ガラック


「きょだいなハサミで ズタボロにしてくれるわ!」

任天堂がファミコンで発売したロボット格闘ゲームジョイメカファイト』の登場ロボット。
ワルロボとしてステージ2の8体の敵キャラクターの内の1体として登場。
倒しても仲間にはならないが、ハードモードをクリアするとSELECTボタンで対戦でも使えるようになる。

高く掲げたハサミ状のアームパーツと、4つあるレッグパーツが特徴的。
などの甲殻類を彷彿とさせる多脚ロボという、変わり種の多い『ジョイメカ』でもひときわ異彩を放つデザイン。
攻撃モーションも他に類を見ないようなものが多く、見ていて面白い。


原作での性能

ステージ2に登場するワルロボという事もあり、基本的に性能は低め。
序盤のキャラにしては速めの移動速度、速いジャンプ、使いやすい突進技持ち、と機動力はそこそこ。
必殺技もニー系?の突進・その場対空・投げ、と最低限は揃っているラインナップで、ハサミによる通常技もやや出が遅いがリーチが長く牽制に使いやすい。
だがいかんせん火力が低いのが問題で、ステージ2のキャラという前提があっても貧弱と言わざるを得ない。ボコボコよりはマシ、というレベル。
そういうわけでガチ対戦では通用しない弱キャラと認識されていた……の、だが。
研究が進む中で起点技がヒットしてもガードされても繋がる凶悪な永パが存在する事が発覚。一気にキャラランク上位へと躍り出る事になった。
肝心の永パの難易度がかなり高いという問題はあるものの、
ポテンシャル的にはワイスーパーザコあたりに迫る、トップ5入りを目指せるレベルとまで言われている。まさかの大出世である。

必殺技

  • リバースキック(AB同時押し、10POW)
その場で逆立ち姿勢になり、足をシャカシャカさせて蹴り付ける変な対空技。
モーションは変だがその場対空としては及第点の性能。持続が長めでダウンも取れる。

  • ガラックアタック(←タメ+B、8POW)
突進技。一応飛び膝蹴りと言っていいのだろうか。
モーション中に↓を追加入力すると飛距離が短くなり、Bを再入力すると2連続で出せる。
何故か他の突進技よりガード時の硬直が長くなるという性質があり、当て投げに繋げやすい。
永パの起点となる、ガラックの生命線とも言える技。

  • シャカシャカキック(→+B、8POW)
足を激しくシャカシャカさせながらゆっくり前進する変な技。
発生時の慣性によって動く方向が変わるらしく、着地と同時に入力or→B同時押しでその場に留まったまま出す事が可能。
永パではなるべくその場で出したいが、狙ってやるのは難しい。
モーションは変だが、出が早く持続が長くダウンを取れるので大事な永パのパーツになる。
ガードされると反確なのでむやみに出さない事。

  • ガラックスロー(相手に接近して→or←+A、10POW)
投げ技。ボコボコに次いで全キャラ中2番目に低火力という不名誉な称号を持つ。
だが、こんなんでも投げは投げ。無いと『ジョイメカファイト』では人権を失うし、何より永パのパーツなので非常に重要。

永パの方法は、
  1. 突進技のガラックアタックを相手にぶつける
  2. ヒットしたら浮いた相手にシャカシャカキック、ガードされたら硬直した所を投げでダウンさせる
  3. 起き上がりにガラックアタックを重ね、ヒットしたらシャカシャカキックorガードされたら投げ。以降繰り返し
というもの。
一見簡単そうに見えるが、ガラックアタックを当てた際にヒットしたかガードしたかを即座に見極める必要があり、
投げかシャカシャカキックかの判断を誤れば即失敗。
間合いやガラックアタックの飛距離の調整も必要で、さらにシャカシャカキックもなるべく前進しないように出す必要がある……と、習得はかなり難しい。
ハメvsハメ


MUGENにおけるガラック

卵寒天氏によるものが存在し、現在ははいうぇい氏によって代理公開されている。
なお、非常に分かりづらい所にあるので「ジョイメカ」でサイト内を検索する事をお勧めする。

他のシリーズ同様、現代の格闘ゲームらしい様々な要素が追加されている。
乱入者氏の外部AIが公開されており、AIレベルの調整が可能な他、
原作のCPUを意識した負けるごとにアルゴリズムが強化される発狂システムを搭載。一定操作で最初から発狂度を上げる事も可能。
貧弱な性能を補うためにレベル1から超反応を自重せず、
条件こそ厳しいものの、決まれば6割は持っていくループコンボを使ってくる。

出場大会



最終更新:2024年05月18日 17:47