夏海まなつ/キュアサマー

登録日:2021/03/07 Sun 17:07:54
更新日:2021/04/13 Tue 10:46:30
所要時間:約 5 分で読めます





何が大事かは自分で決める!


夏海なつとは、『トロピカル〜ジュ!プリキュア』の登場人物である。


概要

本作の主人公。
薄い茶髪を黄色いリボンで結んだサイドテールが特徴的な明るい女の子。
元々は離島「南乃島」に住んでいたが、中学進学を境に母親が出稼ぎに出ていた都会の「あおぞら市」に単身引っ越し、あおぞら中学校1年5組に在籍する。
引っ越し初日に人魚のローラと出会い、更にはあとまわしの魔女一派の人間界侵略に遭うが、その中でプリキュアの資質を開花させ、キュアサマーの力でどうにか退ける。
以降、ローラによって半ば強引にプリキュアとしての戦いに巻き込まれていくことになる。

人物像

一人称はで、雰囲気に違わぬ明朗快活な性格。
好奇心旺盛で常に動き回っている活発さの持ち主で、表情も非常に豊か。
....というか、近年の同シリーズの登場人物と比較しても明らかに顔芸の頻度が高い。
第1話だけでも、興奮して目がしいたけになったり鼻息を荒げたり、驚いたり悲しいことがあれば目を見開くだけにあきたらず、顔をくしゃくしゃにして涙と鼻水を滝のように流したりと、様々な表情を拝める。

良くも悪くも非常に賑やかな一方で、父親との約束である「今一番大事だと思うことをやれ」という決まり事を深く胸に刻んでおり、それが人を助けることに向けば、例え相手が異形の怪物であろうと生身で物怖じすることなく全力全開で突っ込んでいくような芯の強さも持つ。
また、人懐っこくってコミュニケーション能力も高く、初対面が例え人間でなかろうと積極的に距離を詰めてくる。但し、名前呼びは本人の了承を得てからにしている等この手の主人公には珍しく礼節と距離感を常に弁えている。

田舎暮らし故に都会への憧れは大きいが、犯罪の特集番組を真に受けて怯える等まだまだ世間知らず。
また、コスメが好きという女子らしい趣味を持ちながらもおしゃれすぎる店には一人で入れない等、都会に馴染みきれていない部分も多い。
中学進学にあたっては部活を何より楽しみにしていたが、やりたいことが多すぎて決められずにいた。最終的には同じプリキュアの面々やローラも交えた「トロピカる部」を新たに設立した。

詳細は不明だが身体能力が既に常人離れしており、第1話での乗船のシーンでは、重い荷物を背負ったまま逆上がりの要領で空中で一回転を決め、そのまま上の階に登ってしまうというサーカス団や雑技団ばりの技を見せ、Twitterなどでちょっとした話題になった。
その一方勉強はあまり得意ではないらしく、授業中に居眠りしている他、部活設立にあたっての会議で黒板に「せつりつ会ぎ」と書いてしまう等の場面が散見される。

母親から貰った口紅が宝物で、彼女にとってメイクとは「勇気をくれる魔法」と同じことであるらしい。
「トロピカってる~!」という口癖を持つが、この意味は本人曰く「常夏の太陽みたいにキラキラまぶしい幸せな気持ちが、胸の奥からこうブワーっと湧き上がってくるような感じ」との事。

「可愛い」の許容範囲が他の人よりも広めで、第3話で水族館に行った際にはダイオウグソクムシやカエルアンコウといった俗に言う「イロモノ」にも目を輝かせており、周囲をやや引かせていたが、本人はお構いなしだった。

島ではちょっとした有名人らしく、船出の際には見送りが沢山いた。
但し本人曰く同年代の友人は居なかったらしい。

教室の席順は、黒板から向かって一番右上の角。
因みに、隣の席が意味深に空いているが....?

家族構成

  • 父親:夏海大洋
CV:原田晃
海の家やダイビングショップを営んでいる。
まなつに約束事を教えた人物でもあり、本人曰く「やりたいことがある」とのことで家族の中では一人南乃島に残った。

  • 母親:夏海(みどり)
CV:魏涼子
あおぞら市の水族館で飼育員の仕事をしている。
中学生の母親とは思えない程若々しく、まなつと並ぶと親子というよりも姉妹にさえ見える。

ちなみに、魏氏の亡き夫は生前キュアメロディの父親役を演じており、これで夫婦でプリキュアの親役となった。
前職は分割された日本の一角の首相だったらしい

キュアサマー


プリキュア、トロピカルチェンジ!

レッツメイク、キャッチ!

ク!

ズ!

ー!

プ!

ス!

ときめく常夏!キュアサマー!


