称さらたん。SU職業のソーサラーも通称がさらたんの為紛らわしい。

パズドラ出張組その3。特筆した性能はないがガンホーコラボダンジョンの中ボスも務めたりちょっと優遇枠。
残念ながらパートナーのサラマンダーはいない。


◎ミニー・ドゥ・アルマ
cv大久保瑠美
ふわふわした格好のウサミミ娘。オリジナルは玉乗り兎のミニー・ドゥ。

友達のウィリー・ドゥが行方不明になり、人間型の足跡があったためふくしゅーの為アップタウンにやってきた。
「~ですよぅ」「~わよぅ」という独特の喋り方。4ヶ月ぶりのぱんつに加えあざといデザインに大人気のうさ子。
公式でビッチうさぎ。太くてかたくて長いのが好き。にんじんのことですよ?
「万年発情期ってどーゆー意味ですか?」

人気投票はばるるんと接戦の末3位。また漫画版では実質主人公ポジションとそれなりに優遇されている。


◎白い使い魔・アルマ
包帯・眼帯・白ロリとその筋の人にはたまらない格好。オリジナルはインプ型モンスターの白い使い魔。

臆病かつ人見知りな性格で、優しい老夫婦に匿われて生活していた。
寿命を悟った老夫婦におつかいを頼まれアップタウンに来たが、その性格が災いして道を訊けず困っていた。
ダークフェザーの妹分的なポジションで、種族的に人に仕えるのが好き。
通称はシロ、しろりー。

ちなみにローキーと同じくモンスター形態がオリジナルと少し違う(リボンの色)。


◎オートメディック・アルマ
サイバーパンク風スーツにナイスバディな姿。オリジナルは剣型の浮遊する機械オートメディック。

感情を持ち脱走したDEMに本来覚えるはずのない怒りを覚え、感情を獲得しアルマ化。
しかし、これでもっと役に立てると思ったら『その仕組みを解明するために何度も解体される』『同型機との違いを比較される過程で仲間が何体もスクラップになる』と惨い仕打ちを受けた。
そのため感情や心を疎ましく思っていた。またヤンデレ属性持ち。
通称はオトメ。トメさんと呼ばれた時はさすがに面食らっていた。

他が大半動物型モンスターの中でアレルギー持ち。そのためアルマたちと一緒にいると涙目でぴすぴすしてる。かわいい。
ブリーダーのスキル『メタモルフォーゼ』の隠しモーションが地味に多い。


◎デス・アルマ
cv.山下まみ
裸ローブに入れ墨という際どい通り越した姿。オリジナルは死神型モンスターのデス。

出身地は違うがメインストーリーのエミルくんを殺害したデスと同族というだけあって実力は高い。実際パートナー性能もそれなり。
可愛い子やその魂が好きで、ぶっちゃけ中身はほとんどおっさん。なんだ俺らか。
逆にアンデッド系モンスターは「魂がないのに動いてる理屈がわからん」から苦手。でもアルマ化して可愛けりゃオールオッケー。

博識で一人称は「余」、三世界を行き来するなど他のアルマより上位の立場にいるが、アミスには頭が上がらない。
学校の資金の足しにしようと小さな仕事を扱うクエストカウンターを開いたが基本的に自転車操業。


◎プルル・アルマ
今までいなかった学生服調のアルマ。オリジナルはドラクエでいうスライムポジションのプルル。

大人しい気性でアミスとは小さい頃から一緒にいた最初の友達。通称ぷるぷる。
最初はアルマ化できなかったが途中から無理を押してアルマ化。その反動で年末に記憶やアルマ化の力を失ってしまうが……

2012年の通年シナリオ報酬。無料とは思えないクオリティに非課金プレイヤー大歓喜。ついでに黒ストぱんつマニアも大歓喜。
「それ可愛いけどレアじゃないよね」枠だったがアイリスやアルティが永続実装になっていく中未だにリバイバルしないため若干レア枠になってきている。
ちなみにライドパートナーでなくモンスター姿のパートナーになれる現状唯一の個体。



