双葉ほたる




初出作品:餓狼MOW
格闘スタイル:中国拳法 柔系(太極拳、八卦掌など)
出身地:日本
誕生日:5月11日
身長:156cm
体重:42kg
スリーサイズ:B78 W54 H80
血液型:A型
好きなもの:吊り下げ式リニアコースター
趣味:かわいいリボンのコレクション
大切なもの:テンのイトカツ
好きな食べ物:アイスチョコバナナクレープ
嫌いなもの:地震
特技:どんな動物でも雪で作ることが出来る
得意スポーツ:高跳び、走り高跳び
年齢:16歳
苦手なもの:きつめの炭酸飲料
好きな音楽:ポップス
関連キャラクター:牙刀


「お兄ちゃん、今、行くからね」


餓狼 MARK OF THE WOLVES』(以下『MOW』)の登場人物。担当声優は堀江ゆき氏。
友達であるテンのイトカツと共に旅を続ける拳法家の少女。あとアホ毛。
母の死と同時に行方不明となった父と兄を捜している。
兄は牙刀ではないか、と言われているが、確たる証拠がないので明言されておらず、牙刀本人も否定している。
とはいえ、ほたる自身の勘と、ほたると兄にしか懐かなかったはずのイトカツが牙刀に対して好意的な態度を示していたりするので、
恐らくは彼がほたるの兄で間違いないだろう。牙刀本人も時折それらしき態度を見せたりするし。まあ牙刀はツンデレだから仕方ない。

NBC』では兄に似た男を見たとの噂を聞き、大会に出場。
また『KOFXI』でも餓狼MOWチームのエンディングにさりげなく登場しているが、兄に出会うことは出来なかった。
なお『2003』のときも兄を探していたようである(アウトローチームのストーリー内でそのことが語られている)。
また、PS2版『XI』では特定の条件を満たすことで使用可能な隠しキャラクターとしても登場している。
『2002UM』でも背景キャラとして出演し兄を探している。
……実は牙刀も同じステージの背景にいるのだが、ほたるが背景にいる間は彼は居なくなっている。逃げたのか。
『KOFXIII』では女性格闘家チームのエンディングに登場している。
この他、今は亡きネオジオフリークに掲載された設定資料集によれば、「ノーブラ」とのこと。
「16歳でそれはマズイだろう」と思うか「だがそれがいい」と思うかは人それぞれ……かもしれない。

ちなみにイトカツという珍妙な名前は、ほたるを担当したグラフィッカーのペンネームから付けられたもの
(スタッフロールで「ITOKATSU」という名前が確認出来る)。
なお、イトカツ氏は現在もそのままのペンネームで漫画家として活動している。

+公式ギャルゲー『Days Of Memories』シリーズでは…

第2作『Days of Memories 2~僕の一番大切な君へ~』では、なんと主人公の義理の妹である。
幼い頃に孤児になったため、遠い親戚である主人公の家にやってきた上にお兄ちゃん大好き、
完璧なるブラコンである。それなんてエロゲ?
物語終盤では大好きな主人公とのすれ違いがありつつも、兄ではなく一人の男性として愛情を抱くほどになってしまった
ほたると結ばれるという、全国のほたるファン及びお兄ちゃんが羨む結果となる。ごちそうさまでした。
後日談ノベルでは教師と生徒という設定でラブラブである。
様々な属性を身に付けている最強の妹キャラとなってしまって本当にありがとうございました。

ちなみに牙刀の方も存在は抹消されておらず、実の兄として相変わらず行方不明中だったわけだが、
ストーリー終盤、街中で見かけてしまったことで主人公の誤解を招いたり色々と話がこじれたりする。
なお、ギャルゲーだからか、いやギャルゲーだからこそだろうが、騎上位CGも 勿 論 存 在 し て い る

