クリボー(遊☆戯☆王)


「クリクリ~」

高橋和希氏の漫画『遊☆戯☆王』に登場するモンスターカード。『マリオ』シリーズのザコ敵では無い。
アニメでの担当声優は 石橋美佳 女史。
愛嬌のある造形と作中での活躍から、シリーズを代表するマスコットカードとなっている。
派生種として、長い腕に凶悪な目つきと牙が特徴の「クリッター」と「屋根裏の物の怪」という色違いが存在。どちらも自爆はしない。
さらにアニメオリジナルの設定でクリボー含め5匹の兄弟が存在する
(「クリバー」「クリブー」「クリベー」。1匹名指しされていないが、恐らく名前は「クリビー」)。
実は初登場は「屋根裏の物の怪」の方が先だったりする。

攻撃力300・守備力200と最低クラスのステータスだが、隠された効果があり、
「機雷化」によって触れたモンスターを道連れに自爆する
更に遊戯は攻撃力500以下のモンスターを対象に発動できる「増殖」によってクリボーを増やし、相手の動きを封じるコンボを披露した。
後述のOCGではどちらもクリボー専用の魔法カードとなっており、相手の動きを封じる能力は、
コンボによるシナジーではなくではなくクリボー本体の効果として再現されている。
ただし効果の発動条件が異なるため完全な原作再現はできない。

作中ではこのカードは低ステータスを理由に過小評価されており、海馬瀬人曰く「デッキに入れてる奴など未だかつて見た事がない」。
この様な数字至上主義の風潮は、皮肉にも『OCG』黎明期にも反映されている。
また派生作品でも「強力な効果を持ちながらもステータスだけで過小評価される」という事例は数多くあり、
『遊戯王GX』で低ステータスカードが不法投棄される古井戸にあのサクリファイスが捨てられていたのは語り草。
まぁ早い話が「昼行燈な主人公の良さをヒロインだけが理解している」「弱小カードの価値を主人公だけが理解している」と言う創作作品らしいネタであり、
弱小カードと馬鹿にしていた対戦相手がそのカードによって敗れる事でカタルシスを生むのである。

+ニコニコ動画では
「あっ、違う!クリボーが勝手に!」

アニメ版である『デュエルモンスターズ』オリジナルの「乃亜編」において遊戯がデッキを組む際、
乃亜編独自のルールである「デッキマスター」を決める際、ブラック・マジシャンを選ぼうとしたら、
クリボーが独りでに動き出し、出現。デッキマスターになってしまう。
この際、相手から「クリボーを選んだのか」と言われ、返答したのがこのセリフ。
相手曰く「一度出現したデッキマスターは変えられない。」とのことだが、遊戯はクリボーの自信を買いそのままデッキマスターに決める。
MADでは頻繁に使われており、クリボーを別のキャラに置き換えるのが基本となっている。
2:38~


OCGにおける性能

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻300/守200
1.相手モンスターの攻撃で自分が戦闘ダメージを受けるダメージ計算時にこのカードを手札から捨てて発動できる。
 その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にする。

初登場は「Vol.7」。
手札から効果を発動する事を指す「手札誘発」の開祖である。
しかし、単に攻撃を防ぐなら発動した後、発動ターンのバトルフェイズそのものを終了させる「速攻のかかし」等に劣る。
そのため、「クリボーを呼ぶ笛」「機雷化」等の専用サポートと併用していく事となる。

人気カードのため、「ハネクリボー」や「リンクリボー」といった派生モンスターも多い
また上述の「乃亜編」や『GX』で主人公の相棒として描かれるなどアニメにおける相棒・マスコット枠という側面もあり、
後続作品でも主人公の使用カテゴリや主人公自身をイメージしたクリボーがアニメ、OCGなどで登場している。


MUGENにおけるクリボー

chuchoryu氏の製作したコンプゲー用のキャラが存在。MUGEN1.0以降専用。
キャラ単体も某所で公開されている。
放物線状にジャンプする体当たりは中々強力。
堅実にコンボを決めていくAIもデフォルトで搭載されている。

出場大会

  • 「[大会] [クリボー(遊☆戯☆王)]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2021年10月28日 00:55