黒化英霊/オルタ(Fate)

登録日:2024/03/02 (土) 05:38:40
更新日:2024/03/06 Wed 22:50:31
所要時間:約 24 分で読めます





※注意※

この項目にはFateシリーズのネタバレが含まれています。


本項目ではFateシリーズにおける「黒化英霊/オルタ」について記載する。


◆概要

英霊には様々な側面が存在する。例えば、いかに高潔な精神を持つ騎士王でさえ、心の内には負の感情を抱えている。

「オルタ」とはサーヴァントの大元である英霊が内に抱える、そういった負の別側面が強力な呪いなどの外的要因によって表面化した状態のことを指す。
この状態のサーヴァントは「○○・オルタ」と呼ばれる。正確な呼称としては「オルタナティブ」であり、「もう一つの、別の」という意味合いを持つ「alternative」から来ている。

パッと見の第一印象は全体的に黒っぽくなっている事が多く、元となったサーヴァントと比較すると特に分かりやすい。
その為初期はこの状態のことを黒化と呼び、黒化したサーヴァントは読んで字の如く「黒化英霊」と呼ばれていた(この「黒化英霊」という単語自体は『プリズマ☆イリヤ』のみで使われている)。

この状態はサーヴァントの正常な状態ではなく、正常な召喚ではまず顕現する事が無い。
単に別側面を召喚するだけであれば、クラス等の違いで英霊の各要素の強調される部分が多少異なってくる程度であり、この状態に至るには、サーヴァント召喚時もしくは後付けで無理矢理霊基に手を加えられて改造された場合などが殆どである。

性格も生前の人格と大幅に異なり、ほとんどが悪人・外道になってしまっていることが多い。
そのためか、どうにも“悪堕ち”“洗脳”のイメージが強く見えてしまうのだが、その実態はあくまで属性の反転もしくは別側面の発露・強調であり、本人の本質には変わりないという。

同じ魂であるため、根っこの部分は通常時とオルタ時共に変わりなく、アイデンティティ自体は共通している場合が多い。
例えばアルトリアであれば、正道を以ての統治か、覇道を以ての統治か、という手段の違いはあるが、王であるという在り方の本質は変わらない、という事である。

ただし、個人としての二面性を持たない概念・事象を由来とする英霊や、最初から負の側面しか持たない、もしくは悪行などの逸話ばかりがメインとなる反英雄はオルタ化する事は出来ない。
なので、悪人として知られるサーヴァントが逆に善人化する、といったような事も無い。

こういった英霊召喚システムのありようは、言峰の語った「悪人が戯れに見せる善意 聖人が気まぐれに犯す悪行 この矛盾こそが人たらしめる」という言の象徴なのかもしれない。


◆オルタの基準について

「オルタ」と呼ばれるサーヴァントの基準は、実は明確にされていない。

詳しくは後述するが、主に『Fate/Grand Order』で様々なタイプのオルタが登場したことと、他のスピンオフにおいても単に負の側面を抱えているだけの場合や、精神汚染や黒化するのみではオルタとは呼ばれないことが明かされており、「オルタ」と「黒化英霊」は同じものに見えて明確に区別されている。

実際、『Fate/strange Fake』に登場したアルケイデスは「聖杯の泥による精神汚染で属性反転を起こしたヘラクレス」という、『stay night』のセイバーオルタとほぼ同じプロセスを経ての黒化による精神汚染を受けている*1が、ヘラクレス[オルタ]とは呼ばれてはいない。*2

とまあこんな感じで、黒化=オルタと一括りにする事は難しくなってきているのである。

これらの基準は正式な明言はされていないのだが、Fakeの作者である成田良悟氏のX(旧twitter)のポスト(ツイート)では、前述のアルケイデスの件に触れて言及しており、一応ルールというか線引きは存在している模様。

