テラ


スクウェア・エニックスとディズニーのコラボゲーム『KINGDOM HEARTS』シリーズ(以下KH)の登場人物。
『KINGDOM HEARTS Birth by Sleep』では操作キャラを務める。
担当声優は 置鮎龍太郎 氏。
ちなみにスクエニゲーでは『FINAL FANTASY IV』にも同名の人物が登場し、
『FINAL FANTASY VI』のメインヒロインの海外名もテラだがいずれも無関係。

アクアヴェントゥスと共にマスター・エラクゥスの元で修行する三人の弟子の内の一人で、
「アースシェイカー」と呼ばれるキーブレードを使う。

正義感が強く実直でお人好しではあるが、それが災いして非常に騙されやすい性格。
「キーブレードマスターになる」という夢に非常に強いこだわりを持っており、
友を守りたいという思いから力を求める傾向が強いが、それ故にエラクゥスには闇に捕らわれやすいと危惧されている。

アクアと共にマスター承認試験を受けるが、試験の一環のアクアとの模擬戦で劣勢になり、
負けたくないという強い思いから、ほんの一瞬だけ闇の力を発現させてしまう。
すぐにその力を掻き消したものの、これを見たエラクゥスからは、
「心の闇を制御しきれていない」と判断され、不合格とされてしまう。
直後、突如として世界各地に現れ始めた魔物「アンヴァース」の討伐と、
行方不明になったマスター・ゼアノートの捜索の命を師から受ける事になる。
その際エラクゥスに今回の任務次第ではマスター承認を再考すると伝えられ、必ず期待に応えてみせると誓うが……。

本格的な出番は『BbS』であるが、初出は『KHII』の次回予告に相当するシークレットムービーであり、
しかもそのバージョンアップ版である『KHIIFM』のムービーで闇堕ちを示唆する描写があった事、
テラの容姿が『KH』『KHII』の敵キャラ「ゼアノート」に酷似していた事から、
ユーザーからはその顛末を不安視されていたが……。

+ネタバレ注意
『KH』及び『KHII』においてラスボスとして登場してソラと戦った闇の探究者アンセム及びゼムナスは、
それぞれ「ゼアノート」という人物のハートレス及びノーバディとされているが、
そのゼアノートの正体はテラがマスター・ゼアノートの心を植え付けられ身体を奪われた存在であった

『BbS』エピソード終盤、テラはキーブレード墓場にてヴェントゥス、アクアと合流した後、
激戦の末に全ての元凶であるマスター・ゼアノートと一騎打ちを行い、これに勝利する。
しかしこれはゼアノートの罠であり、自分への負の感情が最高潮に達したを見計らったゼアノートは、
自らの老いた肉体と心を分離し、闇の力を利用してテラの若い身体を乗っ取ったのである。ところが……!!

+テラの変遷(時系列順)
  • 留まりし思念
肉体を奪われてなお果てぬマスター・ゼアノートへの強い怒りや憎しみの思念がテラの着用していた鎧に宿った存在。
ハートレスでもノーバディでもない、純粋な思念の塊であり、
その執念によって自身の身体に憑依したテラ=ゼアノートを激戦の末に撃破した。
その後χブレード消滅の衝撃で墓場にいた者たちが別の世界へ飛ばされていった中、
思念が宿った鎧は荒野に残り、以後「留まりし思念」として墓場に留まり続けた。

『KHIIFM』では裏ボスを務めており、その圧倒的強さからKHシリーズ史上最強の敵として名高い。

  • テラ=ゼアノート
ゼアノートがテラの肉体に心を移した存在。
当初は人格はマスター・ゼアノートが主導権を握っていたが、
留まりし思念に完敗した挙句、衝撃で記憶を失った状態でレイディアントガーデンに漂流し、
そこに駆け付けたアクアからテラの名前を呼ばれた事ですぐに記憶を取り戻し、そのままアクアと対決。
その際中にマスター・ゼアノートは彼の心を肉体から追い出そうとするテラの妨害に遭い敗北。
苦し紛れにテラの心を追い出そうと自身の体にキーブレードを刺し、闇の世界に落ちかけてしまうが、
アクアが自分を犠牲にする形で光の世界に戻された。
これらの戦いのせいで「ゼアノート」という名前以外の記憶を完全に失ってしまい、
賢者アンセムに拾われて弟子として迎えられた。
その肉体の中ではテラ本人の心とマスター・ゼアノートの心が肉体の主導権を争っている状態で、
おまけに記憶を失ったことがきっかけで、両者とも異なる自我が形成されるに到った。

