BayTrail-T(x86)*4


仕様

22nm Tri-Gate (Intel)
CPU:Intel Silvermont クアッドコア 1.33GHz~2.0GHz (TB 1.83GHz~2.39GHz) L2キャッシュ:1~2MB
GPU:Intel HD graphics 311Mhz~313Mhz (TB 688MHz~778MHz)
動画:Intel Clear Video HD、QSV
RAM:LPDDR3 or DDR3L-RS
SDP:2~2.2W


解説

Intelがタブレット向けに開発したSOC。
x86系統の命令セットの、Intel 64にも対応する64bitプロセッサコアを持つ。

内臓のグラフィックコアはデスクトップ・ノートPC向けのIvy Bridgeに搭載された物と同じもので、
ハードウェアビデオデコーダーのIntel Clear Video HDとハードウェアエンコーダーのQSVにも
対応している。

性能的にはARM系を上回るがプログラムの互換性が無いためにAndroidのアプリは一部ハードウェア
に依存する部分でARM系CPUをソフトウェアでエミュレートしている場合があり、そのために
本来の性能が発揮できない事がある。
また、アプリによってはまったく動作しない物もある。

ARM系CPUに無いメリットとして、Windowsを動作させる事が出来る。
この場合デスクトップやノートPCで使用するほとんどのソフトウェアとファイルをそのまま使用
する事が出来るため、そのメリットは大きい。