他にも、英霊の「別人格」としてのクラス、アルターエゴというエクストラクラスが登場しているが、こちらもオルタとは明確に異なる。

これは、オルタは単に英霊の別側面が強調されるだけであるのに対し、アルターエゴの本質はその別側面のみを切り出した純化であり、ベースの英霊とは独立した別人として扱われるため。
オルタになった結果、アルターエゴクラスがあてがわれたサーヴァントも居るけど。

のちに、FGO2部7章において、具体的な実情が語られている。
単なるサーヴァントの善悪属性の反転というより、英霊の生涯や信念といった「英霊の核となる要素」を自ら否定し裏切った姿こそが「異霊(オルタ)」と呼ばれる、という。



◆分類

オルタはそのタイプによって大きく四つに分けられる。

①聖杯の泥による精神汚染

アルトリア・ペンドラゴン(セイバー)[オルタ](SN版)が該当。
強力な呪いである「聖杯の泥」は負の感情を増大させる触媒になるため、これに漬け込まれたサーヴァントは属性が反転する。
聖杯の力による魔力の無限供給、戦闘能力の強化に加え、受肉している為に物理干渉力が増大している。一方で、肉体を得たことにより霊体化が出来なくなった他、暴走状態に陥り細かい制御が出来なくなる、という欠点も抱えることとなる。

②聖杯の泥以外の外的要因による変質

クー・フーリン[オルタ]、アタランテ[オルタ]、キングプロテア[オルタ]、紅閻魔[オルタ]、ニトクリス[オルタ]、エレシュキガル[オルタ]が該当。
聖杯の泥を使わずとも、聖杯そのもの、宝具、令呪などによって属性が反転し、変質するパターンも存在する。
ただこちらは聖杯の泥ほど影響力は強くないらしく、サーヴァントの状態も①のパターンより安定している場合が多い。これは聖杯自体はともかく、宝具や令呪による強制力は聖杯戦争や英霊召喚システムのルールの範疇にあるためと思われる。

③本来の歴史とは異なる人生を歩んだ存在

アルトリア・ペンドラゴン(ランサー)[オルタ]、エミヤ[オルタ]、沖田総司[オルタ]、ギャラハッド[オルタ]、アルジュナ[オルタ]が該当。
人間の人格を形成する最大の要因は環境である。無論、元々持っていた素養などにも原因はあるが、平行世界において同じ魂を持つ人間であっても、生きるために培った構成要素こそがその魂を象る。言わば、世界がその人の在り方を作るのである。
とある時点までは、彼らも確かに同じ魂のカタチを持っていたのであろうが、異なる環境で育てば、能力のみならず、最終的に持つ価値観等も変わってくるのは道理であろう。そういったIFの環境こそが人物を変える決定的な事象となる。
そのIFの環境下で、汎人類史に刻まれている本来の英霊としての信念を否定してしまうような人生を送ったために、結果的に通常霊基とは反転している状態になっている。
中でも、沖田総司[オルタ]は後述の④の特性も含むという稀有なタイプである。

④そもそも元となった英霊とは完全に別人

ジャンヌ・ダルク[オルタ]、沖田総司[オルタ]、謎のヒロインX[オルタ]が該当。
別人なら別側面でも何でもないじゃん…とでも言いたくなるかもしれないが、ベースになっているサーヴァントがいるという意味では広義の意味でオルタに該当する。
オリジナルを元に、あるいはその姿をコピーした上で霊基を構築し、本来の英霊には無い属性を付加されたりして改造される。
その為、誕生の経緯や在り方としてはむしろ違法サーヴァントのクラスとも言われていたエクストラクラス・アルターエゴに近い。


登場したオルタ・サーヴァント

作中で明確にオルタと呼称されたサーヴァントのみ記載。

アルトリア・ペンドラゴン(セイバー)[オルタ]