第9作『Days of Memories~世界で一番熱い冬~』では離れ離れになっていた幼馴染設定で登場。
どこまで美味しい立ち位置にいるのだ双葉ほたる。
この作品でも行方不明の兄を捜しているのだが、実はすぐ近くの学校で教師をしている。牙刀ェ…。
ブラコン度はこちらでも変わらず……と言うか、本人シナリオですら「お兄ちゃん>>>>主人公」な辺り、
こちらの方が重症っぽい。兄センサーも持ってるし。
後日談ノベルでは主人公と一緒の時などは兄センサーが働かなくなるなど、大分改善されている模様。


キャラクター性能

『MOW』では、地上では波動昇竜、浮かせ蹴り、コマンド投げ、削りが強い連撃技と一通り揃ったスタンダードな性能。
攻めやすさ、守りやすさは悪いものではないし、意外と基本コンボの火力が高かったりする。
具体的に言うとJD→2C→発気掌の超簡単3HITコンボで2割減る、TOPだと3割。
またGC虎尾脚ブレーキング→覚醒天翔乱姫で7割ぶっ飛ぶ。
これも214でジャストディフェンスしてジャスト確認D→AB同時→236236ディレイDという操作量の少なさ、しかも始動場所は画面端に限らない。
ブレーキング猶予も他の技に比べると相当長い。

空中では、下方向に異様に判定が強い特殊技「高蹴打」(通称「踏んづけ」)と、
空中でほたるが向いている方向を変えることが出来る特殊技、
さらに暴力的な判定を持つグラントのJDを余裕で吸える空中投げ、空中必殺技と意外とトリッキーな性能を持つ。
地上での牽制合戦、空中からの攪乱、どちらでも戦える、結構オールマイティなキャラである。

そして、彼女を一躍有名にした技といえばやっぱり「天翔乱姫」ではなかろうか。通称「騎乗位」
エロい技は大好きだ、ということですね。わかります。

みんな大好き天翔乱姫も対空としては頼りになるので、迂闊に飛び込んできた相手にバンバン決めまくってやろう。
ただし相手が高いとムーンサルトの部分だけ当たって、肝心の騎乗位に突入しないという哀しみを背負うことがあるのがネック。
個人的にはお兄ちゃんに決めるとどこか背徳感があって非常によろしい。敢えてジェニーに決めるという手もある。
MUGENでは多くのキャラが存在するので、色んなキャラをどんどん乱姫していくという楽しみ方も出来る。
ちなみにもうひとつの超必である双掌天蓮華も、字面こそ違えど兄のモチーフとされる烈海王の技、転蓮華と読みは同じ。
そして転蓮華がモチーフとなった技があの零牙である。ほたるが使っていたらロック辺りが大変なことになっていたであろう。
実際は至って健全な技なのだが、確定状況の問題などから目にすることは少ない。
ロマン云々ではなく性能的な意味で目にすることが少ない。大事なことなので二度言いました。
乱姫より若干リーチが長いのを活かし、2C先端や上段避け先端からキャンセルや、最後の削りなど確定状況も一応はある。

話が逸れたが、MOWほたるの弱点として、リーチが短く判定が弱めな技が多く、崩しもコマ投げこそ持ってはいるが、2Bが通常キャンセル不可なので、
下段からの連続技に2B空キャンを利用した疑似キャンが必要とやや難しい。
超必2つも使いどころを選び、カインのガークラ連携や、お兄ちゃんの零牙のような決定的な武器も無い。
火力が無いわけではないのだが、防御力が低くダメージレースで負けやすいのも痛い。
要するに痒い所に手が届かない、所謂器用貧乏な性能。
昇竜技BRから一発を狙うならマルコが居る、飛び道具で相手を制したいならカインが居る、下段からダメージを取りたいなら牙刀が居ると、
誰かしらの下位互換キャラとされたため、キャラランクは中の下から下の上くらいとなっている。
プレイヤーとしては、ごんちゃん氏が全国大会・日月星辰弐で並み居る強キャラを抑えて優勝する快挙を達成。決してポテンシャルは低くないことを証明した。

