限定ジャンケン

登録日:2010/10/15(金) 18:49:35
更新日:2021/01/19 Tue 22:45:55
所要時間:約 4 分で読めます




こんばんは 私…今日皆様のギャンブルのお手伝い、このホールのホールマスターをおおせ付かっております利根川といいます

ではさっそくですが…これから皆様の行うギャンブルを説明しましょう。

説明は一度のみ 、繰り返しません。
後に質問されてもお答えしかねますのでどうか皆様、集中力を持ってお聞きください。





では…まず皆様が入場の際手渡された「A」の袋を開封してください……!




それが今夜皆様の運命を握るギャンブルの種目でございます

我々は考えました……
何を扱えば皆様全ての方に平等、公平なギャンブルになるだろうか……と

それです。その図形を見てよもやその意味するところを知らぬ者はこの中に一人もいないでしょう
皆その遊戯は熟知してらっしゃる。これほど公平な種目はない
今夜は皆様各一人一人の運命をそのカードによって決していただく

ただし通常のやり方のようにグーチョキパーを無制限には出せない。それぞれ4回ずつとカードによってその機転を限らせていただいた

つまり…
最初にグーを連続4回出したらもうグーを出せないということです。
残るカードはパーとチョキしかないのだから……お分かりかな?
今夜するギャンブルは通常の自由無制限ではなく、ややその可能性をしぼられている。言うなら…
限定ジャンケン……!

ざわ...
 ざわ...

さて…では「B」の袋を開封してください
★★★

星が三つ出てきたはずです。ではこの三つの星を左胸に付けてください。

以上です……
これで今宵するギャンブルの準備は全て終わりました。
要するにカードでジャンケンをしていただき、皆様が胸につけた星を奪い合っていただく
ただそれだけです。


さて…では肝心のカードジャンケン…そのやり方ですが、まずボックスの前に一対一で対峙していただく
そして互いに闘う意志を確認したらチェックと発声し、互いにこれから出すカードを自分の顔の斜め前に持っていき確認していただく。
続いてセット こう発声後、カード裏側を上に伏せていただき…
最後にオープン……!
こう発声のもと表側を開く……!
これだけです。
開いた結果、あいこならば星の移動はない。
しかし勝ち負けが出た場合は勝った者が負けた者の胸から星を一つ受け取り自分の胸へ。
それをこのアニヲタWikiにいる全員で自由に相手を決め、ただただ繰り返していただく。
なお、一度使用したカードはボックスの真ん中にある投入口に入れていただく。
つまり一度使用したカードは二度と使用できないということです。


それではいよいよこのギャンブルにおける「勝ち」とは何か…についてお話しします。
とにかく『最終的に星を三つ確保して時間内にカードを全て使い切る』という事だけです。


ではこのギャンブルによる「負け」は三つ。
一つは星を四つ五つ持っていようと時間内にカードを使い切れなかった場合
二つめは時間終了時にカードを使い切っても星が二つ以下な場合
三つめは星を全部なくした場合…この三つです。

まあ……言うなら今回のギャンブル…
星は寿命
カードは機会
こう考えていただければ大筋間違いではこざいません。


これで私の説明の全てを終わらせていただきます


え? それで終わり? 

軍資金の使い道は? 負けた後の処遇はどうなるの?

Fuck You…! ブチ殺すぞ…ゴミめら…!