強くなりましたね……シロウ


登場作品:Fate/stay night、Fate/Grand Order
元となった英霊:アルトリア・ペンドラゴン
クラス:セイバー

覇道を以て統治する、非情に徹し切った黒き騎士王
Fateシリーズ初にして元祖とも言えるオルタサーヴァント。
『stay night』では、「この世全ての悪」に飲み込まれたセイバーが、聖杯の呪いに侵され、性質が反転した。衛宮士郎と接するときはかつてのアルトリアらしさが垣間見える時も…。
魔力放出の出力は通常霊基を大きく上回り、加えて聖杯からの無尽蔵の魔力供給により宝具の連続発動を可能とする。
一方、FGOでカルデアに召喚されたセイバーオルタは通常霊基のセイバーが聖杯の泥による精神汚染を受けた訳ではなく、最初からセイバークラスの別側面として召喚されている為、通常霊基のセイバーと別個で併存している。
ちなみに「アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]」はFGOでの表記。原作ではオルタ表記はなく、後に商品展開などで「セイバーオルタ」と呼ばれるようになり、FGOで上記となった。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]



喝采を! 我らの憎悪に喝采を!


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:ジャンヌ・ダルク
クラス:ルーラーアヴェンジャー

竜の焔を以て故国へ復讐せんとする、泡沫の魔女。
聖杯を手に入れたジル・ド・レェは当初、「ジャンヌ・ダルクの復活ならびに彼女による復讐」を望んだが、英霊ジャンヌ・ダルクは生前の自身の顛末に対して後悔や無念、憎悪などを抱いていないため、負の感情を持った別側面としてはそもそも召喚が出来ない*3。その為、ジルが「そうであってほしいと願った彼女の姿」として一から造り出された存在。言わば、ジルの創作サーヴァントであり、贋作英霊と呼べる存在。
「人間空母」に例えられる苛烈な戦闘スタイルに加え、竜種を操る能力を備える。
当初は「英霊の座」に記録そのものが存在しなかったため、サーヴァントとしての召喚は不可能だったのだが、とある一件により英霊の座に登録され、人理修正が終了するまでの間は召喚が可能となった。

アルトリア・ペンドラゴン(ランサー)[オルタ]



見るがいい、最果てにて輝く呪いの槍を。
敵であれ味方であれ、我が一撃は反逆者を殲滅する。


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:アルトリア・ペンドラゴン
クラス:ランサー

荒ぶる嵐の王、ワイルドハントの化身。
FGO版のセイバーオルタと同じく、最初からランサークラスのアルトリアの別側面として召喚されている。
どこがとは言わないが、一部分がとても成長している。
黒き聖槍ロンゴミニアドを振るい、善属性だけど黒き暴虐として振る舞う。
ちなみに、通常霊基の方が実装されるより前に、オルタの方が先に実装された唯一のサーヴァントである。

クー・フーリン[オルタ]



さて……殺すか


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:クー・フーリン
クラス:バーサーカー

血染めの戦場にて、遍く全てを鏖殺せんとする無情なる狂王。
アルトリアに続く、第五次聖杯戦争サーヴァントからの2騎目のオルタ。
女王メイヴが聖杯に「自分と共に在れる邪悪な王クー・フーリン」を願った事により生み出された。召喚者の願望が反映されているという点は上述のジャンヌ・オルタと同じだが、こちらは正真正銘召喚されたサーヴァント「クー・フーリン」自体が変質している。
快男児的な性格から一転、無慈悲な戦闘機械の如き冷酷な性格へと変貌している。
紅の海獣クリードの甲冑を身に纏い、より破壊力の増した魔槍ゲイ・ボルクを振るう。
ちなみにこのクー・フーリンのオルタはバーサーカークラスだが、これとは異なる正式に召喚した場合のバーサーカークラスのクー・フーリンも設定上存在している。しかし、こちらはクー・フーリン系列の中でも制御が効かない一際ろくでもない代物であるらしく、同クラスでありながら通常霊基よりもオルタの方がマシな人格をしているという稀有なタイプ。

エミヤ[オルタ]



