ラナ(FE)

登録日:2012/05/28(月) 02:25:03
更新日:2019/11/22 Fri 18:37:08
所要時間:約 5 分で読めます




「シスターだって戦えます!」














ユングヴィの公女 エーディンの娘。
兄にレスターが、従兄弟にはファバルとパティ、スコピオがいる。


ふわふわのブロンドの髪につぶらな瞳、母のエーディンが「美人」と形容出来るのに対し、ラナはどちらかと言うと「可愛い」部類。どこか子犬のような愛らしさを感じる…。
エーディンに似ていない事から、ファンの中でも「美人でない」「マナの方が」と賛否両論されているが、気にしなきゃ十分可愛いので、まったく問題ない。
ちなみにフィンとエーディンがくっついている場合、フィンは(この時点で自分の娘だと知らない)ラナに対して「エーディンにそっくり」と驚愕する。
親子の絆的なものだと思うが、何か妙なフィルターでもかかってるんじゃないかという気がしなくもない。
同じ会話があるアイラ嫁の場合のラクチェだとそんな気はしないのに。


17年前にオイフェ、シャナンに伴われてグランベルを脱出し、イザークのティルナノグで育つ。
年齢は15〜16歳くらい。ラクチェとは親友のようだ。

幼なじみであり兄分であるセリスを慕い、ひそかに淡い恋心を抱いていた。


シャナンが留守にしている間にティルナノグがドズル家の侵攻を受けると、これを機にセリスが解放軍として決起。

ラナも「自分にできることをする」という強靭な意志と、セリスの力になろうという覚悟からこれに従軍。
回復要員として頑張る彼女に、仲間や兵士達はお尻をひっぱたかれるように勇気づけられ、ともにイザーク、トラキア、グランベルの戦乱を戦い抜いていった。

彼女無しでは最小限の被害で戦場を渡るという事はできなかっただろう。


【ユニット性能】

加入はキャラクターが子世代に切り替わる第6章。クラスは世紀末覇者…ではなくプリースト

母のエーディンから受け継いだ杖を振りまくってささっとレベルをあげてしまおう。エーディン譲りの成長率なので、穴が少ないが嬉しい。

ただし、父親は戦士系のキャラクターがくっつく事が多いため、場合によって魔力の成長率は控えめになるのが玉にキズ。
守備はもちろん魔防もあまり伸びないため前線には置きにくい。クラスチェンジすれば一応戦えなくもないが、基本は杖&支援が専門になる。
どうしても戦わせたいなら、鍛えたウィンドを持たせよう。

恋人会話があるのはセリスとスカサハ、ファバル。

特にセリスとは結ばれやすく、意識して隣接させれば第7章に入る頃にはもう結ばれてるんじゃなかろうか。
さすがエーディンの娘。

ただしあんま早くに結ばれてしまうとパティが勇者の剣を貢がなくなるため、それまでは待とう。
デメリットとして、彼はクラスチェンジすると騎馬ユニットになるため(乗降可能だが)、進軍中はラナの足が追いつかず、支援効果を生かしにくい。




ユリアとのイベントやセリスとの様々な会話など、彼女の内容のほとんどが少々リアルな絡みで占めており、
嫌な女という扱いを受け毛嫌いする人も多いだろうが、一度みただけで決めつけるのは軽率なのでじっくり読んで考えてみてほしい。

実際、全くの誤解である為、深読みは禁物だったりする。

スカサハとファバルの会話から、素朴で短い内容ながらも相手を信じ、深く愛しているという気持ちが痛いほど伝わってくる。
彼女の内面の美しさと強さを象徴し、実際ゲームで登場するにはあり得ないようなリアルな性格故に嫌われやすいが、比較されない独自の存在感を確立させている素晴らしいエピソードではないだろうか。




…さて、先程からちらほらと世紀末な画像(定期修正求む)や言葉が出てくるが、彼女も『聖戦の系譜』を代表するネタキャラという証拠である。

立ち位置としては主人公に想いを寄せる可憐でか弱いシスターな彼女…

だが、エーディンの持つウルの血のルーツは生粋の弓兵。それ故に彼女の力の成長率はシスターとしては結構高めである。

そして兄のレスターはアーチナイト…ゆえに父親はどうしても戦士系のキャラクターを選びたくなる。

ミデェールのような平民ならまだしも、レックスのような戦士系の血を持つキャラや、血を持たずともジャムカやベオウルフのようにガチな成長率のキャラクターがくっつくとさあ大変。

必然的にラナの力の成長率も高くなり、親によっては下手をすればカンストが見えてくる。

そこからエムブレムファンは、世紀末覇者にちなんで彼女をこう呼んで崇めた…




「ラナオウ」と…




魔法使い系の父をあてがえばこの問題は若干解消されるが、
レヴィンはエルウィンドが装備可能になるがせっかくのフォルセティが持ち腐れになるし、
クロードは登場章から周囲10マス以内に居る味方全員を回復できるリザーブや、
セリスの移動を短縮するレスキューといった便利な杖を使用可能に出来るが、
力の成長率が悪くスキルを持たないので兄妹共に攻撃役として期待できなくなる。
ギリギリでアゼルはいけるが、レスターのステータスを吟味しないとちょっと厳しくなってしまうかもしれない。


仮に『聖戦の系譜』がリメイクされ『暁の女神』のように杖殴りの反撃が実装されたら…彼女は名実共に覇者となる……かもしれない。


ただし、このネタに関わらずだが、このような扱いを本当に嫌悪するファンもいるので節度をもつことが大切。特にラナやベオウルフなどには思い入れの強い人も多い。
ことネタに関する内容においては、強い感情をお互い向ける事になりかねないので、気をつけよう。

人の嫌がる事を平然とするものにネタを語る資格はないのである。




追記・修正は彼女の前に平れ伏してからお願いしまs







ユン グヴィ 剛 掌 波 !!(杖)



ウオゥォゥォ!!…

この項目が面白かったなら……\ポチッと/