2019tkoolcontest @ ウィキ

悪食と吐き出す想い

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

悪食と吐き出す想い:感想ページ

名前:
コメント:
  • プレイ時間は7時間ほど。想いに引きずられて見知らぬ世界にやってきた者たち。そこで出会った、何でも食べてしまう悪魔とされている一人の青年との物語。作者さんのツクフェス作品のシリーズの集大成と言ってもいいRPG!
    前2作品と同じシステムで、レベルは固定で物語が進めば上がり、素材によって強化していきます。後半に入ったところでアイテムもお金もリセットされるので、惜しまずどんどん強化しておくと後半も苦戦することなく進めます!登場人物紹介も前半の内に見ておくこと推奨!
    まずサブタイトルが強く胸に迫りましたね。自分の気持ちに向き合うって自分一人だけだと絶対難しいんだろうな、と。それぞれが大事な存在への想いを胸に向かい合っていく姿がいい!特に前作で変えてもらったアンリは周りを変えていけるようになっていて胸熱でした。☆5! -- 啓太 (2019-12-30 19:41:46)
  • 3時間50分でクリア!
    今回は、前作で私のお気に入りだったフィーニスがヨルと組んでスタート。
    前作でフィーニスとアンリの掛け合いがとても面白かったのですが、ヨルとのコンビも違ったテイストで良いですね!宿でお互いに色々相談しあっているところは信頼感を感じました!
    他に好きなところは、フィーニスは前作でのアンリとの一件をまだ引きずっていますが、仲間達との交流で少しづつ癒されていくところ。
    アルバートの前向き過ぎない優しい励まし方など。


    前作、前々作もストーリーとキャラの魅力について、しっかり考え込まれているのは感じていましたが、今回はそれに加えてゲーム自体のクオリティもかなり上がったように思います。
    追加された多くのマップは美しかったです。
    洞窟で滝裏に宝箱が隠されているなど、RPGの醍醐味も組み込まれてて楽しかったです!


    ちなみに、今作も私の中のMVPはフィーニスですね。
    彼は私の作品にスカウトしたいぐらい好きです! -- しばみ (2019-09-29 21:14:05)
  • 「墓守り~」「死にたがり~」から続くシリーズ第三作。今までで一番の力作ではないでしょうか?
    ストーリーは一番長く、恒例の宿屋イベントも最も多いです。それだけに、仲間同士の絆も今回が一番深く感じられましたね。
    それと、マップの景観の美しさにおいては、過去二作よりも更に進歩が伺えました。
    戦闘バランスは、過去二作よりもより標準型に近づいた印象です。後先考えない必殺技の乱発は危険。特にラストダンジョンは意外に敵が強くで少し驚きました。
    そして、メンバーを一新した今回のストーリーは、前半は鬱な展開が多いのですが、後半に主人公が交代してから大きく流れが変わります。それぞれのキャラが、悩みを抱えながらも希望を持って生きていこうという様は非常に共感できますね。
    恐らくは完結編にする意図でしょうが、良い締めくくり方だったと思います。
    最後に、好きなキャラはフィーニスですかね。男のツンデレっぷりに、いつもニヤニヤしながら見ていました(笑) -- DeepSky (2019-07-28 01:03:45)
  • 墓守り、死にたがり、クリア後、本当に素晴らしくプレイ。
    前作よりダークな雰囲気が増した。でも、追加のキャラたちは、どの子も個性的。ダンジョンや回りの雰囲気で上手く緩和されててよい演出。
    思いを受け入れるというテーマ、かなり重たいストーリー。途中のとある指摘でぞっとした。
    戦闘もかなり歯ごたえが増した。かなり金作に悩まされました(笑)
    それでも最後にはあたたかい思いで終えられる。死にたがりメンバーのその後、世界の結末にホロリ。
    素晴らしい。本当に素晴らしい。シリーズはこれで一時決算かもしれませんが、今後も楽しみにしてます。 -- ぱんのみみ (2019-07-22 17:21:42)