スパイダーカーネイジ


MARVELの『スパイダーマン』シリーズに登場するヴィラン。

スパイダーマンのクローンであるベン・ライリーカーネイジシンビオートが取り憑いたキャラクター(冒頭の画像もコスチュームがベン・ライリー版である)。
カーネイジのシンビオートのみが脱獄する事件が発生。寄生された人物を突き止めたベンだったが、逆に寄生されてしまう。
クローンである事が判明し(もちろん、当時の設定)引退していたピーターを殺そうとするまで凶暴化するが、何とかシンビオートの衝動を抑え付けていた。
結局ピーターに事情が判明してしまい、最終的には元々の寄生主だったクレタス・キャサディに返す形で共生体を追い払っている。

原作コミックではこれっきりの登場だが、90年代初期のアニメ(USJのアメイジング・スパイダーマン・ザ・ライドのキャラクター設定の元ネタ)では、
最終回「スパイダーウォーズ」の敵として登場している。
この作品ではパラレルワールドのピーター・パーカーとして登場。同作においては、
グリーンゴブリンとの戦いでヒロインが行方不明に→ヒロインが帰還し結婚する→ヒロインがクローンと判明しピーターの目の前で組織崩壊する」
という元々の陰鬱なストーリーに加え、パラレルワールドにおける「ピーター・パーカーがクローンで、新たに登場したベン・ライリーこそがオリジナル」
という事実が判明した事で、ピーターが狂気に陥ってしまった所にカーネイジが取り憑く、という経緯で誕生している
(原作コミックのクローンサーガそのままであり、「出来の悪いコミックみたいだ」と作中でセルフ突っ込みされている)。
狂気に陥り、全てのパラレルワールド諸共スパイダーマンを根絶やしにしようと企むスパイダーカーネイジ。
その企みを防ぐために様々なパラレルワールドのスパイダーマンが一堂に会して戦いを挑む、というのが「スパイダーウォーズ」のあらすじである。
……え?このパラレルワールド?そっちは『スパイダーバース』まで待っててくれ


MUGENにおけるスパイダーカーネイジ

Angelus Silverhead氏とYoungSamurai5氏の共同製作による、MUGEN1.0以降専用のキャラが存在。
現在は海外サイト「The MUGEN Multiverse」にて代理公開されている。
設定通り、スパイダーマンとカーネイジの両方のドットを描き換えて製作していると思われる。
性能はスパイダーマンよりもカーネイジ寄り。ウェブボールは無いがウェブスロー等は可能。
また、相手の後ろにワープする技もあり予測できない立ち回りが可能。シンビオートキャラだがリーチは短め。
AIは簡易的なものがデフォルトで搭載されている。

出場大会

  • 「[大会] [スパイダーカーネイジ]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2021年09月26日 08:56