アンヘル(KOF)

登録日:2012/03/04(日) 02:52:54
更新日:2021/07/09 Fri 22:56:04
所要時間:約 10 分で読めます





アンヘルとはTHE KING OF FIGHTERSに登場するキャラクターである。


格闘スタイル:てきとー
出身地:メキシコ
誕生日:3月6日
身長:168cm
体重:書いたら殺す
スリーサイズ: B92 W60 H89
血液型:O型
趣味:50ccのバイクいじり、ライブ
大切なもの:ヴィンテージB-3、デッキコート、P・Dシリーズの服
好きな食べ物:テキーラ、サボテン刺し
嫌いなもの:ギャンブル
得意スポーツ:サッカー(主にキーパー)
声優:冨永みーな(2001)→新谷真弓(2002〜)→小椋 美輝(XIV)
BGM:QT★@ngel(2002UM)


初登場は『KOF2001』より。白髪に近い銀髪で19歳。

秘密結社ネスツの工作員であり、K'達反逆者の抹殺のためK9999と共に行動する。
元々の性格なのか手術の影響なのか性格はかなりハジケており、『2002』ではそれが顕著。

具体的にどの辺を改造されたかは描かれていないが、小説版2001によると
「グラマラスなプロポーションと幼児的な性格を女の武器として最大限利用しターゲットに接近、素手による要人暗殺を目的に開発された改造人間兵士」
…とある。恐らく性格もネスツの手術によるものと思われる。もちろん記憶もいじくられてるのでネスツ幹部を嫌っている模様。

という事は体重の書いたら殺すというのも手術の結果…うわなにをするやめ(ry

抜群のプロポーションを持ち、けしからんおっぱいと高い露出度に我々の視線は日々釘付けである。
その愛くるしいキャラクター性と自慢のおっぱいで、今日も野郎達の愚息をライジングタックルしている事であろう。

特にバストはあの不知火舞を越える92cm…つまりアンヘルはKOF屈指の爆乳ちゃんなのである。確かにこんな娘に迫られたらホイホイとついていきたくなるのもわかる。
因みに同じ爆乳のシェルミーも92cmであり、トップタイ。

しかし彼女は致命的な問題を抱えている…誠に残念ながら、おっぱいは揺れない。


お っ ぱ い は 揺 れ な い


…何故じゃあ、何故なんじゃあ!あの爆乳を揺らさないとは何事だ!ネスツの豊胸技術はこの程度だったのかぁ!?だから壊滅したんだよ!!

かくして不知火舞の最大のアイデンティティは守られたのであった…
まあプレイモアもわかってるような気もするが。


あっちいけあっちいけ!

本編の活躍だが、『2001』ではクーラ、フォクシー、K9999と共にネスツチームとして参戦。
途中でフォクシーをSATSUGAI(したかに見えたがそんな事はなかった)して裏切る。

チームエンディングではイグニスを倒した後、K9999と共にネスツの本拠地で暴れまくり、そのまま行方不明になる。

小説版では常にK9999と共に行動し、彼にあられもない姿を見せたりもしたが、K'達との戦闘中に行方不明になる。
作者いわく「K9999の壊れっぷりを強調するため、彼にやられてあえない最期を迎えさせようかとも思った」との事。


所詮あにゃたはカモなのにゃー

『2002』では声優変更で性格も更にハッチャケ、語尾ににゃーとかつけ始めた。
ちなみに台詞の多くは中の人ネタである
さすがSNK分かってらっしゃる♪
『KOF02'UM』でも参戦しているので見つけたら是非使ってみよう!ただしネームレスとは余り絡まないが…
2002UMでの特殊チームイラストは先述の舞とシェルミーとの爆乳&むっちり太ももチーム。クッソエロい。

そんなこんなで一部で人気のあるマイナーキャラクターという感じのアンヘルだったが…


あたし〜? 仕方ないにゃあ

2016年発売の『KOF XIV(フォーティーン)』にてまさかの参戦を果たす。

第一報というか出典不明のリーク画像においてメキシコチームとして「アンヘル・ラモン・グリフォンマスク」という、確かに全員メキシコ人だがこれまで全くつながりがなかった3人をまとめられており、「流石にネタだろ」という見方が強かった。
しかし公式PVにて最初期からアンヘルの参戦が確定。ついにフルCGでばるんばるんとおっぱいを揺らすアンヘルがお目見え。
その後、公式サイトにてメキシコチームの概要が公式発表されて「アンヘル・ラモン・キングオブダイナソー謎の新キャラクター)」の3人で戦うことが明らかとなった。濃い……。
なお子供たちよ!恐竜覆面レスラー・キングオブダイナソーの正体は不明だ!