夏海まなつが、トロピカルパクトで変身した姿。
初代プリキュアことキュアブラック以来実に18年ぶりの桃キュアではない主役キュアである。
村瀬亜季プロデューサーは白×トロピカルカラーであると明言しているので、キュアサマーは「白キュア+虹キュア」となる。
ただ、彼女の変身ハートクルリングはピンク主体であり、おもちゃ展開ではピンク色を振り分けられる事も多い。

髪の毛は黄色で、変身前の数倍近いサイドテールであり、髪留めの部分にはハイビスカスの花飾りがある。
また、髪をよく見るとピンクや青色で所々が彩られているのが分かる。

服装は白を基調としたセパレート型のセーラー服風で、ピンクを基調にし縁にレースが付いたセーラーカラーがあり、へそが出ている。
スカートは太腿が眩しいプリーツ型のミニスカートで、こちらも白を基調に縁がピンクと水色で彩られ、その下には薄い緑のフリルが見える。
両腕には指ぬきの白い長手袋があり、手首にはピンクのリボンが巻かれている他、手の甲にあたる部分がハート型にくりぬかれている。
足には白いパンプスを履いており、踵はピンクと水色で塗られている他、足首には白いリボンが結ばれている。

まなつ自身の性格も相俟って、戦闘ではあたり一帯を縦横無尽に駆け回るアクロバティックな動きを駆使して戦い、変身や必殺技バンクの際にも活発に動き回る。
また、ヤラネーダのパンチを受け止め、そこから投げ飛ばしてしまうパワフルさも持つ。

変身アイテム・武器

  • トロピカルパクト
ローラが、人魚の女王様から託された伝説のアイテム。
その名の通り二つ折り式の手鏡のような形をしており、名前はまなつが自分の感性と合わせて即興で思いついたもの。
ハートクルリングを鍵穴に挿すことで展開し、蓋の後ろにあるブラシを使って顔の各部をメイクをするかのようになぞり、最後に各々のハートクルリングの形を描いてコスチュームを作り、それを纏うことで変身が完了する。

  • ハートクルリング
「煌めく太陽のような心を持つ人間と人魚の心が通じ合った」時に現れるとされる指輪型のアイテムで、トロピカルパクトを開ける鍵になる他、ヤラネーダの出現にローラのピンチや位置を知らせるセンサーにもなる。
持ち主によって色や形が違い、サマーはピンクのハート型になっている。

  • ハートルージュロッド
まなつが持つリップが変化したロッド状の武器。
先端からリップを出すこともでき、必殺技の発動に使われる。

必殺技

  • プリキュアおてんとうサマーストライク
ハートルージュロッドにキスをして作り出したハートをフーセンガムの要領で膨らませて巨大化させ、太陽の形に変形させた後、それをロッドで相手に投げつける。

余談

本編に先駆けて、前作『ヒーリングっど・プリキュア』最終回Bパートにキュアサマーが参戦。
ヒーリングガーデンを舞台にすこやかまんじゅうを媒介に出現したメガビョーゲンと戦う。
しかし、人質にされた小さいヒーリングアニマルを救った後、メガビョーゲンの反撃を受け気絶するという先行登場には珍しいパターンであった。

1週違いで始まった1時間後の世界でも主人公が今までのパーソナルカラーでは無いことで話題になっており、しかも同じ白色と虹色を思わせるカラーラインが割り当てられている。奇しくも、その主人公もまなつと同じく常に全力全開で突っ走るキャラである。

プリキュアに目覚める前にトロピカルパクトを開ける際、力尽くでこじ開けようとする姿に某ウルフでゴリラな男を連想する視聴者が多数いたらしく、ツイッター等で話題になった。

演じるファイルーズあい氏は2019年の『ダンベル何キロ持てる?』の紗倉ひびき役で初テレビアニメ出演・初主演を演じてから3年目でプリキュア声優しかも主演を勝ち取った。で、誰もが思い浮かぶのがこのアニメ及びファイルーズ自身も筋トレ好きだということ。そんなものだから発表直後即座に「キュアマッスル」という異名が付けられることになり、さらに第1話の時点で常人離れした身体能力や前述のパクトをこじ開けようとしたことから印象が一層加速することになった。
そのファイルーズ氏といえば、2020年の時点で『キラッとプリ☆チャン』第3期のアリス・ペペロンチーノ役、『ミュークルドリーミー』の安西ときわ役と既に他局の日曜朝の女児向けアニメに出演済みであるため、このことでも話題となった。特に『ミュークル』では第2期もときわは続投するため、2021年春以降もトロプリと並行して出演することになる。
ちなみに前作主人公の花寺のどか/キュアグレース役の悠木碧氏は同じ事務所の先輩に当たり、主人公プリキュア声優としても先輩に当たる彼女から「楽しむことが一番大事だよ」とアドバイスを受けたという。


追記修正ビクトリー!


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月13日 10:46