◆イリスと記憶の書架(2013)
デスこと受付嬢が始めたなんでもクエストカウンターの助手たち。
外見年齢は少し上がってるが扱いは絆の樹アルマたちの後輩。
紙芝居屋アイリスが生み出す『ロア』にまつわる事件にかかわっていく。

現在は同じ月の先輩アルマとコンビでチュートリアルに登場。初心者にシステムを説明している。


◎エンジェルフェザー・アルマ
ふわふわ白い衣装と髪の子。オリジナルは白い羽の集合体エンジェルフェザー。

自分のことを「アンジュ」と呼び、いつも何かに祈っている不思議ちゃん。
基本的にはまじめないい子。アルカードによると「ロアよりロアっぽい」

素体はダークフェザー流用。基本的に書架のアルマは絆の樹アルマのアレンジになっている。


◎モーモー・アルマ
カントリーな装いの酪農娘。オリジナルはデフォルメされた牛のモーモー。

ファーイーストの牧場出身で少し臆病。牛だけにスタイルはいいがメインの清姫がそれ以上なので影が薄い。
冒険に行くより庭で畑弄りする方がいいらしい。

素体はミニー・ドゥ流用。都会の淑女の身振りらしい。


◎ネクロアーマー・アルマ
騎士道マニアの僕っ子。オリジナルは呪われた鎧ネクロアーマー。

何かにつけて騎士らしさを求めるがそれを逆手にとって丸め込まれることも多い。
その流れで秘書資格を持っていたり、約束はたとえ相手のことを忘れても守ったりと生真面目な性分。
モーモーとは逆に戦闘大好きで、攻撃時の顔はイッちゃってる。怖い。

素体はオートメディック流用。なのでもちろんたぱんたぱん。ただあくまで本体は鎧らしい。


◎アンブレラ・ロア
ドヤ顔が似合うゴスロリ娘。オリジナルは傘を持った小さなグレイのような精霊アンブレラ。

可愛いものが好きでよく鏡を見ている。バステトに布教されてからは猫も好き。
ウザかわ系で主人が大好きだがちょっとツンデレ風味。

素体はバルル流用。だがそれなりに良かったばるるんに比べスタイルは……


◎ココッコー・アルマ
ガチペド幼女。オリジナルは丸っこいデフォルメひよこのココッコー。

年上のキャラをにーたんねーたんと呼ぶ。おそらくアルマ最年少。
臆病で引っ込み思案。自暴自棄になってるキッドを気遣うなど根は優しい。
一人称は「ぴぃ」。ひよこまめが好きでよく食べている。

素体はバウ流用。武器が看板から花になった。
ちなみに旧ペットシステムでは上位の物理攻撃力を持っていた。花すげぇ。


◎タランチュラ・アルマ
パンクな見た目に反してしっかり者の優等生。オリジナルは文字通り蜘蛛型モンスターのタランチュラ。

嫌われ者な蜘蛛の姿を恥じており、その反動で真面目に生きようと肩肘張っている。
見た目は年長よりだがまだまだ子供で、玉藻のアドバイスを受けてからは少しだけ角が取れた。
可愛いと言われると顔を真っ赤にして全力で否定する。可愛い。

素体はシーホース流用。なのでシナリオで使わなかった槍を持っている。
通称はタラちゃん。6月上半期のタマちゃんと合わせて傾国されたプレイヤー多数。
ECOのジンクス『6月は魔境』の体現者。


◎ベア・アルマ
ココッコーとは違う方向に幼女。オリジナルは凶暴な熊のベア。

「~だぞ」とぬいぐるみのダンプティーに似た話し方。いつも棒つき飴を咥えている。
ローレライの歌が好きだがまだ恋愛という概念を理解していないので好きの範疇に収まっている。

