ZAP SPACY

登録日:2012/03/26(月) 02:02:00
更新日:2019/12/23 Mon 18:48:04
所要時間:約 5 分で読めます




『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』及び『大怪獣バトルNEO』に登場する組織。

マルチバースのひとつであるM78ワールドの未来で活躍する。


ウルトラシリーズに登場する組織といえば防衛部隊が基本だが、このZAPは宇宙開拓や採掘した資源を輸送する宇宙規模の組織


………といった戦闘とはあまり縁のない組織である。

ただし輸送艦は地球に怪獣がいたころに使用した戦艦の使い回しで、一部封印はしてあるとはいえ武装は充実している。


あえて言うと

地球から怪獣を消せるほどの戦力を持った組織

というとんでもない組織である……。


事実、発足間もない頃にレイブラッド星人がM78ワールドで「ギャラクシークライシス」を引き起こした際、地球にも大量に出現した怪獣たちを(ウルトラマン達と協力する形だったとはいえ)すべて撃退している。

○主な人物

□スペースペンドラゴンのクルー

  • ヒュウガ(日向 浩)
ペンドラゴンの艦長。怪獣コニタン。ヒロイン。
ボスと呼ばないと反応しないためクルーからはボスと呼ばれている。
豪快であり決断力に富むが何より仲間思いの良き人物。
そして彼は何より人間離れしたところがある。
例えば、

  • アイスラッガーを使ったり
  • 暴走したレイモンの攻撃を受けても死なない
  • どころか逆に素手で倒す
  • 挙句の果てにジャンキラーにジャンファイトした

……ボス、あなた一体何者ですか。


ゴモラ等の怪獣を操る能力を持つ“レイオニクス”という存在の青年。惑星ボリスでスカウトされた。
その正体はレイブラッドの血を引く地球人レイモン。
当初は反抗的な態度をとっていたが交流を深めていくうちに和解し立派な艦の一員であり仲間となる。

NEOの初めで拘束され、裏設定でNEOと銀河伝説の間にまたも拘束されている苦労人。


  • ハルナ(榛名 ジュン)
ペンドラゴンの副長。ヒュウガがいない際は艦長代理として務めた。
認めた人物でないと反抗するという厳しい性格でレイも当初は懐疑的に扱われていたが幾度も助けられることで認める。


  • クマノ(熊野 正彦)
エンジニア。その正体はダークメフィストじゃないよ。後に別世界駆除班班長になったりもしないよ。
優秀なエンジニアの腕を持ち「魔法使い」の名で呼ばれる。童貞的な意味ではない。
ペンドラゴンに対しての愛着が強く、魔改造された際は「俺のペンドラゴンが……!」と嘆いた。
キングジョー等ロボットにも精通しており、別宇宙のオーバーテクノロジーであるジャンボットすら修復する程。
何故かガルベロスにも詳しい。


  • オキ(隠岐 恒一)
怪獣マニアで怪獣学を専攻していた。言わば第二のテッペイ
怪獣を目にするとそこで判断力が無くなる困った面はあるがその知識量は豊富で怪獣図鑑コーナーのメインも務める。
ちなみに相方はクマノ。

ただし怪獣だけであるようで宇厳密には機械であるロボット怪獣や宙人については興味はあるが知識量は十分ではない。
後に宇宙人についても詳しく勉強していたようだ。

何故か50年後には地球司令官となっていて対怪獣の指揮を執っていたが、
レイブラッド星人が憑依したデスフェイサーとゴモラ&EXゴモラの戦いにかつてのレイを思い出していた。


□ゴースタードラゴンのクルー

  • ヒロキ(榛名 ヒロキ)
ハルナの兄でゴースタードラゴンの艦長。以前はペンドラゴンの副長もしていた。
ボリスの最高責任者でパイロットとしての腕も一流。


  • アトウ
榛名ヒロキの部下である科学者。
丁寧口調だが性格はあまり良いとは言えない。
目立つモブなので黒幕と視聴者から思われたがそんなことなかった。
べラルゴシティで家族を失って以来、怪獣に嫌悪感を抱いている。
その為怪獣を操るレイを信用しておらず、後に彼の密告でレイは拘束される事態となった。

