ブライアン・バトラー



「手数で勝負じゃオレは倒せねぇ!

  デカイ一発、

   当てるつもりでこねぇとな!」

  • 格闘スタイル: アメフトで鍛えたパワー攻撃
  • 誕生日:4月15日(28歳)
  • 出身地: アメリカ
  • 血液型: O
  • 身長: 219cm
  • 体重: 142kg
  • 趣味: カーレース
  • 好きな食べ物: イモ料理、マッシュポテト
  • 得意スポーツ: ハンディング
  • 大切なもの: 愛車のバイパー
  • 嫌いなもの: 地道、努力

THE KING OF FIGHTERS』 に登場するキャラクター。
『'94』からの古豪名チーム「アメリカンスポーツチーム」のメンバー。
現役フットボーラーで、アメフトとプロレスを組み合わせた全く新しい格闘技を持つ。
担当声優は右京さん天草椎拳崇フリーマンなど数々のSNKキャラを演じているや乃えいじ(矢野栄路)氏が演じてきたが、
3DCGアニメ『THE KING OF FIGHTERS:DESTINY』では木内太郎氏が担当した。

なんと'94シーズンMVPを獲得した超一流アメフトプレイヤー。
格闘技経験は全くなく、TVでその活躍を見ていたヘビィ・D!にスカウトされ「面白そうだから」程度の気持ちで参加する。
全米で知られてるであろう有名人が気軽に怪しげな闇の大会に出場しちゃダメだろ…と言いたくなるが、
ブライアンの世代からすれば偉大なる先輩に当たるであろう人物似たような事しているので
格ゲー世界のアメフトプレイヤーはあまり自分の立場を考えないらしい。
しかし、KOFのおかげでストリートファイトの魅力に取り憑かれ人生を狂わされたヘビィ・D!やラッキー・グローバーとは違い、
彼は大会後ラッキーからどうするか聞かれた際、地元に帰ってアメフトに専念すると語って元の生活に戻っており、
また面白いことがあれば誘って欲しいとのことで、以降もKOFの時期にだけチームに加わっているようだ。

翌年の『'95』ではライバルチームに予選で敗れ出場できず、『'97』では「ヘルバウッ……なっ!!」の悲劇で知られる、
ニューフェイスチームとの果たし合いでシェルミーに敗れ、招待状を奪われたと思われる。*1
お祭り作品の『'98』で復活したものの、その後本編では全く音沙汰が無い
嬉野氏の小説版『'98』では真吾をフルボッコしたが、その後、紅丸に文字通り一蹴された
しかし、D!とラッキーは戦闘すらなく紅丸に負けているのでそう考えると扱いは良かったのかも…。


全員余裕の2m越えのアメスポチームの中でも一際体格の大きいキャラクター。
企画段階から存在するらしく、ある意味KOF最古のキャラである(元々『KOF』は完全新作になる予定だった)。
当初はヘルメットやボルトの付いたプロテクターでガチガチに固めた一般的なアメフトのイメージらしい外見だった。
後のM型サイボーグが彼とよく似ているので、『'99』稼動時は主人公オロチクローンと言われていたと同様に、
「ブライアンの成れの果てのウォーイ!サイボーグ」などの説が出回った。

外見やセリフなどからいかにも荒々しそうなゴツい男のイメージが強いが、言動は極めてまとも。
ルガールの格闘家コレクションに対し「何て趣味してやがんだ!ムチャクチャだな!」とツッコんでいた。実にごもっとも。
『'98』のインタビューでは「女子供を殴るのは性に合わないから勘弁して欲しい」と一流アメフトプレイヤーの貫禄を見せている。
『'97』で女子供の類にやられたことは触れてはいけない。
なお、あくまで現役アメフトプレイヤーである為か、他の二人と比べ背景やストーリーでの露出が少ない。
これをネタにされず幸運とするか、出番が無くて不運と捉えるかは微妙な所である。
ちなみにプロフィールの「愛車のバイパー」とは実在する高級スポーツカー「ダッジ・バイパー」のことであろう。

プロフィールの得意スポーツが「ハンィング」ではなく「ハンィング」とあるが、それはビラ配りのことである。スポーツじゃねえ。
誤植であると思いたい所である。尤も、「散歩、スキップ、ヨーヨー」とか「座禅」を得意スポーツに挙げてる人がいる時点で(ry