素体はペペン流用。シルエットは同じだが帽子が独立して動いているようにも見える。


◎フライフィッシュ・アルマ
丈の短いセーラーワンピの子。オリジナルは空飛ぶ魚フライフィッシュ。フィレオフィッシュではない。

天然というか自由な子で、やや不思議ちゃん入ってる。一人称は名前だが長いので縮めてフィッシュ。
「~なの」、プレイヤーが男なら「ダーリン」女なら「ハニー」呼びなどまんまどこかのアイドルな口調だが気にするな。
かなりのミニスカだがギリギリ見えない。残念……と思ったら回し蹴りするのでチラどころかモロだった。

素体はシャボタン流用。このあたりからブラッシュアップやキメラ化が進む。


◎テンタクル・アルマ
アルマの中ではかなり背が低い。オリジナルは牙の生えたイソギンチャク型モンスターのテンタクル。

料理と人を驚かせるのが好きで、何の肉か不明なハンバーグを出したりする。
ヤンデレというかなんちゃってメンヘラ系。わかってやってるのでタチが悪い。
戦闘時目がイッちゃってる人その2。

素体は白い使い魔流用。実装当初は体に対して手が大きかったが修正された。
本人は尻尾と言い張るが背中から生えてるのは触手。珍しい泣き黒子持ち。


◎マミー・アルマ
魔女と包帯と薔薇をごたまぜにした幼女。オリジナルはミイラ型モンスターのマミー。

つんけんした話し方をするが素直ないい子。知識面はまだまだだが物覚えはいい。
本を読むのが好きだが読めない字も多いので「よませてやる」
元アンデッドだが受付嬢に溺愛されている。

素体はダンプティー流用。ここにきてくじでなく特典アルマである。
通称一人称ともにマミ。


◎ドラッキー・アルマ
忍べそうにない忍者スタイル。オリジナルは蝙蝠のドラッキー。

小柄だが巨乳、蝙蝠耳、レオタード絶対領域などあざといデザイン。汚いなさすが忍者きたない。
戦闘時は仮面を被るが普段のどこかおどおどした姿とのギャップがいいという猛者も。
ちなみに本人は忍者という概念を知らない。

素体は白い使い魔流用。だがいろいろ複合しているためほぼ面影はない。


◎ブーフ・アルマ
本を持った学者風の少女。オリジナルは空飛ぶ魔本のブーフ。

比較的落ち着いた中性的な話し方をする。だが一人称はわたし。
本体が本ということで記憶を読んだり、ロアの物語を収納したりできるがロア収納は負荷も高い。
なおブーフが出現するノーザン地下は上級向けダンジョンのため、見たことはおろか名前も知らなかったアップタウン警備員もいるとか……

素体はプルル流用。無料でも流用できる作り込みはECOならでは。



◆タイニー・かんぱにー~人材発掘編~(2015)
タイ兄さんことノーデンスタイニーの世界をなんかええかんじにする『タイニー・かんぱにー』に雇われたアルマたち。
社会人経験者が多いため外見年齢は高校生以上が多い。だがアルマになって長くて3年ほどである。
また、今回は『アルマの発生』に焦点が当たったためほとんどのアルマにアルマ化の理由が明かされている。

今回のアルマを装備すると連動モーションとモンスターの姿に戻りライドパートナーになるスキル『チェンジパートナー』を覚える。
また、特定の台詞を書き換える『台詞カスタマイズ機能』がある。


◎ブリキングRX1・アルマ
cv.伊藤かな恵
白いお嬢様風のドレスにマニピュレータが付いた装甲板。オリジナルはブリキの玩具のようなロボットのブリキングRX1。

見た目は非常に可愛らしいのだが口を開けば「最強」と「ロボ」しか出てこない残念な美少女。
人間の姿になれば可動域が増えてもっと強くなれると思いアルマ化した。
女の子だがブリクイーンではない。通称ブリキン。

ECOのTVCM化に伴い看板キャラに選ばれ、三期アルマで唯一声優がついた。


◎クイーンビー・アルマ
一見バニーガールに見えるがおしりに蜂の腹部というインパクト。オリジナルは蜂型モンスターのクイーンビー。

ビー族の女王だったがその責任に耐えられず、自由に生きる人間の冒険者に憧れてアルマ化。
現在は折り合いを付け、社会勉強のためにかんぱにーに在籍している。
わりと怠け者。アルカナハートによるとちょろい。