まさに、某クズジャーナリストと並ぶ、恩知らずな奴である。


□その他

  • 地球本部司令官
レイを通常の人間でないということで拘束を命じた人。
出番がほとんどない空気。

  • ムサシ
エリートクルーでありゲストキャラ。
決してウルトラマンコスモスには変身しない…と思う。

【ZAP SPACYの退治・対処した怪獣】

レイ及びレイの操る怪獣が倒したものは除く。

  • サドラの群れ(第6話)
  • ガンQ
  • ブルトン
  • ベムスター(NEOの個体)
  • キングジョーブラック軍団
  • キングジョースカーレット

ZAP SPACYの援護により、ベムスター戦、ファイヤーゴルザ戦、エレキング戦、ベロクロンドラゴリー戦、ドラコ戦、
アーマードダークネス戦ではレイに、ベリュドラ戦、ビートスター戦ではウルトラマンゼロに勝利をもたらした。
また第7話では、死にかけたレイがZAP SPACYの活躍によって復活しており、ウルトラマンベリアル戦では暴走したレイをヒュウガがノックアウトして正気に戻している。


○メカニック

  • スペースペンドラゴン
大型宇宙輸送船であるが、かつてはネオマキシマ・オーバードライブをエンジンとした立派な戦艦であった。

小型の戦闘機であるドラゴンスピーダー二機がついておりそのまま戦艦の一部となっている

武装はワイバーンミサイル、対アステロイド砲
後にクマノの手により砲塔だけ残ったハイパーオメガ砲が復活されるも一発撃った際に修復不能となった。

なおハイパーオメガ砲はガンQを一撃で葬ったほどの高威力を持つ。

その後、ペダン星人ダイルの手により魔改造され、
まずは『火力の底上げ』と、ハイパーオメガ砲の部分をチートで名高いぺダニウムランチャーに改造。
このペダニウムランチャーは小惑星ごとベムスターを葬り去り、ブラックキングジョーを部隊ごと消し飛ばし、
アーマードダークネスと言ったラスボスクラスにも通用する破壊力を持つ。
ワイバーンミサイルと対アステロイド砲の威力も底上げされ、一斉攻撃でベムスターすら撤退させる程の火力を手に入れた。
その結果、怪獣に対し互角以上に撃ち合えるようになった。

  • ゴースタードラゴン
ペンドラゴンの同型の輸送船。
違うのは色だけと思われる。
ボリス脱出後はZAP宇宙基地に停泊していたがダイルの襲撃の際にレイとヒュウガが乗り込み惑星ハマーに墜落し大破。
ハマーの爆発に巻き込まれたと思われる。

  • 宇宙船トリスタン
同じくペンドラゴンの同型艦。
ペンドラゴンが惑星ボリスの調査任務を受けたために、本来の任務だった惑星アボロへの物資輸送を引き継いだ。
同型艦を複数率いてボリスへ救援に向かう際、キングジョーブラックにより撃墜・全滅した。

  • 宇宙船シャムロック
同じくペンドラゴンの同型艦。
惑星ボリスの物資輸送を担当していた宇宙船。地球基地でオーバーホールを受けていた。名前だけで未登場。

  • 宇宙船モリガン
同じくペンドラゴンの同型艦。
惑星ボリス脱出後のペンドラゴンから、人々を地球に送り届ける任務を引き継いだ。名前だけで未登場。

  • その他救援の宇宙船
宇宙船君いたの?

  • エルドラゴン2
漫画『大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー』に登場。やはりペンドラゴンの同型艦。
惑星ボリスの事件から50年後の地球で怪獣達を相手に奮戦していたが、
突如ボリスから飛来した“電脳巨艦プロメテウス”の攻撃で撃破されてしまった。

○武装

  • トライガンナー
ZAP SPACY隊員達が携帯する光線銃。

  • リサーチシーバー
ZAP SPACY隊員達が携帯する通信機。
通信の他、バイオセンサーやビデオカメラの機能も持つ。後にバトルナイザーの波動を探知できるように改良された。

  • ハンディコンピュータ
分析等に使用する高性能ノートパソコン。



生身で暴走レイモンと渡り合える人は追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/