技は実際のアメフトに即したリアルなものが採用され…ていると同時に何故か物理法則を無視した動きが多いのも特徴。
特に「ブライアントルネード」は短時間ではあるが、明らかに空中を水平に飛行している
生身で飛行能力を持つ者などSNK格ゲー界では珍しくないが、ここまで見事なきりもみを見せるのは彼ぐらいのものである。



 「さっさと来やがれェ!」

原作中の性能

フットボーラーだけあって突進系の必殺技が多く、攻撃力や防御力は高いがスピードが遅く隙も大きい。
彼の代名詞と言えば必殺技「スクリューボディプレス(空中で↓↘→+K)」であろう。
この技は判定がそこそこ強く持続も長く、またスーパー以降の空中竜巻のようにジャンプの軌道が変わるため、
ジャンプ性能があまり良くないブライアンには非常に重宝するため、空中でぐるぐる飛び回るブライアンがあちこちで見られた。
また前ダッシュ中に出すと横方向に凄まじい速さでかっ飛んでいき、その動作からスタッフの間で「ダッシュガメラと呼ばれていた。
このダッシュガメラは並の突進技より速く見切られにくい上、空中判定なのでもちろん中段
さらに弱で出すと飛び道具をぎりぎりで越えることが可能なため、奇襲に相手の崩しにと大活躍。
『'94』のブライアンの生命線と言っても過言ではない。後のジェニーの「ハリア・ビー」のような位置付けである。

超必殺技は「ビッグバンタックル」。 発生、スピードとも申し分ないがステージを一往復半するため、ガードされると隙だらけ。
その他「ハイパータックル」(肩)や「ブライアントルネード」(顔面)など何故か手足を使わない技が多く、
めくりJ大P→(着地キャンセル「スクリューボディープレス」→近立ち大P→「ブライアントルネード」or「ビッグバンタックル」
とやると手足を全く使わない気絶(即死)連続技ができる。・・・・すごいフットボーラーだ。
また、前述の前ダッシュ必殺技や着地キャンセル超投げなど『'94』の仕様やバグと相性が良く、
パワータイプに見えて実はアメリカンスポーツチーム随一のテクニカルキャラであり、
これらのテクを使いこなして攻めてくる熟練のブライアン使いもいた。

『'98』では対空の「ロケットタックル」、追加入力式連続技の「ブライアンハンマー」を習得し、立ち回りに幅ができた。
エキストラモードを選択するとダッシュガメラも使用可能。
しかし相変わらず動作が遅く隙も大きいため、下位グループに位置してしまう。
また、新超必殺技の 「アメリカンスーパーノヴァ」 は コマンド入力後ジャンプして空中の相手を掴むという技だが、
発生は遅く掴み判定は狭く無敵も無いため、『'98』の中で一二を争うロマン技となっている。
ちなみに、タイムオーバーの直前にMAX版の最初にダメージが入る部分で相手の体力を0にすると、
ラウンドがリセットされるというとんでもないバグが存在する。

『'98UM』では各通常技・必殺技が大幅にパワーアップ、特に屈Dがキャンセル可能になったり、遠Cが中段になったのが大きく、
また、ハイパータックルもガードポイントの強化・隙の減少だけでなく、ヒット後に追撃が可能になるなど多数の大幅強化を受けた。
アメリカンスーパーノヴァも発生が高速化したりなど、実用レベルに改良されている。
さらにEXモード自体が非常にパワーアップしているので、元々EXモードが強かったブライアンはその恩恵をより強く受けることになり、
画面をダッシュガメラで飛び回るだけではなく、EXモードのスピードアップとMAX発動による高火力を備えた強キャラに生まれ変わった。
追加された超必殺技の「ギャラクシーサイクロン」は「ブライアントルネード」の体勢で飛び道具をかき消しつつ高速突進する技。
発生も早く、ハイパータックル後の追撃にも使える高性能な技だが、おかげで「ビッグバンタックル」の存在価値が…。


MUGENにおけるブライアン・バトラー

ニコニコMUGENではブライアン単体の出番は少なく、アルティ・ガーネットのファトゥムのバイトで活躍している。またかませか。
だが古くからAIのあるキャラは存在しており、格闘キャラの集まる大会には度々顔を出している。