◎アルカナハート・アルマ
手品師のような派手な装い。オリジナルはトランプ兵のアルカナハート。
パートナーアルマでは初の、そして現状唯一の男性アルマ。

魔法生物だが魔法が苦手で手品や罠が得意。そのため同族に馴染めず自由に生きたいと願いアルマ化した。
本心を見せない癖のある性格で、普段は笑顔のようで目が笑ってない。
しかしなんだかんだと面倒見がよく家事も得意。手品を披露する時はちゃんと笑っているなど経歴のせいで捻くれただけで根は善人。


◎ウィスプ・アルマ
和服に人魂というテンプレ的幽霊スタイル。オリジナルはウィル・オ・ウィスプ(日本語で狐火)のウィスプ。

大陸の洞窟で拾った漫画に興味を持ったが、実体のない身体ではページがめくれず自由に読みたいと思ってアルマ化。
押しの弱い性格で、漫画を買うためにあくどい商人の下で下働きのようなことをさせられていた。
しかし漫画のこととなると一変。饒舌でハイテンションになる。なんだ俺らか。たまにテンションが上がりすぎて気絶するのもご愛嬌。
ちなみに見た目や色合いからコマさんと呼ばれることがある。

ツイステッドプラント相当のスキルを持っていたため演習民の需要から高騰した。
和服、脇、尻というニッチ需要もあるが。


◎スケルトンシューター・アルマ
軍服っぽいロリ少女でまた4ヶ月ぶりのぱんつ。オリジナルは骸骨の弓兵スケルトンシューター。

カッコイイからという理由で固めな話し方をするが本質的にはまだ子供。背が低いのと胸がないことを気にしている。
アンデッド城から出て行った友達ことスペクターを探している。
ライド形態だとアンデッド属性になるためヒール系でダメージを受ける。

名前が長すぎるせいでデフォルトネームを「スケルトンシューター・アルマ」と一部半角にされた。


◎スペクター・アルマ
華ロリのピンク髪。オリジナルはキョンシー風モンスターのスペクター。
アルマの中ではおそらくデスと並んで一番オリジナルのデザインに近い。

友達のシューちゃんにプレゼントを贈ろうと思ってもう一人の友達のアベンジャーと出掛けた。
アルマでも屈指のロリ巨乳だが精神的に幼く純粋で友達思い。金属をぺちぺちするのが趣味。
彼女もライド化するとアンデッド属性になる。

本人は無自覚だがスケルトンシューターとアベンジャーからはそのたぱんたぱんな胸に嫉妬されている。


◎アベンジャー・アルマ
鎧風ドレスの青髪娘。オリジナルは巨人の剣闘士アベンジャー。

真面目で礼儀正しく、冒険者にクエストを依頼するという知識もあってかんぱにーに道案内を依頼した。
赤いリボンはお手製で花が好き、寂しがり屋など非常にヒロイン属性が強い……のだがそれを吹き飛ばすダジャレ好き。
スケルトンシューターとスペクター、スペクターとアベンジャーは同じエリアに出現するがスケルトンシューターとアベンジャーが出現するエリアはない。
そのためシューちゃんとはかんぱにーで初めて会うことになる。

オリジナルがガチムチ男、初のレア2倍スペシャルタイム、連動モーション・ライド化なし、素体が御魂・エリーゼ流用といろいろ重なったため悪い意味でネタにされ続けた。やめたげてよお!
現在はなかなかの戦闘スペックが見直され可愛がっている人もそれなりにいる。


◎ニドエッグ・アルマ
セラスクに浮き輪のガチペド幼女。オリジナルは卵の殻を被った鳥のニドエッグ。

「~し」「~だし」という語尾が特徴。まだ幼いのでいろいろと未熟。
人見知りで刺々しいが慣れるとみんなの役に立ちたいと思っていることがわかる。
母親代わりのギーゴがアレなため、成長は当分先になりそうだ。


