『イェスカたちの行方:イェスカ主義『原点=学的組織』回帰運動の翻訳の無限戦争』(理:jeskass tydiestal: akruminijeskaverarlstusten nodelm)は、レシェール・アルヴェイユによって著されたイェスカ主義の著書。

目次

概要

1te krantiestaium, 1te akrantiiumsta
tersezantarxol velg jeskavera fua lertas. ales dyinel’i nea fonti’a jeskavera’d derauster’s fasta inijeskaverarlstustil fal farfel. pa, neflertasolaceili’a latirno fon jeska es suite? cilylistavisi’anascho io eso e’it es lertas. latirno veles teleso fal lkurftless. lkurftless g’es cilylistavisi’anaschyl, latirno es lertasasta. jeska’d latirno ve es jeskavera.

第一章 第一節
武力革命論はイェスカ主義を政治のために利用した。原イェスカ回帰運動以降のイェスカ主義思想家は典型的にそのようにアレス・デュイネルを批判している。しかし、純粋非政治状況におけるイェスカ哲学というものは可能なのだろうか? 間主体性において行われることが政治である。哲学は言語において行われる。言語は間主体性の道具であるのだから、哲学は政治の一部となる。だから、イェスカ哲学はイェスカ主義となるのである。

 本書はレアルによるイェスカ主義(特に新イェスカ主義)の総括に当たる書であり、強いイェスカ主義の立場を表明している。また、武力革命論の肯定などを含めるとこの時代においては特徴的な点が多く見られる思想書となっている。
最終更新:2021年06月28日 18:46