いいじゃないか、皆殺しだ


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:エミヤ
クラス:アーチャー

名も信念も忘却し、守るべき日常さえ捨て去った鉄心の傭兵。
第5次聖杯戦争サーヴァント3騎目のオルタで、その在り方やビジュアル等ある意味一番登場が驚かれたオルタでもあろう。
オリジナルのような甘さは削ぎ落され、効率主義を第一とし、目的遂行の為ならば手段を選ばない冷徹な性格になっている。
剣を扱う通常霊基に対し、魔改造された二丁拳銃を操る。
『stay night』に登場したエミヤや『EXTRA』の無銘とは全く異なる人生を辿ったとされるが、そもそも、英霊エミヤ自身がとある人物が辿り着く可能性の一端でしかない。
なので、どちらかと言えば英霊エミヤとしてのIFというより、その人物のIFというべき存在。

謎のヒロインX[オルタ]



ブォン、ブォンブォン、バキューンズキューン、ズシャー!
……はっ!? 見ましたね、私の秘密のイメトレを!?


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:謎のヒロインX
クラス:バーサーカー

サーヴァントユニヴァースより飛来した暗黒騎士にして、天涯孤独のヴィラン。
謎のヒロインXから抽出したX因子を元に、禁断の魔術によって錬成された人造サーヴァント……という設定らしい。一応。
上記のジャンヌ・オルタのような、元になった英霊があるというタイプではなく、オルタの元となっているヒロインXとは正真正銘ガチで別人のサーヴァント。
稀少元素オルタニウムを媒介に、諸々のエネルギーを魔力へと変換するオルトリアクターを燃やし、赤い魔力を放つ邪聖剣ネクロカリバーを操る。

沖田総司[オルタ]



我は、魔を裂き、神を穿つ、人の祈りを束ねしもの。


登場作品:コハエースFate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚、Fate/Grand Order
元となった英霊:沖田総司
クラス:アルターエゴ

ただ一度きりの顕現のため生み出された、抑止の決戦英雄。
原典に当たる『コハエース』では桜セイバーと魔人アーチャーの「合体英霊」、『帝都聖杯奇譚』では桜セイバーが5騎のサーヴァントの魂と聖杯により「抑止力の守護者」として霊基再臨を果たした姿、という設定であったが、FGOで実装されるに至って、英霊「沖田総司」のオルタとして再定義された。
「幕末で死ぬ事無く生き延びていた場合の沖田総司のIF」抑止力の守護者になった、という更なるIF。
抑止力の行使の為に霊基自体が改変されており、生前の沖田ですら使えないビーム神速の剣技を操る。

ギャラハッド[オルタ]



礼儀作法のなってない淑女(レディ)だ。円卓(ラウンドテーブル)に傷がついた


登場作品:Fate/Requiem
元となった英霊:ギャラハッド
クラス:セイバー

守護の魂と聖なる盾を捨てた騎士の成れ果て。
汎人類史では聖杯探索を完遂したのに対し、彼は断念してしまった世界線からの出身。
彼の象徴とも言える盾の類は持っていないが、一応セイバークラスであるため、剣の宝具を持っており、この宝具で戦える。
しかし、彼本人は戦わず、マスターであるコハルの魔術師としての能力英霊憑依(ポゼッション)により、彼女本人に憑依し、力を貸す形で戦闘を手助けする。

アタランテ[オルタ]



間違いじゃない……間違いのはずが無いんだ!