◎ギーゴ・アルマ
銃剣を持ったレンジャー風衣装の女性。オリジナルは猛禽類型のギーゴ。

旅の途中で自分のようなパートナーを欲しいと思い、ギーゴを見てアルマ化したニドエッグを引き取った。
その娘分のニドを溺愛しており、見ていてあきれるくらいに甘やかしている。一応、成長を願ってはいるらしいのであとは自覚の問題。

素体は御魂・セレス流用。そのため柄にもなく顔を真っ赤にして銃剣を振り回すモーションがある。


◎ホウオウ・アルマ
全身タイツに鎧の女武者。オリジナルは半人半鳥のホウオウ。

昔、傷ついたところをネーアの一家に手当てしてもらい、その恩返しに陰ながら手助けをしている。
本人は隠密しているつもりだが全然隠れられていない。また責任をとって切腹しようとすることが多々ある。
現在はネーア家からかんぱにーに通っているらしい。

パートナーにすると分かるが変態淑女。連動モーションで目の中にハートが出る辺りお察し。


◎キラーマシーン・アルマ
サイバーなワンピース、ではなくレオタードの女の子。オリジナルは浮遊するコマっぽい機械のキラーマシーン。

ネーアの一家が乗った飛空庭の事故現場で倒れており、ネーアに拾われて義理の妹として生活している。
時々元の姿に戻るがマリオネットのメッカであるトンカではネーアの手回しもあってそこまで気にされていない。それでいいのか……

素体はキャプテンキッド・ロア流用。よってたぱんたぱん揺れる。
座った時の顔がメスの顔してると一部で評判。


◎モーラン・アルマ
カジュアルに決めたギャル風。オリジナルは歩く樹のような姿のモーラン。

故郷の鎮守の森はみんな同じダサい姿で、冒険者のオシャレに憧れてアルマ化した。
口癖は「マジヤバイ」。普段は普通だがテンパるとモーラン族の一人称「アチ」と語尾の「~も」が出る。

カラーリングがモーランというよりマンドラニンジンというのは禁句。


◎アルケー・アルマ
音楽モチーフのドレスを来た女性。オリジナルは堕ちたアークタイタニアの子供アルケー。

かんぱにー初期の社員で普段は外に出ているため今まで登場しなかった。
仕事のデキる女だが可愛いものが好き。またアルケーポイントという謎のポイントがある。

素体は御魂・キリエ流用。そのため爆乳。またナイフでなくバイオリンでぶん殴るという豪快な攻撃になっている。


◎ベイヤール・アルマ
鎧のようなドレスのようなよく分からない格好。オリジナルは黒い天馬のベイヤール。

経験値効率がいいため今も昔も狩られ続けるベイヤールが待望のアルマ化。どんな性格になるかと思えば……
『自分が叩かれるのは人気者だからと思い込んでいる超絶構ってちゃん』という斜め上のキャラ付けがなされた。それもドカバキグシャァッ!と殴られるのが好き。
それが違うと知ると淀んだ目で「うそうそうそうそ嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘……」と精神的にヤバいことになる。見た目美少女だけになおさらヒドイ。
またベイヤールのドロップするだいこんを差し出したり、頭からキラキラしたなにかが吹き出すなどいろいろはっちゃけている。

ネタ要素抜きにしてもグラフィック、スキルともに高性能なため人気者。良かったねベイヤールちゃん!