エンディングでは悪役に悩むダイナソーをナデナデしてあげた。オレの無式もナデナデして下さい。

特殊チームイラストはクーラ、シルヴィとの「ネスツガールズチーム」。



  • アンヘルの性能について解説

彼女の代名詞にアンチェインと呼ばれるものがある。ビスケット・オリバではない、念のため。

このアンチェインだが、始動技、派生技、フィニッシュ技で構成されており、プレイヤーはこれらを組み合わせ、派生させて戦う事になる。要するにチェーンコンボみたいな感じである。

ではあるのだが派生するだけで連続ヒットするとは限らないので、闇雲に出しても効果は薄い。アンチェイン以外にも返し技や突進投げもあるので、それらを駆使して戦うのがアンヘルの基本戦法である。
飛び道具も使える対空技もないので、いかにアンチェインを叩きこめる状況に持ち込めるかが鍵となる。

回避困難な怒涛の攻めや、『02』では通称「お手玉」と呼ばれる永久コンボもあるため、上位キャラとして、名を連ねている。超必殺技もアンチェインからの派生で使えるものもあるため、チャンス時には確実にねじ込みたい。

このように「格闘スタイル:てきとー」からかけ離れた精密な操作を要求されるが、使いこなせば多彩な攻めが楽しめるキャラクターである。

ただし、全ての技名がとあるバンド(とその前身の2つのバンド)の曲名の英語版(もしくは英訳)ほぼそのままというK9999と別方向にヤバい状態だったため、『XIV』では技名が片っ端から変更された。


主な技
  • 技名の後の()はXIVで変更された技名

【投げ技】
  • ゴーゴー フーテンガール(てきとーラッシュ)
掴んでラッシュを放つ

  • スターリット フィールド(シャドービヘッド)
背後に回り込み、首を掻っ切る

【特殊技】
  • センスレス チャター(ミドルスピン)
素早いミドル蹴り。2ヒットする

  • アット ウェイストランド(ヘビーニーアタック)
空中専用。膝を下に向けながら落下する。発生が早い

必殺技
  • レッドスカイ オブ ヤポネシア(レッドスカイ)
素早く突進し相手の脚を固め投げる。奇襲や連続技に
「じゃーん」

  • マッドマーダールーレット(マッドマーダー)
投げ技。相手を掴んで蹴り上げる。出掛りに無敵時間あり。レッドスカイ オブ ヤポネシアで追撃可能。
「おばか…さんっ!」
外した時
「あららぁ?(あっちゃぁ…)」

【アンチェインサークル始動技】
  • フォーマリスツ ブルー(アンチェイン・ロー)
前進しながら下段への蹴り。リーチが長い

  • シチズン オブ ワールド(アンチェイン・ヒール)
その場でのかかと落とし

  • センスレスフィスツ(アンチェイン・トルネード)
やや前進しながらの上段蹴り。リーチが長く発生が早いうえ2ヒットする

  • レプンカムイ(アンチェイン・ブロウ)
腰の入ったボディブローと同時に地面に攻撃判定のない衝撃波が放たれる。やや発生は遅いが相手を浮かせる。
(EX版は相手を崩れダウンさせるので追撃可能)
「よいしょ!」

  • ビヨンド フレイムス(アンチェイン・ステップ)
ダッシュし、相手の間合いに入ると後ろへ回る。攻撃判定はなく、後ろへ回るとアンチェインサークル技が出せなくなる。
(こちらは後ろへ回った後でもサークル技を出せるように)

