金城エルザ





「わお~~~ん!」


 生年月日:1976年9月2日
 年齢:16歳
 身長:160cm
 3サイズ:B83/W58/H80
 職業:No Data

1992年にアグミックスが発売したPC-98の格闘ゲーム『クイーン・オブ・デュエリスト』(略称QOD)、
及びその続編である『QOD外伝α』『外伝α+』の登場人物(『QOD』はR-15、『外伝α』からはR-18指定)。
初見では読めない人が多いと思われるが、名字は「きんじょう」でも「かねしろ」でもなく、琉球語読みで「かなぐすく」である。
キャッチコピーの「轟く野生の咆哮!」も併せて、元ネタはノンフィクション小説『野生のエルザ』*1であろう。
当然シスターロボットではない。
CVは『サイキックフォース』のウェンディーやソニア、『Vガンダム』のマーベット役などの 白石文子 女史。
キャラデザは『甲竜伝説ヴィルガスト』のキャラデザ(第1シリーズのみ。第2シリーズはこいでたく氏)や、
『クライムクラッカーズ(超光世紀スター・クラッカーズ)』で知られる、ここまひ氏。
氏曰く最初で最後のエロ仕事だったそうな。
初期の代表作『どきどきVAMPIRE』はエロ漫画誌連載ではあってもエロ成分ゼロなのでノーカン。

キャラ性能としては、初心者向けの万能タイプ。
通常技の性能からして非常に高く、爪を使った攻撃はリーチもあり、判定も強め。
必殺技は「バーニングクロー」を中心に組み立てていくのがメインとなる。
判定が強い上に対空性能があり、おまけにコンボからも出せる鬼性能であり、このゲーム中でも最高レベルの使い勝手の良さである。
これらの要素のため、コンボなどを意識しないガチャプレイでもそれなりの強さとなる。
ただし、飛び道具を持たないのと、必殺技が少ないのとで、攻めが単調になりやすいという欠点もある。


MUGENにおける金城エリザ

にゃん☆鬼龍氏によって製作されたものが存在していた。
iswebライト終了後、旧キャラ公開用に使っていたサイトに移転したが、現在はトクトクのサーバー障害復帰後に消滅したため、入手不可。
ガードキャンセルなど最近のシステムが追加されている他、原作では必殺技が少なかったため、
「エルザファング」や、既存技のアッパーの超必殺技版が追加されている。
Nori氏による外部AIパッチも公開中。

出場大会

更新停止中


*1
エルザとは子供のころに人間に保護され、大人になってから野生に返された雌ライオンの事。
余談だが、映画版のダイジェストが『グレートマジンガーゲッターロボG』等と共に『東映まんがまつり』で放映された事も。


最終更新:2023年05月14日 16:53
添付ファイル