◎スタートラー・アルマ
麦わら帽子の素朴なロリ。オリジナルはカカシの魔法生物スタートラー。

誰かの後姿を見ないと自由に動けないため、自由に動ける人間を羨ましいと思っていたらアルマ化した。
ただし種族特性の背中を見ると攻撃したくなる性質は相変わらず。斧でズンパラリン。
無知ロリなのでそこには叩いたらどうなるのかという好奇心も多分に含まれる。ベイヤールなら……

素体は御魂・ミコト流用。


◎サンドラット・アルマ
ネズミ耳に尻尾が目を引く少女。オリジナルは砂漠ネズミのサンドラット。

何もないカーマイン砂漠に退屈していたところ、最近来るようになった冒険者に興味を持ってアルマ化。
アルケー同様にかんぱにーの初期社員。プレイヤーにとって先輩だけどヒラ社員なので立ち位置は同じ。
オリジナルと同じく夜になると黒くなる。この状態だとテンションが高いらしい。
このカラーチェンジは見た目アイテムで再現されている。

連動モーションはなんと飛び蹴り。これまたチラどころかモロ、しかも固定である。


◎マタンガ・アルマ
アトリエシリーズに出てきそうな錬金術師スタイル。オリジナルはキノコ型モンスターのマタンガ。

サンドラットとは同期だがこちらがちょっと後輩。知識は豊富だが説明能力が低く、コミュ力の高いサンドラットと組むことが多い。
知識欲からアルマ化したが正式なジョブには就かず(アルマは魂が人間と違うのでジョブの契約ができない)、独学で勉強している。

素体はル・フェイ・ロア流用。他のアルマと顔グラのバランスが異なるため好みが分かれる。
本気モードでは眼鏡をかける貴重な眼鏡枠。こちらも見た目アイテムで変更可能。


◎クリスタル・アルマ
きらびやかなドレスを纏う美人。オリジナルは氷の精霊クリスタル。

かんぱにーの出資者でノーザンの女王ヴェルデガルドへの憧れからアルマ化したため雰囲気がノーブル。
アルマ化したのは最近だがヴェルデガルドが現役の時代から数百年単位で人間と取引をして資産を貯めていた。そのためがめついというか細かいお金にも厳しい。
一方で財力にひれ伏す人間や欲にくらんだ人間を見るのが好きというS気質。連動モーションにも札束ビンタがある。

もともと人型なのでどうやってライドするかというと、なんとお姫様だっこ。


◎アーチン・アルマ
ボーイッシュなスパッツ娘。オリジナルはウニのような序盤モンスターのアーチン。

仲間を守ろうと格上の相手に立ち向かったのを冒険者に馬鹿にされ、ストイックに修行した結果アーチンとしては破格の実力を持っている。
その姿勢を気に入ったクリスタルと各地を旅していたが、その間アルマ化はしていなかった。
落石からクリスタルたちを救うために今の姿じゃ駄目だと感じ、その気合でアルマ化。

素体は御魂・ナナイ流用だがオリジナル部分も多い。


◎モクジュ・アルマ
デコ出しポニテにアサシン職服の色変え。オリジナルは樹の精霊モクジュ。

もとは普通のモクジュでタイ兄さんの人工的にアルマを生み出す実験の素体選びで人に興味を持った個体。
紆余曲折あってアルマ化には成功したが、タイ兄さんのことは道徳観の欠落したその価値観から嫌っている。
モクジュの姿の間も忌憚なく接してくれたプレイヤーのことが大好きで、いつかパートナー以上の存在になりたいと思っている。

2015年の通年イベント報酬。相変わらず非課金に優しい高クオリティ。
全てのかんぱにー所属アルマに言及するため、飛空庭に設置した時の台詞が一際多い。



◆タイニー・かんぱにー~憑依研究編~(2016)
アルマ化の研究はひと段落ついたため、同じく普通に行われながら原理に不明な点の多い憑依システムを調べることになったかんぱにー。
その矢先、三世界の外から古い文献に記された『神魔』が現れて……


◎ホワイトファング・アルマ
狼耳に編んだ前髪が特徴の子。オリジナルは北に住む猛獣ホワイトファング。
文字通りの一匹狼気質で人と関わりを持つのが苦手。その代わり一度懐くと非常にデレデレ。