その後、レイディアントガーデンを訪れたキーブレード使いとの接触がきっかけで*1
かつての記憶の残滓の影響か、キーブレード及び外の世界に興味を持つようになり、
加えて失った記憶を回復させるため心の奥底をさぐる実験の被験者となった結果、
闇に囚われてしまい、密かに心の闇に関する実験を行うようになる。
彼を止めようとした賢者アンセムを、無の世界に追放した上で彼の名前を奪って「アンセム」と名乗るようになり、
研究の末にハートレス製造施設が作られた結果、レイディアントガーデンでエンブレムハートレスが大量発生し、崩壊に繋がった。
その後、ハートレスになれば彼等を操れると考えた末自らハートレスになる事を選ぶ。

  • 闇の探求者アンセム
『KH』のラスボス。CVは大塚明夫氏。
アンセムと名乗っているがその実態は、
「マスター・ゼアノートに憑依されたテラが記憶を失った人格であるゼアノートがハートレス化し、アンセムを詐称している」
という非常にややこしい存在。
マレフィセント達「ヴィラン」を利用して、世界を次々と闇に飲み込ませ、
平行してセブンプリンセスを集めさせ、「人の心のキーブレード」を形成してホロウバスティオンで闇へと通じる鍵穴を完成させて、
集約した「世界の心」により作られたキングダムハーツへの道に至ろうとしたが、
その1歩手前のエンド・オブ・ザ・ワールド(この人は無関係)でソラ達に敗北し、
苦し紛れに残った力でキングダムハーツの扉を開き闇の力を得ようとするが、扉から差し込んだ光に触れて消滅した。

  • ゼムナス
『KHII』のラスボス。CVは若本規夫氏。
「マスター・ゼアノートに憑依されたテラが記憶を失った人格であるゼアノートがハートレス化した際に生まれたノーバディ」
というやっぱり非常にややこしい存在。
XIII機関を使役し、キーブレードでハートレスから解放された心を集めて人工的に「人の心」のキングダムハーツを創り、
それを使って心を手に入れる事が目的。
この行動により、心があるべき世界に還らず、ハートレス化した人間が元に戻らない事態を招いていた。
しかし、最終的にリクとソラに敗れて消滅する事になった。

心が無いにもかかわらず圧倒的な威圧感を持ち、威厳に満ちている。
ディレクターの野村氏曰く、「当初はもっと二枚目なキャラクターになる予定だった」という事だが、
担当声優がアウトオブコントロールでアドリブを入れまくり、作中のようなインパクトの強いキャラクターに仕上がったらしい。


このように、肉体を奪われたテラは不可抗力とはいえ、
『KH』シリーズにおいて世界に多大な実害を与えてしまった。
しかし、『KHIII』において、留まりし思念やヴェン・アクアの協力により、ようやくゼアノートの支配から解放された。

原作中の性能

物理特化のパワータイプとなっており、レベルを上げれぱ攻撃力はどんどん伸びるが、魔法力はほとんど上がらない。
シリーズの主人公の中ではとりわけ大きい体とキーブレードのリーチを活かした、力強い攻撃が特徴。
ただし、攻撃後のスキが大きいので注意が必要。


MUGENにおけるテラ

テラ大地氏の製作したキャラが公開中。
見た目通りのパワーキャラだが、突進技や飛び道具も備え、
機動力や遠距離攻撃の面も優秀。
超必殺技「アルテマキャノン」は近距離であれば連続ヒットし、非常に威力が高い。
AIもデフォルトで搭載されている。
紹介動画

出場大会

  • 「[大会] [テラ]」をタグに含むページは1つもありません。

*1
このレイディアントガーデンを訪れたキーブレード使いというのが、他ならぬミッキーであった。
なお、ミッキーはこの時点でアクア、ヴェンとは面識があったが、テラは名前しか知らず、
ゼアノートの正体に気付くことは無かった。


最終更新:2021年02月02日 02:03
添付ファイル