聖鼻毛融合(ボーボボ・フュージョン)

登録日:2009/12/12(土) 00:37:50
更新日:2021/05/07 Fri 00:10:43
所要時間:約 4 分で読めます





ボボボーボ・ボーボボの鼻毛真拳究極奥義の一つ。

細胞と細胞の超融合によって最強戦士を生み出す技。
ただし、制限時間は一分と短い(例外有)。

融合自体は基本的にボーボボさえいれば他は誰でも良く、人数制限も特に言及されていない。時には生物以外の素材を取り込むことで全く別の融合戦士が出来ることもある。
なお、誕生する融合戦士は外見・性格共に融合元となった人物たちの原型を留めておらず、最早別の漫画のキャラになる。
サイバー都市編では性別も変える事が出来る様になった。

融合戦士の名前はそのまま適当に繋げたもの。(例外有)


【融合戦士】


ボボパッチ

声:三浦祥朗
登場:ところ天の助
融合の組み合わせ:ボーボボ+首領パッチ

劇中最初に登場した融合キャラ。パッと見はセイ〇トセイヤ。
トランスフォーム「飴」状態の首領パッチをボーボボが食べる事で合体。
天の助のボケに一切乗らないクールな漢だが、武器は首領パッチソード(ネギ)。
必殺技は鼻毛真拳奥義「毛魅捨里ー(ケミステリー)」
その後は融合しようとする度に何かしらのアクシデントが発生したので登場したのは一回きり。
登場したのは最初だが最も影の薄い融合戦士。
おそらく融合戦士の中(後述の不完全を除けば)は最弱だと推測される。しかし融合元が一緒なのでパッチボボとほぼ同程度の強さでは?という意見もある。あまりに出番無さ過ぎて強さ分かりづらいんだけどね。度々本人達がこの姿になろうとすることも判断を迷わせる。

また、子どものときにフュージョンすると不完全ボボパッチになる。
一応大人バージョンと同じデザインだが作画が完全に崩壊しており抽象画のようになっている。(特に背中が酷い)でも結構強い。
この時の武器は魔剣エクスカリバー(線が途切れてる上にはみ出ている)
必殺技は「精霊降臨掌」

読み切り版にも同じ合体方法で登場しているが、デザインが異なる。


真説ボボパッチ

登場:ヘッポコ丸
融合の組み合わせ:ボーボボ+首領パッチ

真説で初登場した融合キャラ。真説となりボーボボの一年間の修行の成果もあってか、以前のボボパッチとは全く姿が異なり、髪が逆立ちノースリーブの服を着た少年となっている。ただ、武器はやはりネギ。
そのネギにじゃがいも、生タマゴとゆでタマゴ、サニーレタスを乗せていくことでさらなる力を発揮する真説ボボパッチソードを作り出すことができる。
真説ボボパッチソードの一撃で善滅丸で暴走した邪王・ヘッポコ丸のツノを斬り、彼を邪な力から解放した。



ボボパッチの助

声:田中大文
登場:三文明・ランバダ・ブラックボーボボ戦
融合の組み合わせ:ボーボボ+首領パッチ+ところ天の助

メインキャラ三人による融合戦士。
やたら派手な髪形と黒い衣装が特徴。
口調は「俺様」「愚民共」。

「マジで!?」な出来事が襲いテンションが低いと窒息死する「M・T(マジで・タイム)」の使い手

武器は先端が田中さんの頭をした「田中ソード」。使える技は「田中斬り」。

「まつ毛真拳」
作中で使用した技「フォーエバー」「ネクスト」

ママチャリで戦うとダサい。でもペダルはかっこいい。
そしてマゾ。

何気に二部でほとんど変わらなかった数少ないキャラ。



パッチボボ

声:木内レイコ
登場:ジェダ・白狂
融合の組み合わせ:首領パッチ+ボーボボ

ボボパッチになろうとした際、ボーボボの体内司令室で(自分の名前がボーボボより下にあることに怒った)首領パッチが体内の機械(!?)を勝手に弄った事で偶然生まれた融合戦士。
首領パッチの名前が上にきた影響なのか、彼の要素が強く、トゲを想起させる髪型。身体の周囲ではエネルギーが常にハジケている
その誕生経緯と非常によく似た存在であるシゲキXとの対比から、一部では首領パッチの擬人化態なのでは? と囁かれているとかいないとか。

鼻毛真拳よりもハジケ真拳を多用。
あらゆる物質を手の平から出す特殊な原子分解熱により融合する「物質ハジケ融合」を使い戦う。まるで博士
何故か融合物質が食べ物のケースが多い。融合に使った物体は強化・変質するらしく、麺が拘束具の役割をこなし、にんにくが爆発物に変わるなどする。
さらに、素材にする物がたとえ破壊されていようが関係なく、両断されたドンパッチソード魔剣大根ブレードとをそのまま融合し、支配剣さとうきびセイバーを生み出した。
当然その威力は跳ね上がっており、風神のジェダの風鎌もろともたたっ斬る切れ味を示した。発展性もさることながら、継戦能力も高いことが窺える。

