火野レイ/セーラーマーズ

登録日:2010/08/16(月) 22:42:59
更新日:2019/07/21 Sun 21:59:59
所要時間:約 5 分で読めます




火星に代わって折檻よ!

火野レイとは、美少女戦士セーラームーンシリーズの登場人物。

CV:富沢美智恵(無印~セーラースターズ)/佐藤利奈(Crystal)
演:北川景子(実写版)

誕生日:4月17日
星座:牡牛座
血液型:AB型
誕生石:ダイヤモンド
好きな色:赤、黒
好きな食べ物:フグ
苦手な食べ物:缶詰のアスパラ
好きな教科:古文
苦手な教科:現代社会
趣味:占い
特技:座禅
嫌いなもの:TV(原作のみ)
将来の夢:宮司 (アニメでは国際派キャリアウーマン)
好きな宝石︰ルビー


ちょっぴり怒りんぼうの霊感少女。

初代テレビアニメでの初登場は第10話「呪われたバス! 炎の戦士マーズ登場」。
黒髪ストレートのロングで少し天然ボケな女の子。 強い霊感を持っており、迫りくる危機を察知したりする。また、炎の力を借りた占いやおまじないが得意。

学校はうさぎ亜美と違い、私立T.A女学院に通う。モデルは現実でも麻布界隈にある東洋英和女学院と思われる。

家族構成は火川神社の宮司を務める、原作ではダンディーだがアニメではちょっと癖のある祖父と、滅多に会わない政治家の父親、自身を含めた3人。
母親は既に病死しており、キリスト教の墓地に埋葬されている。
原作/実写では母の死に際に立ち会わなかった父との確執が描かれていた。

好きな食べ物はフグ、嫌いな食べ物は缶詰のアスパラ。

       “缶詰”のアスパラ

大事なことなので2回言いました。こだわってるなあ。
なお、旧アニメ版ではレイは手料理をしないキャラとして描かれており、花見の弁当がラクダナルド(マクドナルドのパロディ)だったり、作れるカレーの種類がレトルトカレーだったりする。


何気にレイちゃんの初デートの相手はこの方


炎の戦士として情熱的な性格で、うさぎによく意地悪なコトを言ったりするが、誰よりもうさぎを大切に想っている。いわゆるツンデレの走りといえるかも。


黒髪ロング、巫女、ツンデレと割と属性のあるレイちゃんだが、大事なコトが1つある。




アニヲタなのだ


火のセーラー戦士がこんなにアニヲタなわけがry
しかし、こんだけの属性がありながら亜美ちゃんに人気は劣る。やはり炎は水には勝てないのか‥‥





マーズ・パワー!メイクアップ!

マーズ・スターパワー!メイクアップ!

マーズ・クリスタルパワー!メイクアップ!


■セーラーマーズ■


火野レイが変身する、火星を守護星に持つ炎と情熱の戦士。3人目のセーラー戦士である。
必殺技は手をカンチョーのように構えて放つファイヤー・ ソウル。

無印の時は、お札で相手の動きを止めたり、ジュピターに並ぶ攻撃力があったりと中々の活躍をしていたが、
R以降は新キャラやうさぎのパワーアップなどインフレによりギャグ要員になることが多々あり、高い能力を描かれることが少なくなっていった。
霊感の高さは変身前でも役立つため、日常シーンでも危機を察知したりするのに役立ったが。


マーズの決め台詞
「火星に代わって折檻よ!」

はアニメージュの一般公募で決まった台詞。


セーラー戦士で唯一ハイヒールを履いていおり、原作の台詞には

「ハイヒールでおしおきよ!」がある。

ツンドラなセーラーマーズにハイヒールで踏まれる‥‥‥最高ではないか。

他にも色々あり、

情熱の炎と臨・兵・闘・者、祈りの炎で悪を討つ。
赤いヒールの、セーラーマーズ!
(テレビアニメR)

火の星!火星を守護に持つ戦いの戦士!セーラーマーズ参上!
(原作)

愛と情熱の戦士、セーラーマーズ!
(ミュージカル)

愛と情熱の、セーラー服美少女戦士、セーラーマーズ!
火星に代わって折檻よ!
(Crystal)

などがある。



ちなみにアニメと漫画/実写版では性格が少し異り、
男嫌い(というより恋はしないを信条としている、父の秘書である青年に惹かれてはいる)でテレビもうるさくてくだらないから観ない。
(ただしデビルマンとカルピス子供劇場だけは観ていた)といった設定があった。


さて、アニメ版の彼女を語る上で欠かせない熱い漢の存在はご存知だろうか。

その名は

熊田雄一郎(CV:島田敏

という。

金持ちのボンボンでありながら無銭旅行に勤しんでいた、きっと明日のパンツさえあれば大丈夫な旅人によく似た男である。

無印30話で初登場してレイに惚れるという自殺にも似た無謀さを見せ、そのまま火川神社に住み込んでレイの祖父の弟子となった。

いわば亜美ちゃん(マーキュリー)における浦和良くんのポジションにいる男だが、
彼は登場当初より一般人にも関わらす命を張ってレイを助け
その後も彼女の片思いを知りながらもソレをも受け入れて応援する懐の深さを視聴者にアピール。
とにかく無私の想いでレイの幸せだけを望み、時に盛大な勘違いすらやらかしながら……。
気がつけば愛すべきバカとしてアニヲタたちにも認知されていた。

そのためR以降は強制的に存在が無かった事にされた良とは異なり、後のシリーズでも思い出したかのように登場していた。
しかし出番といえばRではレイのおじいちゃんが新しく始めたプロテクトエステやジャズダンスの勧誘だったり、レイの買い物の荷物持ちだったり、Sでははるかを男と勘違いしてレイの元をあずさ2号を熱唱しながら去った所をカオリナイトに純(ピュア)な心の結晶を奪われたり、SuperSでは衛に嫉妬したり、心を鍛える修行と称してレイのおじいちゃんとガールハントに勤しんでやっぱりレイに怒られたり、完全にネタキャラであった。ピュアな心の結晶があっただけマシだが。
そしてスターズでは出番が無くなる。



実写版の女優は有名になる前の北川景子。
こちらの性格は漫画版に近く、ミステリアスな生真面目キャラクターとして登場。
強い霊感を持つ故に周囲から白眼視されており、孤立していた。
うさぎとも喧嘩友達ではなく、姉妹のような接し方をする。
生真面目故、当初まこととは折り合いが悪く、また美奈子とも彼女がレイを鍛える意味で、つっけんどんな態度をとる事もあり、険悪な関係な時期があったが、
両者とも衝突を経て和解している。
このように性格や立ち位置上、他メンバーとの絡みが多い。特に美奈子の死には号泣した。後日談では宮司の仕事に就いている。
後日談のOVでは一人だけ不参戦という不遇な扱いに……。
(大手事務所に移籍し、大々的な売り出しをかけようという時期だった為、出演はOKでも変身はNGだった)

でも心は一緒だから!

尚、演者は有名になった今でも他の4人を演じた女優らと交流を持ち、それぞれの誕生日に集まってるとの事。イイハナシダナー




















「雄一郎、掃除と追記・修正しておいて~」

「はい~お任せください~」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/