狼型モンスターなので肉には一家言あるらしい。

初公開されたイラストとで前髪のデザインが異なり賛否両論。


◎シナモン・アルマ
茶髪に制服のような衣装でツインテールのボクっ子。オリジナルは南に生息する玉乗りウサギのシナモン。

ベイヤールと同様、経験値効率がいいため狩られまくり『逆襲のシナモン』というイベントまであるシナモンがアルマ化。
明るく振る舞っているがこちらは普通に狩られ倒したことがトラウマになっており、「笑顔でいれば攻撃されないで済む」というなかなかにブラックな理由で笑っている。

本来の心根は優しいいい子。アスモデウスなど一部の神魔からは女神と呼ばれている。


◎サイクロプス・アルマ
アラビアンな踊り子と鎖を組み合わせた姿。オリジナルは一つ目の巨人サイクロプス。
元が一つ目なのでピンクの鬼太郎ヘアー。

アルマ化した後エンジェルフェザー(モンスターの方)を追いかけたりバウ(モンスターの方)に追い立てられたりしてるうちにアップタウンまで来た。
ヤタガラスに師事し、本来の姿は兄弟弟子の子供たちにすれば「カッコいい」らしいが本人は小さいものが好き。

なおアベンジャーほど元の姿をネタにされることはなかった。なぜだ……


◎クリムゾンバウ・アルマ
長い赤毛をふたつお下げにした活動的な衣装の女の子。オリジナルはバウの上位種クリムゾンバウ。

人間の姿になったのでとりあえず人間の群れに馴染むためにかんぱにーを訪れた。
その際神魔リヴァイアサンの時空転移に同行することになったが、いろいろあってエミル世界に留まりカンパニーに居つくことになった。


◎バルーンピッグー・アルマ
ピンクのお嬢様風ドレスのツインテール風ポニテっ子。オリジナルはふわふわな豚型モンスターのバルーンピッグー。

のんびり屋な性格で一人称は「ウチ」。食べるのが大好きで非常に燃費が悪い。まぁ豚だし。
アルマ化したてで同じくエミル世界に来たばかりの神魔イシスと不慣れな者同士、一緒にファーイーストでお世話になっていた。
BBQの肉を買いに来たかんぱにーの面々と一緒に泥棒を追いかけ、その後の勧誘もあって移籍した。



◆その他

◎タイニー・アルマ
魔法使いのようなボクっ子ロリ。オリジナルはECOのマスコット、くまのぬいぐるみのタイニー。

オリジナルと同じく腹パンしたくなるウザかわキャラ。ドロワーズなので非ぱんつ。
プルルはおいしい、アルマ化は簡単、と思いっきりぷるぷるをディスってる。

パズドラ出張組その4。ボス枠で清々しいまでのドヤ顔を披露してくれる。
ヘビメタイニー・アルマという亜種がいる。


◎ダンプティー・アルマ
タイニー・アルマの色変えロリ。オリジナルはタイニーのライバルにあたるダンプティー。

こちらはつんけんしたワガママっ子。素直じゃないが構ってもらいたがるお年頃。
タイニーとは反対に年に見合わぬローライズ。

パズドラ出張組その5。幻獣枠のため会えない時はとことん会えない。
一部ではこちらも究極進化を望まれているとか……
Mary Magdalenaコラボの衣装変えバージョンもあり、そちらはチェンジパートナーでライドも可能。


◎タイニー・ゼロ・アルマ
小柄なクマミミロリ。タイニー・アルマとは別種。

冒険に出たいお年頃だったがアルマ化が安定せず、新米冒険者と一緒に実力をあげていく。

チュートリアル報酬、というより途中で仲間になるタイニー・ゼロをレベル50まであげることでチェンジ可能。ただしタイニー・ゼロには戻らない。
チュートリアル報酬とは思えないほどハイスペックで、苦楽を共にして愛着の湧く冒険者も多い。
さらに転生するとタイニー・ゼロ・アルマ+になっておさげが伸びる。
こちらもMaryコラボでより女の子らしい姿が存在する。


◎ファントム・アルマ
黒いドレスの少女。オリジナルはくじら岩に潜む影の精霊ファントム。

そもそもくじら岩のモンスターは次元の狭間でモンスター化した元人間であるためアルマ化はありえないとされていたが、あっさり特典でアルマ化。
そのため解説にも他のアルマとは何かが違うと明記されている。