「物質」と銘打ってこそいるがこれは人体等であっても関係なく
作中では激昂して接近してきた強敵ジェダをいまいち役に立たない覇凱王と強制融合
厄介な風鎌真拳をなんかモジャモジャして不快なだけの代物生成機に代えてしまい、強化だけでなく弱体化にまで効力を発揮した。
あまつさえ、触れると取り込まれ凍結する特殊なステージの氷を自身も巻き込まれながら天の助と融合させ、巨大な天の助を誕生させる準反則技まで見せ、
脅威だったステージギミックの無効化と天の助排氷ダバァによる攻撃、あと一応天の助の救出までを一挙にこなす等、かなりクレバーな立ち回りをしてみせた。

基本的に表情はあまり動かず、必要以上に発言しないなど比較的無駄なく相手を追い詰める。
また、特に意味もなくバズーカらしき火器を天の助に打ち込むなど、割と仲間の扱いが酷い。
ただしこれは天の助が意識を失う重体に陥った際には「助けてやる」と実際にそうした他、目覚めて意識が戻った直後に天の助を巻き込んでめちゃくちゃし始めたので、ツンデレなのでは?という声も。

見た目がサ〇ヤ人に似ているが気のせい。


パパパーパ・パーパパチ

登場:雨水戦
融合の組み合わせ:首領パッチ+ボーボボ

パッチボボの体内で二人の魂が二段融合することによって誕生した、究極ハジケ戦士
パッチボボがさらに長髪になり、両肩には「ハジケ魂」の刺青が彫ってあり、着ている服にはNOハジケNOLIFEと書かれている。

実力はパッチボボの状態の比ではなく、「聖魔無限支配剣 ニャンちゃんソード」…と言う名のただのネコを一振りするだけで地球を真っ二つに割るわ、その切り口から出てきたラッコたちが天体系を破壊していく「ラッコちゃん・インパクト」を放つわとシリーズ通してのぶっちぎりの最強格。
首領パッチの体内での勝手な行いによりこの姿となったが、パッチボボ本人ですらこの形態になるのは嫌がるなどその力は計り知れない。

雨水にウェディングケーキとバースデーケーキをぶつけながらハジケ真拳究極奥義 NOハジケ・NOLIFEをぶつけて葬り去った。

田ボ

声:國府田マリ子
登場:J・3フクロ戦
融合の組み合わせ:ボーボボ+田楽マン

何故か巨乳の美少女に。変身時間が5時間と無駄に長い。
ボーボボの血族のブーブブと酷似しているあたり、形質的なものが引き出されたから適性が高く長いのでは? との説もある。

怒ると韓国語になる。
せっかく大技を行使した融合戦士なのにか弱めの言動を見せたことからいっそ破滅的な歌での攻撃を期待されたが、アイドルで歌が上手い。
劇中に登場する彼女の楽曲「マジカル★ガール 田ボちゃんのテーマ」の作詞・作曲は武田信玄
好きな食べ物はお母さんのミソ汁、好きなタイプの男性は優しい人、尊敬する人はパパ、しかし将来の夢は宇宙の支配者
「ヌンチャク」の使い手で今時「アチョー!」とか言っちゃう。
ヌンチャクを使った際はぼちぼちのキレだが、それだけでJを始めとした強敵に対抗できるほどではない。

後に登場したボーボボの姉のブーブブにそのままデザインが流用された。田楽マン「パクリじゃーー!!!」

使用技
「ONE・SONG・ミュージアム」
異空間を生成し、そこで歌った歌詞が具現化されるという「歌が全てを支配する」鼻毛真拳超絶マル秘奥義。
どんな内容であろうと心から浮かんだワードをマイクを通して歌われれば何でも具現化され、相手を巻き込む。ボルテージが最高潮に達するとトドメ。
効果だけ見れば反則もいいところの技であるが、歌が途切れると異空間は解除され元の世界に戻ってしまうらしい。そのため、マイクを奪われたり歌う人がいなくなるのが弱点。
田ボ自身、単体だとそこまで強くないので狙われると抵抗が難しい事情がある。
逆に言えば味方なら誰が歌っても構わないので、融合していない仲間と明確に協力できる結構珍しい融合戦士の奥義。バカどもが妙なこと口走るせいでむしろ邪魔されてた? ハハハまさか