『NBC』では2つの特殊構えおよびその派生技を新たに会得し、
『MOW』の頃とは打って変わってスタンダードかつテクニカルな性能を持つキャラクターとなった。


MUGENにおける双葉ほたる

MUGENでは改変含め数体確認されている。

+あだむすきー氏製作 MOW仕様
  • あだむすきー氏製作 MOW仕様
現在は2016年のフリーティケットシアター終了及び、サイト閉鎖により入手不可。
原作再現仕様で、イントロ中にT.O.P.ゲージの設定が可能(長さ調節は未実装)。
だが、T.O.P.アタック(旋回燕)やKO後のイトカツ挑発の未実装、連撃蹴の強弱の軌道が同じなど未完成な部分もある。
また、sffの仕様がDOS版MUGEN準拠であるため、Win版MUGENで使用するとエフェクトなどが色化けしてしまう。対処方法はカラーパレットを参照のこと。

+大会ネタバレ注意
某タッグ大会においてヤンと『中国拳法』ペアとして出場。
ヤンのEX蟷螂斬から天翔乱姫に繋ぐという息の合った連携振りを披露し、ついには優勝を果たした。
ちなみに、同大会の準々決勝で牙刀のペアと戦っている。

また、某MUGEN史上最大規模の大会ではなんと夢の騎乗位タッグを組むという奇跡を起こした。・・・ふぅ。
両者とも堅実ながらルールを理解した戦いで、快進撃を続けた。
続くシングル戦では、色相手に6回もの天翔乱姫を決め、昇天勝利した。
その試合で大量の賢者を発生させたことは言うまでもない。…ふぅ。
やっぱり百合っていいね!!

しかし、色は騎乗位がエクシード扱いだったので1回もやってくれなかった。ちくしょおおおーー!!!

+GM氏製作 MOW仕様
  • GM氏製作 MOW仕様
氏の他のキャラと同じく、非常に再現度が高い。T.O.P.も実装済み。
AIもデフォルトで搭載。強いだけでなく、非常に「らしい」動きをする良AIである。
腕前に自信のある方は人操作で挑んでみてはいかがだろうか。
氏のサイトが閉鎖されていたため入手不可能だったが、現在は移転先で再公開中。
+設定ミス?
設定ミスのためか、立ち遠弱キックヒット時に必殺技でキャンセル出来ない(ガード時は可能)。
hotaru.cmdをメモ帳などで開いて「;cancel 必殺技発動」で検索し、ここの
trigger5 = stateno = 220 && var(38) = 2
という記述を
trigger5 = stateno = 220 && var(39) = 2
と書き換えることでキャンセル出来るようになる。
性能を改変するので必ずバックアップをとり、自己責任で行うこと。

ちなみに遠強パンチもガード時のみキャンセルがかかるが、こちらは原作通りである。

ピータン氏によって外部AIパッチも製作されており、このAIパッチを適用すると、氏オリジナルの勝利セリフや勝利メッセージが増える模様。
現在はhamer氏によって代理公開されている。

+如月銃駆氏製作 NBC仕様
  • 如月銃駆氏製作 NBC仕様
ここで紹介されているほたるの中では唯一「燕雲十六手の構え」、「裏燕の構え」が使用可能。
タクティカルステップやオートチャージも搭載。
途中交代こそ出来ないものの、お兄ちゃんをストライカーとして召喚したり、お兄ちゃんとのダブルアサルトも再現されている。
『NBC』の残念なSEがKOFのものに差し替えてあるのも非常に良い。
AIもデフォルトで搭載済み。

みんな妹キャラが大好きなのか、あかさた氏、ピータン氏、葉桜氏、エマノン氏、溝星氏によって計5つものAIパッチが製作されている。
あかさた氏のAIは対人向けの強さ仕様となっている。
ピータン氏のAIはストライカーを呼ぶ頻度を少なくして緊急回避などを駆使していく仕様。現在はhamer氏によって代理公開されている。
葉桜氏のAIは基本的に締めでダブルアサルトを使用する頻度が高い。こちらはJ・J氏のサイトで代理公開中。
溝星氏のAIは天翔乱姫をぶっ放す
ピータン氏AI
葉桜氏AI
エマノン氏AI
溝星氏&エマノン氏&葉桜氏AI(2:55~)