【アンチェインサークル技】
※2回連続でだせる連携あり

  • バイバイ リュウグウ(サークル・アッパー)
その場でのアッパー

  • インポテント シンプトム(サークル・アサルト)
飛び込んで下段に蹴りを入れる

  • バギー アンド コフィン(サークル・ハンマーブロウ)
打ち下ろし気味のパンチ。2ヒットする

  • シェルターフロム ストーム(サークル・ハイ)
上段蹴り。リーチは短いが発生は非常に早い

  • トレイン トゥ シー チェリーブロッサムズ(サークル・アンダーブロー)
膝をついて相手の足元に鋭いパンチ
「でーん」

  • ウィズ ア ランプ フォー パスウェイ(サークル・ソバット)
ジャンピングソバットを放つ
「あちょー!」

  • オーマガトキ(サークル・フェイント)
特殊サークル技。クルッと回る。レバーで前後に移動可能
「うぃっ」

【アンチェインサークルフィニッシュ技】
  • クラウン アンダー スカイ(フィニッシュ・ラリアット)
下からのラリアットパンチ。発生が非常に早い
「おらあ!」

  • ステート オブ ヒートヘイズ(フィニッシュ・ローリング)
バク宙しながら両脚を相手に叩きつける。発生は遅いが3ヒットし、強制ダウンを奪える。
「はぃよ!」

  • フルムーン イブニング(フィニッシュ・ストレート)
大きく振りかぶるストレートパンチ。発生は遅いがガード不能。
「このぉ!」

  • コズミック フーテン スイング(フィニッシュ・ネックカッター)
相手に頭に飛び乗り、回転して首を捻じ切る。移動投げ
「いただきぃ…」
「マンモォースっ!」
CPUはこの技を決めると必ず挑発に移行する

  • ロスト ホームランド(フィニッシュ・グラップキック)
相手を掴んでキックしながら大きく後方に飛び退く。投げ技
(「あらら?」)

  • ビヨンド フレイムス
始動技と同じ

【超必殺技】
  • ロイヤリティー テスト フォー リベラリスツ(レアルレイヴ)
アンチェインサークル技中に出せる突進からの乱舞技。無敵時間はないが発生が非常に早い。2002UM以降は普通に出せるようになった。
2002のMAX版の台詞が人気。
「Death!」
「あたしアンヘル19歳〜ちょっとお茶目な女の子っ!」
後に台詞はMI2でリチャードにパクられる事に。
(「フィーバーターイムッ! Death!」)

  • ザ アナイデンティファイド ビクテム コンシャスネス
2001のみ実装の当て身技。
地上攻撃では連撃、空中攻撃では掴んで地面に落とすと性能が変化する。
「ほい来た!」

  • ブルーマンデーカウンター
XIVで実装。後述のブルーマンデー パレード→サヴァイヴァーズ バンケットを纏めたもの。
当て身から相手を地面に叩きつけエルボードロップを放つ
「いっくにょー、ちぇいさー!」

【MAX超必殺技】
  • ウィンズ フェアグラウンド
「ほい来たぁ〜!」
地上攻撃に対しての当て身技。相手を何度も殴りつける。2002UMでは発動時画面が暗転しなくなった
「うりゃあうりゃあ、うぅりゃあー!」

  • ブルーマンデー パレード
「ほい来たぁ〜!」
空中攻撃に対しての当て身技。相手を掴んで逆方向に叩きつける
「うぅらあ〜!!」

【MAX2】
  • サヴァイヴァーズ バンケット
「とくと味わえ! アンヘル様の妙技を〜!」
ブルーマンデー パレードから派生する技。地面に伏した相手の周囲を回り、エルボードロップをぶっ放す。プロレスラーのザ・ロックのパクリ
「回って〜回って〜、うぅりゃあ〜!」
出せる状況が限定的過ぎて使い物にならなかったが、2002UMでは相手ダウン中専用技に変貌。汎用性が増した

【CLIMAX超必殺技】
  • アセンションタイム
ジャンプからのニードロープでダウンした相手を起こし、重い連続攻撃+胸元に顔を埋めさせ、止めにネックブリーカードロップを放つ技。食らいたい男性陣は多かろう。
「堪能してにゃあ!」
「あたしアンヘル19歳、ちょっとお茶目な女の子っ!」



「とくと味わえ、アンヘル様の追記・修正をー!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年07月09日 22:56