「田ボのドリーム絵本パラダイス」
絵本の中に問答無用で引きずり込み、数々の試練を挑戦者に与える。
試練の内容は基本的に鬼畜仕様で
  • 田ボ迷路
人体からスタートする迷路。制限時間は2秒。
実はこの迷路攻略不可能だったりする。
  • 森迷路
クマのマスを避けてゴールをめざす迷路。
でも他のマスはフリーザとか黄金聖闘士とかもっとヤバいのばっか。
  • ワンちゃん探し
一枚絵の中から田ボの弁当を取っていったを探し出す。全部同じ柄?知らんな
ちなみに正解の犬は木に隠れていた。わかるか!
  • 間違い探し
7つの間違いを探す。内容自体は割とまとも。
  • 似顔絵ロジック
いわゆるピクロス。

失敗するともちろん罰ゲームでダメージ。しかしほうほうの体でクリアしたところで、
その試練は全て新技の「鼻毛真拳新超絶奥義エメラルド・ハート」を繰り出すためのものでしかなかったというオチがつく。
この技を使った時は、まだ健気だった初登場時に比べて、試練に成功すると舌打ちを隠そうともしない等の性格の悪さがにじみ出ていた。

ちなみに、よく二次創作に使われるキャラで、全盛期時は2ちゃんねるに専用の絵スレが立つ程の人気があったキャラ。
アニメスタッフからも人気があったようで、当時まだ登場して間もないのにアニメ第一期OPに登場していた程。*1


天ボボ

声:竹内健
登場:ハンペン
融合の組み合わせ:ところ天の助+ボーボボ

趣味:モデルガン集め好きな歌:さとうきび畑の唄
好きなアニメ:火垂るの墓
好きな塔:ひめゆりの塔
モットー:戦争と平和

平和主義を謳っているが、実際はかなり残虐かつ無慈悲極まりなく普通に攻撃する。平和でない人がいたら殺す。
ちなみに「ぬ」のハンカチをしっかり持っている。


真説天ボボ

登場:ポコミ戦、ズノウ戦
融合の組み合わせ:ボーボボ+ところ天の助

真説になって、ボボパッチ同様新たな姿となった天ボボ。絶対防御を誇る「ところてんノヴァ」の使い手。
ポコミを破るも、その後のズノウ戦ではボーボボ・天の助ともに真拳を封印された状態で出てきたため使い物にならなかった。


金天ボ

登場時 クリムゾン、しぇふりん♡、ツーガンG戦
融合の組み合わせ:ボーボボ+天の助+ハレクラニ(の金の力)

天の助を食いちぎったボーボボがついでにハレクラニの出した札束=第三の金の力=「邪」を取り込むことによって生まれた姿。
長く振り乱した髪に開けた黒い服が特徴。
融合するコマと登場のコマの間で三つ目をボコボコにしてしまう掟破りや強さを持つが、ハレクラニの要素が混ざったせいかビュティが引くほどの残虐性も併せ持っている。
勝負師としての実力も本物で、ガチのロシアンルーレットを難なくこなしてしまった。
活動限界時間が訪れると天に召される。

技:ラスベガス・ナイト・ドリーム
出現させたカジノの機材を合体させて作った「ギャンブラーキャノン」を豪快にブッ放す。



横浜の純子

登場:シゲキX戦
融合の組み合わせ:ボーボボ+首領パッチ

別名「大人の女」
特殊な環境・状態・星座運の時に一億分の一の確率で生まれるという融合戦士。
見た目はネグリジェを着たロングヘアの妙齢の女性。
その実力は通常の融合戦士の軽く一億倍をいくらしい。
スカーフで肋骨を粉砕したり口紅で攻撃を防いで塔を壊すという怪物ぶりを見せた。

「真の大人」と名乗っているが、ビュティ達からは最低の大人と言われている。
「大人の鼻毛真拳」の使い手であり、あの魚雷ガールから唯一同格と認められている女傑。



魚雷ガーボ

登場:ビービビ戦
融合の組み合わせ:ボーボボ+魚雷ガール

登場してすぐにあぼーんした可哀想なキャラ。
一応融合戦士の中では最強らしい。
まあ相手がラスボスで、毛真拳に圧倒的に有利なビービビだったのでしゃーない。
決め台詞は「死にたい奴は誰だ」



ギザギザハートの子守唄

融合の組み合わせ:軍艦ナイフ

「聖鼻毛融合が使えるのはお前だけじゃないんだぜ」と高らかに宣言しておきながら、完全な出オチ。
戦闘力は不明だが、誰も止められなくなるらしい。
一応、自分で元に戻っただけだからはついてない。





追記、修正よろしく。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月07日 00:10

*1 初登場回の話が掲載されたジャンプが2003年9月発売、アニメ第1話は同年11月放送。しかもサイバー都市編は原作でも後期の話なため登場回までかなり離れている。