KOF再現+アレンジ

+民名書房氏製作 '98仕様+アレンジ
  • 民名書房氏製作 '98仕様+アレンジ
ADV、EX、2001モードからシステムの選択が可能。
本体は代理公開していたサイトの消滅により正規入手不可だが、改変・転載自体は自由。
青村氏によってAIパッチが製作されており、そちらは現在hamer氏によって代理公開されている。
EXモードにするとステップからの「スクリューボディプレス」を上手く使ってきたり、
体力を減らすとAI殺しの「ビッグバンタックル」を連発して暴れてくるのが中々強い。
また、体力をリードされていると体力が互角になるまで永久コンボを繰り出してくる*2
これが「体力が減った状態ならビッグバンタックルを出し放題になる」というEXモードと実に相性が良く、
チーム戦でいい具合に体力が減った状況で次の対戦相手が登場→ガメラからの永久で敵の体力をごっそり奪い、
あとはAI殺しのビッグバンタックルが出し放題なのでそのままKO……と無双してしまうことも。
さらにはEXモードは通常のゲージを一切使用しないので、やっとのことでブライアンを倒したら、
次の対戦相手がブライアンの溜め込んだゲージを引き継いで登場するというおまけ付き。
チーム戦では非常に頼もしい先鋒として活躍が期待できる。

+大会ネタバレ
アメリカチームのスポーツ万歳!!ジョニー・マキシマムとタッグを組んで出場。
アメリカンフットボーラー同士相性が良かったのか、見事優勝を果たした。

+H"氏製作 '98仕様+アレンジ
  • H"氏製作 '98仕様+アレンジ
現在は代理公開していたURA(Re:)氏のOneDriveアカウントが凍結されたため入手不可。
Normal、2002、SVCモードから選択が可能だった。
オリジナル技のMAX2「ハイパーブライアンスペシャル」という技が追加されている。
ただ、肝心のステップが『SVC』方式の地を滑るグランドフロントステップしかなく、
ステップからのスクリューボディプレスが使えない点が少々厳しい。

+Le@n氏製作 '98UM仕様+XI+2002UM
  • Le@n氏製作 '98UM仕様+XI+2002UM
98UMの物をベースに、XIでのスパキャン・ドリキャンやどこキャン、『2002UM』でのMAX2等が追加されている。
アメリカンスーパーノヴァは飛び上がり中無敵は無いが、タックルなどで浮かせた相手を掴めるようになっているので画面端のコンボに有用。
ゲージ技を絡めた火力がかなり高く、ゲージがあれば「ジャンプC→近C→レベル1ビッグバンタックル→レベル2ギャラクシーサイクロン」
などのコンボでカンフーマンと同等かそれ以下の耐久力のキャラはほぼ即死する。
あと画面端近くだと、
「ジャンプC→近C1段目→クイックMAX発動→近C1段目
 →(弱ロケットタックル→頂点に達する直前で強スクリューボディプレス)×3→弱ロケットタックル」
のコンボでも即死する。こちらはスクリューボディプレスが面白いように当たるので練習の価値あり。
さらに3ゲージ技の「アメリカンファイナルタックル」に至っては8割ほど吹き飛ばすとんでもない威力を誇る。

11段階に調整可能な中々強いAIもデフォルトで搭載されている。
とにかくリーチが長い地上の弱パンチで牽制しつつ、超反応でロケットタックルによる対空や、アメリカンスーパーノヴァによる昇り前ジャンプ狩り、
スクリューボディプレスによる空対空やめくりなど、ブライアンの強みを十分に理解した動きを見せてくれる。
ブライアンハンマーからの派生コンボもきっちり決めるので平均のコンボ火力も高い。
緊急回避なども使いこなして飛び道具も的確にかわしていくため、砲台キャラとの相性も悪くなく、
最大レベルならなんとアルティ・ガーネット(みすと氏AI・AIレベル5/5・ファトゥム6機)にも勝つことがある。
ただし、ダウン追い討ちの際にステートを奪うタイプのキャラ(この人とか)と戦わせると、そのまま起き上がれなくなることがあるので要注意。

また、Reginukem氏が他社のアメフト選手ヘルメットを被った外見に変更できるパッチを公開している。
ただし、そのまま導入しても色化けして全身緑色になってしまうため、使うのならば修正は必須である。

+Usual氏製作 '98UM+XI+2002UM仕様
  • Usual氏製作 '98UM+XI+2002UM仕様+アレンジ
Le@n氏製ブライアンの改変版で、2021年のハロウィンに公開された。
氏曰く「真面目なブライアンがいなかったのでこの機会に作った」とのこと。
ハイパータックルやアメリカンスーパーノヴァなどの技が『'98UMFE』のブライアンをベースに性能が調整されている他、
改変元に遭った起き上がり関連のバグも修正されている。