+大会ネタバレ
クラス対抗!学級崩壊バトル2で1組の生徒として参戦。
1学期での戦いは風紀委員と言う火力上昇もあってか、それなりの成績を記録した。
しかし、2学期で清掃委員(常時ゲージMAX)に選ばれた彼女は、もはや 台パン と言われるほどの暴れっぷり。
キャンセルによる永久コンボ 天翔乱姫ぶっぱ を躊躇無く使い、4組との対戦では何と 6タテ を記録してしまう。
おかげで視聴者達に台パンでやれ」「バン!バン!バン!」「キマシタワー」 と言わせるほどのインパクトを残した。

ちなみに、彼女が次々と百合を咲かせた6連勝の中で天翔乱姫の使用を拒否した唯一の相手がミユキ
アレか、いくら女性でも化け物は嫌なのか。

+M3氏(現:ねむねむ氏)製作 XI仕様
  • M3氏製作(現:ねむねむ氏)製作 XI仕様
現在はサイト移転に伴い公開終了。
『XI』でのスキルポイントや、スタン・ガードクラッシュ・投げ外し・スパキャン・ドリキャンなど、システム面が忠実に再現されている。
ブレーキングも原作と同様に可能。超必殺技の演出のみ『MOW』準拠となっているが、設定で『XI』準拠に変更することも可能。
また、かなり難しいが原作での高難度永久コンボも再現されている。
新MUGEN対応パッチも付属。

+2氏製作 MOW+CVS2アレンジ仕様
  • 2氏製作 MOW+CVS2アレンジ仕様
『MOW』仕様に『CVS』のグルーヴが搭載されている。

+悪咲3号氏製作 MOW+CVS2アレンジ仕様
  • 悪咲3号氏製作 MOW+CVS2アレンジ仕様
2011年10月にサイト削除及びMediaFireを解約したため、現在入手不可。
お馴染みのCVSアレンジ仕様。もちろん各グルーヴも搭載されており、完成度は非常に高い。
foolish owl氏による外部AIが公開されており、
戦術・反応レベルや特殊ゲージの使用頻度、ゲージ溜めのタイミング、対人or対AIモードの切り替えといった細かい設定が可能。

+ピータン氏製作 KOFXIIIアレンジ仕様
  • ピータン氏製作 KOFXIIIアレンジ仕様
2011年10月より正式公開。
現在はhamer氏によって代理公開されている。

+水影氏製作 ZEROほたる
  • 水影氏製作 ZEROほたる
現在は公開停止。
『MOW』版ほたるのアレンジで凶~狂キャラ。
元々は現在も某サイトにSSのみ掲載されている「ほたりゅん」というキャラの再現を目指した物であったが、
完全再現とはならずに途中から水影氏オリジナルの要素が追加されていった。
アルクェイド・ブリュンスタッドバレッタロレント影DIOなど様々なキャラをストライカーとして召還可能。
他にもパニッシュメントやクール・ハンティングをぶっぱしたり、もはやどこらへんがほたるなのか良く分からないほどにアレンジされている。
なお、何故か密着状態から発気掌を出すとすり抜けてしまい、相手に当たらない。

+Ainotenshi氏製作 マスターほたる
  • Ainotenshi氏製作 マスターほたる
現在は入手不可。
その名の通り、ディスプレイネームが「Master Hotaru」。
『NBC』を元に作られた6ボタン仕様。構えは使えないが、代わりにモーションを流用したオリジナルの連携技が搭載されている。
また、天翔乱姫でのフィニッシュ時には何故かズボンを脱いでいる