登場作品:Fate/Apocrypha、Fate/Grand Order
元となった英霊:アタランテ
クラス:バーサーカー

叶わぬ願いに狂い果てた、魔獣の乙女たる女狩人。
アタランテの宝具「神罰の野猪」が常時発動した状態で召喚された姿。
元々は『Fate/Apocrypha』において、アーチャークラスのアタランテが「神罰の野猪」を発動するとこの姿に変貌するという設定で先行登場しており、当初はオルタとは呼ばれていなかったが、FGOに実装されるにあたって、オルタと定義された。
狩人としての「追い込みの美学」ではなく、魔獣としての「野獣の論理」に基づく、荒々しく暴力的な思考回路となっている。
ちなみに、「神罰の野猪」は脱ぐと通常霊基に戻る事が出来るので、FGOではアーチャーの通常霊基とは併存しておらず、かなりの気軽さで通常霊基とオルタの間を反復横跳びしている。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト[オルタ]



我が指揮に踊れ、死神


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
クラス:アヴェンジャー

魔神柱の絶対尊厳に屈し、音楽の神さえ否定した怪物。
異聞帯という特殊状況下でのみ成立したサーヴァント・アマデウスの黒化英霊。

アルジュナ[オルタ]



私は、神だ。
私は全てを手に入れた。

故にこそ一切の邪悪を絶ち、世界を救わなければ……。


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:アルジュナ
クラス:バーサーカー

人を捨て、創世と滅亡の輪廻を繰り返す概念と成り果てた授かりの英雄。
クルクシェートラの戦いで邪悪を憂いたアルジュナが、インド神話の神性全てを取り込み、超統合神性を得た姿。エネミーとしての名義は「神たるアルジュナ」となっている。
結果として元のアルジュナとしての人格をほぼ失っており、ひたすらに無感情かつ機械的。
彼の宿敵曰く、本来隠れているはずの性質が何らかの理由により反転して表層化し、貪欲に神性を獲得した結果生まれたもの、と見ている。
神そのものとも言える絶対的権能を以て、敵を殲滅する。
ちなみにFGOが初出となるサーヴァントのオルタでもある。

キングプロテア[オルタ]



シリアル・ファンタズム、展開。
私の指は世界を囲う――――


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:キングプロテア
クラス:アルターエゴ

反抗期の化身と化した、渇愛の巨獣。
通常霊基のキングプロテアがカマソッソにより令呪で変質させられた姿。
更に冥界のイグアナ「ソチナトル」のエッセンスを追加されており、攻撃性が増している。その為、エネミーとしての名義は「キングプロテア・ソチナトル」となっている。
最初からアルターエゴクラスであったサーヴァントのオルタ、というかなり珍しいタイプのオルタとなっている。

紅閻魔[オルタ]



弁明は聞かぬ。

ただ舌を出せ。


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:紅閻魔
クラス:セイバー

魂の緒を断つ、冷酷無慈悲なる火焔女帝。
通常霊基の紅閻魔がカマソッソにより令呪で変質させられた姿。エネミーとしては「朱瑞鳥・紅閻魔」となっている。
通常、紅閻魔には童女以降の時分など存在しないが、閻魔大王の名代として更なる成長を遂げた「未来の前借り」としてのIF。
神霊級の霊基規模を誇り、卓越した閻雀抜刀術により繰り出される斬撃はより巨大となっている。

ニトクリス[オルタ]



砂漠の暗き夜は此処に。
さあ、太陽に別れを告げなさい。


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:ニトクリス
クラス:アヴェンジャー

断罪の具現にして、冥府より裁定を下す神罰執行者。
サーヴァント・ニトクリスが生前の自分を否定し、代償に心臓を抉り出したことで自らオルタ化した姿。
天空神ホルスの加護を捨てた代わりに、冥府神アヌビスの加護を得ており、ビーストクラスにすら対抗しうる戦闘能力を得ている。

エレシュキガル[オルタ]



光栄に思いなさい。
冥界の女神みずから、踏みつぶしにきてあげたわ。


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:エレシュキガル
クラス:ランサー

天の牡牛の脚を駆る、冥界の女主人。
通常霊基のエレシュキガルがカマソッソにより令呪で変質させられた姿。作中では汎人類史における自身の別名である「ニンキガル」を名乗る。
エレシュキガルとして元々持っていた権能が強化されており、通常はイシュタルの宝具である神獣グガランナの召喚を脚だけだが、複数召喚する事が可能になっている。