AIの方も手が加えられており、飛び道具や遠距離の相手には超反応でギャラクシーサイクロンを、
近距離ではスーパーアーマー付きの2ゲージ版ビッグバンタックルを繰り出すようになっている。いずれも威力が高く、回避するのは難しい。
また、ハイパータックルを牽制やキャンセルで繰り出すようになり、ヒット時は浮いた相手に超必などで追撃してくる。
他の氏の改変キャラ同様強化モードも存在し、防御力の上昇や開幕ゲージMAX、ゲジマシなどの要素が追加される。
優秀なゲージ技に恵まれているため、相当な強さになると思われる。

アレンジ

+RYO2005氏製作 '98+ROTD風アレンジ仕様
  • RYO2005氏製作 '98+ROTD風アレンジ仕様
スプライトは『'98』のものだが、『レイジ・オブ・ザ・ドラゴンズ』風にアレンジされている。
shao氏によるAIが、同氏のラッキーAIと共に公開された。
AIレベルを5段階、ガードレベルと回避行動レベルを10段階、反応速度を11段階に調整可能。
民名書房氏+青村氏のブライアンほどガン攻めではなく、比較的落ち着いた立ち回り方をする。

ネタ系

+K-Z氏製作 ブライアソ
  • K-Z氏製作 ブライアソ
頭からミサイルを飛ばしたり某悪魔超人の技を使う等ネタキャラとなっている。
特にストライカーは一見の価値あり。

+アフロン氏製作 Briaaaaaaaaaaaaaaaaan
  • アフロン氏製作 Briaaaaaaaaaaaaaaaaan
ブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアンブライアン
+
明らかにトチ狂った名前からも分かる通り、ご乱心キャラ
立ちモーションや移動からして普通ではなく、
手足が伸びたり、胸から武器が飛び出したりと最早人間じゃない挙動。
ラッキーを投げ飛ばして攻撃したりヘビィ・D!がブロディアアアアアをかましたり、
人の技を真似てみたり、挑発で画面の色を反転させたり、勝利ポーズ3人に増えて踊ったりと多種多様。
Readmeがブライアン一色で染まっており、技名もcmdが壺のスレタイやコピペ、cnsも妖怪の名称に置き換わっているので、
中身を見ただけではこのキャラの正体は全く分からない。
一度自身で使ってみなければ、どれだけの能力を秘めているのか、そして氏が何故こんなキャラを作ったかは分からないだろう。
使っても分からない可能性の方が高いが

性能は(ビジュアルはともかく)意外と格ゲーしている。もちろん普通の性能とは呼べないが。
通常技の弱Pはリーチが長いのに発生は原作のまま、弱Kは簡易タイガーショットという尋常ではない性能を持っているので、
適当に振るだけで近付けない。3ヒットする近強Pも便利。
ただし、ダッシュ代わりのブライアントルネードっぽい動きで飛んでいく移動は、全くの無防備なので使えない。
あとジャンプがやたら高いが、別に飛ばなくても戦えるので大した問題ではない。
また、ライフが20%以下になると超必殺技が使い放題になるという、『'94』を彷彿とさせる恐ろしい仕様となっている。

AIは未搭載だが、2021年10月24日に2021年10月24日にはホルン氏による外部AIが公開された。
恒例のコンボ・立ち回り・反応・ガードレベルに加え、ダウン回避するか否かを設定可能。想定ランクは強とのこと。
なお、たまに勝ち挑発で画面の色が反転したまま勝利ポーズに突入する事があるが、前述の通りバグではなくそういう演出なので安心して頂きたい。
ホルン氏以前にも斑鳩氏のAIが存在していたのだが、現在は公開停止。
斑鳩氏AIの挙動(4:16~)。解説は22:50から

出場大会

+一覧
更新停止中

出演ストーリー

+一覧

プレイヤー操作

アルで昇華(part20、Briaaaaaaaaaaaaaaaaan)
単発!良キャラ発掘絵巻(part84、Briaaaaaaaaaaaaaaaaan)


*1
シェルミーが言う 「いかつい男」 は彼のことと思われる。
『'98UM』ではラッキーには社、D!にはクリス用の掛け合いしかないが、彼には3人全てに用意されているため、
アメスポチームのリーダー的存在なのかもしれない。

*2
コンフィグ設定ではこの永久を止めさせることができないので
(AIレベルを調整すると「どれほど不利になったら永久を解禁するか」は変化する)、
止めさせたい場合はコマンドファイル内を「ループ」で検索して、fvar(38)を1にする記述をNullで停止させるといい。


最終更新:2021年11月03日 09:47