ユウキ/ソーンファンガイア

登録日:2020/02/26 Wed 05:23:00
更新日:2020/03/06 Fri 23:41:58
所要時間:約 3 分で読めます






言っておくが中立は認めないぞ。敵か味方か…はっきりしてもらう。


ユウキとは、特撮テレビドラマ『仮面ライダーディケイド』の登場人物である。
作中における立場と演じる女優から、前作『仮面ライダーキバ』に登場した鈴木深央/パールシェルファンガイアのリメイクキャラクターとも言える。
芳賀女史は『仮面ライダー555』のヒロイン・園田真理を演じた事でも知られる。
本項目では彼女の正体であるソーンファンガイアについても記述する。

演・声:芳賀優里亜(友情出演)




【概要】


私はファンガイアの女王として、ワタルと共に人間とファンガイアが共存出来る世界を創ろうとした…。

第30話に登場。
キバの世界』出身のファンガイアの女王。
見た目はボーイッシュかつ、ゴシックな服装を身に纏ったショートヘアの若い女性の姿をしているが、
激昂した際には顔と双眸にファンガイア特有のステンドグラス状の意匠が現れる。
また、左掌にはファンガイア族のクイーンの証たる紋章が刻まれている。

元々は門矢士達が去った後、ワタルと共に人間とファンガイアが共存出来る社会の実現に向けて努力していたようだ。
だが、「滅びの現象」に伴い、世界の融合が加速した結果、『キバの世界』と『ブレイドの世界』が融合
後には『響鬼の世界』までもが一つの世界に同化してしまった。

それが『ディケイド』TV本編最後の舞台・ライダー大戦の世界』である。
これにより、ユウキとワタルは『ブレイドの世界』の仮面ライダー達と不死生物・アンデッドを敵視。
2人は複数のファンガイアを率いて、『ブレイドの世界』の住人と交戦。
その最中に現れた士、小野寺ユウスケ光夏海に協力を申し出るが、
仮面ライダー同士が無益な争いを続ける事を望まない一同に拒否される。
更に士を背後から不意打ちしようとした部下のウォートホッグファンガイアが、
彼の変身した仮面ライダーディケイドに瞬殺されたのを見て、ユウキは独自に行動を開始する。

大ショッカーの大幹部・アポロガイストと契りを交わしたのだ。


参列者の諸君、よく来てくれた。

この契りの日を境に、君達は永遠のものとなるのだ。

お前達はアポロガイストの中で、永遠に生きるのさ。

見よ!これが…ファンガイアの力なのだ!

薄暗い教会で挙式した漆黒の花嫁姿のユウキと、いつもの白スーツに黒いマントをはためかせたガイ=アポロガイスト。
ユウキはアポロガイストにファンガイアとしての力を与えたようで、アポロガイストは黒いフード姿に蝋燭を抱えた参列者達に赤い吸命牙を突き立て、ライフエナジーを吸収
生命維持装置・パーフェクターを失い、余命僅かとなっていた身体に大量の生命エネルギーを注ぎ込んだ。


渇き切った命の砂漠に…ライフエナジーが染み渡っていくのだ……!

燃える……。

命の炎が、もう一度燃えていく!!


フッ…。この日が、復活の記念日となるのだ……!

だが、教会に士と剣立カズマ仮面ライダーギャレンが乱入。


その記念日を命日にしてやるよ。

現れたな、ディケイド!

ユウキは真の姿であるソーンファンガイアに変貌すると、裏で最初から大ショッカーに与していた配下のファンガイアとアンデッド達を率い、
仮面ライダー達と交戦を開始する。
やがてアスム/仮面ライダー響鬼と再会し、現状を知った海東大樹/仮面ライダーディエンドが珍しく純粋にディケイドに協力した事で劣勢に追い込まれる。
ディエンドのディメンションシュートでファンガイアとアンデッド達を吹き飛ばされ、自身も大ダメージを負ってしまう。
それでもマンイーターサーベルを片手に切り掛かろうとするが、ディケイド コンプリートフォームと、
彼が召喚した仮面ライダー龍騎サバイブのバーニングセイバーで返り討ちに遭い、ガラスのように砕け散って死亡した。
なお、本エピソードで複数の世界の融合を加速させていたのは、他ならぬアポロガイストであった。



【ソーンファンガイア】


貴様の(・・・)命日にしてやる…!

身長 187cm
体重 98kg
種族 ファンガイア族・アクアクラス
階級 クイーン
特色・力 敵の力を吸収する大剣「マンイーターサーベル」
クリーチャーデザイン 篠原保
鳥類モチーフ 不明
真名 「滅びゆく祭壇に、沈黙より深いキスを」
初登場回 『ディケイド』第30話「ライダー大戦・序章」


ユウキの正体である、ナマコの性質を持つファンガイア。
しかし、「ソーン(thorn)」という名は英語「茨」を意味し、外見もあまりナマコらしさは感じられない。
身体から生成するマンイーターサーベルを使った白兵戦を得意とし、
その剣先はファンガイアが人間のライフエナジーを吸収する為の「吸命牙」の役割も果たすが、後者の能力は劇中未使用。
だが、ザンバットソードを携えた仮面ライダーキバと共に放つ水色の光刃は非常に強力。
作中ではこの技で仮面ライダーレンゲルを一撃の下に葬り去った。

モチーフの通り、本来は水中で最も有利に立ち回る事が可能とされる。
だが、全身を覆うファンガイア特有のステンドグラス状の体細胞に水分を蓄える事により、陸上でも240時間は活動可能との事。

スーツは『ディケイド』第1話・第26〜27話に再登場したマンティスファンガイアの改造。
専用武器のマンイーターサーベルも、原典『仮面ライダーキバ』で、モスファンガイアなどが使用した武器の流用である。



お前達はアニヲタWiki(仮)の中で、永遠に追記・修正するのさ。


この項目が面白かったなら……\リュリュリュリュウキ!/