凶~狂キャラであり、常に頭の辺りに発生している謎の攻撃判定、全画面に渡るほとんどの必殺技の無効化、
攻撃が当たるとゲージを0にする、全画面攻撃、ライフ超回復
という滅茶苦茶な性能を持つ。
ちなみに同キャラ戦で密着すると、上記の謎の攻撃判定がお互いにヒットし続け、操作不能状態で上昇していくが、
体力の高速回復があるのでそのまま時間切れ、もしくは引き分けとなる。
更に、飛び道具等を当てるとカウンターで飛び道具を自動発射し、無効化する(1Pは右方向、2Pは左方向固定)能力を持ち、
特に攻撃判定が複数回出る物だと猛烈な速度で連射してくる。
物によっては貫通し、カンチョー丸の旋風裂斬では即死級のダメージを受ける。
同キャラ戦ではお互いにカウンターで連射し始め、それはもう酷いことになる。
その凄まじい性能から、並キャラではイントロが始まった瞬間にKOされることも珍しくないが、
即死耐性を持たないため「ライフバーなど飾りです」な神キャラ達には一歩及ばない。
なお、カンチョー丸の天覇封神斬を出すと分身し、上記の必殺技の無効化が解除される。分身は動かないのでバグと思われる。

配布サイトで公開されていたノーマル化パッチを当てることで、非常識な能力を無効化して格ゲーとして成り立つ性能にすることも出来る。
だが、パッチで弱体化させても高い防御力や、発生速度や攻撃判定に優れる技を多数持ち、並の格ゲーのボスキャラ級の強さを誇る。
おまけにパッチを当てても残っているガード不能のゲージ技が複数あり、特にお兄ちゃんを召喚する3ゲージ技は全画面判定かつガード不能な上に、
1撃で体力の5割強を奪うので、これだけで試合を引っくり返すこともままある
(タッグ戦においては、ゲージストックの少ないキャラを先に選択すれば封じることも可能ではあるが)。

+Sang Kalaza氏製作 アレンジ仕様
  • Sang Kalaza氏製作 アレンジ仕様
かつてはディスプレイネームが「Futaba」とファミリーネームで表記されていた、緑色のほたる。
現在氏のサイトは閉鎖されているが、公開先のMediaFire自体は健在。
2010年6月の更新のVer.2.5では一旦AIが削除され、名前も「Hotaru Futaba」表記に改められた。
最新版はVer.2.6(2011年3月30日更新)の本体に、2013年2月公開のJadeeye氏製AI同梱のパッチを適用したもの。
ディスプレイネームも最終的に「Hotaru」で落ち着いたようだ。

かなり大胆なアレンジが施されており、超高速の空中ダッシュ、メルブラのシールド、エリアルコンボを揃え、
更にはアテナイノの必殺技に、一部のアルカナ技まで使える。
この尋常じゃない空中ダッシュの速さは、恐らく風のアルカナと契約していると思われる。
しかも彼女は「連撃蹴」と言いつつアルカナ技の「シキリス」を三つ飛ばしたり、「双掌進」と言いつつ南斗翔鷲屠脚を繰り出したりと、
プレイヤーを惑わす心理戦に長けている一面を持つ。
AIも強力で、ホーミングする数種類の飛び道具を牽制にして画面上を縦横無尽に飛び回り、
低空ダッシュやサイキックテレポートを駆使して隙を突き、的確にエリアルを決めてくる。
とにかく素早くエフェクトも派手で一見凶キャラに見えるが、理不尽なダメージソースも無く、人操作でも倒すことが出来る良好な調整がなされている。
紹介動画(Ver.2.5)

+みるきー氏製作 おとなのほたる
  • みるきー氏製作 おとなのほたる
上記のピータン氏の改変。
想定ランクは狂下位から狂中位ほどで、天翔乱姫が即死技となっている他、色々強化されている。
と言うか更新される度に、何故か週刊少年サンデー連載の漫画『だがしかし』の登場人物である「枝垂ほたる」に変貌しつつある。
いや確かに同じ名前だけど

これらの他に、あなろぐ餅米氏がお覇王を改変して製作したほた王なんてのも…。


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結
非表示


ZEROほたる
更新停止中

マスターほたる

Futaba

出演ストーリー

+...