類似例

オルタ呼称ではないが、作中で「黒化した」と明言されている、もしくは意図的に負の側面が強調、あるいは増幅されているサーヴァント。

丑御前



無知な者を無知なまま殺すのも、慈悲かと


登場作品:Fate/Grand Order、Fate/Samurai Remnant
元となった英霊:源頼光
クラス:ライダーアヴェンジャー

主に従いながら叛逆する、誰にも理解できぬ『忠義』を抱えし狂臣。
源頼光の怪物・魔性としての別側面。
当初は『Fate/Grand Order』においてNPCとしての登場だったが、『Fate/Samurai Remnant』で本格的にサーヴァントとして登場したのち、コラボイベントで再び逆輸入された。
精神が完全に破綻している上に人間としての源頼光の人格が存在しないため、目的を達成する手段として破壊以外を見出す事が出来ず、令呪による命令も本人は従っている認識のまま、おもっくそ命令を無視するという、正真正銘制御不能の狂戦士と化している。

ゴルゴーン



皆殺しだ。それ以外に何がある


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:メドゥーサ
クラス:アヴェンジャー

墜ちた女神が辿り着いた、英雄に狩られるべき魔物。
ゴルゴン三女神の一柱・メドゥーサの怪物としての成れの果て。
別側面というより、メドゥーサがどうあっても辿る最終的な末路である為か、メドゥーサ・オルタもしくはライダー・オルタとは呼ばれない。

牛若丸[ケイオスタイド]



その首、目障りです


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:牛若丸
クラス:バーサーカービーストⅡ

混沌の泥にて存在そのものを凌辱された、無尽の殺戮兵器。
ティアマトに捕らわれた牛若丸がケイオスタイドによる塩基契約により黒化した姿。
霊基レベルで改造された結果、兄の頼朝をはじめとした人間達への悪感情が憎悪として発露している。
騎乗スキルを失った代わりに、個体増殖スキルが追加されており、致命傷を負っても傷付いた体を捨てて増殖した別の個体に移る事が出来るようになっている。

平景清



源氏、死に候え


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:牛若丸
クラス:アヴェンジャー

「源氏」そのものを憎み、その為だけに稼働する怨霊。
平家武者達の源氏への怨念の集合体が、依り代の「源義経」に憑依したサーヴァント。まさかの牛若丸闇堕ちの別パターン。
源氏への怨みを抱く武者達の魂である「景清」と「義経」の意識が混濁している状態となっている。
不死身の景清としての性質を持つ為か、耐久が異様な程高くなっている。

アルケイデス



ああ、そうだ。我が骨肉、我が魂こそは、神になり下がった愚者(・・・・・・・・・・)の影法師よ!


登場作品:Fate/strange Fake
元となった英霊:ヘラクレス
クラス:アーチャーアヴェンジャー

高潔なる矜持も、英雄の誇りも、彼たる全てを捨て去った神殺しの復讐鬼。
元々アーチャークラスとして召喚されていたヘラクレスが、マスターの令呪三画の同時使用や聖杯の泥による黒化など様々な手段による精神汚染を受けた結果、アヴェンジャーに変質したサーヴァント。
高潔な英雄としての信念は消え去り、神々への復讐を是とする。

メガロス



▇▇▇▇▆▆▆▅▂────!!


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:ヘラクレス
クラス:バーサーカー

圧政と侵略の権化によって縛られた、人の形をした災害。
元々召喚されていたバーサーカーのサーヴァント・ヘラクレスが戦闘兵器として無理矢理改造された上で歪曲召喚された突然変異体。
霊基自体が強化されており、従来のヘラクレスよりも肉体もパワーも大幅に大きくなっていた。
亜種特異点アガルタにおいて、舞台をかき乱す災害としての役割を演じさせられていた。

ミノタウロス



コワイカ、コワイヨナァ…
クワレルモンナァ…!!


