デスタンツ・マンティスク






「テメエはオレがきりきざんでやるよ!」

CAPCOMのアクションゲーム『ロックマンゼロ3』に登場するボスキャラクターの一体。CVは 平井啓二 氏。
カマキリをモチーフにしたレプリロイドであり、両手が鎌になっている。

言動といい後述の異名といい、見るからに危険人物すぎてヤバい香りしかしないが、本来の性格は非常に温厚で戦うのも苦手。
彼の職業は、連行されてきた暴走イレギュラーを処刑する月光審官。
戦闘用で処刑専門なのにとても心が優しく、処刑して命を奪ったロボットに同情し自分の役目に悩み悲しんでいた。
しかしドクター・バイルに洗脳され、見たままの殺しが大好きな危険人物と化してしまった。
あれほど嫌っていた戦闘も嬉々として行い、自分の両腕「死神の鎌」で凶暴に襲い掛かってくる
「ギチギチギチギチィッ!」はどうやら笑い声らしい。
異名は「殺刃祈祷師」。
カマキリは獲物を狙う時の姿から「拝み虫」「予言者」「祈祷者」と呼ばれる事があり、それが由来になっていると思われる。

『ロックマンゼロ3』における初見殺しの一人。
リコイルロッドがあると無いとで難易度も変わる。とにかく「避ける」のが大変。
攻撃パターンも嫌らしく、腕を切り放して飛ばしたかと思いきや軌道がややこしかったり、画面を縦横無尽に移動したりする。
それだけでなく上空にビームを撃ち、落ちてきた落石を砕いて飛ばしてくる事も。
どうにかして距離を取り、マンティクスが壁に張り付いた時は奴の下に潜る。これに気が付くまでが本当にキツいボスである。







「このうつくしきカマにきれないものはない……!

                              ギチギチギチギチィィィッ!」


MUGENにおけるデスタンツ・マンティクス

Snowwolf氏によるものが存在する。
壁張り付きなどの原作で披露した一連のモーションが取り入れられている他、
原作でも定評のあったやかましさも相変わらず。
EX技は通常飛び道具として採用。壁張り付きが相手をすり抜けるので逃げに使える。
超必殺技では闘気のドーム状オーラを出したり、一瞬で5回の斬撃を飛ばしたりする。
また、「最終・狼牙」のようなオリジナル技もあり、上記のオーラで浮かせた相手に繋げる事が可能。

出場大会

  • 「[大会] [デスタンツ・マンティクス]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2020年11月28日 01:41