素体は白い使い魔流用……というかコンパチであり、完全に一致。
足元の影だけはファントムの時の穴そのまま。


◎エコ坊・アルマ
漫画版に登場した迷子。オリジナルはイノシシの子供のエコ坊。

ファーイーストで商人トトの飛空庭にこっそり乗り込み、アップタウンで迷子になっていた。一人称はエコ。
アルマ化してまもないことを抜きにしても幼く、また他のアルマとは魂の形が違うのか最初はデスたちも気付けなかった。
一度は親元に帰ったがたまにアルマの姿になってしまうということで修業のためになんでもクエストカウンターに居候することになった。
その後はアクロニア学園にアルマという正体を隠さず通っている。

漫画版であったミニーのおつかいを手伝うことで入手できる。石ころ一個ととってもリーズナブル。
ダークフェザー、ローキー、ミニーのスキルをラーニングしており破格の性能を有し将来有望。
また、漫画版の帯にあるコードで手に入る紹介状で専用のアクロニア学園制服が入手できる。対価は花ひとつとやっぱりリーズナブル。


◎エミルドラゴン・アルマ
エミル世界の守護者エミルドラゴンの人間形態。アルカナハートより前に登場している男アルマだがパートナーではない。

普段はくじら岩の中で封印を維持している。ドミニオンドラゴンが大好き。
イリスカードの名前が『どこかで見たイケメン』のため、通称イケドラ。


◎ドミニオンドラゴン・アルマ
ドミニオン世界の守護者ドミニオンドラゴンの人間形態。やや露出の多い威厳のある女性。

年末になるとタイニーアイランドに意識を飛ばし、試練を乗り越えた冒険者に思い出星をくれる。
DEMマザーは彼女の姿をベースにしている。


◎タイタニアドラゴン・アルマ
タイタニア世界の守護者タイタニアドラゴンの人間形態。中性的な子供の姿。

世界を飲みこむくじらとの戦いで傷を負い、現在は療養中。



◆関係者

◎アミス先生
トンカ出身の駆け出し教師。21歳。

元々は元気な少女だったが病気で体を壊し、教師の道を志した。ぷるぷるとはその頃からの仲。
アルマたちを自分の庭に受け入れ、彼女たちがモンスターだと知っても受け入れる広い心の持ち主。
現在は正式に認可され、アルマも人間も受け入れる学校を運営している。


◎タイ兄さん
本名はノーデンスタイニー。頭はタイニーだが身体はイタチに似ている。

胡散臭い関西弁で話し、人間のそれと異なる価値観を持っているなど謎が多い。悪気がない分タチが悪いとも。
一応かんぱにーの社員には給料を出しているのでまっとうな経営者ではあるが、無駄遣いも多くクリスタルに苦言を言われることもしばしば。

故人のはずのイリス博士を憑依させることができる。そのせいで一悶着起きるのだが……


◎古びたガイドマシーン
タイ兄さんの助手。名前の通り他のガイドマシーンより少し古びている。

喋りは片言だが人間味あふれる人格で、アルマになることを夢見ている。
古いのでよく爆発するが自分で組み立てられるのでいつの間にか直っている。アルカナハートがメンテナンスしてからは爆発の頻度が下がった。


◎ネーア
トンカに住むドミニオンの少女。ホウオウとキラの義理の姉。

昔、飛空庭の事故で両親と妹を喪い、そこで拾ったキラと生活している。
ピンク髪、ドミニオン、飛空庭事故の現場がモーグと、御魂・ナナイの実姉説が浮上している。というか確実に姉。


◎オリヴィア
かんぱにーの新人研究者。憑依研究部門のマリオネスト見習い。

トンカで就職できず路頭に迷っていたところを採用されたらしい。
趣味は服を買うことで貴重な眼鏡枠。





追記・修正はくじアルマを5体以上所持してお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/