登場作品:Fate/Grand Order、Fate/Labyrinth
元となった英霊:アステリオス
クラス:バーサーカー

己を人たらしめる要素全てを失ってしまった、迷宮に潜む悲しき怪物。
怪物としての側面を強く持ちながら召喚されたアステリオス。
というより、人類史にはむしろこちらの方が有名であるため、ある意味正常に召喚されているとも言えるサーヴァント。
汎人類史の彼に見られた優しさや理性は無く、元の彼が望まなかった人喰いを嬉々として行う。

黒アイリ/黒聖杯



さあ捧げよ。その命、その魂を!
おまえたち全てを糧に、千年の悲願は成就せり!


登場作品:Fate/Grand Order
元となった英霊:なし
クラス:アヴェンジャー

泥を飲み干し穢れきった、反・願望器の化身。
Fate/zeroとのコラボイベント『Accel zero order』において登場した、「この世全ての悪」に汚染された大聖杯の受肉体。
アイリの名を冠してはいるが、実際にはユスティーツァの人格と「この世全ての悪」の呪いのハイブリッドと言える存在で、アイリとは別人。

ソドムズビースト/ドラコ―



───ご苦労。貴様らの最期は余が貪ろう。


登場作品:Fate/Grand Order Arcade、Fate/Grand Order
元となった英霊:ネロ・クラウディウス
クラス:ビースト

まだ生きたいと叫び、果てなきソラへと手を伸ばした最後の役者。
「ヨハネの黙示録」で語られる、繁栄した都市を滅ぼす赤い竜にして、キリスト教における最大悪「バビロンの大淫婦」。赤セイバーことネロ・クラウディウスがビーストクラスで召喚された姿。


ジャンヌ・ダルク[ランサー]



灰は灰、塵は塵。すべてを──等しく燃やし尽くしましょう。


登場作品:Fate/Samurai Remnant
元となった英霊:ジャンヌ・ダルク
クラス:ランサー

死なずの男を側で護るべく在り方を自ら歪めた、誰よりも優しき聖女。
Fate/Samurai Remnant にてランサーのクラスで召喚されたジャンヌ・ダルク。
容姿・能力は前述のジャンヌ・オルタと酷似しており、マスターの呪詛により精神汚染を喰らっている……

のだが、前述のとおり英霊ジャンヌ・ダルクはその強靭な善性からオルタ化ができないと明言されており、その通りに性格への影響は「多少ダウナーになる」程度で性質は聖女のままである。 


追記・修正は、聖杯の泥を飲み干してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

+ タグ編集
  • タグ:
  • 黒化英霊
  • オルタナティブ
  • オルタ
  • 尊厳破壊
  • 信念否定
  • 精神汚染
  • 同一人物
  • 闇堕ち
  • 闇堕ち→ではない
  • 悪堕ち
  • 悪堕ち→ではない
  • 反転
  • サーヴァント
  • オルタナティブ・サーヴァント
  • アルターエゴ
  • 別人格
  • 別側面
  • 異霊
  • オルタ化
  • カマソッソ
  • 属性反転
  • ややこしい
  • 人生否定
  • 黒化
  • 黒化≠オルタ
  • 違法サーヴァント
  • だいたいFGOのせい
  • 英雄堕とし
  • Fate
  • Fate用語項目
  • ぽこじゃか
  • 何故かなかなか立たなかった項目

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年03月06日 22:50

*1 『stay night』のヘラクレスも聖杯の泥に飲まれて黒化したが、こちらは操られただけで属性の反転には至っていない。

*2 ただし、アルケイデスは黒化による性質反転という理由以外にも、ヘラクレスという名前自体も忌み名として嫌っており、その名乗りすらおぞましいと考えているという事情もあるが

*3 ただし、『Samurai Remnant』において、通常霊基を召喚した後に精神汚染により黒化するというパターンはある模様。この場合はオルタと呼ばれない。後述。