戸棚の中の骸骨



黒木源造(くろき げんぞう)

  • 登場作品:学怖,学怖S,AMC1,学恋,学恋2,最終,極
  • 二つ名:黒い猟奇
  • 種族:人間
  • 年齢/誕生日:39歳(1955.11.2-)
  • 職業:鳴神学園高校 体育教師
  • 身長/体重:187cm/98kg
  • 好きな食べ物:極秘
  • 関連人物:細田友晴《知人》,白井伝三郎,深尾華穂子《仕事》
  • 関連用語:七人目,カニバリズム,旧校舎,宿直室,闇,座敷童子


概要

 福沢七話「突如現れた意外な七人目」、細田七話「旧校舎の壁に隠された秘密」に登場。
 「七不思議の集会」当日に宿直を担当していた教師であり、細田とは顔馴染みでもある。かなり体格の良い先生で、体育教師かと思われるが不明。
 六人目が語り終え、未だ七人目も現れない集会に突如として現れる。

 最終下校時刻などとっくに無視した七不思議の集会に彼が取る対応は二分される。あっさり追い返されるか、乗り気になって自分も一席ぶつかと、極端な違いである。
 だが、何かを隠していると言う一点では共通している。

 前者については「逆殺人クラブ」も参照。
 高圧的に見えて教師としては常識的対応であるが、そこには裏がある。
 実は黒木は「満月」になると人を無性に殺したくなる殺人鬼で、本当の「七人目」は既に自分は手にかかり殺されたと、妙に説明口調な独り言で語ってくれる。

 そして、微妙に表現をぼかされており断言は出来ないが「七人目」の死体を使い、遅めのディナーを味わおうとしているらしい。
 要は彼、カニバリズムを習慣とするシリアルキラーであるようだ。
 宿直室の設備程度で人間丸ひとり分を処理しきれるかは不明だが、屠殺場のごとく惨状になるだろうから人目を避けたいのも当然である。


 後者では、宿直の見回りをするほど遅い時刻の「旧校舎」と言う立ち入り禁止の場所と言う、輪にかけて規則を破った状況で出くわすことになる。
 が、一転してこちらでは物分りのいい先生で通してくれる。
 拳骨上等な状況で笑って小突くだけで済ませてくれる上に自分自身も「七人目」に代わり、怖い話を語ってくれるのだからサービス満点である。

 彼の語る話は旧校舎が見つめてきた凄惨な「戦争」の光景、今は壁の向こうで眠っている霊たちの物語である。
 防空壕の内と外で憎しみを抱えて焼け死んだ生徒たちの話、爆弾の直撃を受けて生き埋めにされた大勢の人の話、妹の後を追った哀れなひとりぼっちの少年の話と、いずれも劣らぬ強烈な話である。
 先生自体も戦時中の光景をフラッシュバックかタイムスリップか不明だが生徒時代に追体験した経験があると語ることもあり、真に迫っている。
 が、素直に七不思議の記事を許してくれないのがこのゲーム。チェーンソー装備に代表される細田の暴走が主人公を阻む。
 そして、黒木先生は壁の向こうを人目に触れさせまいと……。

 そしてたとえ断ったとしても闇に潜む何か得体のしれない邪悪な存在と言う正体が語られる。アフターサービスも万全である。


アパシー・シリーズ

 一貫して「カニバリズム」を嗜む殺人教師として設定される。
 この際に、下の名前「源造」が明らかとなった(設定された)。
 容姿もそれに見合った猛々しく厳ついもので、常にジャージを着用している。
 見かけどおり生徒に対しても高圧的で暴力さえ辞さないと言う、いわば体育教師の負の側面を強調したような人物となっている。
 生徒からは白井先生と合わせ「ブラック&ホワイト」と言う肩書きで鳴神の嫌な意味での名物教師となっており、非常に恐れられている。

 宿直室に泊まり込んでなぜか帰宅しようとしないとか、再婚を繰り返しているとか、シンババと濡れ場を演じたとか、きな臭い噂ばかりである。


AMC1

 シリーズ始動後の初出演作ということもあって、あまり一般生徒は出会いたくない類であることが人相を見た瞬間にわかる。
 人気のないところで単身出会ったら即アウト、なんらかの秘密を抱えている、年季の入った殺人鬼ということもあってレギュラー陣でも喰える時があるなど、出番こそ少ないものの強キャラであることは否めない。
 なににせよわかりやすい危険人物であるという、シリーズ中のキャラ付けをここで果たしたことになるのだろう。

 「本編]」ルート、「付き添い」ルート、「新語り部集結」ルートに登場。

 「本編」ルート。
 すべての分岐シナリオの起点となるルートである。
 人の目がある場所とはいえ、たとえ横暴に見えるとしても、仮にも教師である以上、生徒は彼の押しにはまず敵わない。
 ノリと勢いで叫んだ倉田恵美に応じて現れ、坂上くんを連行しようとし、生徒の取り分を白井先生と並んで相談したあげく「半分ずつ」という結論に達して納得し合うなど、実にコミカルな寸劇を繰り広げる。

 あなたがもしこのシナリオがシリーズにおける初プレイだとしても、黒木先生にはきっとなにかあるなと察せられるだろう。
 実像はやはり異名の通り「ブラック」にもほどがあるのだが。
 しかし、彼自身はこの後「殺人クラブ」の怒涛の勢いに打ち負かされてしまうのでこのパートではやはり顔見せである。

 「付き添い」ルート。
 ギャグ補正を抜きにした、最も殺人鬼の脅威が色濃いルートである。
 というわけで、殺人クラブとは無関係に食人鬼をやっているこの殺人先生も立派に脅威をやっているということになる。
 殺人集団に追われて宿直室に逃げ込んだ倉田恵美を迎え入れるが、「食材が足りなくて困っていた」の一言だけでその後彼女が辿った運命を察するのは簡単だろう。

 「新語り部集結」ルート。
  日野貞夫が用意した「語り部」たちに対抗すべくノリと勢いで倉田恵美がその辺から集めてきた語り部の一人。


学恋

 黒木ルート(坂上倉田)に登場。


学恋2

 風間編夜イベント「VSボッヘリト」に登場。


最終版

 『最終版』教師編に登場。
 スキンヘッドに黒スーツと言うどっからどうみても教師には、と言うより堅気の人には見えない人が演じており、一枚絵はもちろん立ち絵からして迫力がある。
 旧校舎の


月下美人

 「蝶の道」に登場。
 「真鍋ライカ」さんのフェロモンに中てられたか、錯乱してヤバい目をして荒井さんに迫る「中村くん」が起こした騒ぎを察知して彼を鎮圧……というかボッコボコにしてくれる。
 今回の話では白井先生とは違い、グラフィックなどはない端役での出演だが、この手の場面で最も頼りになり暴力に全く躊躇のない体育教師といわれれば納得の選出かも知れない。

 「人肉食堂」に登場。
 都市伝説探訪の一環として夜の街に繰り出して、変わった食材の店を探していた「富樫黎雄」の前に現れ、素養を感じて呼びとめる。アングラ繋がりということで主人公の店とも縁を持っているようだ。
 「人肉食堂」本編から三十年後の時間軸からの出演ということで本人は老境に入っており、シルエットも腰が曲がったデザインである。ただし、殺人鬼兼食人鬼としての気迫は、いまなお現役ということもあって健在である。
 後学の機会に恵まれるか、身をもって教えられるかどうかはあなたの好奇心にかかっているかもしれない。


最終更新:2021年07月04日 17:43