十六夜アキ


「冷たい炎が世界のすべてを包み込む。漆黒の花よ、開け!」
「シンクロ召喚!咲き乱れよ、ブラック・ローズ・ドラゴン!!」

アニメ『遊戯王5D's』のヒロイン。「いざよい アキ」と読む。
CVは『特捜戦隊デカレンジャー』のデカイエローで知られる木下あゆ美氏。


カードを使用して超常現象を発揮する「サイコデュエリスト」と呼ばれる超能力者で、
デュエルディスクを通じて、本来は立体映像に過ぎないカードに描かれたモンスターやカード効果を実体化させる能力を持つ。
つまりはセルフ闇のゲームである。
この能力は制御が非常に困難で能動的にオンはともかくオフにすることが難しく、
対戦相手が負傷する危険もある上に周りにも物理的な破壊を伴うため、
周囲からも「黒薔薇の魔女」と恐れられ、本人もこの能力を忌み嫌っていた。
当初はサイコデュエリストで構成された「アルカディアムーブメント」所属の敵として登場したが、
不動遊星やジャック・アトラスと同じ痣を腕に持つシグナーだと発覚し、ダークシグナーと戦うために共闘するようになった。

+シグナーとは
タクシー「赤き竜」に選ばれし、竜の痣を持つデュエリストの総称。
遊戯王の世界では5000年周期で世界の存続を試みる赤き竜と、世界を死者の国にしようと試みる冥界の王が戦いを繰り広げており、
赤き竜の力を宿す「シグナーの竜」とそのパートナーである「シグナー」と、
冥界の王の眷属「地縛神」とそのパートナー「ダークシグナー」が、戦いを代行する形で世界の命運を掛けた決闘が行われていた。
前回の周期ではナスカで戦いが行われていたらしく、ナスカにある地上絵は先の戦いに敗れて封印された地縛神達である。
勝者側であるシグナーの竜は時代を超えて姿を変えながら生き続け、劇中ではデュエルのカードとして転生しており、
(遊星の《スターダスト・ドラゴン》、アキの《ブラック・ローズ・ドラゴン》等がそれにあたる)
それ故に地縛神もそれに対応するようにデュエルのモンスターとなり、
劇中における周期では、シグナーとダークシグナーの戦いはデュエルで行われる形式となった。

遊星には明確な好意を抱いており、遊戯王では割と珍しい正統派なヒロインとしての描写が多いが、
一方で時期によっては解説役空気と化している事もあり、出番や扱いにはかなりムラがある。

胸が非常に大きく、普段の服やライディングデュエル用のスーツでも胸が強調される格好をしているためそっち方面の人気も高い。
公式も意識しているのか、ゲーム作品などでは本編以上に胸を強調したカットも。

使用するデッキは薔薇をモチーフとした植物族モンスターを中心に構成されており、
切り札として《ブラック・ローズ・ドラゴン》を使用する。

+エースモンスター、ブラック・ローズ・ドラゴンについて
シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。
フィールドのカードを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から植物族モンスター1体を除外し、
相手フィールドの守備表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の守備表示モンスターを表側攻撃表示にし、その攻撃力はターン終了時まで0になる。
シンクロ召喚時に任意で場の全てのカードを破壊する効果と、守備表示モンスターを攻撃力0にして立たせる効果を持つ。
アニメでの効果名は(1)の全体除去が「ブラック・ローズ・ガイル」、(2)の効果が「ローズ・リストリクション」。
(1)の破壊効果は、シンクロ素材の指定がないことやシンクロ召喚を狙いやすいレベル7であり、
手軽に出せる除去カードとして、多くのプレイヤーに重宝されてきた。
当時猛威を振るっていた全体除去持ちと言えば《終焉の王デミス》や《裁きの龍》などが存在していたが、
あちらと違ってメインデッキを圧迫しないという大きな利点がある。
ただ、それらと異なり「このカード以外の」の一文がないため、自分も巻き込んでしまう一種の自爆技でもある。
とにかく、このカードが登場したことで「永続カードによる封殺盤面」をこれ一枚で突破可能になり、
その強さが買われて制限指定を受けていた時期もあった。


MUGENにおける十六夜アキ

hatya氏が製作したキャラが公開中。
強さは狂上位~狂最上位とのこと。
ブラックローズドラゴンを使役して攻撃を行うが、攻撃するごとにライフが減る。
なので、基本的に自滅待ちが正攻法となる。
全画面技「ブラックローズガイル」は決まればほぼ勝利は確定だが、
原作再現で相手が生き残るとブラックローズドラゴンが消えて行動不能&ライフ減少で敗北となる。
AIもデフォルトで搭載されている。

出場大会

  • 「[大会] [十六夜アキ]」をタグに含むページは1つもありません。





最終更新:2021年01月18日 20:20
添付ファイル