※以下、ネタバレ注意

‐『賭博黙示録カイジ』希望の船編の主な登場人物‐


伊藤開司
物語の主人公。
古畑の保証人になった事から裏の世界へと向かう事になる。
頭脳はいい、そしてピンチにも強いがここぞという時に勝てないタイプ。


古畑
カイジを保証人にした後行方をくらましていたがエスポワールで再会。
カイジの言う事はしっかり聞くが後に…


安藤
デブ。カイジらと協力する事になるがチームの足を引っ張ってしまうデブ。最終的にカイジを裏切るデブ。


船井
関西人。自称『過去数回エスポワールに乗りこんだ』人間。
カイジを騙し、星を二個奪っていった。
後にカイジに敗れる。


ハイエナ
バランス理論の男。
星が少ない人間を狙うやらしい奴。
後にカイジの策にはまる。


北見
頭はいいがピンチに弱いタイプ。臆病。


石田
真っ裸ルームで知り合った気の弱いオッサン。今回はあまり出番無し


利根川幸雄
ホールマスターとして参加者にルールを説明したFuck Youなおじ様。
彼の言葉一つ一つに重みがある。是非聞いて欲しい。


遠藤
ヤクザ。カイジがエスポワールに乗り込むきっかけになった人物
劇場版では女になった



中間管理録トネガワによって判明した小ネタ

スピンオフ作品では後付け設定となるが色々な小ネタが判明した。
これによりいかにして利根川と周りの黒服たちが苦労していたのか、よく分かる様になっている。
  • 発案者は利根川の部下の黒服の1人である佐衛門。ルール以外にもカードデザイン等、殆どが佐衛門のプレゼンによって決定した。
  • 企画書提出期限前に兵藤がハワイに行ってしまったため、利根川は企画書を出すためだけにハワイに行く羽目となった。
  • 参加者の残りカード数がボードに表示される様になっているが、実はボックス1つ1つに黒服が入っており手動で集計している。尚中身はネットカフェの様になっており5時間いても平気との事。動物と一緒にいる者もいる。
  • 上のような事態になったのは、道具発注時に何の仕掛けもしていないただのカードと箱を注文してしまったため。流石に利根川は激怒したが、集計の為に黒服が箱の中に入った事には素直に感心していた。(ただし、中身を見てもやもや状態に陥ったが)
  • 上記の利根川の『Fuck You…!』以降の下りの台詞は実は非難を浴びる事を想定し、事前に考えておいた台詞である。
  • 兵藤の気まぐれにより2回目の開催は1回目の3日後に行われる事に。経緯は不明だが参加者は無事集まった模様。
  • また2回目の開催では利根川が潮風で喉をやられてしまい、代理として山崎(黒服の1人)が演説を行ったが、噛みまくりで上手くいかず、最終的にはクイズ番組の様なノリで参加者たちを盛り上げてしまう事になってしまった。

‐『カイジ 人生逆転ゲーム』での限定ジャンケン‐

実写映画版でも行われたが、以下の点が異なる。
  • 掛け声が「チェック セット オープン」ではなく「じゃん けん ぽん」。
  • 制限時間が30分。
  • 軍資金の貸し出しはなし。参加者は星三つを強制的に三百万で買わされる。その代わり、ゲームクリアできれば帝愛が星一つにつき百万で買い戻してくれる。
  • 敗者は地下労働施設に送られる。原作でカイジは生還したが、映画では敗北し、地下送りとなった*1

‐『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス』にて‐

大晦日の恒例となった絶対に笑ってはいけないシリーズだが、2020年は5人がラスベガスでギャンブルをするというものだった。
笑いのトラップをなんとか凌いでいく5人だったが、やがてお馴染みの引き出しネタがやって来る。
浜田の机には謎の封筒とDVDが入っており、その封筒にはカードが入っていた。
そしてそのカードの絵柄は、我々が知る限定ジャンケンの絵柄だった。
方正や遠藤も「これカイジのやつですよ」と呟く。
DVDを再生してみると、画面には利根川幸雄本人が登場した。

「芸能界のクズ中のクズ、世田谷の底辺!浜田雅功!
 年を追い夢も希望も失い死人のように生きるお前に千載一遇のチャンスをやろう!」

利根川は語った。
これから浜田には帝愛グループが考案した限定ジャンケンに挑戦してもらう。
勝ち、もしくはあいこなら豪華賞品が貰えるという。
だがもし負ければ、強烈なタイキックの餌食となる。
対戦相手は帝愛グループが用意した「タイジ」という人物。
両社がテーブルに着き、勝負が始まろうとしたその時。
利根川の脳裏にある葛藤がよぎった。
もし浜田が負けたらタイキックを食らわせることになるのだが、浜田は半グレとの繋がりが噂される半グレ芸人。
そんな奴にタイキックなどしていいのか?帝愛グループと半グレとの全面戦争になるのではないか?と。
結局、あまりにもリスクが高いと判断し、浜田へのタイキックは断念。
ならば例年通り田中にするか、と考えるが、大げさなリアクションしかしない、善人面した小悪党の茶番は冷めるだけだ、として田中も却下。
では遠藤はどうか?
だがマンネリ、華なし、テレビ的効果ゼロの無用の長物では絵にならない、と考え、やはり却下。
では方正でいくか?
だが落語を始めて文化人を気取りだしたただの厄介者ではイマイチ。
となると、最後の一人の松本人志に決めようとする。
確かに松本なら他の雑魚4人より期待値が高い。
番組プロデューサーが怒られる可能性がある点が問題だが、そこは土下座をさせれば問題ないとして松本に決めかける。
しかし、もしプロデューサーが土下座を週刊誌に告発したら番組の終わり、それはまずい。
結局、例年通りの田中を対戦相手に指名した。
両社がテーブルにつき、双方がカードを出してあとは開くだけとなった、その時。
突然部屋の電気が消え、暗闇に包まれた。
何も見えない部屋の中で、何やらゴソゴソと音がする。
やがて電機が復旧したのだが、そこには暗視ゴーグルを付けたタイジがいた。
納得できない田中は抗議するのだが結局聞き入れられず、恒例のタイキックを食らったのだった。

  • タイジ
限定ジャンケンの対戦相手に用意された人物。
帝愛に多額の借金をしているのだが、そんな状況にも関わらずパチンコ、競馬、協定、裏カジノ、ありとあらゆるギャンブルに手を染め、働きもせずタイビールを飲んだくれ、トムヤムクンの食い逃げも辞さないクズ中のクズ。
カイジが正々堂々と勝負する人物なのに対し、タイジは停電している間に暗視ゴーグルを使ってカードを入れ替えるイカサマを行い、田中に勝利した。



 ざわ...
   ざわ...

項目の追記、修正…!
やってみせるっ……!

画像出典
『賭博黙示録カイジ』
作者:福本伸行
出版社:講談社
刊行年:1996

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年01月19日 22:45
添付ファイル

*1 正確にはカイジ自身は勝てたものの、コンビを組んだ石田がカードを1枚残して別室送りになったのを見捨てられず、連帯責任として自ら落ちた